2021.07.23

付き合うか迷うときの6つの対処法とは?悩む理由と事前に確認すべきこと

出会いや告白をされて、いざ恋愛をしようと思ったとき「この人と付き合うか迷うな」と悩むことがあります。男性と付き合うか迷う理由や悩んだ時の対処法、付き合う前に確認しておきたいポイントを紹介。付き合ってみる場合もやめておく場合も広い視点で検討しましょう。

付き合うか迷う6つの理由


「この人と付き合うべきか迷うな」と考えるときは、必ず理由があるものです。
付き合うか迷うときは、どのような点で迷うことが多いのか見ていきましょう。

相手のことが好きかどうか分からない

付き合うか迷う場合、好きかどうかわからないという理由が多いのではないでしょうか?
例え相手に強い好意を持ってもらえたとしても「自分は相手のことを好きなのかな?」と疑問に思う瞬間はありますよね。

特に、考え方が真面目な女性は「本当に相手のことが好きか分からないと付き合えない」や「好きか分からないのに付き合うなんて相手に申し訳ないのでは?」と考えてしまいます。

何かしらの不安がある


「相手と上手く付き合うことができるのだろうか」と考えたり、「この人でいいのだろうか?」と思い、付き合うか迷うことは珍しいことではありません。

相手というよりは、自分自身の心の中に不安があり付き合うか迷うことも。
また、相手が人によっては好みの分かれる年上・年下の彼である場合、周りからの目が気になったり、「自分が恋人でいいのだろうか」と不安になったりすることもあるでしょう。

しかし、年齢は数字でしかありません。
お互いが心地よい関係でいられるのなら、周りの声は気にしないのもアリではないでしょうか。

関連記事

意中の人ではないが告白されて迷っている

好きな人ではない人から告白されてしまった。
実はこのような理由で迷う女性も多いのかもしれません。

自分は相手に対して特別な感情を持っていなくても、まっすぐに告白されたり、アピールされたりすると気持ちが揺らぐことあるでしょう。

「好きじゃないけどこれだけアピールされると付き合うか迷う」と考える人もいます。
相手の気持ちを感じ取ることができる優しい女性なのかもしれませんね。

告白されたが曖昧な言葉だったから

相手に告白されたものの、ハッキリと「好き」という言葉を言ってもらえなかった場合も悩むでしょう。
「一緒にいると楽しいし付き合いたい」のように、プラスな表現はあるけれど好意は不確か……。

このようなときは、相手と付き合うべきか少し迷うのではないでしょうか?

複数人に告白されてどちらを選ぶか迷っている


ほぼ同時に2人の男性に告白された場合も「どちらと付き合おうかな」と迷うでしょう。
性格や外見が似ている異性から同時に告白されると、どちらと付き合うか悩みます。

もしくは片方の男性は性格が好みで、もう片方は外見(見た目)が好み。
この場合も、どちらの人と付き合うか迷うのではないでしょうか?

付き合う決定打になるものが思いつかない

一緒にいて「なんとなくいいな」と相手のことを思っている場合に多いのが、付き合うことを決める決定打が思いつかないという理由。

相手の印象がぼんやりしているので、付き合うと決めるほどの大きな決定打が思いつきません。
悪い人ではないけれど、これといった決定打がないと付き合うかどうか迷うでしょう。

関連記事

付き合うか迷う場合はどうする?6つの対処法


「この人と付き合うか迷う」と、どうすればいいのか困ってる人もいるでしょう。
付き合うか迷ったときに、やっておくべき行動をご紹介します。

1.相手の好きな部分を思い返してみる

付き合うか迷う場合は、相手の好きな部分を一度考えてみましょう。
いつも一緒にいるとき、自分に対してどのような態度で接していたか思い返してみてください。

そうすることで、相手の好きな部分を思い浮かべやすくなります。
思い出せた相手の好きな部分が、自分にとってどのくらい重要なのか考えてみましょう。

付き合うかどうか判断しやすくなるのではないでしょうか?

2.相手とデートしている情景を想像してみる

付き合う前に「この人とデートしたら、どんな感じかな」と想像してみましょう。
すぐに想像できた場合は、あなたにとって付き合うとうまくいく相手なのかもしれません。

逆にデートしている様子が全く思い浮かべられない場合は、少し注意が必要です。
一緒に過ごす時間がまったく想像できないということは「相手への好意が薄い」ということ。

もしかしたら別の人の方が、あなたにふさわしいのかもしれません。

3.他の男性と何が違うのか考えてみる


「この人と付き合うか迷うな」と思ったら、他の男性と比較してみましょう!
他の人と比べて何が違うのか、どうして付き合うのを迷っているのかを考えてみてください。

例えば結婚願望が強いのであれば、2人と結婚したあとの未来を想像してみましょう。
付き合うか迷っている男性との将来像はどのようになりましたか?

なんとなく幸せな生活がイメージできたのであれば、付き合ったとしても相性が良いはず。
付き合うかどうか迷う場合は、他の男性と比較して想像してみるといいのかもしれません。

4.付き合うか迷っている男性と距離を置いてみる

付き合うか迷っている男性と一緒にいる時間が長い場合は、距離を置くのも一手です。
例えば友達として一緒にいる時間がかなり長いとします。

この場合、付き合うか迷っている男性と距離が近すぎるのかもしれません。
いつも一緒に居るので、特別感が少ないのではないでしょうか?

一度、付き合うか迷っている男性と適度に距離を置いてみましょう。
そうすることで、自分が男性に対してどのように思っているかが分かるかもしれません。

いったん男性と距離を置いてみて、何も感じないようであれば付き合わなくていいでしょう。
もし、少し離れたことでモヤモヤしたり一緒にいたいと感じたりした場合は相性がいいのかも。

付き合うか迷うくらいなら、付き合ってみてもいいかもしれませんよ。

5.今が恋愛すべきタイミングなのか考える

付き合うか迷う場合、そもそも今が恋愛するべきなのか考えてみてもいいのかも。
ゆっくり落ち着いて考え直すと、現状どうするべきか見えてくる可能性があります。

恋愛は意外とタイミングが重要です。
例えば仕事が順調に進み、繁忙期のときでもあなたは相手を気遣えますか?

もし恋愛しても大丈夫と判断したのであれば、付き合ってみてもいいのかもしれません。
しかし、不安があり、お付き合いをするか迷う場合はやめておいたほうが無難。

無理をして付き合ったとしても失敗する可能性が高いためです。
「仕事や別のことを優先したい!」と考える場合は、恋愛以外のことに集中する時期なのでしょう。

6.誰かに相談してみる


付き合うか迷う場合は、誰かに相談するのも1つの手段です。
できれば「自分をよく知ってくれている人」に相談しましょう。

過去の恋愛を知っている友人や、自分の長所も短所も分かっている人がおすすめです。
注意点は、相談した相手に完全に従わないこと。

恋愛をして付き合うのは自分自身です。
あくまでも、迷うときの判断材料の一部として考え、最終的には自分で決めましょう!

関連記事

付き合うか迷うときに確認すべき8つのポイント


付き合うか迷うとき、どこを確認しておくべきなのでしょうか?
確認すべきポイントを下記でご紹介していきます。

お互いがどれくらい相手のことを好きか


付き合うか迷う場合は「お互いがどのくらい相手のことを好きか」を確認しましょう!
一番簡単な見分け方は「自分自身が仕事で忙しいときの対応」です。

例えば、あなたが今とても仕事で忙しい繁忙期の中で仕事を頑張っているとします。
その時、休暇はほぼない状態。

この時、あなたは彼(相手)に会う時間を作ろうとしますか?
もし何も考えなくても、相手のために時間を割こうと思えたなら「相手の事が好きということ」でしょう。

もしくは同じ状況のとき、彼はあなたのために時間を作ろうとしてくれますか?
もし自分がツラい状況のときでも、あなたとの時間を大事にしてくれる場合は付き合っても上手くいくと考えられます。

つまり「どれだけ相手のことを思い、行動できるか」が分かる確認方法です。
付き合うか迷う彼がいる場合は、ぜひ試してみてください!

自分のことを大事にしてくれそうか


付き合うか迷った場合、自分のことをどの程度大事にしてくれる人なのか考えてみるのもいいかもしれません。

過去のデート中の彼の態度を思い出してみましょう。
彼1人ではなく、2人で楽しもうとする行動を思い出すことができますか?

例えば、歩くスピード。
さりげなく気遣ってあなたのペースに合わせてくれる場合は、今後も彼に大事にされる可能性が高いです。

他にも、何かを決めるとき彼が一方的に意見を押し付けてくるようなことはありませんか?
彼が話し合って物事を一緒に決めようとしてくれている場合は、あなたは大事にされている(今後のことを考えて大事にしようとしている)と思えるはず。

「一緒に居たいから大事にする!」という気持ちが行動に表れているか、チェックしておくことをおすすめします!

いざという時に頼りになるか


付き合うか迷う場合は、いざという時に頼りになる人かどうか見極めましょう。
例えば、あなたが悩み相談をしたとき彼はどのような行動を取りますか?

話をまったく聞かず話題を変えたり、嫌なことから逃げるような素振りがあったりする場合は、付き合っても頼りになる存在とは言えないですよね。

問題を解決できなかったとしても真剣に話を聞こうとしてくれるなど、何かしら頼りになる一面が見えるかどうかは確認しておきましょう!

例えば、あなたがパソコン使用時に操作で分からない部分があったとします。
このとき「どうやって操作すればいいのかな?」と彼に聞いてみましょう。

彼が操作を落ち着いて教えようとしてくれたり、ネットで情報を調べてくれたりする人なら、いざというときは頼りになる可能性が高いです。

しかし、質問しても「知らない。自分で調べれば?」と投げやりになる場合は注意。
困ったことが起きても自分のことだけ考える、自分勝手な男性かもしれません。

いつもはおだやかで優しい雰囲気でも、いざという時は頼りになる芯の強い彼を選ぶことをおすすめします。

金銭面の不安や価値観の違いはないか


お金に対する考え方を知っておくのもポイントです。
例えば彼とのデートで、あなたばかりが料金の支払いをするのが当たり前。

この場合、あなたはどう思いますか?
特別な理由がない限り、あまり良い印象を受けないのではないでしょうか?

彼にお金がないという点だけでなく、他人任せにするルーズさも気になるはずです。
もしくは彼と一緒に居る時間は楽しくても、借金を抱えている彼は要注意!

付き合ったあと、知らない間に借金を肩代わりするなど金銭トラブルに巻き込まれる可能性があるからです。
彼に金銭面の不安がないかチェックしておくと安心です!

そして、もう1つ見極めておきたい部分が「お金の使い方」。
あなた自身のお金に対する価値観と大きく差がある場合は疲れてしまう可能性があります。

例えば、あなた自身は普段から節約を頑張るのが日常だったとします。
でも彼が節約に対して理解がなく、バカにするような考え方だとしたら合わない可能性が高いです。

付き合うか迷う場合は彼の「お金に対する価値観」を知っておきましょう。
そして金銭感覚が大きく異なる人は、できるだけ選ばないことをおすすめします。

常識がある人か


付き合うか迷う場合は、常識がどの程度ある人なのか確認しておくのもおすすめ。
例えばレストランで彼と一緒に食事をしているとき。

彼の態度をさりげなくチェックしてみましょう。
料理を注文時、彼が店員さんに対してやたら横柄な態度をとる場合、あなたは彼に対してどのように思うでしょうか?

常識がない人と感じ、不快に思うケースが多いでしょう。
必ずではありませんが、知らない人に優しくできない人は豹変する可能性があります。

最初はあなたや周囲の人に優しくするかもしれません。
しかし、慣れてきたら知らない人と同様に横柄な態度をとる可能性も考えられます。

他にも、電車やバスなど公共機関の乗り物を利用するときの態度も、さりげなくチェックしてみましょう。
最初から厳しすぎる目でチェックする必要はありません。

しかし、付き合うか迷う場合は、自分が思う最低限の常識を持ち合わせている人を選ぶのも1つの方法です。

周囲の人が強く反対していないか


周囲の人が彼とのお付き合いを強く反対している場合、付き合うかよく考えるべきです。
自分1人で考えるのではなく、周囲の人の意見を参考にしてみてもいいかもしれません。

例えば自分のまわりにいる「親しい友達」や、自分のことを理解してくれている「家族」。
的確なアドバイスをもらえそうな人を選んで、彼のことを相談してみましょう。

そして彼に関することで不安なことがあれば、できるだけ具体的に相談してみましょう!

例えば、彼の性格(優しすぎる、怒りっぽいなど)で気になる部分があったとします。
その場合、他者に相談してみると客観的な視点で意見を聞くことが可能です。

「意外と気にしなくても大丈夫だよ!」と言ってもらえたり、「それは付き合うと苦労するからやめたほうがいいのでは?」といった的確な助言をもらえたりする可能性があります。

自分の考えとはまた違った意見を聞けるので、冷静に判断しやすくなるでしょう。

付き合うか迷う場合は、自分で考えるだけでなく人の意見も取り入れるのがおすすめです。
そして周囲の人が強く反対している場合は、付き合うべきではないのかもしれません。

一緒に居て落ち着くか


彼とデートしているとき、一緒にいて落ち着くと感じることはありますか?
彼と一緒にいるとき、緊張してしまうことは問題ありません。

慣れてくれば居心地がよく、落ち着く関係になれる可能性があるからです。
しかし、彼と一緒にいて常に緊張感があり、モヤモヤしてしまうことが多い場合は要注意!

付き合ったとしても、お互いにしんどくなり疲れる可能性が高いです。
一緒にいるとき、ふとしたことで「あ、落ち着くかも」と思うことができますか?

居心地がいいと感じる相手の場合、付き合うか迷うことなく思い切ってお付き合いをスタートさせてみるのも方法の1つです。
意外とうまくいき、幸せな恋愛ができる可能性もあります。

逆に「どれだけ一緒にいても落ち着く瞬間がないな」と感じる場合は厳しいかもしれません。

  • いつもなぜか気を遣ってしまう
  • 一緒にいると疲れるな

このような場合は、付き合うか迷うのをやめて別の相手を選ぶのをおすすめします。

妥協すべき点はどのくらいあるのか


やはり付き合うか迷う場合、妥協すべきことがあるのでしょう。
まずは彼について知っている情報を頭の中で整理してみるのをおすすめします。

彼にはどれくらい妥協すべきポイントがあるのか、考えてみてください。
自分が絶対に譲れない条件が妥協すべきポイントだった場合は、付き合うのはやめておいたほうがいいかもしれません。

付き合うときに妥協したくないポイントは「容姿」や「性格」など人それぞれ。
自分自身が妥協したくないポイントは、できるだけ諦めないことをおすすめします。

特に内面の部分を妥協するときは慎重に考えたほうがいいでしょう。
ただし、彼に対して完璧を求めるのはNG。

欠点がまったくない人は、なかなか存在しないということも覚えておきましょう!

関連記事

とりあえず付き合ってみる場合のメリットと注意点


付き合うべきか迷うときは、あまり深く考えすぎず、お付き合いをスタートさせてみるのも意外といいかもしれません。
思い切って付き合う場合、どのようなメリットがあるのか、注意点はどのようなことかを紹介していきます!

付き合うか迷う場合に付き合ってみるメリットは意外とあります。
試しに付き合うと「今までは気付かなかった彼のよさ」に気づける可能性があること。

例えば仲は非常に良いけれど、友達止まりの異性に告白されて付き合ってみたとします。
一緒にいて楽しくて落ち着くのはもちろん、さりげない優しさやカッコ良さに気づける瞬間があるかもしれません。

結果、自然と彼のことを好きになり幸せな恋愛ができます。
一方で、やはり注意点もあります。

それは「彼とのお付き合いを始めてみたけどうまくいかなかった場合」です。
多少なりとも2人の間に、いつもとは違う空気が流れる可能性があります。

付き合う前とは違う関係性になりやすいことを覚えておかなければいけません。
事前に「付き合ってみて上手くいかなくても、適度な距離感で友達として仲良くしてもらえると嬉しいな」と、彼にさり気なく伝えておくのもおすすめです。

何も言わずに付き合うよりは、気まずくなるのを軽減できる可能性があります。

付き合うのをやめておく場合のメリットと注意点


付き合うべきかを迷う場合は、付き合うのをやめておくのも方法の1つ。
「付き合うかどうか迷うくらいなら、今は付き合わないでおこう!」と決めた場合、やめたからといって悪いことばかりではありません。

まず付き合うのをやめたときの最大のメリットは「失敗するリスクを回避できること」。
付き合ってみて合わない場合、別れたあとに関係がこれまでと変わる可能性が高いです。

しかし、付き合うのをやめる場合は上記のリスクを回避することができます。

一方で、付き合わない選択する注意点としては「まだ知らない彼の長所」を見逃しやすくなるということ。
付き合ってみて分かる長所もあるのが事実。

もしかしたらうまくいったかもしれない相手でも、付き合わないと決めた2人はすれ違ってしまうことになります。

付き合うか迷うことは悪いことではない!広い視点で考えて


「この人と付き合うか迷うな、後悔しないかな」と考えることもあるでしょう。
付き合うかどうか迷う場合は、とにかくいろいろな視点で考えてみるのがおすすめ。

多方面から考えることで、自分の納得のいく答えが見つかるかもしれません。
付き合うか迷ったら、今回の内容を思い出して決断してみてください!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
なる子(ライター)
なる子

女性メディアで恋愛とライフスタイル担当の主婦ライター

文章を書くこと・まとめることが好きなアラサー主婦です。趣味で始めたブログがきっかけでライター業を開始。読者の気持ちに寄り添った優しい文章の執筆を心掛けています。

このライターの記事を見る