嫌な上司はスルーでOK!最強の「受け流しスキル」を身に着けよう

嫌な上司の下で働くことは、部下にとって大きなストレスになりますよね。そんな嫌な上司は思い切って「スルー」するのがベスト!この記事では嫌な上司の特徴や上手にスルーする方法をご紹介します。スルースキルを手に入れてストレス耐性をつけましょう。

  1. 嫌な上司はスルーするのが一番
  2. 嫌な上司を無視してはいけない理由
  3. 嫌な上司の特徴8選
  4. 嫌な上司をスルーする時に必要な考え方
  5. 摩擦ゼロ!嫌な上司を上手にスルーする方法
  6. 嫌な上司をうまくスルーできない…そんな時は?

嫌な上司はスルーするのが一番


真面目な人ほど「上司だから」と敬って、嫌な上司をスルーしない傾向にあります。
しかし、上司だからという理由だけで相手を敬う必要はありません。

誰かを敬う気持ちは本当に尊敬できる相手に自然と抱くものであり、ムリして持つものではないことが理由です。
また「スルー」と「無視」は違います。

無視は相手の存在ごとないもののように扱う失礼な行為ですが、スルーはあくまで相手の会話を受け流す行為。
いわば相手を尊重しながら自分の身を守るために必要なのがスルースキルであり、会社で働く人なら誰でも身に着けておいて損はないスキルです。

嫌な上司を無視してはいけない理由


中には嫌な上司と一緒に働くのがつらくて「嫌な上司を無視してしまいたい」と考える人もいるかもしれません。
しかし、たとえ嫌な上司であっても職場で誰かを無視することは多くのデメリットを生む行為です。

ここからは、嫌な上司を無視すると起こるデメリットから、無視してはいけない理由を考えましょう。

業務に影響が出る


無視は必ず業務に悪影響を及ぼします。
会社の業務において、一切コミュニケーションを取らずに完結する仕事はありません。

嫌な上司を無視することで本来取るべきコミュニケーションまで省略されてしまうため、仕事の手間が増えてしまうでしょう。
仕事をしに行って自ら仕事を増やしてしまうのは本末転倒ですし、自分の役目を果たせていませんよね。

社内で過ごしにくくなる


無視された上司が逆上した場合、あなたが社内で居場所を失う可能性もあります。
上司や部下はただの肩書きに過ぎませんが、やはり社内では上司の方が力を持つのも事実です。

感情のまま嫌な上司を無視したら仕事を振られなくなってしまった…なんてケースも、実は珍しくありません。
攻撃的な行動に出れば、時に返り討ちにあってしまうこともあるため、一時の感情に任せた幼稚な行動には出ないようにしてください。

あなたの評価が下がる


あなたが嫌な上司を無視すれば、一緒に働く周囲の人も気づきます。
そうなればあなたは周囲の人から「嫌いな人をたやすく無視する人」だと思われ、評価を落とすことに繋がってしまうのです。

無視はそもそも職場にそぐわない行動なので、たとえ相手が嫌な上司であっても無視をした側が眉をひそめられてしまいます。
嫌な上司が原因で、あなたの評価が下がるのはとてももったいないことです。

嫌な上司の特徴8選


「嫌な上司」と一口に言っても、さまざまなタイプが存在します。
まずは、嫌な上司の特徴を知り、スルーするべき上司かどうかを見極めましょう。

仕事ができない


能力ではなく勤続年数で社員を判断しがちな日本企業には、仕事ができない上司がたくさんいます。
仕事ができない上司が指揮をとれば当然現場は混乱し、予期せぬミスやトラブルが発生するでしょう。

しかし相手が上司である手前、大きな声で間違いを指摘できずあなたのストレスは蓄積します。
仕事ができない上司の下で働くと、こっそり上司をフォローする機会が増えるため、余計な仕事が増えてしまうのです。

人によって態度を変える


自分が気に入っている部下にだけ甘く、そうではない部下に対しては厳しく接する上司も嫌な上司です。
そもそも「人によって態度を変える」という行為は、上司や部下という立場に関係なく人としてやってはいけない行為。

優遇された側はどう対応すればいいのか分からず戸惑い、冷遇された側は不満を抱くため、職場の空気そのものが悪くなってしまいます。

人間なので好き・嫌いという感情を持つのは仕方のないことですが、それを大っぴらにする上司はそもそも「人間力」が不足しているといえるでしょう。

部下を褒めない


部下のミスは厳しく責めるくせに、成果を出してもちっとも褒めない上司もいます。
このタイプの上司の多くは「負けず嫌い」で、心のどこかで「そんな成果なら自分だって出せる」と部下を見くびっているのです。

自分が一番という意識が強く、部下を育てるという意識よりも部下は自分の引き立て役くらいにしか考えていない場合も少なくありません。

また、部下が誰かから褒められている姿を見ると嫉妬心が生まれ、その部下に対しきつく当たったり嫌味を言ったりと幼稚な一面が覗きます。

自分の非を認めない


嫌な上司は総じてプライドが高く、ミスを誰かのせいにしたがる傾向にあります。
人間であれば誰でも時にミスをしますが、嫌な上司はミスをしても絶対に自分の非を認めません。

「自分さえ良ければ」という自己中心的な考えを持っている場合も多く、自分の評価が下がることを恐れて部下にミスをなすりつける上司も。

しかし、このように自己中心的で嫌な上司が仕切る現場は、次第に部下も自己中心的になっていきます。
そうなれば当然部署内のチームワークも崩壊し、職場にギスギスした空気が漂うでしょう。

上から目線の発言が多い


「上司である自分の方が偉い」という間違った勘違いに酔いしれ、やたらと上から目線で接してくる嫌な上司も多いですよね。
しかし、上司や部下というのはあくまでただの役割であり、その人の偉大さを示すものではありません。

そんな簡単な事実にも気づかず部下に上から目線で接する上司は、物事を客観視できず現実が見えていないのでしょう。
上から目線の上司は自分の優越感のためだけに部下を疲弊させる存在です。

自分の機嫌を優先する


自分の機嫌が良いときは部下に優しく、機嫌が悪いときは部下に八つ当たりする…、このように自分の機嫌で部下を振り回す上司も間違いなく嫌な上司です。

人間であれば誰でも気持ちに波がありますが、その波を堂々と仕事に持ち込んではいけません。
そもそも、自分の感情コントロールさえできない人間は、上司以前に一人の大人として問題があります。

部下は、目には見えない上司の機嫌を気にしながら働かなくてはいけなくなり、無駄な仕事が一つ増えるでしょう。

プライベートを探ろうとする


部下と距離を詰めようと考え、いきなり部下のプライベートに介入しようとする上司も存在します。

「部下と仲良くしたがっている」というと何だか少し可愛く聞こえますが、親しくない人からプライベートを詮索されれば誰でも嫌な気持ちになるのは当然です。

また、このタイプの上司は他人との距離感を正しく計ることが苦手なため、せっかくプライベートな情報を教えても個人の趣味や価値観をたやすく否定することが多い点も特徴。

そうなれば部下はさらに上司のことが嫌になり、心を閉ざしてしまいます。

人望がない


嫌な上司の最も大きな特徴は、人望がないことです。

「嫌だな」と思っているのが自分だけなら単に相性が悪いだけかもしれませんが、他の社員からも嫌がられている上司は間違いなく上司側に問題があります。

上司が他の社員から慕われているかどうかは、日々業務をこなしていく中で少しずつ明らかになっていくので、こっそり周囲の様子を観察してみましょう。

上手に上司をスルーしている人がもしいるのなら、お手本にするのもおすすめです。

嫌な上司をスルーする時に必要な考え方


嫌な上司をスルーする行動に移る前に、まずはマインドから整えていきましょう♡
この項目では、嫌な上司をスルーする際にストレスがかからない考え方をお伝えします。

職場には合わない人もいると知る


「上司を嫌だと思うなんて悪いことだ」と考える人もいるかもしれませんが、まずは「嫌でもいいんだ」と認めてあげましょう。
どんなに少人数な職場であっても、一定数他人が集まれば必ず合わない人が現れます。

大切なのは「嫌だと思わないこと」ではなく「嫌な人との付き合い方を心得ること」です。
上司を嫌だと思う自分を責めてしまうとさらなるストレスの原因となるので、自分の気持ちを受け止め、そこからどう対処するのかを考えてください。

上司に期待しない


中には「上司に態度を改めてほしい」と考える人もいるかもしれませんが、上司に変化を期待するのはおすすめしません。
大人が自分を変えるのは容易なことではなく、本人が心から反省しなければ改善はあり得ないためです。

上司に変化を求めて手を尽くしても結局は徒労となる可能性が高く、上司の嫌な部分が改善する前にあなたが疲れてしまう危険性があります。

嫌な上司には過度に期待せず、ある程度「仕方ない」と割り切ることも大切です。

摩擦ゼロ!嫌な上司を上手にスルーする方法


間違ったスルースキルは上司との間に確執や摩擦を生み、トラブルの原因となります。
では、摩擦を生まない上手なスルーとはどのような方法なのでしょうか?

仕事の指示はきちんと明確にする


嫌な上司との接触をできるだけ減らそうと、指示に理解できない箇所があってもそのまま仕事に取り掛かってしまう人は少なくありません。

しかし、曖昧な指示のまま仕事を始めればミスが起こり、さらに嫌な上司との接触機会が増えるだけ!
嫌な上司をスルーするためには、上司が小言を言う必要がないくらい完璧に仕事をやり遂げる必要があります。

そのため、指示に不明点があった場合はきちんと指示内容を明確にしましょう。

避けられる会話は全て避ける


業務に関係のない雑談や何もすごくない武勇伝など、聞いても意味がない会話は積極的に避けましょう。
大声で「やめてください!」なんて言えばもちろん角が立つので、聞こえないふりや時には席を立つのが有効です。

名指しで話しかけられどうしても回避できない時は返事をするしかありませんが、ぼんやりと曖昧な相槌を打っておけば問題ありません。

仕事の話と雑談とで聞く姿勢が異なる様子を見せることで「仕事とプライベートをきっちり分ける人」と印象付ける効果もありますよ!

嫌味は気づかないふり


中にはネチネチとミスを責めたり、嫌味を言ったりしてくる上司もいるでしょう。
このような上司の発言は嫌味に気づかないふりをするのが最も有効です。

例えば執拗に責められても「上司は自分のために怒ってくれている」といった発言をしたり、嫌味を言われても「そんな考え方もあるんですね」と真に受けたふりをしてみたり。

部下が嫌がることをして、その反応を見て楽しむ上司は一定数いるので「嫌味に全然気づいていません」という態度を取ることで嫌な上司の楽しみを一つ奪うことに成功します。

上司の手のひらで転がされないための策も、立派なスルースキルの一つです。

リアクションは控えめに


人と会話をしていると「ここは笑ってあげたほうがよさそう」「驚いた方が相手は喜ぶだろう」と思うポイントがあるかもしれません。
しかし、嫌な上司との会話のリアクションは抑えめにするのが絶対おすすめ。

なぜなら、嫌な上司は周囲の人からも嫌われ、多くの人からスルーされているからです。
大多数の人にスルーされている上司は反応をくれる部下に執着します。

嫌な上司から執着されることほど、ストレスがたまる状況はありません。
スルースキルを発揮するための舞台を整えることも、スルースキルの一部であることを覚えておいてくださいね。

信頼できる仲間を見つける


嫌な上司について相談できる先輩や、軽く愚痴を言い合える同僚など、人数は多くなくてもいいので信頼できる仲間を見つけておきましょう。

どんなにスルースキルを培ってもストレスがたまることがあるので、話を聞いてくれる仲間は大切です。
ストレスゲージを下げる秘策を持っておくことで、ムリなく嫌な上司をスルーできますよ!

また、嫌な上司の曖昧な指示で現場が混乱した時も、仲間内で知恵を出し合えば仕事を成功させられるかもしれません。

嫌な上司をうまくスルーできない…そんな時は?


上司によってはどんなにスルーしても接触してくる…なんて場合もあるかもしれません。
そんな時は、上司よりも上の立場の人に相談したり、異動や転職を検討したりしてみるのもいいでしょう。

やはり人間関係なので、自分の力だけではどうにもならないこともあります。
そんな時、他人や手段の力を借りるのは自然なことです。

自分のスルースキルを高めて自力で対処するのが理想的ですが、どうしても難しい場合は思い切って他の手段を講じてみてください。
嫌な上司の下で働くと、とても大きなストレスを抱えます。

上手なストレス解消法を身に着けることも大切ですが、ストレスを抱えないためのスルースキルを養うことも嫌な上司と一緒に働くうえでは大切です。

この記事を参考に、ぜひ嫌な上司との関わり方を見直してみてくださいね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ごとうゆき(ライター)
ごとうゆき

漫画やアニメ、小説が大好きなアラサー。実は握手会に通うほどのアイドルオタク。恋愛ネタも大好きで、学生時代は彼の心を把握したい一心で心理学を専攻した経験あり。