2021.12.09

骨格ナチュラルのダイエット法7つ!特徴・運動・食事・注意点を解説

骨格ナチュラルの人がダイエットする際は、主に全身運動をおすすめします。太るときは全身に脂肪が付きやすいためです。骨格ナチュラルの人に向けて、運動と食事のポイントやダイエットするときの注意点を2つ解説します。ぜひ参考にして、効率良く綺麗な身体を作りましょう。

骨格ナチュラルの特徴4つ。太るとガタイがよくなる?


骨格ナチュラルは他の骨格ウェーブ、骨格ストレートと比べて「太るとガタイがよく見える」タイプです。

ここでは骨格ナチュラルの特徴を4つ紹介するので、あなたに当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

関連記事

1.太るとガタイがよく見える

骨格ナチュラルが太ると、ガタイがよく見えるようになります。
なぜなら、全体にまんべんなく脂肪が付いて、大きく見えてしまうためです。

反対にお腹のみ・脚のみなどのように、部分的には太らない傾向があります。
下半身から太る骨格ウェーブとは違い、骨格ナチュラルは太った部分のみ服でごまかす技を使えないでしょう。

太ってもバランスは常に保たれるため、体重が数キロ程度しか増えない場合は周囲にバレにくいとも言えます。

2.骨・筋がしっかりしている

骨格ナチュラルの大きな特徴は、骨・筋がしっかりしているという点です。
筋肉や脂肪も付きにくいため、残った骨・筋が目立ってしまうのです。

たとえば、以下のような例があげられます。

  • 鎖骨が太くて目立つ
  • 肩幅が広い
  • 肩甲骨が大きい
  • 指の関節が目立つ
  • 膝の皿が大きい

ゆったりしたトップスや膝丈のタイトスカートだと、肩甲骨や膝など大きめな関節を隠せるため綺麗に着こなせますよ。

3.痩せたら、やつれて見える

骨格ナチュラルには、痩せた時にやつれて見えるという特徴があります。
しっかりした骨・筋が目立つ骨格ナチュラルは、単に体重が減るだけだと貧相な印象を与えます。

ダイエットのメニューがウォーキングのみ、または食事制限のみといった場合、バランスが悪くなって綺麗な身体を作りにくいです。
体重を落としつつ、程よく脂肪を残して筋肉も付けると綺麗な見た目を作れます。

4.お尻がまっすぐで平面的

お尻はまっすぐで平面的なのが、骨格ナチュラルの特徴です。
骨格ナチュラルは筋肉も脂肪も付きにくいため、丸みが出にくくなります。

骨格ストレート同様に腰の位置が高く、脚が長く見えるのがメリットです。
しかし骨格ストレートと異なってお尻が平面的なため、女性らしさよりも中性的な印象を与えます。

膨らみが全くないわけではありませんが、他の骨格タイプよりもお尻にメリハリがありません。

骨格ナチュラルにおすすめのダイエット法3つ【運動編】


骨格ナチュラルの人がダイエットするときに、おすすめの運動法を3つ紹介します。
全身運動をメインにくびれ・お尻のトレーニングも行いましょう。

具体的に解説するため、今日から実践してみてくださいね。

1.全身運動をする

骨格ナチュラルの人がダイエットするときは、全身運動を心がけましょう。
全体的に脂肪が付く骨格ナチュラルは、部分痩せのトレーニングばかりすると非効率です。

たとえば、以下のような運動をおすすめします。

  • 有酸素運動(ランニング、ウォーキング、縄跳び、水泳)
  • 無酸素運動(スクワット)

スクワットは下半身を鍛えるため、部分痩せトレーニングに分類されます。
しかし大きい筋肉が鍛えられて基礎代謝が上がるため、消費カロリーを増やして太りにくい体をつくることが可能です。

2.女性らしいボディメイクを意識する

骨格ナチュラルは、女性らしいボディメイクを意識しましょう。
他の骨格ウェーブ・骨格ストレートと比べて、メリハリが出にくい特徴があるためです。

特にくびれ・お尻を重点的にトレーニングすると、丸みとハリが出て女性らしい綺麗な身体を手に入れられます。

くびれトレーニング

  1. 身体をまっすぐにして横向きに寝る
  2. 肩の下に、床側の腕の肘を付く
  3. 身体をまっすぐにしたまま、腰を持ち上げる
  4. 30秒キープする
  5. 左右で3セットずつ行う

お尻トレーニング

  1. 四つん這いの姿勢になる
  2. 右脚を後ろ、左腕を前に伸ばして床と平行にする
  3. 10秒キープする
  4. 四つん這いの姿勢に戻る
  5. 左右で3セットずつ行う

3.運動後はストレッチ・リンパマッサージをする

ランニングや筋トレなどの運動をした後は、ストレッチ・リンパマッサージをして体をほぐしましょう。
筋肉が付くとハリがあって固い肌になってしまうため、ストレッチやリンパマッサージで柔らかい肌を育てます。

特にお腹・背中・股関節・ふくらはぎの筋肉を伸ばすように、ストレッチを行ってください。

リンパマッサージは、ボディクリームを塗った状態で行いましょう。
足首〜太もも、脚の付け根を優しくさすった後に、揉んでいきます。

関連記事

骨格ナチュラルにおすすめのダイエット法4つ【食事編】


骨格ナチュラルの人がダイエットするときに、おすすめの食事法を4つ紹介します。
他の骨格タイプにも言えることですが、バランスを考えて身体によいものを摂り入れましょう。

それぞれ詳しく解説するため、ぜひ参考にしてくださいね。

1.たんぱく質を摂る

ダイエットのために食事を見直すときは、たんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。
たんぱく質をしっかり摂らないと、運動しても筋肉が育ちません。

  • 動物性たんぱく質……肉、魚、卵、牛乳、チーズ
  • 植物性タンパク質……豆、野菜、そば、アボカド

筋肉の元になるのは動物性たんぱく質ですが、植物性たんぱく質は脂肪を燃やす働きがあるため、どちらもバランスよく摂りましょう。

2.食物繊維を摂る

骨格タイプにかかわらず、ダイエット中は食物繊維を意識して摂りましょう。
食物繊維は腸内環境を整えて血糖値の上昇を抑えてくれるため、太りにくい身体を作れます。

  • 不溶性食物繊維……モロヘイヤ、切干大根、干ししいたけ、豆類、小麦
  • 水溶性食物繊維……海藻、こんにゃく、キャベツ、里芋、アボカド、大麦

不溶性食物繊維を摂ると便のカサが増えて、腸内環境の働きを正常にすることが可能です。
水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑えます。

3.良質な脂質を摂る

ダイエットする際は、良質な脂質を摂るように心がけましょう。
良質な脂質によって、運動効率を上げる必要があります。

  • オメガ3系脂肪酸……魚類、くるみ、亜麻仁油、えごま油
  • 中鎖脂肪酸……ココナッツオイル、牛乳、MCTオイル

しかし脂質を摂りすぎると、いくら良質だとしても摂取カロリーが増えてしまいます。
魚であれば1日1匹、MCTオイルであれば1日30gを目安にしてください。

4.甘いものを控える

骨格ナチュラルの人に限らず、ダイエット中は甘いものを控えましょう。
甘いものはカロリーや糖質、脂質が高いものが多いため上手にダイエットが進みません。

反対にカロリー・糖質・脂質が低いお菓子を選ぶと、気分転換になるためおすすめです。
たとえば、以下のようなお菓子を食べるとよいでしょう。

  • ハイカカオチョコ
  • ナッツ
  • 果物
  • ロカボ系のお菓子

ロカボとは低糖質な商品のことで、「ロカボマーク」の付いたチョコやクッキーなどが販売されています。

関連記事

骨格ナチュラルがダイエットするときの注意点2つ


骨格ナチュラルの人がダイエットするとき、注意することが2つあります。
特に、筋トレを頑張りすぎないことが重要です。

それぞれ詳しく解説するため、意識してみてください。

1.食事・運動・リンパマッサージをバランス良くやる

骨格ナチュラルの人がダイエットするときは、食事・運動・リンパマッサージをバランスよく行うのが大切です。
運動のみ頑張っても、痩せすぎてやつれて見えてしまいます。

食事ではたんぱく質・食物繊維・良質な脂を摂ると、運動効率を上げたり健康な身体を作れたりします。
柔らかく女性らしい肌を作るために、リンパマッサージも欠かさず行いましょう。

2.筋トレを頑張りすぎない

骨格ナチュラルの人は、筋トレを頑張りすぎないように注意してください。
筋肉が付きすぎると、女性らしいボディラインを作れなくなります。

運動はウォーキングや縄跳び、水泳といった全身を使う有酸素運動をメインに行いましょう。
スクワットなどの筋トレをやるのは構いませんが、適度に抑えてください。

骨格ナチュラルは、全身ではなくお尻やくびれに絞って筋トレするとメリハリが出ますよ。

骨格ナチュラルのダイエットは全身運動をメインに


骨格ナチュラルの人がダイエットする際は、筋トレよりも全身運動を中心に行いましょう。

太るときは全体的に脂肪が付くため、スクワットを除く部分トレーニングだと効率が悪くなります。
全身運動をする際は、以下の4つを取り入れてみてください。

  1. ランニング
  2. ウォーキング
  3. 縄跳び
  4. 水泳

注意したい点は、運動のみに力を入れると、やつれた見た目になることです。
骨格ナチュラルのダイエットでは、食事・運動・リンパマッサージをバランスよく行ってください。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
あおぬ(ライター)
あおぬ

クリーニング店受付の経験を元に「あおぬのせんたく」にて、服のメンテナンス知識を分かりやすく発信しているブロガー。Webライターとして坂道グループ紹介なども執筆。

このライターの記事を見る