童心に帰るってどういう意味?童心に帰る方法やメリットもご紹介!

日々の生活が忙しすぎて童心を忘れている方も多いのではないでしょうか?今回は「童心に帰る」の言葉の意味や童心に帰る方法、そして童心に帰ることで起こるメリットをいくつかご紹介します!

「童心に帰る」とは?


「童心に帰る」というフレーズは聞いたことがあっても、意味を答えられない人は意外と多いのかもしれません。

一体どのような意味なのでしょうか?
一緒に「童心に帰る」の言葉の意味を見ていきましょう!

「童心に帰る」の言葉の意味


「童心に帰る」の意味は、簡単に述べると『子供のときの心を思い出す』ということです。
そして童心に帰るの「童」の部分は別の読み方で『わらべ』とも読むことができます。

「童心に帰る」という言葉は『純粋な気持ちを持った子供時代を思い出す』ということなのです。

では次に「童心に帰る」の言葉は、どのようにして使うのか?
使い方と類義語に該当する言葉をご紹介しますね!

「童心に帰る」の言葉の使い方と類義語


まずは「童心に帰る」の言葉の使い方から見ていきましょう!
「童心に帰る」という言葉は下記のように使います。

・実家に久しぶりに帰省して地元の友達と会うと童心に帰ったような気持ちになった
・懐かしい友達と学生時代の話をしているうちに2人とも童心に帰った

そして「童心に帰る」の類義語はいくつかあります。

・童心に戻る
・遊び心のある など

子供の頃を思い出したときや、純粋な気持ちになったときに「童心に帰る」という言葉が当てはまるのです。

関連記事

童心に帰ることで実はメリットがあった!


「童心に帰る」ということは『純粋な気持ちを思い出す』ということです。
そのため、実はメリットがいくつかあるのです。

では純粋な気持ちになる(=童心に帰る)ことで起きるメリットをご紹介していきます。

童心に帰るメリット①嫌なことを一時的に忘れられる


童心に帰ることで子供のときの気持ちを思い出せるので、嫌なことがあっても一時的に忘れられるのです。
何かツライことがあったときは、童心に帰る時間を作ってみてもいいかもしれませんね。

童心に帰るメリット②純粋な気持ちを思い出すことができる


「童心に帰る」ということは、自然と純粋な気持ちを思い出せるということなのです。
童心に帰ることで、今まで当たり前に行ってきたことに対しても「すごい!」と感じ、感動するかもしれませんね。

童心に帰るメリット③新しい発見がある


童心に帰ることで、新たな発見がある可能性もあります。
例えば、童心に戻って「この機械の仕組みはどうなっているのだろう?」などを考えてみるとします。

すると「あ!ここを少し変えてみれば前よりも使いやすいかも!」など発見し、改善するチャンスが訪れるかも。
童心に帰り、いつもと違う目線で物事を見ることで新たな発見があるかもしれません。

では、童心に帰るには何をすればいいのか?
具体例を次にお話していきます!

関連記事

童心に帰る方法をいくつかご紹介!


あなたは「童心に帰る」というワードを聞いて、何を思い浮かべますか?
童心に帰りたいけれど方法がよく分からない人は、参考にしてみてください。

童心に帰る方法①懐かしいおもちゃで遊ぶ


おもちゃで遊ぶことで、童心に帰ることができます。
おもちゃの種類は子供時代を思い出せるものであれば、何でもOKです。

子供の頃に遊んでいたシャボン玉や縄跳び、折り紙などで遊ぶことで手軽に童心に帰ることができます。

ぜひ懐かしいおもちゃを手に取り、童心に帰ってみましょう!
童心に帰ることで楽しい気持ちになるだけでなく、新しい遊び方など何かしら発見もあるかもしれません。

童心に帰る方法②他の人を気にしない


「童心に帰る」ということは、道具を使わなくても出来ます。
大人になると、子供の頃よりも我慢する機会が増えたのではないでしょうか?

たまには童心に帰って、自分の好きなことを好きなだけ楽しむ時間を作ってみましょう!

普段は他の人のことを気にしている場合は、一時的に子供の頃を思い出して、信頼している人にわがままを言ってみてもいいかもしれませんね。

普段、他人に気を遣っている人は一時的に童心に帰ることでストレス発散になるはずです。

童心に帰る方法③思いっきりはしゃぐ


大人になると、人前ではしゃぐ機会は自然と減りますよね。
たまには童心に帰って、思いっきりはしゃぐ時間を作ってみるのもいいかもしれません。

1人ではしゃぐのは難しいと思うので、仲の良い友達を誘って童心に帰るのがおすすめ。

例えば、子供のとき好きだったブランコやアスレチックなどで遊んで、思いっきりはしゃいでみましょう!
きっと童心に帰って遊ぶことで、嫌なことがあっても一時的に忘れることができるはずです。

童心に帰る方法④普段は気にしないことに目を向ける


普段は気にしないようなことに目を向けて童心に帰ってみるのも、面白いかもしれませんね。

例えば「いつも食べているアイスはどうやって作られているのか」や「なぜ他の商品と違って美味しくてロングセラーなのか」など。

すべてを疑問に思う純粋な子供のようになってみましょう!
童心に帰ることで新たな発見があり、知らなかったことを楽しみながら学べるでしょう。

童心に帰る方法⑤自分を甘やかす


「童心に帰る」ということは、何も考えず素直に甘えるということも当てはまるはずです。
たまには自分自身を甘やかしてみるのもいいかもしれません。

例えば、いつも仕事を頑張っているご褒美に、少し高級なスイーツを買って楽しむなどでもOK。
自分を甘やかすことでリフレッシュできるので、また明日から頑張れるはずです!

関連記事

童心に帰ることは時には重要なのかも


日々の生活が忙しいと、童心に帰る機会はなかなかないですよね。
ですが忙しいからこそ、童心に帰って純粋な気持ちを思い出すことも時には重要なのかもしれません。

あなたも、たまには童心に帰る時間を作ってみませんか?

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
なる子(ライター)
なる子

文章を書くこと・まとめることが好きなアラサー主婦です。趣味で始めたブログがきっかけでライター業を開始。読者の気持ちに寄り添った優しい文章の執筆を心掛けています。