2021.11.16

女子の刈り上げが伸びてきたらセルフメンテナンスをしよう!

今回は、女子の刈り上げ部分が伸びてきたら知っておきたいメンテナンス方法をご紹介!難しそうだと感じるかもしれませんが、ポイントを押さえることで自分でもお手入れできるようになりますよ。刈り上げをしている人も、これからの人も要チェックです。

女子の刈り上げが伸びてきたら手入れする?


刈り上げは、少し長さが変わるだけでヘアスタイルの印象が変わってしまいます。
そのため、見た目に気を使うのであれば定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです。

メンテナンスと聞くと、美容室に通うのをイメージをする人も多いでしょう。
しかし、刈り上げが伸びるたびに美容室でメンテナンスをしてもらうのは大変ですよね…。

「自分で手入れができればいいのに」と思う人もいるのではないでしょうか?
そこでここからは、自分で刈り上げのメンテナンスは可能なのか、女子に人気のツーブロックの手入れについてご紹介します。

関連記事

女子の刈り上げはセルフメンテナンス可能


結論からお伝えすると、刈り上げはセルフメンテナンスが可能です。
手入れの方法を覚え、道具を揃えておけば、家で自分の好きなタイミングで刈り上げを整えられますよ。

ただ、襟足のような部分を自分で無理にお手入れしようとすると失敗する可能性が高いので、家族や友人などに頼むか、美容師さんにお任せしましょう。

また、自分で行う自信がない人も、美容室でメンテナンスをしてもらうのがベターです。
セルフメンテナンスの方法や、持っておくべきアイテムについては後ほどご紹介します!

女子のツーブロックは手入れ必須


刈り上げ女子に人気なヘアスタイルはツーブロック。
髪に長い部分と短い部分の、2つのブロックがあるのが特徴です。

ツーブロックをしている人も、手入れを欠かさず行いましょう!
上から刈り上げを隠せばよいのではと感じるかもしれませんが、微妙に伸びた刈り上げが長い髪を持ち上げ、ヘアスタイルが野暮ったくなってしまいます。

また、襟足は中途半端な長さに伸びると髪の癖が出やすいため、ヘアセットがしづらくなるでしょう。

女子の刈り上げセルフメンテナンス法


ここからは、刈り上げ女子が知っておきたい、セルフメンテナンスの方法を解説していきます!
自分で手入れをするときには、大きく分けると2つのポイントがあります。

注意点もあわせてお伝えするので、ぜひ覚えておいてくださいね。
それでは、ひとつずつ一緒に見ていきましょう。

髪の長い部分をまとめる


まずは、刈り上げ部分以外の長い髪をまとめていきましょう。
刈り上げているときに他の髪まで巻き込んでしまわないよう、ゴムで結んだり、ヘアクリップで留めてください。

このとき「だいたいここら辺かな」と大雑把に分けるのではなく、刈り上げと長い髪の境目をきっちり分けておきましょう。
上記の工程をしっかり行うかどうかで、仕上がりの美しさにも影響が出てきます。

バリカンで刈り上げを整える


髪をまとめたら、いよいよバリカンで刈り上げを整えていきます。
今までにバリカンを使ったことがない人は一気に刈り上げようとせず、まずは見えにくいところから試しましょう。

バリカンは刃物なので、肌を傷つけないように注意しながら、丁寧に・落ち着いて行なってくださいね。

また、刈り上げと長い髪の境目の部分は、特に慎重にバリカンを入れていきましょう!
髪をまとめる工程を雑に行なっていると、ここでうまく刈り上げられなくなってしまいます。

あとは鏡でその都度確認しながら、すでに刈り上げられている部分に少しずつバリカンを入れていけばセルフメンテナンスは完了です。

先ほどもお伝えしたように、自分で刈り上げるのが難しい部分は美容室に行くか、家族や友人などに頼んで手入れしてもらいましょう。

関連記事

セルフメンテナンスに必要な道具


セルフメンテナンスの方法とあわせて、持っておくと便利な道具もご紹介します!
最低限必要なものをチェックするほかに、どんなものを選べばよいか迷ったときにも参考にしてみてくださいね。

はさみ


セルフメンテナンスをするなら、はさみを持っておくとよいでしょう。
バリカンを使って手入れする場合に使用することは少ないですが、刈り上げを整えるついでに前髪をカットするような場面で活躍しますよ。

はさみは、髪用のものを選ぶのがおすすめ。
次に紹介するバリカンと一緒に、ついでに揃えてしまうのもよいですね!

バリカン


刈り上げのセルフメンテナンスをするなら、必須ともいえるのがバリカンです。
バリカンを使わず刈り上げることもできなくはないのですが、自分で手入れをするのならバリカンで行うほうがやりやすいでしょう。

バリカンは、アタッチメントがついているものを選んでくださいね!
アタッチメントとは、バリカンに付けて使うもので、付け替えることで髪を好みの長さにカットできます。

3ミリ・6ミリ・9ミリのように数種類から選べるものが多いのですが、初めから短いものを選ばずに、まずは長めのアタッチメントを選んで試してみるのがよいかもしれません。

ダッカール


髪を止めるために使うヘアクリップでおすすめなのは、ダッカール。
鳥のくちばしのような、長くてカーブのついた見た目をしているのが特徴です。

美容室で見たことがある人や、既に持っている人もいるのではないでしょうか?
通常のヘアピンやヘアクリップよりも長めなので、より多くの髪をしっかり留めておけますよ。

セルフメンテナンス以外にも、メイクをするときや前髪が邪魔なときなどに重宝するので、これを機にぜひ手に入れておくのがおすすめです。
髪が長い人はダッカールと一緒に、ヘアゴムも用意しておきましょうね!


これまで紹介した道具のほかに、櫛の準備も忘れてはいけません。

セルフメンテナンスを行う前に髪をまとめるときや、髪を刈り上げたあとにバランスを確認するときなどに使用します。
できれば、コームとブラシの両方を持っておくとよいでしょう。

関連記事

女子の刈り上げは人気?


クールでスッキリした印象を与える刈り上げは、男子だけでなく女子のなかにも挑戦する人が多いヘアスタイルです。
とはいえ「やってみたいけど、似合わなかったらどうしよう…」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

最後に、刈り上げ女子に向いている人はどんな人か、どんな場合に後悔するのかを簡単に解説していきます。
今まさに刈り上げてはいるものの、このまま続けていこうか迷っている人もぜひ目を通してみてくださいね!

おしゃれ上級者には人気


刈り上げは、おしゃれ上級者の間で人気を集めているヘアスタイルです。
ロングヘアでもショートヘアでも、刈り上げを取り入れるだけでモードでかっこいい印象になります。

上から長い髪を被せるヘアスタイルなら、耳に髪をかけた時とおろした時で違った表情が楽しめるのも魅力のひとつでしょう。

憧れる女子も多い一方で、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人も多くいます。
そのため、刈り上げをしていると同性から褒められたり、注目の的になることもあるでしょう。

人と違うおしゃれがしたい上級者や、いつもの髪型に飽きてきた人にはおすすめのヘアスタイルといえますね。
また、サイドを刈り上げれば顔まわりの髪の量が減るため、小顔効果を期待できるのもメリットです。

手入れが面倒な人には不向き


定期的に美容室へ通ったり、セルフメンテナンスを行ったりと、手入れが面倒に感じる人は向いていないでしょう。

刈り上げた分髪の量が減ることで髪が早く乾かせるようになり、スタイリングもしやすくなるため、一見すると面倒くさがりの人にこそ向いていると思うかもしれません。

しかし、上記はあくまで「きれいに刈り上げている状態」での話です。
手入れを怠って微妙に伸びてきてしまった状態だと、スタイリングしても決まらなかったり、ダサく見えたりしてしまい「かえって刈り上げないほうが楽だったかも」と後悔してしまうことも。

手入れしやすい髪型をしたい場合は、刈り上げ以外のヘアスタイルを候補に入れたほうがよいでしょう。

セルフメンテナンスで刈り上げを維持しよう


本記事では、刈り上げ女子がセルフメンテナンスをする方法をご紹介しました。
刈り上げ部分は伸びたかどうかが一目で分かりやすいため、定期的なお手入れは欠かせません。

しっかり手入れを行うことで「あの人は自分の魅力をうまく引き出している」「髪のメンテナンスにも手を抜いていなくてかっこいい」と同性から憧れられる、おしゃれ上級者を目指せますよ。

きれいに維持して、刈り上げスタイルを楽しみましょう!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クラタコハル(ライター)
クラタコハル

おしゃれとインテリアが好きなフリーライター

ファッションが好きなWebライター。服飾雑貨を取り扱うショップのスタッフとして勤務経験あり。ファッションを楽しむお手伝いができるような情報をお届けします。

このライターの記事を見る