女性が職場で好きな男性にとる態度10選♡無意識に好きバレしてる?

職場で好きな男性ができると仕事のモチベーションも上がるもの。ただ、無意識にとる態度で、彼または周りの人に好意を気づかれていないか気になりますよね。この記事では、女性が職場で好きな人にとる態度、好きバレのメリットとデメリットを解説します!

  1. 実はバレバレ!?女性が職場で好きな人にとる態度10選♡
  2. 職場で好きバレしてもOK?不安になる理由は?
  3. 恋が実る可能性も!職場で好きバレする4つのメリット
  4. やっぱり気まずい?職場で好きバレする4つのデメリット
  5. まとめ:いい恋をして社内で評価をアップさせよう♡

実はバレバレ!?女性が職場で好きな人にとる態度10選♡


一日の大半を過ごす職場で好きな人ができた女性は、彼の姿を見ることがひそかな楽しみになるはず。
仕事にも前向きに取り組む意欲がわいてくるのではないでしょうか?

一方で、心を惹かれる男性が近くにいたらドキドキを抑え切れなくなるもの…。
無意識にとっている態度や行動、仕草から、いわゆる好きバレをしてしまう女性は少なからずいます。

女性自身は隠しているつもりでも、周りにすっかりバレているケースも多いですよ。
まずは、女性がどんな態度をとると恋愛感情がバレやすいのか、よくある特徴をご紹介していきます♡

1.目で追ってしまう


気持ちを隠せない女性の特徴の一つ目に、気になる男性を目で追いかけてしまうことが挙げられます。

「好きな人のことはずっと見ていたい」というのは、恋に落ちれば誰しもが抱く気持ちですね。
勤務時間中にもかかわらず意中の人に見とれて、彼が動けば素直に視線で追っている女性もいます。

自分に向けられている熱っぽい視線に、彼はもう気づいているかもしれません。
それ以上に、勘のいい同僚にはすでにバレバレでしょう。

2.目をそらしてしまう


逆に、彼から目をそらす女性もいます。
恥ずかしがり屋さんに多い反応で、相手を意識しすぎるあまり「好きバレ」よりも「好き避け」と呼ばれる行動をとりやすいのです。

同じ空間にいれば、自然に目が合うタイミングもあるものです。

しかしその際、シャイな女性はあわてて視線をそらしてしまい、「あの男性のことが好きなんだな」と周りに勘づかれるケースが少なくないです。

好き避けしてしまう女性は誤解を招くことも…!

好き避けしてしまうタイプの女性は、態度を誤解されやすいので要注意。

目をサッとそらす、顔をそむける、といった仕草は、男性に「オレのことが嫌いなのかな?」と勘違いされる可能性もありますよ。

どうしても彼の目を見られないのであれば、「プイッ!」と横を向くのではなく、うつむいて視線をそらすようにしてみましょう。

3.笑顔が増える


職場で好きな人ができた女性は、表情が明るくなり、よく笑うようになります。
仕事に来れば毎日好きな人に会えるのですから、自然に笑顔がこぼれてしまうのも当然ですよね。

笑顔の数が増えると、上司や同僚に「彼が好きなんだな」と知られてしまう確率は高いです。
また、「これは脈ありだな!」とピンとくる男性も珍しくありません。

笑顔の女性は間違いなく魅力的ですから、好きバレしたおかげで男性からアプローチしてくる場合も…!
笑顔は、恋が一歩前進するきっかけになるかもしれませんよ。

4.綺麗になる!メイクや髪型に変化が♪


好きな人ができた女性は、どんどんキレイになっていきます。
しかも、恋愛対象と職場で会うとなれば、彼の視線を日常的に意識することになりますよね。

それまでは「社会人として常識的な格好であればいい」という考えで、最低限の身だしなみを整えて出勤していた女性にも素敵な変化が訪れますよ!

メイクの仕方や髪型の選び方が垢抜けて、グッと女っぷりが上がる女性は少なくありません。
女性社員の外見が華やかになると、オフィスの雰囲気も明るくなります。

「あの子、もしかして好きな人でもできたかな」「相手は彼じゃないかな」と周りに気づかれる可能性は高いです。

5.体を近づけても平気!


一般的に、女性は男性よりもパーソナルスペース(親しい人以外だけに入ってほしいと感じるゾーン。関係のない人が立ち入ると不快感をおぼえやすい)が広いと言われています。

好意を抱いていない男性に体を近づけるなんて、考えられない女性がほとんどです。

でも、好きになった男性となれば話は別!
物理的な距離をつめても嫌な気はしません。

業務上の連絡があるとき、仕事を教えてもらう場面などに、膝がふれそうな距離まで体を寄せている女性もいます。
そこまで接近すると、男性のほうがドキドキしてしまうかも!?

6.彼の仕事を手伝う


職場で好きな人が忙しそうにしていると、恋する女性は思わず「何か手伝えることはありますか?」と声をかけ、できるだけ手をさしのべようとします。

好きな男性のことは応援したい、困ったことがあったら助けたいという思いが、態度や行動にあらわれるのです。

また、女性の中に備わる母性本能によって、無意識のうちに彼の世話をやきたくなる傾向もありますよ。

実際忙しいときにサポートしてもらえると、彼は「助かる!」というのが本音でしょう。
何かと自分を気遣ってくれる女性への感謝が好意へと変わっていくことも、十分あり得ますよ!

7.仕事の悩みを相談する


「仕事がうまく覚えられない」「人間関係で悩んでいる」などの悩みを男性に相談するのは、女性がよく使うコミュニケーション手段の一つ。

本気で悩んで弱気になっていると、女性は男性に頼りたい心理状態になりやすいです。
信頼している相手でなければ自分の弱みは見せられませんから、好きな人に甘えたくなる女性が多いのです。

一方で、モテテクとして、ちょっとした相談事を作り出して男性に相談を持ちかける「あざと女子」も。
この場合は無意識ではなく、したたかに計算して行動しているのです。

どちらにせよ、当の男性は女性に頼られるとまんざらでもないみたい。
あまり重い相談事だと負担になりますが、ちょっとしたアドバイスを求める程度なら、二人の距離を縮めるために有効ですよ。

8.仕事以外の話をする


積極的な性格の女性が職場で恋をした場合は、なるべくたくさん意中の彼に話しかけます。
まずは彼に合わせて休憩時間をとる、退社時刻を合わせるなどして、話しかけやすいタイミングを作ります。

そして「休みの日はどうしているんですか?」「最近はまっていることってありますか?」のように、プライベートに関する情報も聞き出そうとするのです。

かなり踏み込んだ質問をして、彼女はいるのか探りを入れている女性もいますよ。

ほとんどの女性は、恋愛感情のない男性のプライベートには関心を持ちません。
好きだからこそ「彼のことを知りたい!」という好奇心が強くはたらき、何でも聞きたくなるのです。

しかし業務連絡以外の話が多ければ、彼にも周りにも好意が発覚しやすいことでしょうね。

9.彼の体調を気遣う


職場では上司や顧客に配慮すべきことが山ほどあって、疲れることも多いのが正直なところ。
そのため、女性は大好きな彼の体調が気になってくることがあります。

彼が疲れているようならコーヒーを淹れてあげたり、お菓子の差し入れをしたり。
「そろそろ休憩したら?」「無理しないでね」などと相手を気遣う言葉も、自然に出てくるようになりますよ。

職場の全員にお茶を出したり気遣ったりしていれば好意が発覚しづらいですが、彼にだけ優しくしていたらバレてしまいますね。

10.彼が行く飲み会やイベント事だけには参加する!


職場で好きな男性ができると、女性は飲み会やイベント事での彼の出欠を気にします。

「○○さんは行くんですか?」と彼に聞き、答えがYESなら自分も出席、NOなら「じゃあ、私も行かなくていいかな」と判断しがちです。

女性にとって、職場の上司が居合わせる飲み会や行事というのは、必ずしも行きたい場ではありません。

それでも気になる男性とは少しでも接点を作りたい心理から、彼と一緒に参加できるかどうかで出欠を決めるのです。

当日、彼に近い席をとる、頻繁に話しかけるなどの態度から、好意がバレてしまう可能性はありますね。

職場で好きバレしてもOK?不安になる理由は?


基本的には、「職場で好きバレはしたくない」という女性が多いでしょう。
知らない間に彼への思いを悟られてしまうのは恥ずかしいものです。

ましてや職場では彼といつも顔を合わせることになります。
「仕事しづらい雰囲気になったらどうしよう」という不安を感じますよね。

恋が実る可能性も!職場で好きバレする4つのメリット


職場での好きバレが気になってしまうのも無理はありませんが、デメリットばかりとは限りませんよ。

職場で好きな人への思いがバレることの、意外なメリットをご紹介しておきます!

男性は職場でモテたい!好きバレは喜ばれる


実は、女性の好きバレは、脈あり・脈なしのどちらであってもほとんどの男性が喜びます。
付き合うかどうかは別として、大抵の男性にとって、職場でモテるのは純粋に嬉しいことだからです。

「女性にかっこいいところを見せたい」という理由で、仕事のモチベーションも上がることも多いです。
相手が可愛い子やモテる子であれば、ますます喜びます。

好意を匂わせるのは効果的♡


好きバレすることのメリットは、男心を揺さぶることができる点にあります。

「仕事中によく目が合うけど、もしかしてオレに気があるのかな?」
「笑顔でこっちを見ていたけど、オレのことが好きなんじゃないか?」

などと、男性が女性の脈ありサインに気づく瞬間が、職場では何度となくあります。
とは言え、本人に直接聞いて確かめたわけでもないので、「気のせいかな?」と判断に迷うでしょう。

女性が自分のことを100%好きだと確信できるよりも、「多分、彼女はオレのことを好きだと思うんだけど、本当はどうなんだろう?」という状態のほうが、男性心理としては気になってドキドキするもの。

女性から告白せずとも、日々接する態度からなんとなく好意を匂わせることで、男心が揺さぶられて恋心が芽生える可能性がありますよ。

彼の「脈なしサイン」に気づきやすい


職場で好きな人ができても、あいにく片思いや憧れで終わってしまう可能性も否めませんね。

女性の態度から好きバレしていると、付き合う気のない男性はそれとなく脈なしサインを出してきます。

目を合わせない、業務連絡以外の会話はしない、距離を置く、休憩時間をずらす他、何らかのアクションをとるのです。

彼の態度には一時的に傷つくかもしれませんが、脈なしサインに早めに気づけば深追いせずにすみます。
好きバレしたからこそ諦めどきの見極めもつき、気持ちを次の恋に切り替えやすいと言えるのです。

職場結婚は珍しいことではない!公認の仲になれるかも


職場恋愛が禁止されていない限り、勤め先で知り合った相手とお付き合いに至るのは珍しくはありません。
社内婚もわりと「あるある」ですよね。

なので、同じ職場にいる男性を好きになること自体は、別に悪くありません。

態度で好意がバレてしまったとしても、仕事さえちゃんとしていれば大きな問題はないのです。
社内の雰囲気によっては、二人の成り行きを周囲があたたかく見守っているケースもあるでしょう。

やっぱり気まずい?職場で好きバレする4つのデメリット


好意が態度でバレることにはメリットもある反面、やはりデメリットも少なからずあるもの。
ここからは、女性が職場内で好きな人がいることを知られてしまうデメリットについて、ご紹介します。

以下に当てはまったら、彼を含め職場の人を不快にさせたり、女性自身がつらい思いをしたりする可能性もあるので気をつけましょう。

公の場でとる態度ではない


そもそも職場は仕事をするための場所であり、公私混同はもってのほか!
恋愛感情を含め、私情をおもてに出しすぎるのはNG行為です。

本人が注意していても態度や行動で好きバレしている女性には、ほほえましいイメージがあります。
しかし、周りが見えなくなるほど恋にのめりこんだ場合、その女性は社内で評判を落としかねません。

もし恋愛に夢中で仕事が手につかない、彼を意識しすぎて業務の集中力が落ちる、ミスを犯すといったことがあれば、上司や同僚に迷惑がかかってしまいます。

業務に支障をきたせば、意中の彼にもいい印象を持ってはもらえないでしょう。

社内でうわさが広まる


女性社員の中には、おしゃべりでうわさ話が大好きな人も少なくありません。
気がついたら「あの子、○○さんのことが好きなんだって」と、社内でうわさが広まっているケースも…!

いたたまれない思いをする女性もいますし、相手の男性も冷やかされて気まずい思いをするでしょう。
うわさが広まると仕事しづらい空気が生まれるのは、大きなデメリットです。

嫉妬をかう


嫉妬というのは厄介な感情です。
女性が特定の男性一人だけを特別扱いしているのが明らかだと、他の男性社員が気を悪くすることもないとは言えません。

また、彼が社内で人気のある男性ならば、どこで女性陣の妬みをかうか分かりません。
同性の嫉妬心にも要注意です。

彼だけに笑顔で優しく接したり、彼の仕事だけを手伝ったりするのは得策ではありません。
えこひいきは対人トラブルの源なので、なるべく公平に、必要なら他の人にも協力を申し出る姿勢が大事ですよ。

失恋や破局もバレやすい


最大のデメリットは、恋がうまくいかないときも社内の人間にバレやすいこと!

うわさ話を好む女性たちは、興味津々で恋の行方を観察しています。
彼に振られた、一度は付き合ったけれど別れてしまった、といった動きもたちまち筒抜けになってしまいます。

そうしたリスクを少しでも減らすためにも、気持ちを態度に出しすぎない必要があるのです。

まとめ:いい恋をして社内で評価をアップさせよう♡


無意識にとる態度で恋心がダダ洩れの女性は少なくありませんが、それでも職場においては、なるべく自分を抑える努力をしましょう。

やるべき仕事をしっかりやることで彼に好印象を与えられますし、周りも応援するムードになりますよ。

職場での恋をきっかけにスキルアップして、あなたの社内での評価を上げていきましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。