面接練習はアプリでも可能!おすすめのiOS・Androidアプリ

面接の練習をしたいときは、アプリを利用するのがおすすめです。1人で練習でき、時間を選ばずに使用できます。この記事では「アプリで面接練習するメリット」「おすすめiOS・Androidアプリ」「アプリで面接練習するときにチェックするポイント」を解説します。

アプリで面接練習するメリット3つ


面接練習をしたいとき、アプリを利用すると3つのメリットを得られます。
以下のメリットを魅力的に感じた場合は、アプリで面接の練習をしてみてください。

1.1人でも練習できる

アプリを利用すると、1人でも面接の練習をできるのがメリットです。
面接練習用のアプリは1人で使用することを想定しているため、誰かに協力を求める必要がありません。

友達に面接官役を頼んだり、ハローワークや転職エージェントで模擬面接したりするのが嫌な人は、アプリでの練習が向いています。

また、アプリによっては録音機能や録画機能が付いているため、自分の話し方をチェックすることもできます。
転職活動のために面接練習したいけれど、1人でやりたい場合はアプリで練習するのがおすすめです。

2.費用がかからない

面接練習アプリは無料で配信されているものも多いため、費用をかけずに済むというメリットがあります。
ハローワークや転職エージェントの模擬面接は利用するのは無料ですが、交通費がかかってしまいます。

友達に面接練習を付き合ってもらう場合は、カラオケなどの部屋を借りたり、お礼とし友達にお菓子をおごったりなど、お金がかかる場合もあります。

お金をかけずに面接の練習をしたい場合は、アプリを利用するとよいでしょう。

3.空き時間に練習できる

アプリでの面接練習には、空き時間を上手に使えるというメリットがあります。
自分のスケジュールに合わせて、早朝や深夜でも練習できるためです。

ハローワークや転職エージェントは営業時間に限りがあるため、仕事終わりだと閉まっている可能性があります。
また、両者とも予約しないと模擬面接を受けられないため、混雑していると希望の回数分練習できないことも考えられます。

アプリであれば時間の制限がないため、十分な面接練習の時間を確保することが可能です。

関連記事

面接練習のおすすめiOSアプリ3選


iOSでおすすめする面接練習のアプリを、3つ紹介します。
それぞれのメリットや特徴、おすすめする方を解説するので、自分に合ったアプリを使ってください。

1.KnockKnock|さまざまな選択が可能


「KnockKnock」は質問内容や面接官のイラストなど、選択できる項目が豊富にあるのがメリットです。
例えば面接官のイラストは6種類から選ぶことができ、質問内容は「スタンダード」と「圧迫」から選べます。

質問は、上から順番に答えたりランダムで答えたりすることも可能です。
また、自分の声を録音することもできるため、客観的に話し方をチェックできます。

「KnockKnock」は、自分のやりやすい方法で練習方法を選択したい方におすすめです。

出典:App Store|面接練習アプリ KnockKnock(外部リンク)

2.面接対策|録画機能もあり


「面接対策」は録音機能のほかに録画機能もあるのがメリットです。
面接官役の画像と自分の顔が半分ずつで表示され、練習しながら自分の話し方をチェックできます。

面接の質問内容はカスタマイズでき、応募する企業に合わせて質問を追加することが可能です。
また、質問ごとに回答を編集する機能もついており、練習後に回答が表示されます。

これにより、言いたいことをきちんを言えていたか確認できます。
iOSアプリの「面接対策」は、録画機能を使って自分の話している様子をチェックしたい方におすすめです。

出典:App Store|面接対策(外部リンク)

3.面接練習 -Job Interview-|転職モードがある


「面接練習 -Job Interview-」は、転職専用の質問集があるのがメリットです。
「前職・現職の同僚からの評価はどうでしたか?」などのように、転職の面接ならではの質問を練習できます。

また、面接官の声は女性から男性の声まで、好きな声の高さを選べます。
質問の順番を入れ替えたり自分で作成することもでき、練習したい内容にだけ集中することが可能です。

「面接練習 -Job Interview-」は、転職の面接でしか聞かれない質問を練習したい方におすすめします。

出典:App Store|面接練習 -Job Interview-(外部リンク)

面接練習のおすすめAndroidアプリ3選


Androidでおすすめする面接練習のアプリを、3つ紹介します。
それぞれのメリットや特徴、おすすめする方を解説するので、自分に合ったアプリを使ってください。

1.面接チェッカー|フィードバックをもらえる


「面接チェッカー」は、面接の練習内容に対してフィードバックをもらえるのがメリットです。
録画している表情や声から、笑顔の出来や会話の内容、伝わりやすさを判定してもらえて、総合評価も出してもらえます。

また、面接官役はAIによる音声認識で話す仕組みになっており、自分の質問に対して深掘りしてくれます。
そのため、自然な会話を練習することが可能です。

こちらのアプリは、採用歴10年以上のベテランの方が開発しているため、1人でも実践的な面接練習ができます。
「面接チェッカー」は、面接練習のフィードバックをもらいたい方におすすめです。

出典:Google Play|面接チェッカー(外部リンク)

2.面接トレーニング!|ストップウォッチ付き


「面接トレーニング!」は、ストップウォッチ機能が付いているのがメリットです。
質問の回答にかかった時間を計測でき、簡潔に話す時間の練習になります。

面接官役の声は音声で流れるため、本番に近い形で受け答えすることが可能です。
また、「よくある質問」「たまにある質問」「圧迫面接」の3種類が装備されており、重要度や面接の雰囲気に応じて、さまざまなシチュエーションで練習できます。

「面接トレーニング!」は、質問に答える時間を測りたい方におすすめです。

出典:Google Play|面接トレーニング(外部リンク)

3.面接練習|必要な質問だけ残せる


「面接練習」は、自分に必要な質問だけ残せるのがメリットです。
自分で質問をカスタマイズすることができ、元々アプリに入っている質問は消去することもできます。

また、操作画面がシンプルで画像が可愛らしいため、リラックスしながら面接の練習を行うことが可能です。
練習モードは質問数の縛りがないため、途中でストップできます。

「面接練習」は、自分にとって必要な質問だけ練習したい方におすすめです。

出典:Google Play|面接練習(外部リンク)

アプリで面接練習するときのチェック項目3つ


アプリを使って1人で面接練習をするときは、以下の3つの項目に注意しましょう。
そうすることで、1人でも質の高い面接練習ができます。

1.声の大きさ

アプリで面接の練習をするときは、声の大きさが適切かどうか確認しましょう。
面接当日は、面接官に届くボリュームで話さないと会話にならないためです。

録音した自分の声を聞くときは本番を想定し、実際の面接官との距離までスマホを離して再生するのをおすすめします。

企業ごとに面接官との距離は異なりますが、約1m離して聞こえる距離であればまず問題ないでしょう。
アプリで録音した自分の声を聞くときは、聞き取りやすい声量かチェックしてください。

2.話す速度

面接の練習をアプリで行うときは、自分の話す速度に着目しましょう。
早口で受け答えすると、面接官にあなた自身のことが何も伝わらないためです。

口を大きめに開けて、1文字ずつ丁寧に発音するように心掛けてください。
特に緊張しやすい場合は、本番で早口になってしまう可能性が高いため、練習ではゆっくりすぎるくらいのスピードでも構いません。

アプリで面接練習して振り返るときは、話すスピードが適切か確認しましょう。

3.目線の位置

録画機能のあるアプリを利用するときは、自分が話しているときの目線に注目しましょう。
面接本番で下を向いて話していると、面接官に良くない印象を与える恐れがあるためです。

目線をチェックするときは、まっすぐ前を向いているか、周りをきょろきょろしていないかを確認してください。
人の目を見て話すのが苦手な場合は、面接官の眉間を見るつもりで目線をキープするのがおすすめです。

面接練習の様子をアプリで録画するときは、カメラの方にしっかり目線が向いている確認しましょう。

関連記事

面接練習はアプリでも可能!


転職活動のために面接の練習をしたい場合は、アプリを利用するのが便利です。
お金をかけずに、1人で好きな時間に練習できます。

1人で面接の練習をするときは表情や話し方、目線の位置に注意しながら行ってみてください。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
あおぬ(ライター)
あおぬ

クリーニング店受付の経験を元に「あおぬのせんたく」にて、服のメンテナンス知識を分かりやすく発信しているブロガー。Webライターとして坂道グループ紹介なども執筆。