骨格ストレート向けのダイエット特集!効率よく自分らしい体型に♡

骨格スタイルによって効果的なダイエットが違うことをご存知ですか?今回はメリハリ体型である骨格ストレートさんにぴったりなダイエット方法を紹介します!自分に合ったダイエットで自分らしい体型をゲットしましょう♡

  1. 骨格ストレートとは?
  2. なぜ骨格に合わせたダイエットが良いの?
  3. 骨格ストレート向けダイエット3選
  4. 骨格ストレート向けダイエットのポイント
  5. ダイエットにおける注意点
  6. 自分に合ったダイエットで理想の体型へ!

骨格ストレートとは?


骨格スタイルには「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つのタイプがあります。

今回ご紹介するのは「ストレート」の骨格スタイル。
芸能人では米倉涼子さんや小池栄子さんなどが骨格ストレートに当てはまりますね。

骨格ストレートさんの特徴

骨格ストレートさんの特徴は「メリハリ」のある体型。
バストやヒップが立体的で腰の位置が高く、どちらかといえば欧米人に多いスタイルになります。

下半身よりも上半身に重心があり、膝下は細くて膝上が太めの場合が多いです。
筋肉がつきやすい体型でもあり、二の腕の外側にも筋肉がつきやすいですね。

なぜ骨格に合わせたダイエットが良いの?


私たちは人それぞれ異なる骨格スタイルを持って生まれてきます。
そして、その骨格は一生変わりません。

脂肪のつき方も骨格スタイルに合わせたものになります。

つまり、効率的に痩せるには自分の骨格に合わせた痩せ方が必要なのです!

骨格ストレート向けダイエット3選


骨格ストレートさんの特徴をふまえたうえで、早速おすすめのダイエットを3つ紹介していきます。

すべてダイエットの基本に思いがちですが、それぞれに骨格ストレートさんならではのポイントがありますので注意してみていきましょう!

①食生活の改善


まず、最初に行って欲しいのは「食生活の改善」です。
これは骨格ストレートさんだけでなく骨格ウェーブさんや骨格ナチュラルさんにも必要なことでしょう。

しかし、その中でも骨格ストレートさんには特に効果的なダイエット方法です!
骨格ストレートさんの体型はエネルギー消費が激しいため、摂取カロリーを少し減らすだけで十分なダイエット効果が期待できます。

ゆっくりできる休日はなるべく自炊を心がけ、良質なタンパク質やビタミンを摂るようにしましょう!

筋肉がつきやすい体質を存分に生かすために、夜はヘルシーな鶏胸肉や豆類をメインにして糖質を控えるのもおすすめです♡
ご飯や麺、パン類を糖質カットの商品に置き換えるのも良いでしょう。

ただ、忙しい平日だとコンビニなど既製品に頼ってしまうこともあるかもしれません。
その時はチキンサラダや枝豆など、なるべく低カロリーで高タンパクなものを選ぶようにしてくださいね。

おすすめレシピ①野菜のピリ辛麺

こちらは筆者も頻繁に作るメニューです。

材料は冷蔵庫にある野菜とキムチ、ささみ、糖質オフ麺、めんつゆになります。
糖質オフ麺であれば何でも良いので好きなメーカーのものを使ってください。

作り方はいたってシンプル。
きゅうりやトマトなどの野菜を切りお肉を茹でたら、水気をきった麺のうえにキムチと一緒に盛り付けてめんつゆをかけるだけです!

野菜もブロッコリーやオクラ、ネギやパプリカなどでもOK!

筆者は腸活もかねて納豆ものせることがありますが、結構合いますよ♡
切ってのせるだけなので、とっても簡単です。

クックパッドでは「韓国冷麺」などで検索すると詳しいレシピが色々と出てきますので、タレにもこだわりたい方はチェックしてみてください!

おすすめレシピ②ベジタブルご飯

こちらは、トップバリューなどに売っている冷凍の細かいブロッコリーやカリフラワーをご飯に混ぜたものです。

「糖質を控えたいけどお米が食べたい!」という人におすすめですね!

お米と同じくらい小さく切ってあるので、見た目はほとんど違和感がありません。
チャーハンや雑炊など様々な料理に使えますので、詳しくはトップバリューの特設サイトをご覧ください!

おすすめレシピ③鶏肉団子のスープ

高タンパクで低カロリーな食材の代表である鶏胸肉!
こちらを団子にしてスープにすれば、あっという間にメイン料理の出来上がりです。

お肉を食べる罪悪感も感じにくいですし、大量に作って冷凍しておくと自炊が面倒な時にも便利ですね。

寒い季節に合うように思いがちですが、夏場でもクーラーの効きすぎで身体を冷やしてしまいます。
こうしたあったかい料理をメニューに加えると健康的に痩せることができますよ♡

②有酸素運動と筋トレを組み合わせる!


ダイエットにはつきものである運動。
筋肉がつきやすい体質を持つ骨格ストレートさんには「有酸素運動と筋トレ」を組み合わせた運動がおすすめです!

骨格ストレートさんが太ってくると身体の中心に脂肪がつきやすい「りんご型」になります。
しかし、筋肉もつきやすいので筋トレばかりをしていると二の腕の外側ががっしりしすぎてしまうのです。

そのため、筋トレで身体が引き締めて基礎代謝を上げつつ有酸素運動で脂肪を燃焼するというダイエット方法をとりましょう!
このやり方をすると太りにくい体質にもなりますよ♡

骨格ストレートさんは主にお腹やお尻、太ももにアプローチする筋トレがおすすめですね。
骨格ストレートさんにおすすめの筋トレを3つ紹介します。

スクワット


特におすすめの筋トレはスクワット。
太ももやお尻の筋肉を鍛える効果がありますので、1日に15回を2セットずつぐらいから始めてみてください。

基本的なスクワットのやり方は下記の通りです。

  1. 肩幅に足を開く
  2. 膝を90度まで曲げて腰を落とす
  3. ゆっくり元に戻る

前屈みになったり腰を落としすぎると体を痛める原因になりますので、くれぐれも注意してください!

筆者も毎日スクワットを続けて約4kg痩せた経験があります!皆さんも無理のない範囲で続けてみてくださいね♡

ヒップリフト


もともと腰回りにボリュームがある骨格ストレートさん。そのため、太ったときに一番目立つのが下腹部とお尻です!

ヒップリフトは腰回りやお尻の筋肉を鍛えることができるので骨格ストレートさんにぴったり。
ヒップリフトのやり方は下記の通りです。

  1. 仰向けに寝る
  2. 膝を90度に立てる
  3. 肩から膝が一直線になるように腰を持ち上げる
  4. お尻に力を入れて2、3秒キープ
  5. ゆっくりと元に戻す

これを1日に20回を3セットの目安で行ってください。くれぐれも腰を痛めないように気をつけて!

プランク


骨格ストレートさんは体幹を鍛えることも大切です。
筋肉がつきやすい骨格ストレートさんだからこそ、特定の部位だけでなく全体的にバランス良く筋肉をつける必要があります。

プランクは体幹を鍛える筋トレの中でも下腹部や腰回りの筋肉を鍛えることができるため一石二鳥!
プランクの基本的かやり方は下記の通りです。

  1. うつ伏せになる
  2. 前腕と肘、足の爪先を床につける
  3. 頭から爪先まで一直線になるようにしてキープ

最初のうちはキツいので10秒間キープから始めましょう。
筋肉がついてくると30秒から2分間ほどキープできるようになりますが、無理をすると腰を痛めるため10秒を3〜5セット行うことをおすすめします!

③ながら運動


骨格ストレートさんには筋トレと有酸素運動が向いているとお話ししましたが、筋トレをしながらのウォーキングやジョギングもするのは少しつらいですよね。
そこでおすすめするのが「ながら運動」です!

骨格ストレートさんはエネルギー消費が激しいのでこうした小さな運動をコツコツ続けていくだけでも、体重は減っていきます。
骨格ストレートさんにおすすめの「ながら運動」はこちらです。

足の上げ下げ運動


太ももを上げ下げする運動も効果的な有酸素運動になります。
洗い物や洗濯物を干すときなど家事をしている最中にもできる運動です。

回数は気にせずに気づいたときに行ってみましょう。
また、周囲のものにぶつからないように気をつけてくださいね!

ステップ運動


低めの階段などを踏み台代わりにして上ったり降りたりする運動です。
専用の台もありますが、お金をあまりかけずに行うには身の回りにある段差を使用することをおすすめします。

音楽を聴きながら行ってもいいですし、慣れればテレビを見ながらでもできますよ!

寝ながら自転車漕ぎ

ベッドで仰向けになり、自転車を漕ぐような動きをする方法です。
腰を痛めない程度に足を上げて自転車を漕ぐように足を回しましょう。

軽い有酸素運動なので毎日でも続けられます!こちらもテレビや音楽を聴きながら行えますよ♡

このほかにも、一駅分歩いたり階段を使う習慣をつけることもおすすめです。

骨格ストレート向けダイエットのポイント


3つのダイエット方法を紹介しましたが、それぞれには注意してほしいポイントがあります。

タンパク質を積極的に摂ろう

タンパク質の摂取は筋肉がつきやすい骨格ストレートさんに欠かせません!
骨格ストレートさんは筋肉がつきやすいので、高タンパクな食事と少しの筋トレで引き締まった程よい筋肉を手に入れることができます。

最大のダイエット効果を出すためにも、食事には必ず高タンパク食品を取り入れましょう!

忙しい平日はコンビニのチキンサラダと食パン、野菜スープを中心にすると献立にも悩まずバランスのとれた食事ができます。

最近はコンビニやスーパーでもバリエーション豊かなチキンサラダや野菜スープが売られているので、その日の気分で種類を変えてみるのも楽しいですね♡

休日は自分へのご褒美に赤身のお肉やお魚をメインにした料理をいただくのもおすすめです!

コンビニで買えるおすすめ商品

サラダチキン

今やどこのコンビニでも売っているサラダチキン。
高タンパクで低脂質なためダイエット中でも安心して食べることができます。

また、味もコンビニによって様々な種類があるので自分好みの味を見つけてみてください♡

野菜ジュース

タンパク質のほかにダイエット中に必ず摂ってほしいのが「野菜」です!
野菜を摂ることで胃腸の動きを活発にしたり、多くの栄養素を摂取することができます。

野菜とフルーツが合わさったものからビタミンCが豊富なものなど、いろんなタイプが売られていますのでその日の体調に合ったものを選んでくださいね!

野菜スープ

最近ではコンビニで低カロリーの野菜スープを見かけることが多くなりました。

「◯日分の野菜が摂れるスープ」「野菜たっぷり春雨スープ」など食べ応えもありつつ栄養価のあるものなので、自炊する時が面倒な時の強い味方になります。

ただし、美味しいからといって食べ過ぎては意味がありません。
適度な量を食べるよう心がけましょう!

運動スケジュールを組もう!


上記でも紹介した通り、骨格ストレートさんは有酸素運動と筋トレを組み合わせた運動方法がおすすめです。
しかし、どんなときでも同じペースで運動する必要はありません!

特に筋トレには休む時間が必要です。
筋トレは筋肉を破壊したのち修復させることで筋肉を成長させる目的があります。

修復させる時間もないまま、連続して行うのは逆効果なのです!

筋トレは週に2回程度を目安にするか、毎日行いたい場合は1日目は下腹部で2日目はお尻など使う部位を変えてみましょう。

有酸素運動は毎日行っても大丈夫ですが、生理の日などはお休みしてストレッチのみを行うことをおすすめします。

また、基礎代謝を上げる筋トレをしてから有酸素運動を行うと効率的良く脂肪燃焼が期待できます!

筋トレ後に軽い休憩を挟み、テレビなどをみながら簡単な有酸素運動に取り組むなど簡単な運動スケジュールを1週間分考えてみてくださいね♡

ダイエットにおける注意点


さて、骨格ストレートさん向けのダイエット方法やそのポイントを紹介しましたがこれらには気をつけてほしい点もあります。

過剰な食事制限は逆効果!


当たり前のことですが、いくら摂取カロリーを減らすと痩せやすいからといって過剰に減らすのは逆効果です。
身体がびっくりしてしまいますからね。

また、女性は月経がありますので食欲が増進する時期があります。
正しい食生活をしていても、月経が近づくといきなり崩れてしまうこともあるでしょう。

ルーティンが崩れることはストレスにつながり、リバウンドの原因にもなります。
過剰な食事制限はせずにご飯を白米から玄米にしたり、日によって食べる量を調節するなど自分に合ったやり方を試してください♡

食べることは生きること。
食生活を改善しつつも食事を楽しむことを忘れないようにしましょう!

筋トレのしすぎはNG!


骨格ストレートさんは筋肉がつきやすいので体重がある程度減ってからも筋トレをしていると、厚みのある身体が余計に厚くなってしまいます。
ダイエットしたのに太って見えるなんて嫌ですよね!

ある程度の筋肉がつき体重も減ってきたことが確認できたら、筋トレはほどほどにして有酸素運動メインに切り替えていきましょう!
規則正しい生活習慣と栄養バランスの整った食生活を合わせていればリバウンドの心配もありません。

どれくらいの筋肉がついているかなど、毎日鏡を見て自分の身体の変化を見逃さないようにすることも大切ですよ♡

自分に合ったダイエットで理想の体型へ!


今回は骨格ストレートさんに合ったダイエット方法について詳しくご紹介しました。
いかがだったでしょうか?

骨格によってダイエットの方法が違うなんて新しい発想ですよね。
しかし、何となくのやり方でダイエットを実行するよりも効果が実感できる目的を持ったやり方のダイエット方法が1番続きやすいものです。

骨格ストレートの皆さん♡
今回の記事で紹介したダイエット方法を試してみて、自分だけの理想の体型を手に入れてくださいね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Yuri(ライター)
Yuri

Yuriと申します。主に美容とライフスタイルの記事を執筆。心と身体に優しいライフスタイルを研究中です。皆さんに素敵な情報をお届けできるよう努めてまいります。