職場の異性との適切な距離感は?ストレスフリーな人間関係が大切!

職場には、さまざまな年齢・出身地・経歴を持つ人が集まります。コミュニケーションに気を遣うシーンが多いなか、特に異性との距離感に悩む人も多いでしょう。今回は、ストレスフリーな人間関係を築くために必須である、職場の異性との適切な距離感をつくる方法を紹介します。

仕事上のコミュニケーションが難なくできる距離感


大前提として、職場での付き合いのある人である以上、仕事上のコミュニケーションが難なくできることが必須です。
男女関係なく当てはまる項目であるため、特に意識しておきましょう。

特に、下記のようなことを意識しておくことがおすすめです。

  • 毎日の出勤時(退勤時)にきちんと挨拶をする
  • 細かな報連相を徹底する
  • 社内で情報格差が出ないよう、情報共有を密に行う

社会人として基本的なコミュニケーションができていれば、特に問題はありません。
反対に、思わず話しかけることをためらってしまい、仕事上のコミュニケーションに支障が出るような距離感は、不適切だと考えましょう。

お互いを信頼し合える距離感


特に言葉がなくとも、お互いを信頼し合えるような距離感が大切です。

信頼し合える距離感があれば、必要最低限のコミュニケーションで仕事ができ、お互いに仕事がしやすくなるためです。
例えば、期限にしっかり間に合う仕事をしてくれたり、「あの人であればやってくれるはず」と思われたりすれば、自然な信頼関係が生まれます。

一方で、相手の仕事ぶりや人間性をつい疑ってしまいたくなるような関係性だと、距離感が遠くなってしまいます。
また、無条件に信頼し合うような盲目的な関係性も、距離感が近すぎるためビジネスシーンには向きません。

嫌なことは嫌と言える距離感


嫌なことはしっかり嫌と言える距離感は、お互いのために重要なポイントです。

職場の異性とは、男女という違いだけでなく、年齢や役職の違いも生じます。
そのため、下記のようなストレスも発生しやすくなってしまうでしょう。

  • セクハラのようなことをされているが、上司であるため言い返しにくい
  • 上司として指導しているのか、ただのパワハラなのか見分けがつかない
  • プライベートでの誘いが多いが、職場の人間関係を超えている気がする

どの段階で嫌と主張していいかの見極めが難しく、時には一方的に我慢して付き合わなければいけないなど、障害が発生します。
例え嫌だと伝えても仕事上の関係性にヒビが入らず、昨日と同じように付き合える距離感であれば、異性であっても信頼できそうですね。

いざというときに相談できる距離感


本当に困ったことがあったら、相談し合える距離感であることが理想です。
「この人なら絶対に力になってくれるはず」と信頼できるような関係性であるとなおよいです。

「異性だから」と変に遠慮せず、困っているときにお互いを自然に頼る適切な距離にすることを目指しましょう。
しかし、プライベートな相談には注意が必要です。

特に恋愛関係の相談をすると、職場での人間関係以上に踏み込んだ関係性になりかねず、距離感が近づきすぎてしまう恐れがあるでしょう。
あくまでも仕事上の相談だけに限定することをおすすめします。

関連記事

職場の異性と適切な距離感を築く5つの方法


ここからは、実際に職場の異性と適切な距離感を築く方法を紹介します。
仕事上のコミュニケーションは損ねることなく、かつ変なことを期待させない人間関係を築くポイントを知り、活かしていきましょう。

1.誰に対しても笑顔で明るく接する


まずは、誰に対してもいつも笑顔で、かつ明るく接することが大切です。
相手が異性であっても同性であっても同じことを心がけることで、誰に対しても公平に接する人として認識してもらえるでしょう。

また、特定の人にだけ笑顔で接して勘違いされたり、「男にだけ笑顔を作って媚びている」と変に勘ぐられたりすることも防げます。

仕事で上手くいかないことがあったときにいきなり不機嫌になることも、距離を取られてしまう原因になります。
自分を守るひとつの方法としても有効であるため、積極的に取り入れていきましょう。

2.トラブルは早めに報連相する


トラブルや困りごとなどマイナスのことほど、早めに報告・連絡・相談することが肝心です。
また、トラブルの芽になりそうなことがあれば、まだ大事になっていない段階でも相談しておきましょう。

そうすることで、「報告しづらいことでも報告してくれる人」として認識され、仕事上のコミュニケーションが取りやすくなります。
お互いを信頼し合える距離感や、いざというときに相談できる距離感も築きやすくなるため、特に意識したいポイントです。

関連記事

3.相談には真摯に対応し、聞く姿勢を持つ


異性からの相談であっても、真摯に聞く姿勢を持ちましょう。
「異性だから」と壁を作りすぎてしまうと、仕事をスムーズに進めるうえで本当に必要な相談もしてもらえなくなる恐れがあります。

自分ができることであれば何でも力になりたいという、基本的なスタンスを崩さず対応することが理想です。

4.プライベートな話にはあまり突っ込まない


ときには、距離感を詰められすぎないための対策も必要です。
プライベートな話にはあまり突っ込みすぎず、聞かれても無理のない範囲で流していくとよいでしょう。

特に、下記のような話題を自分から積極的に話さないことをおすすめします。

  • 恋人の話
  • 結婚観や家族観に関する話
  • お金の話
  • 副業の話
  • プライベートでの愚痴や悪口

上記のような話題は仕事上必要なコミュニケーションの枠を超えることが多く、社内で噂話になってしまう恐れもあります。
恋愛話をオープンにしすぎることで、「少し過激な恋愛話をしてもいい人」と認識され、下ネタを言われたり過度なボディタッチをされたりすることもあるでしょう。

趣味の話などお互いが仲良くなるための雑談であれば問題ありませんが、話題の性質をよく見抜くことが大切です。

5.相手にどう思われているかを気にしすぎない


特に大切なこととして、相手にどう思われているか気にしすぎないことがあげられます。
嫌なことは嫌としっかり主張し、職場の異性として適切な距離感を築くよう心がけましょう。

社交的な人であれば、嫌と言われれば素直に謝ってくれるでしょう。
反対に社交的でない人であれば多少嫌な顔をされてしまう可能性がありますが、自分から嫌と言わないことで発言や行為がエスカレートしてしまう恐れがあります。

同性であればともかく、異性と距離感を近づけすぎることはリスクでもあります。
その人と特別に親密な関係になることを望む場合を除き、一定の距離感は保っておく必要があります。

職場の異性と適切な距離感を築ければ、仕事がやりやすくなる!

職場の異性と上手く付き合うには、適切な距離感を築くことが大切です。
距離感が離れてしまうと、仕事上必要なコミュニケーションですら取りづらくなり、お互いに男女を意識したぎくしゃくとした関係になってしまうでしょう。

反対に、距離感が近づきすぎてしまうと、友達のようになって緊張感がなくなったり、恋愛色が強くなりすぎてストレスになったりする可能性があります。
仕事をやりやすくするためにも、異性との距離感をちょうどよく保てるよう、工夫していくことが肝心です。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。