2021.06.12

【10日間ダイエット】成功する確率の高い食事メニューはこれ!

10日間で痩せる!強い意志をもって始めた「10日間ダイエット」。たった10日間なのに、途中で挫折しまう人はいませんか?どんなに効果的でも、我慢ばかりの食事メニューではつらいですよね。継続しやすい食事メニューとそのアレンジ方法を紹介します。

10日間ダイエットに効果的な方法は?


「10日間ダイエット」に効果的な方法として「一食置き換えダイエット」をおすすめします。
体の負担が大きく一気に体重を減らすものではなく、10日間継続し健康的に体重を減らす、成功率が高めのダイエット方法です。

近年は、常に新しいダイエット方法が研究され、雑誌で特集がくまれて話題になりますね。
思わず手に取り見入ってしまう人もいるのではないでしょうか?

「◯Kg体重が減った!」というキャッチーな見出しとともに、痩せた部位の写真を見せられると「自分もこの方法なら痩せられるかも…」と、雑誌を購入してしまう。

そんな経験を何度も繰り返したことがある人も多いでしょう。
どのダイエット方法にも必ず成功者とそうでない人がいます。

その2者の違いはもちろん、そのダイエット方法にもあると思いますが、多くのケースで次の理由が考えられます。

それは「継続できた人」と「継続できなかった人」です。
どんなダイエットでも成功するために必要なのは「継続」です。

今回紹介する「一食置き換えダイエット」は、体にも心にも負担が少なく、多くの人が継続しやすいでしょう。
同じ味に飽きてしまう人におすすめの「ちょい足しアレンジ」も紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください♡

関連記事

一食置き換えダイエット【脂肪燃焼スープ】


一食置き換えダイエットとは、「朝・昼・夜」の食事メニューの内、お好きな一食をダイエットに適したメニューに置きかえ、1日の摂取カロリーを減らすダイエット方法です。

例えば、朝ご飯を美容効果の高いスムージーに置き換えたり、夜ごはんを脂肪燃焼スープに置き換えたりします。
今回の記事では、日頃の食事メニューの一食を「脂肪燃焼スープに置き換える方法」を紹介します。

「脂肪燃焼スープ」のダイエット方法は「7日間プログラム」が有名ですが、高い効果が得られるものの、7日間を乗り越えられない人も多く、継続が難しいダイエット方法です。

7日間ずっと、3度の食事を脂肪燃焼スープに置き換える方法で、1~3日まではスープ+果物や野菜、4日目以降は肉や魚も追加します。

しかし、最初の3日間はほぼ脂肪燃焼スープのみで日常生活を送るため、空腹に耐えきれずに断念してしまう失敗例が多く見られます。

脂肪燃焼スープは一食置き換えでも効果があります。
その理由は、以下の通りです。

  • 代謝がよくなる
  • 体脂肪が落ちる
  • デトックスできる

すべての食事メニューを置き換えるのと違って、一食のみの置き換えなのでハードルが低く、継続しやすいことも成功者が多いポイントでしょう。

置き換え以外の食事メニューは、バランスの良さを心がけた普通の食事で大丈夫。
極端にカロリーの高いものや脂質の高い物をさけ、一般的な和食を意識すると良いでしょう。

また、この10日間に限っては、お酒や間食も控えると、さらに効果が高まります。 
体に負担の大きい無理なダイエット方法ではなく、続けやすいダイエット方法です。

10日間という短い期間ですが、正しく継続すればダイエットの効果が得られます。
朝・昼・夜の内、自分の生活に合わせやすい時間帯を選んで、食事メニューを「脂肪燃焼スープ」に置きかえてみましょう!

脂肪燃焼スープの作り方

材料

・キャベツ2枚(100g)
・セロリ1本(100g)
・にんじん1本(100g)
・玉ねぎ2/3個(100g)
・トマト缶1缶(400g)
・水400ml
・コンソメ 大さじ2(固形4~5個) 
・こしょう  適量

作り方

※セロリはすじをとっておく。にんじんは皮をむいておく。
1. キャベツ・にんじん・セロリ・玉ねぎを、それぞれ角切りにし鍋に入れます。
2. トマト缶と水を入れて、中火にかけます。
3. ひと煮立ちしたら中火のまま、コンソメとこしょうで味を整えます。
4. 材料がやわらかくなったら、火をとめます。

多めに作って容器にわけ、冷蔵庫で作り置きしておくと便利です。
※苦手な野菜があれば、ほうれん草や小松菜、ブロッコリーやキノコ類で代用がききますのでやってみてくださいね♡

関連記事

味に飽きてしまった時のアレンジ方法5選


どんなに美味しいスープでも、毎日同じ味付けでは飽きてしまう人もいますよね?
そういった時は、ちょい足しアレンジで乗り切りましょう!

おすすめのちょい足しアレンジはこちらです。

乾燥しょうがパウダー

体を温める効果があると言われる「シンゲロール」は、「生」よりも「乾燥」しているタイプのほうがより効果があると言われています。
体を芯からあたためることで、血行促進・代謝アップ・免疫力アップとさまざまな効果がありますので、ちょい足ししてみたい食材ですね!

チーズ

チーズは、ダイエット中に不足しがちなタンパク質やカルシウムが豊富に含まれた食品です。

ちょい足しくらいでは満足に補えないかもしれませんが、少量でも補えておいしく気分転換ができるのなら良いのではないでしょうか。
チーズはカロリーが高く、ダイエット中はさけている人もいます。

しかし意外と糖質が低いことでも知られていて、糖質制限ダイエット中にも重宝する食品です。

カレーパウダー

トマトベースにしたスープには、カレーパウダーもマッチします。

カレーパウダーにはさまざまな種類のスパイスが混ざっており、「食べる漢方薬」と言われています。
肝機能アップ効果の「クルクミン」、消化促進効果の「クミン」、疲労回復効果の「ガーリック」。

香りも大きく変化するので、味に飽きて低下していた食欲も、再び増進されるでしょう。

良質なオイル

ダイエット中は脂質を控えようと意識しますよね?
しかし、食事の量を減らそうと意識しすぎるあまり脂質が不足し、肌が乾燥したり便秘になったりすることがあります。

そんな時におすすめのオイルが「オリーブオイル」や「亜麻仁油」などの良質なオイルです。
ダイエット向きと言われるオイルには次のようなものがあります。
・ごま油
・米油
・えごま油
・オリーブオイル
・ココナッツオイル

肌の乾燥や便秘が気になった時は、ぜひちょい足ししてみてくださいね♡

たまご

スープをあたためる時一緒に割入れてボイルしても良いですし、温泉玉子を買ってきてスープにのせるという人もいます。

ボリュームアップだけでなく、たんぱく質も補えて一石二鳥です。
とろりとしたたまごを見るだけでテンションがあがり、食欲が増す女性も多いでしょう。

心の満足度もアップしますので、ぜひやってみてください。

10日間ダイエット終了後にリバウンドを防ぐ方法は?


10日間ダイエットを無事にやりとげた後、すぐにリバウンドしてしまう人がいます。

「10日間我慢していたから、乗り切ったご褒美にスイーツ食べよう!」
「体重減ったし、ちょっとくらい大丈夫だよね?」
「リバウンドしたら、また10日間ダイエットすればいいよね?」
こんな風に思っていませんか?

10日間ダイエットでおすすめしている「一食置き換え脂肪燃焼スープ」は、体の中の老廃物を排出するデトックス効果を目的としています。

がんばって10日間続けたとしても、すぐに今まで通りの食事メニューでは、リバウンドする可能性も高まるでしょう。
せっかくならこれを機に、日頃の食事メニューを見直してみませんか?

たった10日間のダイエットでも、この短期間であなたの体の中は以前よりスッキリしています。
今こそ毎日の食事メニューを見直して、バランス良いものに改善すれば、もっと健康的な体質に変えることができるでしょう。

この「脂肪燃焼スープ」を日頃の食事メニューに加えるのもおすすめです。

まずは10日間だけやってみよう♡


10日間ダイエットにおすすめの「一食置き換え脂肪燃焼スープ」とそのアレンジレシピを紹介しました。

無事に10日間乗り切った後も食事メニューに気をつけて、すっきりした体を維持しましょう。
自分にあった方法であれば、さらに継続することもできますね!

しかし、ずっとダイエット生活が続くと思うと気分が落ち込んでしまうのでほどほどに。
まずは10日間だけ集中してチャレンジしてみてください。

きっとその効果を実感して、この先ずっと頼りになるダイエット方法になりますよ♡

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
田部 愛(ライター)
田部 愛

好奇心旺盛で多趣味なフリーライター。プライベートでは娘と息子を育てる二児の母です。休日は関西の美味しいパン屋巡りをしています。朝の習慣は読書と10分ストレッチ。

このライターの記事を見る