テレワークが原因で運動不足に!リスクと手軽にできる解消方法を紹介

テレワークを実施する企業が増えたことで、運動不足になっている人も多いですよね。テレワークは通勤のストレスがない反面、運動不足になりやすいのがデメリットでもあります。この記事では、そんな運動不足を簡単に解消できる方法を紹介します。

  1. テレワークで運動不足になるのはなぜ?
  2. 運動不足によるリスクとは?
  3. テレワーク中におすすめの運動不足解消法6つ
  4. テレワーク中も適度に動いて運動不足を解消しよう!

テレワークで運動不足になるのはなぜ?


同じデスクワークでも、テレワークの場合、オフィスワークに比べ運動量が減ります。
テレワークはオフィスワークに比べ、通勤やランチへ出かけるなどの行動をとる機会が少なくなるため、運動不足に繋がりやすいと言えます。

またテレワークの場合は、打ち合わせや休憩などでこまめに動く機会も減り、長時間同じ姿勢で居続けるため、気づかぬうちに運動不足になりやすいです。

筑波大学大学院の調査によると、テレワーク前とテレワーク後では、平均歩数が29%減少していることがわかりました。

以下の表では、テレワークが実施される前と後で、1日の平均歩数がどう推移したかをまとめています。

テレワーク前後の平均歩数

テレワーク前テレワーク後
平均歩数/日1万1500歩2700

この結果は厚生労働省の推薦する、「1日8,000歩」を大幅に下回る事例となりました。
このように、テレワークを行う人が増え、通勤する必要がなくなると、運動不足に悩む人はこれからも増え続けると予想できます。

運動不足によるリスクとは?


運動不足によって、起こりうるリスクがあります。
ここでは、実際に気をつけたいリスクを紹介します。

体重の増加や生活習慣病


テレワークを行うことで運動量が不足すると、消費エネルギーが減少し、体重が増えてしまう可能性があります。
特に、体重増加によって、内蔵脂肪型肥満につながる可能性が高いです。

高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を発症するリスクが高まるため、注意が必要です。
肥満や生活習慣病を防ぐためにも、定期的な運動やストレッチをおすすめします。

また、普段から運動習慣がない人は、野菜中心の食事をとるなど、健康的な食生活を送りましょう。

筋力の低下


テレワークによって運動不足が続くと、使われていない筋肉が衰えてしまい、筋力の低下に繋がります。
会社へ通勤する時は、家から駅までの徒歩に加え、階段の上り下りや電車で立ったままの移動時間など、身体を動かす機会がありました。

しかし、テレワークによって通勤のために歩くことも減り、筋力が衰えてしまいます。
また、運動不足によって汗をかく量が減ると、その分の水分が体内に溜め込まれてしまいます。

その結果、むくみが生じたり、体重増加に繋がる可能性があるため、注意が必要です。
筋力の低下によって基礎代謝量も減少し、肥満にもつながりやすくなるため、トレーニングを行うなどの対策を行いましょう。

自律神経の乱れ


運動不足によって、自律神経の働きが抑制されます。
その結果、ストレスを感じやすくなり、気分が落ち込んでしまう原因になる可能性があります。

テレワークでは、脳を使用していても、身体を動かす機会はあまりありません。
そのため、脳は疲れていても、身体に疲労が溜まっていないので、不眠に繋がる原因となります。

このような状態が続くことで、ストレス過多や精神疾患のリスクも高まる原因となるので、注意しましょう。

テレワーク中におすすめの運動不足解消法6つ


運動不足は様々なリスクを伴うため、テレワーク中は身体を動かして、運動不足を解消しなければいけません。
ここでは、テレワーク中におすすめの運動不足解消方法を紹介します!

①ウォーキング・ランニング


散歩やウォーキング、軽いジョギングなどは比較的取り組みやすく、運動不足の解消や気分のリフレッシュにはぴったりです。

ウォーキングは、中性脂肪や血糖値の改善などに効果があります。
ジョギングを行うよりも膝や腰への負担も少ないため、運動を普段行わない人にはおすすめです。

ジョギングは、持久力がつくため、疲れにくい身体作りができます。
また、ウォーキングやジョギングによって、期待できる効果は3つあります。

  • ストレスの発散や、睡眠の質を改善させる効果がある
  • 太陽の光を浴びると、体内時計が整ったり、睡眠の質の向上が期待できる
  • セロトニンというリラックス効果のある成分が分泌され、テレワークで溜まったストレス解消にもつながる

一方で、普段あまり運動を行っていなかった人が、急に運動すると怪我や足腰を痛めたり、貧血や不整脈を引き起こす原因につながるので注意しましょう。

まずは、軽い負荷で短い距離から始めてみるなどして、徐々に運動量を増やしていきましょう。

②こまめなストレッチ


長時間同じ姿勢で仕事をすることで、身体の柔軟性が失われてしまいます。
そこで、こまめに行うといいのがストレッチです。

姿勢が悪いと、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。
定期的に立ち上がったり、肩を回すなどして、ストレッチを行うことがおすすめです。

また、長時間座ったままでいると、下半身の柔軟性も失われてしまいます。
股関節を中心にストレッチを行うことで、姿勢や腰痛の改善にも繋がるので、意識してストレッチをしましょう。

③軽い筋トレ


運動不足解消には、自宅でもできる、簡単な筋トレを取り入れることがおすすめです。
筋肉をつけることで、通勤時に使われていた筋力を保つことができます。

筋力低下を防ぐためには、ハードな筋トレではなく、軽めの筋トレで十分です。
腹筋や背筋、スクワットなど、気軽に行うことのできる筋トレを、1日5~10分取り入れるだけでもいいでしょう。

日々の積み重ねで筋力もつくため、隙間時間に筋トレを行いましょう。

④グッズを使って運動する


運動不足解消には、ステッパーや、フィットネスバイクなどのグッズを導入するのもいいでしょう。
ウォーキングやランニングで有酸素運動を行うには、天候の問題も関係します。

しかし、自宅で有酸素運動を行えるグッズがあれば、天候に関係なく運動を行うことができます。
自分にあったグッズを取り入れるのも、運動不足解消におすすめです。

⑤オンラインヨガやオンラインフィットネスを利用


仕事終わりや時間があるときにおススメなのが、オンラインレッスンです。
オンラインで受けるレッスンであれば、ジムや教室に出かける必要がないため、身支度をせずに自宅で受けることができます。

オフィスワークに比べ、テレワークは時間の融通がききやすいのがメリットです。
仕事終わりや休憩の時間を活用して、レッスンを受けてみるのもいいでしょう。

⑥部屋の掃除や模様替え


普段の家事を丁寧に行うことで、運動不足を解消ができます。
掃除機をかけた後に、水拭きをしてみたり、窓掃除や冷蔵庫の中を綺麗に拭きあげるなど、普段掃除しないようなところを掃除するといいでしょう。

家具を動かすという動作は、全身を使って行うので、身体を使うという点に置いては効果的です。

テレワーク中も適度に動いて運動不足を解消しよう!


テレワークによって、通勤がなくなり時間の融通が利くようになった反面、運動不足の深刻化が考えられます。
運動不足によって、肥満や生活習慣病などのリスクは高くなってしまいます。

そうならないためにも、自発的に運動する習慣を身に着けて、運動不足の解消をしましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。