2021.09.17

社長面接は逆質問で決める!成功するコツや3つの注意点を解説

社長面接では、最後に何か質問はないかと問われることがよくあります。どのような質問をするかによって評価が変わることがあるので、事前に準備していくことが欠かせません。ここでは、最終面接における逆質問で注意すべきポイントやコツを詳しく解説します。

社長面接と一次・二次面接の違い


社長面接の逆面接では、一次・二次面接と同じようなことを聞いてはいけません。
これは、次のような違いがあるからです。

一次・二次面接

人事部や現場の社員が担当する。
主に一般的なビジネスマナーや現場で活かせる能力・スキルがあるかが見られる。

社長面接・最終面接

社長や経営者が担当する。
スキルや能力はあること前提で、一緒に働ける人物か、社風に合うかなどが見られる。

このように、担当者のポジションもチェックされるポイントも異なるため、逆質問も合わせて変えることが必要です。
一次・二次面接の逆質問では、具体的な業務内容や必要とされるスキルなど、実務面について聞くと良いでしょう。

一方社長面接や最終面接では、経営戦略や事業展開など経営者でなければわからない内容について聞きましょう。

社長面接の逆質問で企業が確認したいこと


企業の面接では、最後に逆質問をされることは珍しくありません。
逆質問の目的には、主に以下のような事柄が挙げられます。

  • 応募者の熱意や意欲、志望度の高さ
  • コミュニケーション能力の高さ

単に聞きたいことを聞くのではなく、意図を理解して逆質問することが大切です。

応募者の熱意や意慾、志望度の高さ

企業は応募者に、どれほどの入社意欲があるかを慎重に見極めようとしています。
なぜなら、これまで費用と手間をかけて採用活動をしてきて、いざ内定を出した応募者に辞退されると非常に困るためです。

そこで、さまざまな質問をして「本当に当社で働きたいと思っているのか」を探ります。
逆質問もそのうちの1つです。

本当に「入社して働きたい」と考えているのであれば、企業についていろいろと調べ、働く姿を想定すれば、そこで知りたいことが生まれるものでしょう。

反対に、志望度がそれほど高くなければ、熱心に調べないので表面的な質問になります。
そこで、内定を出せば本当に入社するつもりか判断するための材料として、逆質問の時間を設けているのです。

コミュニケーション能力の高さ

ビジネスを円滑に遂行するためには、コミュニケーション能力が不可欠です。
スキルや能力がいくら優れていても、人とのコミュニケーションがうまくとれない人物では、共にビジネスを進めていくのは難しいでしょう。

逆質問をさせることで、内容によって「聞きたいことを簡潔にまとめ、明瞭に伝える能力はあるか」「相手に適した内容・話題を選択できるか」などが判断できます。

たとえば、社長面接で「納期に間に合わなかったときはどのような対応をしていますか?」などと現場レベルの質問をしたとしましょう。

これでは、筋違いな話をする人とみなされ、評価が下がる恐れがあります。

評価が上がる逆質問と例文3つ


ここでは、最終面接で評価が上がる逆質問のポイントと例文を見ていきましょう。

自分がその実際に働くことを想定した質問

社長への逆質問をする際は、実際に自分がその企業で働くことを前提として質問すると良いでしょう。
なぜなら、企業は逆質問によって応募者の志望度の高さを測ろうとしているためです。

自分が実際にその企業で働くことを想定した質問であれば、「本気で入りたいと思っているのだろう」と考えてもらえます。

以下に質問例を挙げます。

・「御社に入社できれば、いずれは〇〇プロジェクトに挑戦したいと考えております。中途入社でも実績を積めば可能でしょうか。」

・「御社の営業職に求められる能力やスキルには、どのようなものがありますか。」

ただし、「私でも入社したらやっていけますか」のような自信のなさが伝わる質問をしてはいけません。
ネガティブな言い方は良い印象を与えないうえ、そもそも答えられる内容ではないため評価が下がる恐れがあります。

自分なりの考えをもったうえでの質問

「私はこう考えるのですが、~についてはいかがでしょうか」など、自分なりの考え、仮説を持ったうえでの逆質問もよいでしょう。

「自分の意見を持っている人」「よく考えている人」との印象を与えられます。
たとえば、以下のような例文をあげられます。

・「御社の強みは〇〇であり、××プロジェクトがここまで成長した要因ではと感じております。社長から見ていかがでしょうか。」

・「御社で活躍されている社員には、〇〇の特徴があるように感じています。実際に、貢献できる人物になるために必要なものは、何だとお考えでしょうか。」

業界や企業研究をよくしていることが伝わる質問

企業は、自社について十分に理解している人材を、採用したいと考えています。そのため、十分に企業研究をしてきたことが伝わる逆質問にするとよいでしょう。

たとえば、以下のような質問です。
・「長期経営計画として、国内シェア30%の〇〇を20××年までに60%まで伸ばすと述べられていますが、そのためにどのようなことに取り組んでいらっしゃいますか。さしつかえない範囲でお願いします。」

「事業計画について教えてください」のようなふわっとした内容にならないよう注意しましょう。
何も調べていない印象を与えてしまう場合があります。

評価が下がる逆質問と例


ここでは、評価が下がる恐れのある逆質問について解説します。

調べればすぐにわかる内容を聞く

志望企業の公式サイトやパンフレットなどを調べればわかることは、聞かないようにしましょう。
なぜなら、「企業について全然調べていないんだな」という印象を与えるためです。

たとえば、以下のような質問があげられます。

  • 「御社の企業理念を教えてください」
  • 「御社の強みはどのようなことですか」
  • 「主力製品は何ですか」

事前に十分に企業研究し、基本的な事柄についてはしっかり頭に入れておくことが大切です。
逆質問では、企業研究をして得た知識をもとに、深堀りした内容を質問するようにしましょう。

待遇についてばかり聞く

業務についてではなく、給料や休日など待遇面ばかり質問するのもやめましょう。
これでは、仕事には興味がないと思われかねません。

  • 「有給休暇を取りやすい環境ですか」
  • 「賞与は1年目から支給されますか」

気になるのはわかりますが、面接の逆質問で尋ねるのは避けましょう。
そもそも、社長に聞く事柄でもありません。

「はい」「いいえ」で答えられる質問をする

「はい」か「いいえ」で終わってしまう聞き方をするのは好ましくありません。
なぜなら、話が広がらず、意慾や強みなど自分自身をアピールすることにもつながらないためです。

こういった質問を「クローズド・クエスチョン」といいます。
たとえば、次のような質問です。

  • 「営業部で採用されたあと、別の部に異動することはできますか。」
  • 「企画部で活躍するのに英語力は必要ですか。」

このような質問では、それほど会社に興味がなさそうだと思われかねません。

社長面接の逆質問で注意したい3つのポイント


逆質問では、評価が下がる質問をする以外にも、注意したいポイントがあります。
ここでは、特に気を付けたい3つのポイントを解説します。

1.「特にありません」はNG

「何か質問はありますか」と聞かれて「特にありません」と答えるのはNGです。
本気で働きたい会社なら、疑問に思うことや確かめておきたいことがいくつもあって当然でしょう。

それなのに「聞きたいことはないです」というのは、「そちらの企業に興味はありません」と伝えているようなものです。

逆質問は、自分をアピールできる格好のチャンスでもあります。
きちんと企業研究をして、質問を用意しておきましょう。

2.逆質問は3~4つ用意していく

事前に逆質問の内容を考えていたとしても、それが1つ2つでは不十分なケースがあります。
1つ目の逆質問から話題が広がり、盛り上がれば問題はないでしょう。

しかし、1つ目の逆質問がすぐに終わり、「ほかにも質問はありますか」と問われることもあります。
このとき逆質問がでてこなければ「その程度の関心しかないのか」と思われてしまう可能性があります。

すべて聞けるかどうかは別として、3~4つ程度は事前に準備しておくと良いでしょう。

3.メモをとるときは許可を得る

逆質問で回答をメモしたいときもあるでしょう。そのようなとき、無言で書き始めてはいけません。
失礼だと思われる恐れがあるためです。

一言、「恐れ入りますが、メモを取ってもよろしいでしょうか」とたずねるようにしましょう。

評価を上げる逆質問で内定を勝ち取ろう


社長面接は、最終的な採用決定者である社長自らが担当します。
逆質問では、経営者にしか答えらえないような内容にすることを意識しましょう。

逆質問は自分を印象付け、アピールする最後のチャンスです。
十分に企業研究をし、志望企業で働くことを前提とした質問をすると好印象を与えられるでしょう。

ここに記載した例文も参考にして、社長面接の逆質問をうまく乗り切り、ぜひ内定を手にしてください。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

仕事もおしゃれも恋愛も、私らしく叶える。

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。

このライターの記事を見る