声が低い女性はモテる?声が低くなる原因と隠れた魅力を徹底解説

女性なのに声が低いのがコンプレックス。女性らしい甘くて高い声に憧れる方も多いですが、実は声が低い女性は多方面からモテる素質があります。この記事では声が低くなる原因と、声が低い女性の魅力をさらに高める方法をご紹介します。

1.声帯が長い


声の高低にはのどにある声帯の長さが深く関わっています。
長い声帯を持った女性は声の振動数が少なく、声のトーンが低くなります。

身長が高いと声帯も長くなるので、長身の女性は声が低くなりやすいと言われています。
逆に身長の低い女性は声帯が短くなり、声が高くなりやすいです。

2.息を吐く力が弱い


声が低くなる要因として、息を吐く力が弱いことも考えられます。
発声をするときの息を吐く強さで、声の高低や響き方、声の通り方も変化します。

息を吐く力が弱いと音の振動が足りずに低いトーンになりやすいです。
さらに声が小さい・声が聞き取りにくいなども発生し、ますますコンプレックスに感じてしまうことも。

3.親の発声方法を真似ている


母親が低音ボイスだった場合、無意識に母親の発声方法を真似ている可能性があります。
言葉や発声方法は子どもの頃に身近な人間を真似ながら学びます。

なかでも最も身近な存在の、親の話し方に影響を受けることが多いと言われています。
もしかしたら地声が低いのではなく、発声方法を変えると声の高さも変わるかもしれません。

声が低い女性のメリットは?


低い声をコンプレックスに感じる女性もいますが、実はメリットもたくさんあります。

人が第一印象を決める要素の多くは見た目(視覚情報)で決まりますが、次にインパクトが強いのは声(聴覚情報)です。

声が低い女性は相手にどのような印象を与えるのか見ていきましょう。

1.大人っぽく落ち着いた印象を与える


声変わりをする前の幼少期は男女ともに高い声を持っていますよね。
私たちは成長すると身長が伸びて、からだが大きくなります。

それとともに声帯も長く発達していくので、だんだん声のトーンが落ち着いてきます。
高い声=子どもっぽい、低い声=大人っぽい印象を与えるのはそのためです。

女性が低めのトーンで話していると大人っぽく、落ち着いた印象を与えます。

2.知的な印象となり説得力が増す


声のトーンが低いと知的な印象を与えます。
例えば、はしゃいでいるときやふざけているとき、自然と高い声が出ると思います。

低音の声は聞き手に知的な印象を与え、説得力が増すと言われています。
シリアスなビジネスシーンなどでは重宝しますね。

3.芯の強さや自立心を感じさせる


声が低い女性は知的で落ち着いた印象を与えるため、芯の強さや自立心を感じさせます。

第一印象は見た目も大事ですが、声のトーンや話し方も重要な判断ポイント。
プレゼンや面接のときに、持ち前の声がプラスに働くかもしれません。

関連記事

声が低い女性は多方面からモテやすい!


声(聴覚情報)が与える印象は、見た目(視覚情報)の次にインパクトがあります。

実は声が低い女性は、あらゆる人からモテやすいと言われています。

仕事では上司や部下からの信頼を得やすい


仕事をするうえでコミュニケーションは欠かせません。
プレゼンでも落ち着いた声のトーンを持っている女性は説得力が増します。

低い声を持つ女性は芯が強い、しっかりしているイメージを与えるので、上司や部下からの信頼を得やすいと言われています。

コールセンターなど声を使う仕事にも適性があるかもしれませんね。

異性から軽く見られにくい!本命候補に


低い声は浮ついた印象を与えにくく、異性から軽く見られにくいです。

声の低い女性が持つ大人っぽく落ち着いた印象は、賢そう・ウソが通用しなそうなど、ほどよい牽制効果があります。

異性からは遊びの対象ではなく、本命候補になりやすい声の質と言えるでしょう。

同性からも好かれやすい


「女の敵は女」という言葉があるように、女性の多い職場はときにトラブルが生じやすい場面もあります。

そのなかでも声が低い女性は安心感や信頼感を与えやすく、同性からも好かれやすいです。
なにかと相談されたり、頼られたりすることも多くなるかもしれないですね。

低い声をさらに魅力的にする話し方のコツは?


女性が低い声を持っていると魅力のひとつとなり、モテ要素となります。

持ち前の声のトーンを活かすための話し方のコツもご紹介します。

ハッキリと発声する


落ち着いた低音ボイスを魅力的に演出するためには聞き取りやすさは重要。
小さな声でボソボソ話したり、滑舌が悪くて発音があいまいだったりすると、魅力が半減します。

ぜひ低い声の女性こそハッキリとした発音で、強く息を吐くように発声しましょう。

低い声の女性はもともと知的なイメージを与えるので、ハッキリと発声すると説得力が増すなどメリットも期待できます。

メリハリをつけて話す


声の低い女性が一本調子で話してしまうと、不機嫌な印象を与えてしまうことも。
持ち前の低い声を魅力的にするには、話の抑揚・メリハリがとても大切です。

話の抑揚は、発する言葉に波をつけるイメージをするとうまくいきます。
特に強調したい言葉のときには少し速度を落とし、ハッキリ話すことを意識しましょう。

相手に要点が伝わりやすくなるのと同時に、話す内容にメリハリが出て、低い声がより魅力的に聞こえるでしょう。

関連記事

話すテンポは少しゆったりと


話すテンポが早口すぎると、低音ボイスの大人っぽく落ち着いたイメージが壊れます。
とはいえ全体的にゆっくりしすぎるとビジネスシーンではマッチしないことも。

仕事中はハッキリと発声をしながら、話す言葉の句読点を意識しましょう。
相手も声を聞き取りやすくなるので円滑なコミュニケーションが期待できます。

低い声を高くしたいときは発声方法を意識する


低い声は魅力的ですが、女性らしい高音ボイスにしたい!と思うこともあるかもしれません。

声帯の長さは変えられないので、発声方法を意識するとよいでしょう。

鼻のあたりで響かせるように発声する


声の高低を変化させるには、どこで音を響かせるかによって変わります。
低音は声帯よりも下、胸やお腹で響かせるイメージをするとキレイに出ます。

逆に高音を出したいときは声帯より上、鼻のあたりで響かせるイメージしましょう。
カラオケをする方は、高い音程を歌うときの発声を再現するとうまくいきます。

話すときに息を強く吐く


高い声を出すときには息の強さも重要です。

からだにぎゅっと力が入っていると、うまく息が吐けないのでまずはリラックス。
のどを大きく開くようにし、お腹から声を出すように話しましょう。

話すときの息の力強さはメンタル面も大切です。
ストレスを溜めすぎず、上手に発散して常に心に余裕を持つようにしましょう。

声が低い女性は魅力的♡持ち前の声を活かしましょう


声が低いことにコンプレックスを感じている女性もいるかもしれません。
ですが高い声、低い声にはそれぞれ魅力があります。

声そのものを変えるのは難しいですが、発声方法や話し方で魅力をアップさせることは今日からできます!

あなたの個性となる声をさらに活かすために、ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
わかな ゆい(ライター)
わかな ゆい

某化粧品メーカー勤務の2児ママライター。 美容と投資が大好物。 本業でJMA(日本メイクアップ技術検定)1級、 認定フェイシャルエステティシャンの資格保有。