ダイエットに昼抜きは効果的?デメリット&やり方のポイントも解説

昼抜きダイエットには、シンプルかつ簡単に挑戦できるという魅力があります。また「午後に眠くなりにくい」などのメリットにも期待できます。一方、栄養不足の可能性などデメリットがあるのも事実です。今回は昼抜きダイエットを成功させるポイントについて解説します。

昼抜きダイエットの4つのメリットとは?


昼抜きダイエットには、カロリーを抑えられるだけでなく、ランチ代が浮くなどの利点があります。
まずは4つのメリットを理解して、昼抜きダイエットへのモチベーションを高めましょう。

1.シンプルなダイエット方法で取り組みやすい

ダイエット方法には「糖質抜き」や「食品名+ダイエット」など、数多くの種類があります。
最初は頑張っていても、糖質量を毎回確認することが面倒臭くなったり、食品に飽きたりと続かなくなるケースも……。

しかし、昼抜きダイエットは、ランチを食べないだけのシンプルな方法です。
取り組みやすく、食べたい食材を我慢するストレスを感じにくい点もメリットと言えるでしょう。

2.1日のカロリーを抑えられる

女性の場合、1回の昼食で摂取しているカロリーは600~800kcal程度と言われています。
昼抜きダイエットを行うことで、この分のカロリーを抑えることが可能です。

そのため、昼抜きダイエットは「カロリーのとりすぎで太った」と体重が増加した原因の見当がついている方へとくにおすすめです。

ちなみに、仮に600kcal分を食べてしまっても、1時間ジョギングをすれば消化可能です。
長時間の運動が苦手であれば、昼抜きダイエットで摂取カロリーを減らす方法を検討しましょう。

3.午後に眠くなりにくい

食後に眠くなる理由としては、食べたものを消化しようと、内臓の動きが活発になることが挙げられます。
内臓が活発に動くと、眠気に大きく影響する副交感神経が優位に働きます。

つまり、昼食を食べなければ、副交感神経が優位にならず午後からも眠くなる心配がありません。
とくにデスクワーク中心の方にとっては、嬉しいメリットと言えるでしょう。

4.昼食代が浮く

昼抜きダイエットを行うことで、ランチ代がかからない利点もあります。
例えば、1日500円を使っていたのであれば、500円×30日=15,000円が浮く計算です。

たとえお弁当を持参している場合も、数千円は節約できるでしょう。
昼抜きダイエットのメインは痩せることですが、お金や時間の節約にも繋がりますよ。

関連記事

昼抜きダイエットの3つのデメリットとは?


昼抜きダイエットには、メリットだけでなくデメリットがあるのも事実です。
例としては、栄養不足に陥る可能性が挙げられます。

3食食べながら行うダイエットに比べて栄養面のコントロールが難しいため、健康面に不安がある方や、成長期の方へはおすすめできません。

他のデメリットも含めて3つチェックして、自分に合っているか見極めてくださいね。

1.栄養不足に注意しなくてはいけない

1食を抜くダイエット方法を行う際は、栄養不足に陥らないよう注意してください。
まずは、日頃からどの栄養素が不足しがちなのか見極める必要があります。

そして、朝食と夕食のメニューには、足りない栄養素を含んだ食材を取り入れてください。
また、ビタミンや食物繊維などを補えるサプリや、タンパク質を補えるプロテインを併用する方法もおすすめです。

ただ細いだけでなく、美しく健康的な体を作るためにも、栄養素は必要不可欠。
カロリーだけでなく、他の栄養素も意識してダイエットを成功へと近づけましょう。

2.お腹が鳴ってしまう

昼抜きダイエットを行うと、どうしても夕食までの間にお腹が空いてしまいます。
静かなオフィスで仕事をする方にとって、お腹が鳴ることはデメリットのひとつ。

また、会議中やデート中もお腹の音が気になりがちなタイミングです。
おすすめは炭酸水などの満腹感が得られる飲み物を飲むこと。

さらにどうしても鳴って欲しくない時間帯の前に、軽く軽食をとる方法もあります。
当然、甘いジュースの炭酸水やお菓子を食べてしまってはダイエットの意味がなくなってしまいます。

炭酸水なら無糖タイプ、軽食ならするめなどのカロリーが低いものを口に入れるようにしてくださいね。

3.夜に食べ過ぎてしまう

お昼を抜いた反動で、夜ご飯を食べ過ぎてしまう可能性も考えられます。
夜ごはんを多く食べることによって、1日のトータルカロリーがダイエット前と変わらない状態になれば、いくらランチを抜いたとしても減量することはできません。

また、夜の暴飲暴食は消化器官の不調や、睡眠の質の低下など体に悪影響を与えます。
痩せるどころか健康状態の悪化に繋がるため、夜食べ過ぎるくらいであれば、昼抜きダイエットには取り組まない方がベターでしょう。

関連記事

昼抜きダイエットをするときのポイント5つ


昼抜きダイエットを成功させるためのポイントとしては「水分補給をしっかりとする」「タンパク質をとる」などが挙げられます。

その他にもいくつかの意識すべき点を順番にチェックしていきましょう。

1.水分補給をする

ダイエットなどの美容面だけでなく、健康面においても水分補給は大切なポイントです。
水分が不足すると老廃物が体の中に溜まり、むくみの原因にも繋がります。

また、便秘や頭痛などさまざまな悪影響を及ぼす可能性も考えられます。
そのため、昼抜きダイエットで1食分を抜いたことによって、体内の水分量が不足しないように注意しましょう。

意識したい点は、コーヒーや紅茶、ジュースではなくお水を飲むこと。
さらに、体を冷やさない常温のお水や白湯をチョイスすればさらに健康的です。

2.タンパク質をとる

ダイエットをすると、脂肪だけでなく筋肉量も落ちてしまいます。
筋肉がなくなると、一時的に体重は減りますが基礎代謝が落ちるため、痩せにくい体質になってしまいます。

また、疲れやすくなったり、転びやすくなったりとデメリットも多々あります。
筋力の低下を防ぐためにも、筋肉の元となるタンパク質をしっかりと摂取しましょう。

タンパク質の多い食材の例としては、お肉や魚、大豆などの豆類が挙げられます。
また、プロテインドリンクでタンパク質をとる方法も合わせて検討すると良いでしょう。

3.筋トレをする

昼抜きダイエットで筋肉量を落とさないためには、筋トレを取り入れましょう。
筋肉量をキープすることで痩せ体質になり、リバウンドを防ぐ効果にも期待できます。

といっても、いきなり激しい運動をする必要はありません。
まずはスクワットや腹筋などのシンプルな筋トレから始めると良いでしょう。

最近は、Youtubeなどで初心者向けの筋トレ動画をチェックすることが可能です。
ジムに通う手間もなく、自宅で簡単にできるため、一度チャレンジしてみましょう。

また、筋トレ後1~2時間以内は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、効率的にタンパク質を摂取できるタイミングと言われています。

そのため、プロテインでタンパク質を補う方はこの時間帯を狙って摂取してくださいね。

4.絶対に無理をしない

昼抜きダイエットを行う際は、絶対に無理のない範囲で取り組みましょう。
体調が優れないときや空腹が辛いときは、中断したり、軽食をとったりと自分のペースで進めてください。

ストレスを溜めすぎると、暴飲暴食や眠れないなどの症状に陥り健康面に悪影響を与えるため要注意です。
また、二週間のみなど期間を決めてダイエットをする方法もおすすめです。

昼抜きダイエットは、本来食べるべきランチをあえてとらないようにする減量法です。
やり方によっては栄養不足に陥る可能性があるため、長くても一か月以内を期限にした方が良いでしょう。

5.就寝前には食べない

昼抜きダイエットは、ランチを食べないだけのシンプルなダイエット方法です。
朝と夜は食べてもOKのルールですが、意識しておきたいポイントがあります。

それは、寝る前に食べないようにすること。
具体的には寝る3時間前までには、夕食を済ませておきましょう。

就寝前の食事は太りやすくなる原因です。
せっかく、お昼を抜いているのに、太る原因をわざわざ作ってしまっては意味がありません。

努力を無駄にしないためにも食事の時間帯には気を付けてくださいね。

関連記事

昼抜きダイエットは無理のない範囲で取り組もう


昼抜きダイエットはルールがシンプルかつ簡単に取り組めるため、気軽に始めることができます。
ただし「栄養不足」や「夕食を食べ過ぎる可能性がある」などのデメリットがあるのも事実。

そのため、無理のない範囲で行うことが大切です。
また、水分補給やタンパク質の摂取を忘れずに、健康的かつスリムな体を目指しましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。