2021.05.26

彼氏に言いたいことが言えないのはナゼ?本音を伝えてもっと絆を深める方法

「思ってることを正直に彼氏に話せない」と悩む女性は多いです。確かに、好きだからこそ本音を伝えるのが難しいこともありますよね。ですが、本音が言えない関係性を続ければ、あなたが疲れてしまうでしょう。そこで今回は、彼氏に本音が言えない原因を探るとともに、その解決策をお届けします。

彼氏に本音が言えない理由


まずは彼氏に本音を言えない理由から考えていきましょう。
自分の心をゆっくり紐解くことで、根本の原因が見えてくるはずです。

自信が持てない

もしかすると、あなたは自分に自信が持てないのではないでしょうか?

ナルシストになればいいという話ではありませんが、ある程度の自信を持たなければ本音を言うことはできません。

「こんな自分が発言したって無意味」「間違ったことを言ってしまうかもしれない」という不安感は、本音を伝える邪魔をします。

嫌われるのが怖い

「本音で話すと彼氏に嫌われるのではないか…」という恐怖から、本音を隠してしまう女性も多いです。

確かに、本音を伝えれば彼氏と衝突する可能性もあります。
しかし、本音で話し合わなければいつまでもお互いを理解できず、深い関係にはなれません。

本当に彼氏のことを愛しているからこそ、本音を伝える必要があるのです。

彼氏に本音を伝えてもっと絆を深める方法


本音で話すぞ!と決意するのは簡単ですが、実行に移すのは勇気がいりますよね。
そんな時は、少しだけ伝え方や考え方を変えてみましょう。

ゆっくり自分を変えていけば、必ず本音で話せる日が来るはずです。

自分と彼氏を信じる

まずは「本音を伝えても自分は彼氏に嫌われない」と信じることが大切です。
急には信じられないでしょうが、少しずつ意識を変えることで必ず考え方は変わります。

どうしても信じられない場合は、嫌われると思う理由・嫌われないと思う理由の両方を紙に書き出し、冷静に分析してみるのがおすすめ。

「彼氏は自分を受け止めてくれる」という安心感を持つことができれば、自然と本音で話せる回数も増えます。

伝え方を変える

顔を見ると緊張して本音で話せないという場合は、伝え方を変えるという方法もあります。
電話やLINEなど、自分が最も緊張しない方法を選んで本音を伝えてみましょう。

大切な話は直接するものという考え方もありますが、「直接伝えられなくてごめんね」と一言添えて、緊張してしまうと伝えれば、それほど悪い印象にはなりません。

少しずつ本音で話せる機会が増えれば、そのうち対面でも緊張しなくなるはずです。

「嘘はなし」をルールにする

本音を話すというと、何だかすごく難易度の高いことのように思えませんか?

そんな時は「嘘をつかないようにする」と考え方を変えてみましょう。
本音で話せず苦しい思いをしたり、悩んだりする理由は、嘘をついている罪悪感があるからです。

嘘はつかないと心に誓うことで、自然と本音で話せるようになり、心も軽くなるはずです。

焦らず少しずつ話す

本音で話せないことに焦りを感じ、本音で話さなきゃ!こんな自分はダメだ!と自分で自分を追い込んでしまう人も少なくありません。

しかし、焦って何もかもを伝えようとすれば彼氏もびっくりしますし、あなたも疲れてしまうでしょう。

自分を変えようと意識することは大切ですが、いきなり大きな結果を求めすぎるのは失敗のもと。
急いで結果を出そうとせず、ゆっくりでもいいから意識を継続することを大切にしてください。

本音で話せる関係になれば彼氏との絆も強くなる


大好きな彼氏だからこそ、本音を隠したくなることもあるかもしれませんが、2人の絆を深めるためにも勇気を出して本音を伝えてみてください。

あなたのことを本当に愛してくれている彼氏なら、本音のあなたも受け止めてくれるはず。
ゆっくりでもいいので、ありのままの自分を彼氏に見せ、何でも言いあえる関係を目指しましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ごとうゆき(ライター)
ごとうゆき

恋や仕事に悩む女性を応援するマルチライター

漫画やアニメ、小説が大好きなアラサー。実は握手会に通うほどのアイドルオタク。恋愛ネタも大好きで、学生時代は彼の心を把握したい一心で心理学を専攻した経験あり。

このライターの記事を見る