仕事でやりがいないと感じてつらい!理由とすぐできる6つの対処法

やりがいない仕事は、モチベーションの維持が難しく、続けていくのは辛いものです。ここでは、仕事がやりがいないと感じる理由やすぐに実践できる6つの対処法について詳しく解説します。

仕事がやりがいないと感じる理由とは


「やりがいない」と感じながら働いても、仕事に対して意欲が湧きづらくつまらないものです。
出社するのが苦痛な人もいるのではないでしょうか。

ここでは、仕事に対してやりがいが感じられない主な理由を4つ挙げて解説します。

正当に評価されない

人は誰しも承認欲求があります。
これは「他人から肯定的な評価を得たい」「存在価値を認められたい」という欲求です。

仕事でも、一定の成果をあげたときは誰しも評価されたいと思うでしょう。
成果をあげたとき「周囲から称賛を浴びた」「昇進した」などの見返りがあれば、より仕事に身が入るものです。

一方、明らかに優れた結果を出しているにもかかわらず、「よくやった」の一言もなければ気持ちが満たされません。
感謝や称賛の言葉は惜しみなく送られるものの、実際の給与や昇格には反映されないケースも、同様におもしろくないものです。

常にそんな状況が続けば、「がんばっても意味がないな」「がんばらなくても同じ」となり、仕事に対する意欲が低下してやりがいが感じられなくなります。

自分の仕事が何かの役に立っている実感がない

一般に、人は「誰かの役に立っている」と感じるとき、やる気がでるものです。
たとえば、お客様から「ありがとう」「あなたが担当で良かった」と言葉をかけてもらったことで、それまでの苦労が報われた気がしたといった経験がある人は多いでしょう。

ところが、業務の内容や仕事環境によっては、貢献感がほとんど得られないことがあります。
そのような仕事を続けていると、自分の存在価値や業務の意義が見いだせず、やりがいないと感じるようになります。

達成感が得られない

仕事では、区切りがついたときに達成感が得られることも大切です。
業務の過程で少々辛いことがあっても、最後に「やりとげた!」「がんばった」という達成感があれば、次もがんばろうと思えるでしょう。

ところが、日々の業務の大半が同じことの繰り返しだった場合、仕事を終えても「やりきった」という充足感を持つことは難しいものです。

誰でもできるような、簡単な作業ばかりしている場合も同じでしょう。
楽ではありますが、手ごたえがなく楽しいものではありません。

このような達成感がない仕事ばかりを担当しているときも、やりがいは感じられないでしょう。

失敗ばかりしてしまう

自分なりに努力や工夫を重ねているにもかかわらず、仕事が上手くいかないことは誰しもあるものです。
一次的なものであれば問題ないでしょう。

しかし、あまりにその状態が続いてしまうと、気持ちを前向きに切り替えるのもモチベーションを維持するのも難しいものです。

自信を失い、「どうせがんばってもできないから」とやる気を失いかねません。
自分には無理だと思う仕事に対して、やりがいを感じることはできないでしょう。

仕事でやりがいない状態を解消するためには


やりがいが感じられない仕事を続けるのは辛いものです。
意欲が低いため仕事で目立った成果があげられず、評価されないことでよりつまらなくなるといった悪循環に入りこむこともあるでしょう。

ここでは、やりがいない状態を解消するための方法について解説します。
自分に合った方法を選び、実践してみてください。

自分がやりがいを感じることは何かを把握する

まずは、自分にとって「やりがいを感じるポイント」は何かを考えましょう。
人によって何にやりがいを覚えるかは異なるものです。

たとえば、「きちんと評価される環境がもっともやる気が出る」人もいれば、「人から感謝され、役立っていると感じるときがんばろうと思える」人もいます。

仮に、前者タイプの人が「顧客から感謝されるものの評価には影響しない」職場に異動や転職したとしても、やりがいない状態は解消されないでしょう。

そのため、自分がやりがいを感じるポイントを正確に把握することが大切です。
そこで、これまでを振り返って、どんなときにやりがいを感じたかを書き出してみましょう。

頭で考えるだけで済ませるのではなく、紙に書き出すのがおすすめです。
視覚化することで客観的に判断しやすくなります。

目標を設定し仕事に取り組む

今の仕事にやりがいが感じられず漫然とこなしている状況なら、具体的な目標を設定してみるのも1つの方法です。
具体的な目標があれば、クリアするためにはどうすればいいかを考え、改善したり工夫したりできるものです。

目標がクリアできたときには達成感が得られ、意欲が増すでしょう。
とはいえ、目標を設定してみても「がんばっても何の得もないしクリアする気になれない」と感じることもあります。

そのようなときは、個人的にご褒美を用意してみるのもおすすめです。
たとえば、「午前中に〇件電話をかけ、×件のアポを取る」との目標を立てたとしましょう。

そして「達成できたら、某ケーキ店の新作ケーキを買う」というご褒美を設定するのです。
目標だけを立てた状態よりも、ずっとやる気が出ます。

目標をクリアするために、「トークスクリプトのここを見直そう」など、課題を見つけ改善や工夫する意欲もでてくるでしょう。

仕事と割り切りオフの時間を充実させる

仕事は大切なものですが、人生そのものではありません。
「どうしてもうまくいかない」「どうやってもやりがいを感じられない」場合は、そういうものとして割り切ってしまうのも1つの方法です。

その分、プライベートな時間に楽しみややりがいを見つけてみると良いでしょう。
プライベートな時間が充実すれば、気持ちにハリができ精神的な余裕が生まれます。

すると、仕事に対しても意欲的に取り組めるようになる可能性があります。

部署異動を願いでみる

今の部署ではやりがいを感じる仕事をするのが難しく、別の部署でならかないそうな状況であれば、異動を願い出てみる方法もあります。

希望のポジションがあいているとは限らないため、異動願を出しても必ずかなうわけではありません。
しかし、やってみる価値はあるでしょう。

なお、異動を願い出るときは「今の部署ではやりがいのある仕事ができないため」といったネガティブな理由を述べるのはよくありません。

これは、後ろ向きな人材などどの部署もほしがらないためです。
「××に関する専門性を高めたい」「〇〇の知識を××という形で活かし貢献したい」など、前向きな理由を述べましょう。

転職する

「異動願いを出したけれど無理だった」「会社全体の環境に問題があり改善は期待できない」といった場合は、転職も視野にいれましょう。

やりがいのない仕事を続けていても、精神的に辛く成長も見込めません。
見切りをつけることも大切です。

とはいえ、十分な準備なしに辞めてはいけません。
次の仕事がスムーズに決まるとは限らないからです。

できれば、在職しながら転職活動をすると良いでしょう。
また、転職できてもやりがいのある仕事ができなければ意味がありません。

しっかりと自己分析や企業研究を行い、自分の望む仕事ができる職場を選ぶようにしましょう。
転職エージェントを活用するのもおすすめです。

キャリアアドバイザーがついてサポートしてもらえるため、効率的に転職活動が進められ具体的なアドバイスも得られます。

求職者は無料で利用できることが多いため、1度相談してみるのも良いでしょう。

関連記事

やりがいは見つかる!無理なら転職も考えよう


仕事にやりがいが感じられない理由には「正当に評価されない」「貢献感や達成感がない」「失敗ばかりする」といったものがあります。

やりがいないまま仕事を続けていくのは辛いもの。
自分なりに目標を設定して仕事に取り組んでみると、やりがいが感じられることがあります。

また、仕事はそういうものと割り切り、プライベートを充実させるのも1つの方法でしょう。
どうしても難しいなら、転職も検討してみると良いでしょう。

拙速に行動せず、自分はどういったことにやりがいを感じるかを見極め、それがかなう職場を探しましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
百日紅(ライター)
百日紅

正社員、派遣社員経験を経て、現在はWebライターで活動中です。読者が「読んで良かったな」と思える情報を提供できるよう心がけ、日々執筆しています。