ヤンキー女性の隠れた魅力は?特徴やモテる理由をご紹介!

2021.09.21

ヤンキー女性と聞くと、良い印象を抱く方は少ないことでしょう。外見が派手、ルールを守らない等、マイナスイメージを持たれがちなヤンキー女性ですが、実は良いところもたくさんあります。今回はそんなヤンキー女性について、詳しくご紹介していきます。

ヤンキー女性はモテる?隠れた長所を知ろう


多くの場面で、マイナスな印象を抱かれがちなヤンキー女性。
学生時代、そんなヤンキー女性を見て嫌な気持ちになったという方もいることでしょう。

しかしどんな人にでも、表の情報からは知ることのできない、隠れた本質が存在するものです。

一見怖そうな印象を与えるヤンキー女性達にも、外見を見ただけでは分からない、多くの魅力があるのではないでしょうか。

また学生時代を振り返ると、「ヤンキー女性はモテる」というイメージを持っていた方もいることでしょう。

しかし、派手な外見のヤンキー女性に惹かれる男性が、全て外見のみに惹かれていたと考えるには無理がありますよね。

そんなヤンキー女性達には、内面にも「男性にモテる魅力」が十分にあり、女性として学ぶべき点があるのかもしれません。

そこで今回は、ヤンキー女性の様々な特徴や恋愛傾向など、その魅力についてご紹介していきます。
身近にヤンキー女性がいる、ヤンキー女性について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性に多い【外見・行動】の特徴


まずはパッと見で最も判断しやすい、外見・行動の特徴をご紹介します。

一目でわかるヤンキー女性もいますが、中には、はっきりと判断できない外見の女性も、いるのではないでしょうか。

そんな場合は、ご紹介する特徴に当てはまるか、確かめてみてください。
当てはまる特徴が多ければ、その女性はヤンキー女性かもしれません。

外見が整っている


ヤンキー女性の特徴として挙げられる特徴のひとつが、外見が整っているという点です。

もちろん、生まれ持ったスタイルや顔立ちが良いという場合もありますが、それ以上に、彼女達の美意識の高さこそが、美人が多い理由だと言えるでしょう。

露出の多いファッションを好むことが多く、肩はもちろん、おヘソや脚を大きく見せた服装を堂々と着こなす彼女達は、良い意味でも悪い意味でも周囲の視線を奪います。

派手な服装を好む彼女たちは、スタイル維持のため、並々ならぬ努力をしていることも少なくありません。

おしゃれに早くから興味を持ち、自分が好きなファッションに見合う体形を目指して努力する、そういった姿勢こそ、ヤンキー女性の多くが魅力的な外見を維持している理由の一つなのです。

ヘビースモーカー


ヤンキー女性の中には、「自分だけでなく両親共にヤンキーだった」という人も少なくありません。

そんな「両親が共にヤンキーだった」というヤンキー女性の場合、幼い頃からタバコが身近にあるため、タバコに興味を持ちやすく、若いうちに始めてやめられなくなる場合が多いようです。

「育った環境にはタバコは無かった」というヤンキー女性も、ヤンキー女性同士の繋がりができれば、周囲に吸っている友人は多くなります。
毎日をそんな友人達と一緒に過ごすことで、タバコが身近な物になり、つい手に取ってしまうのでしょう。

とはいえタバコに対し、悪い印象を持たれやすい現代において、喫煙マナーを守らないヤンキー女性はほとんどいません。
タバコを吸う際は喫煙所を利用し、恋人や友人とのおしゃべりを楽しむこともしばしば。

ヤンキー女性にとって、コミュニケーションツールともいえるタバコは、手放すことのできない必須アイテムなのです。

見た目が派手


先にも少し触れましたが、ヤンキー女性の多くは人目を引く派手な格好を好みます。

露出が高めなファッションに加え、大きめのアクセサリーを多く身に着けている、髪色がとても明るいなど、パッと見ただけで「ヤンキー女性だ」と判断できる場合が多いでしょう。

またメイクにも同様のこだわりがあり、アイメイクには一際力を入れています。
ヤンキー女性にとっては、「派手さ」だけでなく「他者に舐められないため」にも、目力の有無は重要なポイント。

自分が魅力的かつ強い人間だと思わせるためにも、派手な見た目でいることは、ヤンキー女性にとって重要なことなのです。

地元ではラフな格好を好む


「ヤンキー女性といえば、ジャージやスウェット姿」というイメージを持つ人も、多いのではないでしょうか。

遊びに行く際や、大きな駅でのショッピングといった、遠出には気合を入れておしゃれをするヤンキー女性ですが、地元や近場に行く際には、ラフな恰好を好みます。

普段は美意識が高いヤンキー女性ですが、力を抜くときにはとことん力を抜くのも特徴の一つです。

近場であれば、多くの女性が「小綺麗な恰好で出かけたい」と考えそうな、大きめのショッピングモールにも、ジャージ姿で出かけてしまいます。

そんな姿を見て、人によっては「マナーがなっていない」「だらしない」と感じる人もいるかもしれません。

しかし常識に縛られず、自分の考え方を貫いているという点を重視すると、ヤンキー女性は「常識に捉われない考え方をし、実際に行動できる」とも見ることができます。

良くも悪くも、ヤンキー女性は自由で芯を持った女性なのです。

ヤンキー女性に多い【言葉・口調・声】の特徴


次にご紹介するのは、ヤンキー女性の言葉や口調、声の特徴についてです。
ヤンキー女性の多くは、言葉遣いや声などにもいくつかの特徴が見られます。

外見が派手なだけであれば、怖いイメージがここまで定着することは、きっとありませんよね。

ヤンキー女性が周囲の人に怖がられてしまう理由は、ご紹介する【言葉・口調・声】の特徴にも、あるのかもしれません。

ハスキーな声


ヤンキー女性には、ハスキーな声が多いという特徴もあります。
もちろん、人にはそれぞれ生まれ持った声質があるため、全てのヤンキー女性が、ハスキーな声をしているわけではありません。

しかし中には、わざと大きな声を出したり、過度な飲酒によってハスキーな声になろうとするヤンキーと女性もいるようです。
その理由は、「高く女性らしい声だと相手に舐められやすい」と考えているためです。

実際誰しも、高く可愛らしい声よりは、ドスの効いた低い声に対して怖さを感じますよね。
ヤンキー女性の多くは自分をより強く見せるため、低くハスキーな声に憧れるのです。

言葉遣いが荒い


ヤンキー女性の多くは言葉遣いが荒く、口調もキツイ場合が多いようです。
それは、実際には怒っていない時でも、会話の内容が聞こえなければ、「喧嘩しているの?」と周囲が勘違いしてしまうほど。

またヤンキー女性の場合、女性であっても女性らしい言葉遣いを好みません。
「は?」や「おまえ」といった、男性が使用しても荒いと感じる表現を使うこともしばしば。

そのため普通の女性がヤンキー女性と会話をすると、「怒っているのかな?」と不安になってしまうことも多いでしょう。

しかし深く関わってみれば、ヤンキー女性の言葉が荒いのは、あくまで表面的なものであることが分かるはず。

怖がらず言葉の意味をきちんとくみ取れば、仲間を思う優しさが見え、魅力的な人物像が浮かぶことでしょう。

そうすれば荒い言葉遣いもまた、ヤンキー女性達が仲間内で使用する、コミュニケーション方法の一つだと捉えられるはずです。

過去を語りたがる


ヤンキーと呼ばれる人達に限らず、内面が成熟していない人は一定数いるものです。

通常でも攻撃的に見えてしまいがちなヤンキー女性は、その内面が未熟であれば、常識がほとんど通じず、その怖さはひとしおでしょう。
しかし浅い関係では、そのヤンキー女性の内面が成熟しているか、判断することは難しいですよね。

そんなヤンキー女性の内面を知りたいのであれば、少しだけ会話をしてみましょう。

もし相手のヤンキー女性が、過去の武勇伝を語り始めたら要注意。
もしかすると、そのヤンキー女性は内面的にまだ未熟な人かもしれません。

自身がやんちゃしていた過去を語るという事は、周囲の人に「すごいと思ってもらいたい」と考えている証拠です。
また、自分が周囲から認められないことに不安を感じ、情緒面が不安定な可能性もあります。

内面が成熟しているヤンキー女性は、自身が周囲とは違うことを自覚しており、それに対する周囲の反応にも理解があるものです。
そのため、自身の信念を通すことはありますが、基本的には周囲に迷惑を掛けることはありません。

あくまで自身の生き方として、派手な外見や荒い口調を選択した、というだけなのです。

ヤンキー女性に多い【性格や内面】の特徴


最後にご紹介するのは、ヤンキー女性の性格や内面の特徴についてです。
派手な外見や荒い口調をしていることで、周囲に怖がられがちなヤンキー女性。

しかし先述したとおり、その内面には魅力的な特徴をたくさん秘めています。
ヤンキー女性の魅力を知りたい方は、ぜひご紹介する内面の特徴にご注目ください。

短気


先述した、過去を語りたがるヤンキー女性と同様に、内面が未熟なヤンキー女性ほど、気が短く怒りっぽいという特徴があります。

とはいえ、内面が成熟したヤンキー女性であっても、普通の女性と比べるとやや短気なことに変わりはありません。

そんなヤンキー女性達が怒る理由として最も多いのが、筋の通らないことを言われたり、されたりすることでしょう。

派手な外見や荒い言動から、周囲に悪印象を与えてしまいがちなヤンキー女性は、理不尽な態度を取られたり、陰口を言われることも少なくありません。

自身に非が無いのにそんな態度を取られれば、ヤンキー女性でなくとも良い気持ちはしませんよね。

仲間思いで感情をストレートに表現するヤンキー女性は、自身や仲間に対する理不尽には全力で噛みつきます。

そんな態度を見た周囲から、さらに冷たく、理不尽な態度を取られることもありますが、自分を貫くヤンキー女性の多くは、それによって態度を変えることは無いでしょう。

芯が強い・発言に筋が通っている


ヤンキー女性の多くは芯が強く、発言に筋が通っています。
一度決めたことは最後までやり通し、自身の行動に対してきちんと責任をとることができます。

その理由は、途中で投げ出すことや、逃げ出すことを「格好悪いこと」だと考えているためです。

そんなまっすぐな姿勢は、場合によっては頑固な性格だと捉えられることもあるかもしれません。
しかし言動には筋が通っているため、意思を通す姿を「格好悪い」と感じる人は、いないのではないでしょうか。

派手な見た目と言葉の荒さに隠れてしまいがちですが、口にしたことをやり通し、物事を成し遂げるまでひたむきに努力する姿勢は、どんな人が見ても恰好良い、魅力的な点だと言えるでしょう。

仲間思い


自身に敵意を向ける人に対しては、強い敵対心を抱くヤンキー女性ですが、一度仲間だと判断した相手には、とことん心を許すのも特徴の一つです。
自分の考え方や行動に、理解を示してくれる人だと認識すれば、大切な存在として扱います。

また集団で行動することを好むため、仲間内でも細やかな気遣いができるヤンキー女性は、少なくありません。

派手な外見で敬遠されやすいからこそ、自身を理解してくれる存在は大切にしますし、一緒にいるための努力を惜しまないのでしょう。

どんなに芯が強くとも、誰の理解も得られなければ、人は寂しさを感じるものです。

一般的には理解されにくい言動から、環境によっては、家族の理解すら得られないこともあるヤンキー女性。
だからこそ理解し合える仲間とは、家族と同等、またはそれ以上の繋がりを持っているといっても、過言ではないのです。

男女問わず仲が良い


先述したとおり、周囲の理解を得にくいヤンキー女性は、仲間をとても大切にします。
それは性別が違ったとしても、変わることはありません。

仲間だと判断すれば、性別を問わず全員に同じように接するため、普通の人から見れば、異性間の距離が近いと感じることも多いのではないでしょうか。

そのため、人によっては「はしたない」「だらしない」と感じることもあるでしょう。
しかしヤンキー女性の多くは、「性別が違うというだけで、仲間への対応を変えることこそおかしい」と考えています。

もちろん、仲間への感情が恋愛感情に変わることはありますし、普段から距離が近いヤンキー同士であれば、尚更そうなりやすいのかもしれません。

しかしヤンキー女性の多くは、恋愛を目的として近い距離で接しているのではなく、あくまで親愛という感情から距離が近くなってしまうだけなのです。

上下関係を大切にする


自身の意見を通すという特徴を持つヤンキー女性ですが、目上の人を立てることにはとても長けています。
仲間意識が強いヤンキー女性は、相手を気に入れば、年齢関係なく親しくなるもの。

しかしそれが目上の人であった場合、多くが憧れや尊敬といった感情に変わります。

グループが大きくなるほどに上下関係は厳しくなるため、より大きな集団に属しているヤンキー女性ほど、目上の人を立て、尊敬するという考えを持っているのです。

また、厳しい上下関係の中で過ごした時間が長いほど、先輩に気を遣う時間も多くなるもの。
早くから大きなグループに属しているヤンキー女性ほど、より気遣いのできるヤンキー女性になる場合が多いようです。

モテる理由がわかる!ヤンキー女性の恋愛傾向


多くの人に「怖い人」と思われがちなヤンキー女性ですが、一方で、男性にモテるという意見が多いことも、また事実。

そんなヤンキー女性の恋愛とは、どのようなものなのでしょうか。
次はヤンキー女性の恋愛傾向について、ご紹介していきます。

不器用でツンデレになる


基本的には、格好いいことを良しとするヤンキー女性ですが、やはり好きな異性や彼氏の前では、女性らしくありたいと思うこともあります。

一方で、普段の自分のイメージと離れすぎていることから、自身のそんな一面を恥ずかしくも思ってしまうようです。

そのため彼氏に甘えようとするヤンキー女性は、上手くできずに不器用な姿を見せ、いわゆるツンデレと言われる態度をとってしまうこともしばしば。

ヤンキー女性自身は、そんな自分にさらに恥ずかしさを感じてしまいますが、「ツンデレ」という言葉が存在することからも分かる通り、女性のこういった様を可愛いと思う男性は、決して少なくありません。

普段強気で格好いい女性が、自分の前でだけ女性らしく恥じらうのですから、ツンデレを好む男性の目には、ヤンキー女性はさぞ魅力的に映ることでしょう。

恋人や夫に一途


芯が強く、まっすぐなヤンキー女性は、恋愛においてもとても一途です。
恋愛における駆け引きも苦手なため、好きになればまっすぐに気持ちを伝えます。

そして一度交際が始まれば相手に尽くし、そう簡単に別れることはありません。
自分を強く持っているヤンキー女性は、一見ワガママな態度を取りそうにも見えますが、実際には我慢強く尽くし、とことん相手を愛し抜きます。

簡単に他者を受け入れないヤンキー女性だからこそ、一度自分が選んだ相手を、簡単に切り捨てることはしないのでしょう。

ヤンキー女性が大人になったら…


どんな人間も、歳を重ねるごとに成長し、変わっていくものです。

ではヤンキー女性が成人して大人になると、どのような女性に変わっていくのでしょうか。
最後に、ヤンキー女性達が大人になると、どのような女性になるのかについて、ご紹介します。

髪色は明るめで若く見える


若い頃は派手な髪色を好んでいたヤンキー女性ですが、歳を重ねるごとに髪色は少しずつ落ち着きます。

とはいえ、派手な外見が好きであることに変わりは無いため、同世代の女性と比較すると、明るめの髪色である場合が多いでしょう。

そんなヤンキー女性は、どんなに年齢を重ねても美意識の高さは変わらないため、スタイル維持やおしゃれに対する意識は高いままです。
そのため同世代の女性の中では、若く見える人も少なくありません。

大人になることで内面が成熟しても、人の好みはそう簡単に変わらないものです。
同世代の女性の多くが好むものとは、少し違った色やデザインの服装を好んで選び、着こなしている人が多いでしょう。

強く優しい女性になる


ヤンキー女性の多くは、信頼している相手を裏切ることがないため、生涯の伴侶と決めた夫や、お腹を痛めて産んだ子どもを、自身の家族として何より大切にします。

多少言葉遣いの荒さは残りますが、家族ができることで責任感が生まれ、内面は大きく成長していきます。

若い頃から芯を持った強い女性であるヤンキー女性は、その強さを持ったまま、母親としての愛情と優しさを得た魅力的な人へと変わっていくことでしょう。

大人になることで荒い言動も丸くなり、周囲の人は深く付き合わずとも、ヤンキー女性が持っている本来の優しさを感じられるようになるはずです。

また、元々周囲を気遣うことのできるヤンキー女性は、コミュニケーション能力も高いため、ママ友同士のコミュニティでも上手く立ち回ることができます。

「周囲がヤンキーであることに過度な偏見を持っている」ということでもない限り、母親としての人間関係もまた、順風満帆に進むことでしょう。

働きに出れば真面目で誠実


自分で決めたことは最後まで貫くヤンキー女性は、社会に出てからもその姿勢を変えることはありません。
そのため就職すれば、仕事を投げ出さずにしっかりとこなす、頼もしい人材となります。

周囲に怖がられていたヤンキー女性では、「人間関係にやや不安が残るのでは?」と思う人もいることでしょう。

しかし実際には、上下関係が厳しい環境で過ごしていたことで、社会人としての上下関係にもすんなり順応することができます。

思ったことをストレートに伝える度胸があり、問題があれば臆することなく口にするため、同期や後輩からも一目置かれる存在になることも。

職場での信頼を勝ち取り、一人の社会人として、真面目で誠実な人へと変わっていく場合が多いようです。

愛情と厳しさを兼ね備えた「母親」になる


先にも少しふれましたが、ヤンキー女性は家族をとても大切にします。

また自身の経験から、社会のルールを守ることの大切さも、しっかりと子どもに教えることができます。

そのため、普段は溢れんばかりの愛情を注ぎ、ダメなことをすれば厳しく𠮟る、理想的な母になることができるのです。

また、深い愛情に包まれながら強い母を見て育つため、子ども自身も強く、優しい子に成長することでしょう。

なかなか周囲に受け入れてもらえなかった経験を持つヤンキー女性は、自身の子どもの個性を受け入れ、のびのび育てようと考えるもの。

そんなヤンキー女性の考え方もまた、感受性豊かで一本芯の通った「人間として魅力的な子ども」を育てるのに一役買っているのでしょう。

ヤンキー女性には不器用な魅力がたくさんある!


ご紹介した内容を総括すると、ヤンキー女性の多くがとても魅力的な人物であることが分かるのではないでしょうか。

言動の荒いヤンキー女性に対し、つい苦手意識を持ってしまうのは無理のない事ですが、「それだけで判断してはもったいない」と感じた人もいることでしょう。

確かにヤンキー女性の中には、周囲への迷惑を考えずお店の前で座り込んだり、夜中に騒音をだしたりと迷惑行為を行う人も一定数います。

しかしそれは、内面が幼い一部のヤンキー女性であり、全てのヤンキー女性がそうであるわけではありません。

普通の人の中にも、平気で迷惑行為や犯罪行為を行える人がいるように、ヤンキー女性の中にもそういう人がいる、というだけなのです。

服装や言葉といった、表の情報のみで苦手意識を持っていたのであれば、少しだけ内面を知ろうと意識してみてください。
もしかすると想像もしなかった、ヤンキー女性の魅力的な一面が見えてくるかもしれません。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。