オンライン商談で成功させるコツ♡洋服選びと話し方で良い印象に

新型コロナウイルスの影響で“オンライン“を活用した業務が増え、今ではすっかり浸透してきましたよね。利便性が良く、ビジネスパーソンにとっては働き方に大きく変化が合ったのではないでしょうか。今回は対面で話せない分良い印象を残したいという方のために、コツを伝授していきたいと思います。

  1. オンラインのコツ
  2. 好印象の洋服選びのポイント
  3. 成功しやすい話し方のポイント
  4. まとめ

オンラインのコツ


対面より便利になったことが多くなりましたがその一方で、やりにくくなったこともあります。
うまく言葉が伝えられない、どうも次に繋げられない、など悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そんな悩みを解決してくれるのは実はとっても簡単なこだったりします。
要はポイントをおさえて「意識すること」がコツと言えるでしょう。

いますぐ実践できる内容ばかりなので、些細なことでもチャレンジしてみてください。

お仕事だけではなくオンライン飲み会やプレイベートでも応用できたりするので、取り組みやすいはずです。

好印象の洋服選びのポイント


洋服の印象次第で雰囲はガラリと変わりますよね。
制服から私服に着替えたら誰だかわからないことがあった、なんて経験はありませんか?印象を変えるって案外簡単なんです。

これまでは“清潔感“を大事にしてきたのですが今の時代、それだけでは好印象を残せません。

ではどうしたら良いのか。
普段の洋服を振り返りながら考えていきましょう。

普段はどんな服装?

王道はモノトーンのスーツスタイルではないでしょうか。
黒いジャケットに白い無地のシャツは当たり障りがなく、清潔感もあれば問題ないはずですよね。

でもオンラインでは少々もの足りません。
カメラを通して映る自分の姿は、想像以上に暗くなっています。

どうしたらオンライン向きになるの?

基本的は“明るいカラー“のもがオススメです。
顔色がワントーン上がるようなパステルカラーのニットや、真っ白のシャツよりもメリハリがつくストライプ柄もチョイスすると格段に印象が変わります。

ですが業種によっては難しい場合もあるかと思います。

そんな時はライトグレーのカーディガンや、さりげなくスカーフを巻いて顔周りに明るさをプラスしてください。
気分も上がって商談もまとまりやすくなるかもしれません。

カメラの角度で印象がわかれる

せっかく洋服をチェンジしたのに“見え方“が悪いと台無しですよね。
PCは目線より下に置くものなので、そのままの角度だと暗くなるでけじゃなく圧も感じる印象になってしまうんです。

特別なものを購入する必要はないので、うまく高さを調節して明るい位置へと変えておきましょう。

成功しやすい話し方のポイント


簡単なことですが意識しないとできないことなので是非、集中してトライしてみてください。

話すトーンは少し大きめに、はっきりと

つい、いつも通りの「トーン」で話してしまいがちですが聞こえずらいので注意してください。
せっかくの商談が「よく聞こえなかった」なんて残念な結果になりかねません。

テンポよく話しましょう

対面でない分、単調になりがちです。
会話の終わりはクライアントに目を合わせたり、一呼吸入れてリズムよくを心がけてください。

アイスブレイクを忘れずに

オンラインでなくてもありがちなことではないでしょうか。
雰囲気作りは非常に重要です!

警戒心や緊張しているときには話を聞きにくいものなので、まずがその気持ちを“ほぐす“ことからはじめてください。

ヒアリングベースが成功の鍵

商品の説明も大事ですがそれがクライアントに「伝わっているか」の方が大事です。
説明の節目に質問を投げかけて理解力を高めてもらいましょう。

その時の質問が具体的にすると有効的です。

「ここまでで何か質問はありますか?」よりも「ここの〇〇の部分は少し内容がわかりにくくはなかったですか?」など予めポイントを抑えて質問するとリアルな答えが聞けるはずです。

まとめ


いかがでしたか?
既に実践されていることもあったかもしれませんが「常に出来ている」ことが“できる女性“だと思います。

「継続は力なり」とはよく言いますが続けることが成功の秘訣なのです。

難しければ少しずつでもはじめてみてください。
皆様のビジネスライフを応援しています。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
小林篤美(ライター)
小林篤美

小さな会社で経理やマネジメントなど幅広い業務をしているシングルマザー。読書が趣味で本を読んでは想像を膨らませ、楽しみながら自分自身を日々アップデートしています。