一人でできる仕事18選!一人で仕事をすることのメリットとデメリットとは

一人でできる仕事について、出金が必要な仕事と在宅でもできる仕事に分けて紹介します。また、一人で仕事をすることのメリット・デメリット、一人で仕事をすることが向いている人の特徴なども合わせて見ていきましょう。

一人でできる仕事:出社が必要な仕事6選


人間関係に悩むことなく自分のペースで仕事をしたいという理由で、一人でできる仕事に転職したいと考える方もいるでしょう。

一切他人と関わらずに仕事をするのは難しいものの、必要最低限のやり取りだけでできる仕事もあります。
そこで、一人でできる仕事のうち、出社や外出が必須の仕事と、それぞれの仕事内容、魅力を紹介します。
 

部屋や建物の清掃員


清掃員は、駅、病院、オフィス、ホテルなどを清掃する仕事です。
また、ホテルの場合は清掃員がベッドメイキングやアメニティの補充なども行うことがあります。

商業施設やオフィスで仕事をする場合には、お手洗いや扉、壁、床などの掃除をすることが一般的です。
清掃員は、仕事を覚えてしまえば清掃中に人と会話をする必要はありません。

働き始めたばかりの段階では掃除方法を教わるために同僚と会話をする必要がありますが、一人で行う作業が多く、一人でできる仕事だといえるでしょう。

なお、清掃員は害虫駆除や事故物件の遺品整理、手術室の清掃などを行う特殊清掃員という仕事もあります。
文字通り特殊な分野の清掃を行うため、一般的な清掃員と比較して給料が高いことがメリットです。
 

カメラマン


カメラマンは、スポーツ、報道、ブライダルなど様々なジャンルに分かれていることが特徴です。

雑誌や広告に使うために商品やモデルを撮影するケースのほか、ニュースで使うスポーツの試合やスポーツ選手、事故や事件の現場を撮影します。

ブライダル専門の場合は、結婚式の風景を撮影することが一般的です。
カメラマンは事務所に所属するケースが多いものの、フリーランスとして一人で仕事をする方も多く、フリーランスになれば一人でも仕事ができるでしょう。
 

倉庫内作業


倉庫内作業とは、商品のピッキングや積み下ろし、ベルトコンベアで運ばれてくる商品の検品や加工などを行うライン作業などが挙げられます。

ピックングは、伝票や納品書を確認し、記載されたものをピックアップする作業です。
ライン作業は同じ作業を繰り返すことになるため、細かい作業を淡々とこなせるタイプの方、集中力がある方に向いている仕事だといえるでしょう。

検品、梱包、加工などを行う際にミスをしないよう、正確に作業をするスキルや集中力も必要です。
ピッキング作業は、ピックアップする商品が大型の場合には体力が必要なケースもあるため注意しましょう。

体力に自信がある方、体を動かすのことが得意な方に向いています。
なお、倉庫内作業は一人でできるケースが多いですが、数人でグループになって作業をする職場もあるため、一人でできる仕事なのかどうか求人情報をチェックしましょう。
 

整体師


整体師は、人間の体の仕組みを理解したうえで、患者の悩みに適した施術を行う仕事です。
なお、「整体師」は職業であり、資格としては柔道整復師といった国家資格を取得する必要があるでしょう。

接客が必要ですが、従業員を雇わなければ一人でできる仕事です。
 

水道やガスの検針員


メーターの検針員は、水道やガスの使用量を確認する仕事です。
検針機を使って水道やガスの使用量を確認し、検針票を各家庭のポストへ入れます。

住んでいる人と顔を合わせた際には挨拶をしますが、基本的にグループで仕事をするわけではなく、一人でできる仕事です。

自分が担当しているエリアは原付バイクや自転車で回るため、体力がある方や体を動かして仕事をするのが苦ではないという方に向いているでしょう。
 

タクシーの運転手


タクシーの運転手は、乗客が希望する場所まで送る仕事です。
タクシー会社によっては歩合制のため、自分が努力をすれば給料アップが見込めることは魅力だといえるでしょう。

タクシー運転手は休憩や待機するタイミングは自分で調整できるため、働く時間は比較的自由に決められることが特徴です。

待機をしているときや休憩時間は、同僚とコミュニケーションを取る必要はなく、一人でゆっくりと過ごせます。
しかし、乗客と会話をしたり、目的地までどのように向かうかを決めたりすることも多いです。

道を覚えるまでは乗客と会話をしなければならない場面が多いですが、道を覚えれば最低限のやり取りだけで良くなるため、人と接することに関するストレスは軽減されるでしょう。

なお、タクシーの運転手は、乗客の希望でルートを変更したり最短で目的地にたどり着けるように渋滞がない道を見極めたりする必要があり、対応力が求められます。

また、乗客を安全に送り届けるために、ドライビングスキルも必要です。
 

一人でできる仕事:在宅ワークが可能な仕事12選


一人でできる仕事のなかで、在宅ワークでも可能な仕事を紹介します。
他人とのやり取りはメールやチャットで完結する仕事もあるため、仕事内容や魅力をチェックしてみましょう。
 

システムエンジニア


システムエンジニアは、システムを設計する仕事です。
発注者の希望をヒアリングして、どのようにプログラミングをすれば希望通りに完成するかを検討し、設計図を作成します。

プログラミングはプログラマーが行いますが、システムエンジニアがプログラミングを行なっている企業も少なくありません。
また、システムエンジニアは予算をチェックしたり、スタッフを管理したりといった仕事も行うことがあります。

発注者とコミュニケーションをとらなければなりませんが、一人で行う作業が非常に多いため、一人でできる仕事だと考えても良いでしょう。

システムを設計する開発設計するなかで問題が発生するケースもあり、責任を持って取り組める方に適した仕事だといえます。
予想していなかった問題が起こっても、問題を解消するために努力することが重要です。

さらに、システムエンジニアは、システムを設計するなかで全体の設計を把握していなければならないため、プログラマーが行うプログラミングに関する知識を持っていると仕事に役立つでしょう。
 

ネイリスト


ネイリストは、マニキュアやネイルアートで爪を飾るほか、爪の健康を維持するためのケアを行う仕事です。
爪の形をきれいにする、甘皮ケアをするほか、直接ネイルアートをしたり、ネイルチップを作ったりといった仕事も行います。

お客さんとコミュニケーションををとらなければなりませんが、個人で経営する場合には自宅をネイルサロンとして使えたり、狭いスペースで仕事できたりと、開業したい方に向いている仕事です。

スタッフを雇わなければ、基本的にお客さん以外とはコミュニケーションを取る必要がありません。
また、ネイルチップを作ってハンドメイドサイトやオークションサイト、フリマアプリなどインターネットを通して販売することも可能です。

お客さんと接するのも負担になるという場合には、ネイルチップ作成に注力し、インターネット上で売上を伸ばせば、他人とコミュニケーションをとることなく仕事ができる可能性も高いでしょう。

ネイリストをするにあたり、お客さんに怪我をさせないよう慎重に作業をすること、ネイルケアのために、爪に関する十分な知識を身につけることが大切です。

さらに、ネイルアートは流行や施術内容も進化するため、トレンドをキャッチし、常に新しい技術を身につけようとする向上心を持てる方に適していると言えます。
 

Webライター


Webライターは、インターネットサイトに掲載する文章を作成します。

文章を読んだり書いたりすることが好きな方や、得意な方に向いているでしょう。
全体の流れを考える必要があるため、書籍を読み、スキルアップをする努力が必要に重要だと言えます。

また、様々なジャンルの記事を執筆することになるため、情報を集めたり新しい知識を身につけたりするのが好きだという方であれば楽しく働ける可能性が高いです。

Webライターは、在宅で行う方法と、会社に出社する方法など、働き方のバリエーションが多いことが特徴です。
在宅で仕事をする場合にはメールでやり取りをすれば良いため、人と接する機会は非常に少なくなるでしょう。

しかし、取材が必要な場合には取材先でコミュニケーションを取らなければならなかったり、発注者の希望を聞く際にこまめに連絡をしなければならなかったりといったこともあります。
 

Webデザイナー


Webデザイナーは、発注者が希望するウェブサイトを作成する仕事です。
ものづくりが好きな方や、Webデザインに興味がある方、プログラミングが好きな方に向いています。

構成を検討し、デザインを作る過程は基本的に一人で作業をするため、一人でできる仕事だと言えるでしょう。
しかし、発注者からの要望をヒアリングし、イメージに適したWebサイトを作らなければならないため、密なコミュニケーションが必要です。

さらに、正社員として働きたい場合には数人でグループになり、作業を一人ひとりに分けて進めるケースもあります。
一定のコミュニケーションは取らなければなりませんが、作業に入ってしまえば一人でできる仕事です。
 

ネットショップ経営


ネットショップ経営は、インターネット上でサイトを作り、商品を販売する仕事です。

雑貨、衣類、本など、販売する商品は自分で決めることが可能であり、自分で作った商品を販売したり仕入れた商品を販売したりといった方法から選べます。

ネットショップ経営は、インターネットサイトを立ち上げてから経営を始めるまでの流れがシンプルで、特別な資格が必要ないため、基本的な知識を身に付ければすぐにでも行えることがメリットです。

実際の店舗を構えることと比較して、大幅に初期費用が抑えられるため、自分のお店を持ちたいと考えている方にとって最適でしょう。
 

翻訳家


翻訳家は、外国語から日本語に訳す、もしくは日本語から外国語に訳す仕事です。
基本的には英語の翻訳が多いものの、次いで中国語の翻訳家も需要が高いでしょう。

翻訳家は映像、実務、文芸などに分かれており、文芸は雑誌や小説の翻訳、実務は契約や論文の翻訳、映像は映画を翻訳するといった仕事です。

翻訳家はほとんど人と関わることがなく、仕事を任された後は一人で作業を行います。
依頼時にやり取りをする必要はありますが、作業をする時間は一人であり、フリーランスの翻訳家が多いため働く時間や曜日の自由度も高いこともメリットです。
 

動画編集・配信


動画配信は、様々なテーマの動画を撮影し、アップロードして広告収入を得る仕事です。

業務内容は様々ですが、一人でできる仕事としてはSNSや動画サイトに投稿するといった仕事、テレビや映画の動画を作成する仕事もあります。

また、動画の編集技術を身につければ、自分が撮影した動画を編集するだけではなく動画配信者が撮影した動画の編集作業を請け負うことも可能です。

動画で収益を得るといった活動する方が増えているため、動画編集者の需要は上がっています。
テレビや映画といった映像の編集技術はなかったとしても、SNSや動画サイトにアップするための動画を編集する程度の技術であれば、すぐに身に付けられるでしょう。

自分が撮影した動画を編集する際はもちろん、他の人の動画を編集する際にも受注のやり取りをするだけであり、編集作業自体は一人でできる仕事です。

専用のソフトやパソコンを用意して自宅で仕事できるため、在宅ワークで一人でできる仕事をしたいという方に最適だといえます。
 

アフィリエイト


アフィリエイトで生活費を稼いでる人はアフィリエイターと呼ばれており、インターネットサイトにWeb広告を載せて広告収入を得る仕事です。

インターネットサイトにアクセスした人が広告をクリックする、もしくは広告をクリックしたうえでサイトに移動し、サービスや製品を購入すると広告収入をもらえます。

アフィリエイトは、「サイトを作成して広告を載せておけば自動で収入を得られる」というイメージを持つ人も多いですが、一定のアクセス数を維持するためにサイトをブラッシュアップし続ける必要があります。

サービスや製品を購入してもらえるようなインターネットサイトを運営するためには、常に記事を更新しなければなりません。

しかし、アフィリエイト広告はインターネット上で申し込み、コードをコピーして貼り付けるため、全て一人でできる作業です。

すぐに収入を得ることは難しいものの、コツコツと仕事ができるタイプの人に向いているでしょう。
 

CADオペレーター


CADオペレーターは、CADソフトを使用して建築関係の設計図面を作成する仕事です。
専門的な知識や技術が必要なため、CADオペレーターの仕事をするためには実務経験を得なければなりません。

しかし、実務経験を経て専門的な知識とスキルを身につければ、一人でも仕事ができるようになるでしょう。
 

投資


投資は、長い目で見て利益を得られる事業や、商品にお金を出すことです。
投資には債券や株式証券、事業、不動産など様々な種類があり、近年では仮想通貨に投資をする人も増加傾向にあります。

個人投資家は、仕事をしながら空いた時間に投資をするケースと、投資のみで生活費を稼いでるケースの2種類に分かれます。

会社員として安定した収入を得ている場合は、会社員をしながら投資の経験を積み、投資のみで生活するといったケースが多いでしょう。

自分で考え、判断する仕事のため、周囲の考えを優先するよりも自分の判断を信じて仕事をしたいという方に向いているでしょう。
しかし、大きな損失が出るリスクもあり、投資家の仕事を続けられなくなることも少なくありません。

常に分析や情報を収集をしなければならず、リスクも大きいものの、投資に成功して大きな収益を得られた時にはやりがいを感じられるでしょう。
 

アドバイザー


アドバイザーには様々な種類があり、収納、掃除、家事、育児など自分が得意としていることに特化してアドバイスをするといった仕事です。

自分が持っている知識や得意なこと、経験を活用して悩んでいる人に解決方法をアドバイスしたり、一緒に考えたりと人の役に立てるため、やりがいを感じられるでしょう。

相談者とコミュニケーションを取る必要がありますが、基本的に一人でできる仕事です。
 

イラストレーター


イラストレーターは、自作のイラストを販売したり、依頼されたイメージのイラストを作成したりする仕事です。

イラストを作成してファイルで納品することが一般的であり、雑誌、書籍、ポスター、カタログ、ウェブサイトなど、イラストが使用される媒体は様々です。

基本的には自分が描きたいイラストを描くわけではなく、発注者から希望をヒアリングしたうえで、イラストを描きます。

そのため、受注する際には十分に打合せをしなければならず、イラストレーターになったばかりの段階では自分で営業活動しなければならないでしょう。

しかし、受注した後、イラストを作成するのは一人でできる仕事であり、集中力がある人や絵を描くのが得意な人に向いている仕事だといえます。

関連記事

一人でできる仕事をするために持っておくと便利な資格


一人でできる仕事には、資格がなくてもできるものが多いです。

しかし、なかには資格が必要な仕事もあるうえに、資格が必須ではなかったとしても資格を取るために勉強して得た知識が仕事に役立つことはあるでしょう。

また、一人でできる仕事をするために、国家資格を取って開業するといったケースもあります。
受験資格が設けられていない国家資格も存在するため、会社員をしながら勉強し、国家資格を取得するといった方法も有効です。

【一人でできる仕事におすすめの資格】
・ ファイナンシャルプランナー
・ITパスポート
・ウェブデザイン技能検定
・Photoshop/Illustrator
・ Webライティング能力検定
・テープ起こし技術者資格
・英検/TOEIC
・ JNECネイリスト技能検定
・キャリアコンサルタント
・行政書士
・秘書検定

関連記事

一人でできる仕事をするメリット


友人や知人、家族に一人でできる仕事をしたいと相談した場合、協調性がない、働く意欲がないと思われるのでは、と不安を覚える方もいるでしょう。

しかし、一人でできる仕事をすることには様々なメリットがあります。今度はメリットについて見ていきましょう。
 

人間関係に悩まない


一人でできる仕事をしていても最低限のコミュニケーションは必要ですが、会社や企業に出社して働くことと比較すると、人間関係に悩むケースは少ないでしょう。

職場は考え方も性格も異なる人が集まっているため、グループができたり、苦手な人がいたりといったことは避けられません。

うまくコミュニケーションが取れず、自分の考えを理解してもらえなかったり、相手の考えを理解できなかったりといったことが原因でトラブルが起こることもあるでしょう。

また、職場によっては人間関係のトラブルによって職場環境が悪くなるケースもあります。
しかし、一人でできる仕事をすれば、人間関係に悩むことはありません。

仕事を教えてもらうために指導担当の同僚と接する必要があっても、必要最低限の会話のためトラブルは起こりにくいでしょう。
 

時間を自由に使える


一人でできる仕事の種類によっては、勤務時間が短く、決まった作業を終えれば午前中に勤務が終了するといった仕事もあります。
仕事をスピーディーに終わらせて、時間を自由に使うことも可能なのです。

会社員の勤務時間と比較すると非常に短く、友人や知人から「仕事をしていない」といった印象を持たれることもあるでしょう。

しかし、成果を上げることによって一定の収入を得られる仕事は、プライベートの時間を確保しやすかったり、時間を有効に使えたりといったメリットがあり、プライベートな時間を過ごすなかでアイデアを思いついたりといったこともあります。

時間を自由に使えることは、一人でできる仕事の大きなメリットといえるでしょう。
周囲の人間に批判的なことを言われても気にせずにマイペースに仕事をする気持ちも大切です。
 

自分に自信を持てる


一人でできる仕事は自分の知識とスキルでマイペースに仕事することが可能です。
他人に全て教えてもらうこともなく、自分一人で仕事をして経験を積めるため、「一人でもこれほどの仕事ができた」といった自信になるでしょう。

また、一人でできる仕事から別の仕事に転職したいときにも、職務履歴書でこれまでやってきた仕事を記載する際に、「一人でこのような仕事をしてきた」といった経験がアピールでき、有利になるでしょう。
 

一人でできる仕事をするデメリット


一人でできる仕事をすることには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。
主なデメリットを3つ確認しておきましょう。
 

確定申告をしなければならない


一人でできる仕事は、確定申告をするために経費を算出する、申告方法を学ぶなどの手間がかかります。
一人でできる仕事で十分に収益を上げられるようになったら、会計士に依頼すると良いでしょう。
 

収入が減るリスクがある


一人でできる仕事は、自分が怪我や病気で仕事ができなくなった場合、代わりに働いてくれる人がいません。
さらに、有給休暇もないため、怪我や病気で働けなくなると収入が減ります。

怪我や病気で仕事を長期間休むことがないように、自己管理をしなければなりません。
 

収入の増減によってストレスを感じる


一人でできる仕事は、働いたぶんだけが収入になるため、頑張れば頑張るほど稼げることが魅力です。
しかし、自分で営業活動をして仕事を獲得しなければならならず、仕事の内容によっては稼げない時期もあります。

景気が悪くなったり、営業活動で失敗したりと、営業活動の成果や景気の変動によって収入が増えたり減ったりするため、収入が減った際に将来への不安を覚えることがあります。
 

一人でできる仕事が向いている人の性格と特徴


一人でできる仕事はどのような性格の方に向いているのでしょうか。
一人でできる仕事に適している方の特徴について紹介します。
 

マイペース


企業に出社して働いている場合、同僚と協力し合いながら仕事をしなければなりません。
しかし、一人でできる仕事の場合は同僚がいないため、自分がやらなければいけない仕事だけこなしていれば良いのです。

周囲の人から学び得るものが大きいと感じる場合には、出社してたくさんの人と一緒に働いたほうが良いですが、協力し合うのは苦手な方や集中できない場合には、一人でできる仕事をしたほう仕事のパフォーマンスも上がります。

周囲に合わせることで仕事が遅れてストレスを感じるといった場合には、一人でできる仕事をマイペースにした方が効率良く稼げるでしょう。
 

自己管理ができる人


会社や上司が仕事を管理する会社員と異なり、一人でできる仕事をする場合は予定を自分で管理しなければなりません。

例えば、エンジニアであれば開発計画、イラストレーターであればどの程度のペースでイラストを作成するのかは、自分で決める必要があります。

仕事のスケジュールのほか、休日を設ける場合や請求書を作成するなど、やるべき作業がたくさんあるため、自分で全ての仕事を管理するのが苦にならない方に向いているでしょう。

自己管理ができないと仕事のスケジュールを上手に組めず、充分に収益を得られない可能性が高いです。
 

一人でいても孤独だと感じない人


一人で過ごすことにストレスや不安、孤独だと感じることがない場合には、一人でできる仕事に向いているでしょう。
「孤独だ」とマイナスイメージを持つのではなく、「マイペースでできるので楽だ」と感じられる方に最適です。
 

自分でトラブルを解決できる人


一人でできる仕事をするうえで、トラブルが起こった際に、一人で解決できるかどうかが重要です。
一人でできる仕事は、トラブルが起こった際にサポートしてくれる人がいません。

そのため、自分でトラブルを解決できる自信がある、解決した経験がある方に向いています。
 

責任感が強い人


一人でできる仕事をする際には、責任も自分で負わなければなりません。
仕事が問題なく進めば良いですが、トラブルが起こったり、失敗したりといった際には、一人で責任を負わなければならないのです。

一人でできる仕事は自由度が高い一方でリスクも高いことを理解し、トラブルなどの問題が起こった際には自分で責任を負うといった責任感が強い人に向いています。
 

対人スキルが低下しても良い人


一人でできる仕事をしていると、対人スキルが下がります。
一人でできる仕事から転職して数人でグループになって仕事をすることになった場合に、円滑にコミュニケーションを取れない可能性があるでしょう。

ずっと一人でできる仕事だけをする予定の方や、もともと対人スキルが高い、仕事以外で人と会話をする場面が多いなど、仕事で話す機会が減少しても対人スキルに影響がない人であれば良いでしょう。
 

ストレスを発散できる


一人でできる仕事をこなすスキルだけではなく、ストレスを発散する方法も自分で理解していることが重要です。
一人でできる仕事をしていると責任が重くなり、人と会話をする機会も減ります。

そのため、趣味を楽しむ時間を作ったり、仕事以外の場面で人と会話をする機会を設けたり、自分はどのような方法でストレスを発散できるのかを理解しておく必要があります。
 

一人でできる仕事の始め方


一人でできる仕事を始めるにはどのような方法があるのでしょうか。
すぐに仕事を探せる方法を3つ紹介します。
 

クラウドソーシングに登録する


近年では副業する人が増えており、クラウドソーシングの種類が増え、規模も大きくなっています。
クラウドサービスは、仕事を発注したい人と受注したい人が登録し、マッチングするサイトです。

パソコンとインターネット環境が整っていれば、様々な仕事のなかから探すことが可能であり、登録無料のためすぐにでも始められるでしょう。

現場に出て仕事をする、倉庫内作業や検診、タクシー運転手などの仕事の求人はありませんが、Webライターやイラストレーター、プログラマーなどインターネット上で作業できる仕事の求人は多いです。

そのため、仕事内容によってはクラウドソーシングサイトで受注から納品まで完了し、報酬を得られる可能性が高いでしょう。
 

求人サイトで仕事を探す


求人サイトは、会員登録をしなくても一人でできる仕事を探すことが可能です。
「在宅」「未経験可」などの条件に絞って検索をすれば、希望の仕事を見つけられるでしょう。

近年ではリモートが推奨されていることもあり、在宅で仕事可能なことをアピールする企業が多いです。
そのため、一人でできる仕事も見つけやすいでしょう。
 

仕事探しのプロに相談する


一人でできる仕事を始めるにあたり、自分で仕事を探す段階から、全て一人で行う必要はありません。
仕事を探すなかで不安なことや分からないことがあれば、仕事探しや就職・転職に詳しいプロに相談する方法も有効です。

一人でできる仕事であればどのような仕事でも良いというわけではなく、自分に適した仕事に就くことが大切です。
自分にはどのような仕事が向いているのかを理解しているつもりでいても、仕事に関する適性を理解できていないケースが少なくありません。

自分に適した仕事を見つけるためにも、第三者の意見を聞くことが重要です。
また、一人でできる仕事を探しているなかで、転職することに不安を覚えることもあるでしょう。

不安を抱いたときにも、自分の仕事に関して相談できる人がいると安心です。
就職サイトや就職エージェント、転職エージェントに登録して、プロに相談できる環境を整えましょう。
 

まとめ


一人でできる仕事の種類は様々ですが、一切他人と関わらずに仕事をしたいのか、必要最低限は関わっても良いのかについて明確にすることから始める必要があります。

人と関わらずにできる仕事も存在しますが、必要最低限は他人と関わっても良いという方のほうが、仕事の幅は広がるでしょう。

最低限のコミュニケーションは取らなければならなかったとしても、仕事そのものを一人でできれば、精神的な負担やストレスも軽減されます。

一人でできる仕事の種類やメリットデメリット、一人でできる仕事に向いている人の特徴を理解して、自分に適した働きかたができる仕事を探しましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ゆうき(ライター)
ゆうき

大学を卒業後、商社で勤務。退職後、リモートワークをすべく文章を書く仕事を始めてみる。現在では動物医療のほか、法律、美容など幅広く取材・記事の作成を担当。