2022.02.25

話しかけて欲しいサインを出す男性って何考えてる?男性心理10選

男性に話しかけるタイミングって難しいですよね。「タイミングを間違えて迷惑がられたくない」「サインを見逃してチャンスを逃したくない」そんな風に考える方もいるはず!そこでこの記事では、話しかけて欲しいサインを出す男性の特徴と心理を解説します。

①無駄に周囲をうろつく


​​・いつも周りをウロウロしている
・気がつけば視界の中にいる

このタイプの男性は、100パーセントあなたに話しかけて欲しいと思っています。
あなたの周りをウロウロすることで会話の「きっかけ」を探しているのです。

男性は気になる女性が同じ空間にいれば、「できる限り近づきたい」と感じる生き物。
男性がじわじわとあなたに近づいてくる素ぶりがあれば、完全に「話しかけて欲しいサイン」と判断できるでしょう。

②近くで独り言をつぶやいている


独り言をつぶやくのは、「話しかけて欲しい」気持ちが溢れている証拠。
このタイプの男性は、どうにかしてあなたと会話がしたいと思っています。

独り言であなたの注目を集め「どうしたの?」「何かあった?」と話しかけて欲しいのです。
内気でシャイ、普段から女性と話すのが苦手な男性に出やすいサインと言えるでしょう。

③チラチラとあなたを見てくる


・ふとした拍子に特定の男性とよく目があう
・隣や近くの席にいる時に横目でチラチラ見てくる

このタイプの男性は、あなたと会話がしたくてたまりません!
男性は気になる女性が近くにいると、視線を送ってしまう生き物だからです。

チラチラとあなたを見てくるのは、「話しかけて欲しいサイン」であると同時に、「あなたに好意があります」というアピールでもあるのです。

④落ち着きがない


「なんだか落ち着きがなくて、せわしないなぁ…」
そんな印象を持つ男性は、行動で会話のきっかけをつくりたいタイプ。

このサインを出す男性は、大げさな行動で女性の注目を集め、
「どうしたの?」「手伝おうか?」と話しかけて欲しいと考えています。

つまり、落ち着きがない行動は「あなたから話しかけてきて欲しい!」という男性の本音でもあるわけです。

⑤困ったアピールをする


あなたの前で「困ったな〜」「どうしようかな〜」と困ったアピールをするのも、話しかけて欲しいサインのひとつです。

話しかけて欲しいがゆえに、あえて困ったフリであなたの注目を集めようとしています。
このタイプの男性は、かなり奥手で女性と話すのが苦手。

あえて困ったフリをするのは非常に回りくどい手口ですよね。
つまり、困ったアピールでサインを出す行動は「拒否されたくない」という男性の本音があらわれています。

⑥友達、同僚と大きな声で話す


あなたの近くで友達や同僚と大きな声で話すのは、話しかけて欲しいサインの1つ。

大きな声で会話することで、「会話に入ってこないかな…」と期待しているのです。
さらにあなたの方をチラッと見る仕草があれば、ほぼ確実です。

このタイプの男性は、女性への免疫が低い可能性があります。
元々コミュニケーション力は高いですが、対女性になると少々自意識過剰になるタイプです。

関連記事

話しかけて欲しいサインを出す男性は何を考えてる?


そもそもサインを出す男性は何を考えているのでしょうか。
ここでは、話しかけて欲しいサインを出す男性心理を解説します。

男性心理がわかると、的確なタイミングで男性に話しかけられるはず!
ぜひご自身の恋愛に生かしてくださいね。

①話すきっかけが欲しい


・無駄にウロウロする
・チラチラとあなたを見てくる
・ブツブツと独り言をつぶやく

男性の行動の特徴をみていくと、
単純にあなたと会話する「きっかけ」を探していることがよく分かりますよね。

女性が思わず「何?」と感じる不審な行動はできても、自ら話しかけるのは少しハードルが高いのかもしれません。
あわよくば「女性側から話しかけて欲しい」という心理が読み取れます。

②話しかけていいタイミングを探っている


男性に話しかけるタイミングって難しいですよね。
タイミングを間違えて「空気読めないな」「ちょっと残念だな」と思われたくない方も多いでしょう。

しかし、その気持ちは男性側も一緒!
気になる女性がいても「話しかけて嫌な顔されたくないな」と思ってしまうのが本音。

つまり、サインを出す男性も「今話しかけていいかな」とタイミングを探っている可能性が高いのです。

③自分のことをどう思っているか知りたい


話しかけて欲しいサインを出す男性の中には、

「自分のことをどう思っているか知りたい」
「嫌がられてないか反応を確かめたい」

とあなたの気持ちを探っている人もいます。

つまり、サインを出すことで「脈ありか脈なしか」を確認しているわけです。
困ったアピールをしたり、素っ気ない態度をとったりする男性はこのタイプに当てはまるかもしれません。

④どうしたらいいか分からない


「本当は普通に話しかけたいけど、どうしたらいいか分からない…」
このような心理が原因で、少々不審な行動をとる男性もいるでしょう。

このタイプの男性は、少し恋愛に奥手かもしれません。
男友達の前では大きな態度を取っていても、

・意外に女性経験が少ない
・女性への免疫がない

という可能性があります。
この場合は、話しかけたい気持ちが高まっていることがサインの出る原因。

裏表がないピュアな気持ちがきっかけだと、悪い気持ちにはなりませんよね!

⑤あなたに好意をもっている


話しかけて欲しいサインを出す男性のほとんどが、
あなたに「好意」を持っていると言えるでしょう。

気になる異性が近くにいれば

「何か会話したいな」
「話すきっかけはないかな」

と考えてしまうのが普通の反応ですよね。
これは、女性に限らず男性にも同じことが言えるのです。

⑥仲良くなりたい


「仲良くなりたいな」「どんな人か知りたいな」
そんな心理が働くと、話しかけて欲しいサインを出す男性も少なくありません。

少し大げさな態度で自分の存在をアピールし、あなたの反応をうかがっているのです。
「仲良くなりたい」という心理は、いわば「好意」の一歩手前。

話しかけて欲しいサインをあなたがどう受け取るかで、男性との今後の関係性が変化していくと言えるでしょう。

男性が出す「話しかけて欲しくないサイン」はあるの?


話しかけて欲しいサインがある一方で、
「話しかけて欲しくないサイン」を出す男性もいます。

2つの特徴を知っておくと、ベストタイミングで気になる男性に話しかけられますよね!
ここでは、男性が出す「話しかけて欲しくないサイン」を4つ解説します。

話しかけて欲しくないサインの特徴も頭に入れて、恋愛に生かしましょう!

①目線が合わない


・あきらかに目線を合わせようとしない
・目線があっても一瞬だけ
・冷たく目線をそらされる

当てはまる場合は「話しかけて欲しくないサイン」かもしれません。

男性の中には「目線を合わせて会話するのが苦手」という方が多いです。
しかし、あきらかな嫌悪感を感じた場合は「照れ」という可能性は低いでしょう。

ただし「今だけ話しかけて欲しくない」「余裕がない」というケースも、目線が合わないことがあります。

この場合は、時間をずらしタイミングをみて話しかけてれば問題ありません。
判断は難しいですが、男性の様子をよく観察するといいでしょう。

②イライラしている


・眉間にシワがよっている
・怖い表情をしている
・口調が激しい

など、「あきらかにイライラしてるな」と感じる場合は「話しかけて欲しくないサイン」と受け取りましょう。
このサインが出た場合は、よほどの用事がないかぎり話しかけるべきではありません。

しかし、「仕事でどうしても…」というケースもありますよね。
その場合は、

・要件を先にメールで入れておき、口頭は短い時間で済ませる
・話しかける前に「急ぎの用件で…」とワンクッション入れる

など、少し工夫をするのがおすすめです。
イライラしている時に真っ正面からぶつかるのは、お互いにとってメリットがありません。

③会話をすぐ切り上げようとする


・会話が始まってもすぐに切り上げようとする
・必要以上に会話しようとせず、雑談が一切ない

会話を続けようと努力しない男性は、

「他人に興味がない」
「恋愛関係になりたくない」
「そもそも会話が苦手」

などさまざまな要素を持ち合わせています。

この場合は、男性からにじみ出る「話しかけて欲しくないサイン」と受け取りましょう。
サインを出しているのが無意識な可能性もあるので、悪気はありません!

無理に会話を続けようとすると、嫌悪感がプラスされる可能性もあります。
どうしても話したい場合は、様子を見ながらゆっくり会話しましょう。

④体が別の方向を向いている


話しかけた時、体があなたとは別の方向を向く男性は、「話しかけて欲しくないサイン」を出している可能性が高いです。

人は、好意を抱く相手に対して視線・身体の向きが自然と向いてしまうと言われています。
つまり、体が別の方向を向いているのは現時点で、好意がない・興味がないサイン。

話しかけて返事があった場合でも、体が別の方向を向いていれば「あなたとの会話を長く続けるつもりはありません」ということ。
体の向きは、男性との会話の長さを判断する目安に活用してみてくださいね。

関連記事

脈ありと脈なしを見分けるコツ


話しかけてほしいサインを出す男性は少なからず、

「あなたと距離を縮めたい」
「あなたと仲良くなりたい」
「自分のことを知ってほしい」

という気持ちがあります。

しかし、話しかけて欲しいサインが出ていても彼が本気かどうかは、距離を縮める前に確かめておきたいですよね。
そこでここでは、脈アリか脈なしかを見分けるコツを紹介します!

①男性の視線を観察する


まずは男性の「視線」を観察しましょう!
「目は口ほどにものをいう」とよく言いますよね。

実は、人間の目の動きには、大きく反映すると言われています。
男性との会話中、

・あなたの顔をよく見る
・視線がなかなか外れない

この場合は「脈あり」の可能性が高いです。
一方で、話しかけて欲しいサインが出ていても、

・あなたと目を合わせようとしない
・あなたのパーソナルな話に興味がない

この場合は、「脈なし」の可能性が高いです。

もちろんサインが出る場合はほとんど「脈あり」と考えて問題ありません。
しかし、

・会話途中で目線が合わない
・会話の内容に興味がなさそう

このような反応の男性には要注意!
単純に「構って欲しい」「相手をしてもらいたい」という一方的な感情で、サインを出していた可能性もあるからです。

②他の人への態度を観察する


彼の本気度をチェックしたいなら、あなた以外の女性にどんな態度をとっているのか観察するのがおすすめです。

・誰とでも距離が近い
・構って欲しい感が強い
・注目を浴びたい

このような男性は、特にあなただけに好意を持っているわけではない可能性も!
男性の行動や態度をよく観察すると、話しかけて欲しいサインを出す男性の心理を読み取ることができますよ。

③周りの人に客観視してもらう


人は見たくないものを見ずに、都合の良い情報だけしか見ようとしないと言われています。
つまり、「脈ありかもしれない!」と感じればその部分しか見ようとしません。

しかし、脈ありと感じているのは自分だけで、周りから見れば「あの人一方通行だよね」と思われている可能性もあります…。

男性の本気度をチェックしたいのであれば、周りの意見を参考にするのがおすすめです。
話しかけて欲しいサインが出ている男性でも、あなたへの気持ちが「本気」とは限りません。

同僚や友人に協力をあおいで、彼の本気度を客観的に見てもらいましょう!

話しかけて欲しいサインを男性が出してきたら?対処方法7選


気になる男性の「話しかけて欲しいサイン」は、2人の関係を深めるいいチャンス。

チャンスをものにするためには、どんな態度でのぞむのがいいでしょうか。
また、好意がない男性から「話しかけて欲しいサイン」を出された場合はどのように対処したらいいでしょうか。

・脈ありの場合
・脈なしの場合

に分けて対処方法を紹介します。

あなたも脈ありの場合


気になる男性から「話しかけて欲しいサイン」を出された場合、ぜひ紹介する方法で彼との関係を深めてみましょう!

①あなたから話しかける

「サインが出た!」そう感じたら、あなたから積極的に話しかけましょう。
このタイミングで話しかけて、喜ばない男性はいません。

話しかけて欲しいサインを出す男性の中には、
「出来れば女性から話しかけて欲しい」と感じている人も多いです。

このチャンスを活かせば、2人の関係は深まるはずですよ!

②彼が1人になったタイミングで話しかけにいく

「サインに気づいていても、その場で話しかけるのは恥ずかしい…」
「周りの人がいる時に話しかけるのは気が引ける…」

周りの目が気になる場合は、彼が1人になったタイミングで改めて話しかけましょう。
たとえ時間差があっても、女性から話しかけられて悪い気はしません!

2人きりの方が、深い会話に繋がりますよね。
食事やデートのお誘いまでも発展しやすいはず!

③後でLINEを入れてみる

「サインに気がついても、恥ずかしくて話しかけられない」
「うまく会話を続けられる気がしない」

そんな方はLINEを活用するのがおすすめです。
少し時間をおいてから、

「私もあの時実は〇〇って思ってました…」
「さっきは上手に助けられなくてすみません…」

など、連絡を入れるだけでOKです。

気にかけてくれたことが伝われば、嬉しい気持ちになりますよね!
LINEが続けば、2人の距離もグッと縮まるはずです。

④あなたも好意をアピールする

話しかけて欲しいサインは、あなたから好意をアピールするチャンス!
彼に話しかけるのはもちろんのこと、

「あなたのことが気になってます」
「あなたのことがもっと知りたいです」

とアピールすると効果的。
例えば、

・距離を縮めて話しかける
・さりげないボディタッチを入れる

などなど…。
男性からのサインを見逃さず、むしろチャンスをものにしましょう!

あなたが脈なしの場合


話しかけて欲しいサインを出されても、あなた自身が脈なしという場合もありますよね。
付き合う気がない男性からの「話しかけて欲しいサイン」は、どのように対処すればいいでしょうか。

ここでは、対処方法を3つ紹介します。

①さらっと会話して切り上げる

本当は話しかけたくないけど、どうしても会話が必要な時がありますよね。
相手が上司、先輩、気にかけるべき方の場合は、サインを無視するわけにもいきません…。

この場合は、なるべく明るい表情をせずさらっと会話を終わらすのがベスト!
淡々と用件だけを伝えたり、声のトーンを上げないよう意識したり。

相手に「これ以上会話を続けない方が良さそうだな…」と感じさせられればOKです。

②気がつかないフリをする

思い切って話しかけて欲しいサインを無視するのも1つの手段。

・なるべく彼に視線を向けない
・自分の視界に彼を入れない
・目の前のことに集中しているフリをする

など。
気づかないフリをすれば、彼を傷つけることもありませんよ!

③彼と2人きりで会話をはじめない

男性にとって2人きりの時間は「アピールタイム」です。
彼との関係を発展させるつもりがないなら、可能な限り2人きりになるのは避けましょう。

2人きりの時間を作ると、男性に「脈ありだ」と勘違いさせてしまう可能性もあります。
話しかけて欲しいサインが出ても、彼と2人だけの空間にいる場合は彼に期待を持たせない行動を意識しましょう!

話しかけてほしいサインを見逃さず、恋愛にいかそう!


話しかけて欲しいサインを出す男性は、少々シャイで内気な可能性が高いです。
積極的な男性であればわざわざサインを出す必要はありません。

つまり、サインの特徴や心理状態が分かれば、恋愛関係に発展しやすいと言えるでしょう。
サインを見逃さなければ、恋愛に生かせるはずです!

ぜひこの記事を参考に、気になる男性との距離をグッと縮めてくださいね!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
はみがき(ライター)
はみがき

自分らしく働く大切さを伝えたい!複業WEBライター

働く女性を全力で応援するWEBライター。ブライダル業界に5年勤務。20代前半に激務のこなした経験から、女性がもっと輝けるための「働き方」「ライフスタイル」の提案が得意。現在は、対人接客の経験を生かし「行動心理学」「心理カウンセラー」の資格勉強中。サウナとドラマが大好物。サウナ・スパ健康アドバイザーの資格を所持。

このライターの記事を見る