2021.10.31

テレワークに最適なモニターは?モニターにこだわるべき理由と選び方

テレワーク環境を整えるために重要なポイントのひとつである、モニター環境について紹介します。テレワークで使用するモニターにこだわることの重要性や、モニターの選び方について確認し、テレワーク環境を整えましょう。

モニターで作業効率が変わる


モニターを接続することで、いくつものツールを重ねずに表示できることが特徴です。
例えば、リモート会議に参加しながら資料を表示するといったことも可能になるのです。

さらに、メッセージ画面を表示しながら、別のツールで入力するといった作業も行えます。
従来は1つのツールを表示させる際、別のツールは最小化しなければなりませんでした。

しかし、モニターを接続することによって余計な動作をすることなく、スムーズにテレワークを行うことにつながります。

また、2画面を同時に見られる環境をデュアルディスプレイと呼びますが、3つのモニターを接続するトリプルディスプレイにするといった方法も有効です。

自分の仕事内容に合わせて、モニター環境を整えましょう。

モニターで目の疲れやすさが変わる


長時間テレワークをする際には、眼精疲労や体に負担がかからないようにすることが重要です。
パソコンにモニターを接続することによって大画面で仕事ができるため、眼精疲労を軽減する効果が期待できます。

さらに、大画面になることによって、画面に映し出される情報量も多くなります。
そのため、画面内を移動する回数も減り、作業効率が上がるでしょう。

また、繊細なデザインをしなければならない作業ではない場合には、ブルーライトカット機能があるモニターを使用するのもおすすめです。

なお、モニターの高さを調整できるタイプや、モニターをパソコンの上に設置できるものなど、商品ごとに特徴が異なります。

モニターは自分の目線の高さに合わせることによって、姿勢を正す効果が期待でき、腰痛や肩こりも予防できるでしょう。

テレワークで選ぶべきモニターは?


テレワークでは、どのようなモニターを使用するのが良いのでしょうか。
テレワークで使うモニターを選ぶ際の主なチェックポイントについて紹介します。

テレワークで役立つ大画面モニター


テレワークでは、大画面に情報を表示することによって業務効率を上げる効果が期待できます。
例えば、いくつものウィンドウを表示したり、ツールを同時に使ったりする時に非常に便利です。

さらに、メインモニターを複製したり、外部のモニターだけを表示したりといったことも可能になります。
環境や使用用途に適したモードに変更することによって、自分が作業をしやすい環境をつくれるでしょう。

パソコンのモニターはサイズバリエーションが多いですが、24~70インチのモニターは大きく、見やすいことがメリットであり、汎用性があります。

デスクのサイズが狭い場合には20インチほどの小さいモニターでも良いですが、大画面にこだわりたい場合には30インチ以上の大画面モニターの設置も検討しましょう。

描写クオリティの高いゲーミングモニター


ゲーミングモニターは、ゲームをする時だけではなく仕事と趣味の両方に使えることがメリットです。

ゲーミングモニターは価格が高いですが、描写クオリティが高く処理速度が速いためテレワークでも活用できるでしょう。

高性能なモニターを使いたい方や、趣味でゲームをするという方、デザインといった繊細な仕事をする方はゲーミングモニターを設置するのもおすすめです。

インターフェースが充実したモニター


テレワークでモニターを設置する場合には、モニターとパソコンを接続するインターフェースも確認しましょう。

インターフェースとしてはHDMI端子・DisplayPort端子・DVI端子・D-Sub端子などが挙げられますが、2つ以上の端子が付いているモニターを選ぶことがポイントです。

特にHDMI端子に関しては、様々なパソコンやAV機器、ゲーム機に使われている端子のため、HDMI端子があるモニターを設置するのがおすすめです。

関連記事

テレワーク環境を充実させるための周辺機器


テレワークをより効率良く行うために必要な、3つの周辺機器を紹介します。

Webカメラ


テレワークでは、SkypeやZoomといったビデオ通話でリモート会議を実施するケースが一般的です。

リモート会議で必須のWebカメラは、設定や接続に手間がかかるといったイメージがありますが、設定が不要で端子に挿すだけで簡単に使用できる商品も増えています。

パソコンにケーブルを接続するだけで使えるものであれば、テレワーク初心者でも簡単に使いこなせるでしょう。

高機能マイク


テレワークでは、自分や相手の声が聞き取りやすいよう、高性能なマイクも必須です。

ヘッドセットはスピーカーとマイクが付いていますが、高機能なものにこだわるのであれば、マイクとスピーカーは別で購入した方が良いでしょう。

雑音がなくクリアな音の高性能マイクは、テレワークのリモート会議に最適です。
さらに、ドライバーが不要でUSB接続で使えるマイクであれば、パソコンに差し込むだけですぐに使用できます。

マイクのなかにはドライバーをインストールしなければならないものもあるため、接続方法をしっかりと確認しましょう。

モニターアーム


モニターアームは、モニターの足の部分を外し、背面にネジで留めることによってモニターを固定する商品です。
モニターアームは、自分の目線の位置になるようにセッティングしましょう。

モニターアームは、安い価格のものを購入するとモニターが落下し、故障する可能性があるため、価格よりも耐久性や安全性に優れた商品を選ぶことが大切です。

テレワークは作業環境が命


テレワーク環境を整えることの重要性や、パソコン周辺機器を買い揃えるべき理由について解説します。

作業環境が整うとテレワーク効率が上がる


テレワークの導入によって通勤時間が短縮されたり、商談や営業に向かう移動時間がなくなったりと、リラックスした状態でマイペースに仕事を進められるメリットがあります。

近い将来、リモートワークはさらに進む可能性があるでしょう。
しかし、テレワークをする自宅はプライベートな場所であり、リラックスしすぎたり、これまで仕事をしてきた環境とは大きく異なるため作業効率が下がったりする方も多いです。

自宅でも会社で働いているのと同様、もしくは自宅でテレワークをすることによって業務効率が上がれば、周囲からの評価も高くなり、新しい業務を依頼されたり収入がアップしたりといった自分のキャリアアップにもつながります。

働く環境が変わるということは、自分のステップアップのきっかけであると捉え、テレワークの環境を整える必要があるのです。

モニターを買うお金は「投資」と思うべき


テレワークに集中できる環境を作ることは、キャリア面でもメリットが大きいです。
そのため、業務効率を上げるために周辺環境と作業環境を整えることは、投資だと捉えましょう。

例えば、モニターは高額ですが、1年以上使う場合、1日あたりの費用は数百円です。

テレワークで使用するモニターをはじめとした周辺機器は、1日当たりで換算すると数百円の費用で生産性を上げる効果が期待できるため、手軽に行える投資だといえるでしょう。

関連記事

適切なモニターでテレワーク効率を上げましょう


テレワークが推奨されたことで、今後は自宅で作業をする人が増える可能性が高いです。
「自宅だから」という理由でリラックスしすぎず、作業効率を上げて仕事をスムーズに終わらせ、プライベートな時間もしっかりと確保する必要があります。

また、長時間パソコンで作業することによる、肩こりや眼精疲労に悩む方も多いでしょう。

肩こりや眼精疲労が悪化すると、業務効率が下がるうえに、体だけではなく精神的にも悪影響を及ぼす可能性があるため、快適にリモートワークができるような環境を整える必要があります。

まずはテレワークに最適なモニターや周辺機器を揃えて、仕事に集中できる環境を整えることから始めましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ゆうき(ライター)
ゆうき

企業やクリニックのコラムを担当するフリーライター

大学を卒業後、商社で勤務。退職後、リモートワークをすべく文章を書く仕事を始めてみる。現在では動物医療のほか、法律、美容など幅広く取材・記事の作成を担当。

このライターの記事を見る