2021.04.26

彼と休日が違ってなかなか会えない♡忙しい二人のデート時間の作り方

なかなか休日が合わない、とお悩みのカップルは意外と多いもの。街ゆくカップルを見てため息をついた経験があるという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、仕事やプライベートが忙しい2人のために、デート時間の作り方をご提案!休日が違っても絆を強めるアイディアをお届けします。

デートはオフの日じゃなくてもOK


デートというと、お休みの日にするというイメージが強いかと思います。
ですが、デート=休日じゃなくてももちろんOK。

お仕事の前後や合間にデートをするというのも、楽しいものです。

仕事前に朝デート

仕事もプライベートも充実させたい、と考える方達の間で今話題なのが「朝活」。
始業前にスポーツや趣味、勉強などを楽しむ方が増えているんです。

朝早くから開いているカフェや24時間営業のジムなども実は数多くあるもの。
そんな場所で朝デートをすると、休日とはまた違った1日の過ごし方ができることでしょう。

また、休日の昼間と違ってどんな場所でも比較的空いていて静かなのもポイント。
朝から充実した時間が過ごせると、その後の仕事もはかどるかもしれません。

お昼休みにランチデート

彼と職場が近いという方におすすめなのは、ランチデート。
2人の職場の中間地点で待ち合わせをしてランチを楽しめば、午後からのお仕事も頑張れそうです。

ディナーよりもリーズナブルなのも、うれしいポイントですよね。

また、時間が限られている!と思うと重要な話や決断もサクサクできるもの。
旅行や引っ越しなどの計画を練っているカップルにもぴったりです。

職場が遠くて一緒にランチはできない、というときにはテレビ電話をつないでの「オンラインランチデート」もおすすめ。
たとえ少しの時間でもつながることで、2人の絆も強まることでしょう。

仕事終わりに夜デート

仕事終わりに合流しての夜デートは、大人の特権。
残業等で相手を待たせてしまう可能性がある、というときにはショッピングモールやカフェ、本屋さんなど時間がつぶせる場所での待ち合わせが安心でしょう。

彼とのデートのため、仕事を頑張って終わらせよう!という原動力にもなりますよね。
仕事終わりにはメイクを変えたり、アクセサリーを付け替えたりするとオフィスコーディネートもデート仕様になります。

片方だけが仕事の日には「おもてなしデート」を。

「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」が嬉しいおうちデート

あなただけ、もしくは彼だけがお仕事というときにおすすめなのはお相手のおうちで家事を引き受けるおうちデート。

仕事で忙しいパートナーに変わってお部屋を片付け、夕飯を作って待っていればお相手もきっと感激してくれるはずです。
朝から行ってお弁当を作り、「行ってらっしゃい」と見送るのも良いですね。

もちろん、自分が仕事のときにはお相手にしてもらえるよう交渉してみて下さい。

お相手の職場の近くで待ち合わせ

家事は苦手、という方や実家暮らし等でおうちデートは難しいという方におすすめなのは、お相手の職場の近くに足を運ぶデート。
ランチタイムや終業後に合流すると時間の無駄も無くデートをすることができますよ。

普段お相手が行っているお店を紹介してもらったり、穴場スポットを教えてもらったり。
職場の近くだからこそのデートも楽しめそうです。

有給や代休を使ってのんびりデート

有給取得日を彼と合わせる

働き方改革の一環で、有給も少しずつとりやすくなってきたという方も多いのでは無いでしょうか。

有給をとるときには、ぜひお相手とお休みを合わせてみて下さい。
丸1日楽しめる有給デートなら、彼との絆もぐっと強まるはずです。

イベントやスポーツの試合などを楽しみたい方にもおすすめです。

半休デートもおすすめ

有給を合わせるのはなかなか大変……というときには、午前休・午後休などの半休デートもおすすめ。

午前中、空いているお店でショッピングをしてみたり。
時にはお昼過ぎからお酒を楽しんでみたり。

プライベートも仕事もどちらも大切にしたいと考えるカップルにもぴったりですね。

時間を上手に使って、素敵なデートを!


特に休日が合わないカップルにおすすめの、デート時間の作り方をご紹介しました。
仕事や趣味等で忙しいカップルには、時間の確保というのは重要なもの。

ご紹介したデート時間の作り方のうち、1つでも参考になるものがあれば嬉しく思います。
ぜひ忙しい時にもデートを諦めず、彼との距離を縮めてみてください!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mochi_kinako(ライター)
mochi_kinako

インテリア・女性向け記事を中心に執筆するライター

SE、受付事務を経てライターに。着心地の良い服と、居心地の良いお部屋が大好きです。最近は和菓子にハマっています。

このライターの記事を見る