稼ぐ男からパートナーとして選ばれる!アラサー女子のモテ流儀

女の賞味期限は25まで、なんて話は過去のもの。最近では「女性が一番綺麗な時期はアラサー」という男性もいるほど、アラサー女子の需要が高まっています。モテるアラサーには一貫した「モテ流儀」があります。今回はアラサー女子ならではのモテるコツや思考法をご紹介します。

  1. アラサーでも関係ない!モテに必要な流儀とは
  2. 大人の魅力はアラサーの武器

アラサーでも関係ない!モテに必要な流儀とは


「本当にアラサーでもモテるの?」と思っている方もいるかもしれませんが、年齢に応じたモテテクニックを身に着けるだけで、アラサーでもアラフォーでも関係なくモテます。
1つずつ、モテ流儀を見ていきましょう!

年齢を自虐に使わない

年齢を重ねるごとに「もうアラサーだから…」なんて自虐に走る女性は少なくありませんが、モテるアラサーは年齢をネタにしません。
女性が自虐ネタに走った時、多くの男性が女性をフォローする言葉を言ってくれるでしょう。

しかしそのフォローは、男性の優しさや気遣いである反面、男性が気疲れを起こす原因でもあります。
自虐ネタを言わないアラサー女子はそれだけで「無駄なフォローをしなくてもいい、居心地のいい女性」だと男性から思われ好印象を持たれるのです。

相手に合わせた会話ができる

さまざまな経験を積んできたアラサーだからこそ、相手に合わせた楽しい会話ができる点は強みです。
仕事観についてもしっかり自分の意見が言える女性は「社会的に自立した女性」として、男性の目に魅力的に映ります。

また、会話の広げ方やまとめ方も心得ているので、男性の話をうまく聞きだし、上手に盛り上げることができるでしょう。
会話が楽しい女性は年齢関係なく男性から「もっと話したい」と思われ、次のデートに繋がりやすくなります。

ネガティブなところを人に見せない

モテるアラサー女子は、自分のネガティブなところを気安く人に見せません。
その理由はプライドが高いからではなく、ネガティブをポジティブに変える強さを持っているためです。

そのため、職場の愚痴や家族の文句をペラペラしゃべるのは絶対NG!

おしゃべりが過ぎる女性は男性から「軽薄な人」と思われやすく、パートナー候補から落選してしまいます。
もちろん本当に困っている場合は誰かに相談するべきですが、回数や相手の状況などを考慮することは忘れないようにしましょう。

男性に依存しない

若いころは「可愛い」と評される恋愛体質でも、大人女子がモテるためには不要なものです。
特に、自分で稼ぐ力を持っている男性ほど、自分の財力や能力を当てにしない、凛とした女性を求めています。

大人同士の恋愛だからこそ、べったり依存した関係性ではなく、お互いが自立した関係性を求める男性は少なくありません。
経済的自立はもちろん、恋愛以外に打ち込める趣味などを持っている女性は男性から「余裕がある」と思われ、つい追いかけたくなる存在です。

年齢に適した選択ができる

「若々しくいたい」と努力することは大切ですが、それは若いころのセンスを持ち続けることではありません。
年齢に応じた言動を心がけることはもちろん、メイクやファッションも大人のセンスを磨くよう意識しましょう。

いくつになっても、年齢に応じた言動ができ、ファッションを楽しんでいる女性は素敵です。
若さにしがみつくことをせず、今この瞬間を楽しんでいる等身大のアラサー女子ほど、男性から「頭が良い」と思われ選ばれています。

大人の魅力はアラサーの武器


女性の魅力は若さだと決めつけ諦めてしまう女性は多いですが、稼ぐ男性ほど洗練された大人の魅力を持つアラサー女子を選ぶ傾向にあります。

素敵なパートナーと巡り合うためにもモテ流儀を身に着け、大人ならではの魅力を武器に恋愛を楽しみましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ごとうゆき(ライター)
ごとうゆき

漫画やアニメ、小説が大好きなアラサー。実は握手会に通うほどのアイドルオタク。恋愛ネタも大好きで、学生時代は彼の心を把握したい一心で心理学を専攻した経験あり。