かっこいい女性の仕事一覧!尊敬される職業の条件&転職方法とは?

かっこいい仕事に就いてバリバリ働く女性は素敵ですよね。しかし、具体的に「女性が就くとかっこいい仕事」とは、どのような職業を指すのでしょうか?この記事では女性のかっこいい仕事を紹介します!

  1. 女性が就くとかっこいい仕事の条件
  2. 専門知識が活かせてかっこいい女性の仕事
  3. 華やかでかっこいい女性の仕事
  4. 尊敬されるかっこいい女性の仕事
  5. 未経験でも就けるかっこいい女性の仕事
  6. 仕事中に「かっこいい」と思われる女性の特徴
  7. 自分に合ったかっこいい仕事に転職する方法
  8. かっこいい仕事に転職したい時の注意点

女性が就くとかっこいい仕事の条件


そもそも、かっこいい仕事とはどのような仕事なのでしょうか?
まずは女性が就くとかっこいい仕事の条件をチェックしていきましょう!

責任が大きい


人の命に関わったり、その人が抜けることで仕事がストップしたりするような「責任ある仕事」をしている女性はかっこいいですよね。

重たい責任を背負う必要がありますが、そのプレッシャーに打ち勝って仕事に挑む姿勢こそかっこいいと評される理由でしょう。

また、当然責任があるぶん社会的地位も高くなるので、周囲からも信頼されます。
責任が求められる仕事はテレビドラマや映画の題材に取り上げられることも多く、人から憧れられる仕事です。

男性と肩を並べて働ける


男女の体格差によりどうしても同等の仕事が難しいシーンもありますが、男性と女性が対等に働ける職業も「かっこいい仕事」といえます。
特に男性が多い環境下でバリバリ仕事をこなす女性は「デキる女」感があって素敵ですよね!

女性が少ないぶん心細いこともあると思いますが、そこに屈することなく仕事をする姿は誰が見てもかっこいいです。

年収が高い


お金だけが全てではありませんが、年収の高さはかっこいい仕事を判断するうえで一つの目安となります。

年収が高い職業はそれだけ責任が重かったりハードワークだったりするため、かっこいい仕事だといえるでしょう。
特に女性は男性に比べると年収が低い傾向にあるので、男性と同じかそれ以上の賃金を得ている女性はたくましい印象を抱きます。

制服が素敵


華やかな制服やきっちりとしたスーツに身を包んで働く仕事も、周囲からはかっこいいと羨ましがられるでしょう。

服装に指定がある職業は比較的人の目につく仕事が多いため、多くの人からかっこいいと思われますよ!
また、かっこいい制服を着て行う仕事は子どもたちにとっても憧れです。

「自分も将来同じ仕事に就きたいな」と目をキラキラさせた子供から、声を掛けられたり手を振ってもらえたりと嬉しいサプライズもあるかもしれません。

簡単にはなれない


難関試験に合格しないと就けない仕事や、生まれつきの才能を活かした仕事など、誰でも簡単に就けるわけではない仕事も特別感がありかっこいいです。

努力や苦労を経て仕事をしていることが容易に想像できるため、必然的に周囲から「努力家なんだな」と思われ尊敬を集めるでしょう。

また、そういった仕事の中には専門学校や大学を卒業しなければ就けない仕事も多く、その仕事で活躍できているということは子供のころからの夢を叶えたという実績にもなります。

専門知識が活かせてかっこいい女性の仕事


武器となる専門知識を身に着け、バリバリ仕事をこなす女性はかっこいいですよね。

ここでは、女性が就くとかっこいい専門的な仕事を5つご紹介します。

医療関係


医師や看護師、獣医師など誰かの命や健康に関わる仕事です。
仕事をすることで人や動物が救われるのですから、とてもかっこいい仕事ですよね!

医学の知識が求められるのはもちろん、患者さんやその家族と会話をすることも多く、知識、技術、コミュニケーション能力などあらゆるスキルが求められます。

社会的地位や年収の高い仕事ですが、その代わりに責任が大きくハードな一面も多いので、単に周囲の視線やお金のためだけに目指せる職業ではないところも「かっこいい」と言われる理由です。

弁護士


依頼者の代理人として主張をし、弁護をする仕事です。
なお裁判で弁護することだけが弁護士の仕事ではなく、当人同士では解決しないトラブルを話し合いにより解決させることも仕事内容に含まれます。

法科大学院にて勉強し、難関といわれる司法試験に合格しないと就くことができない仕事のため、弁護士は男女ともにかっこいいと憧れられる職業の一つでしょう。

特に女性弁護士は全弁護士の20%にも満たないといわれているので「少数派のエリート女性」であることは間違いありません。

通訳者


相手が話した言語を、もう一方の相手の言語に訳して伝える仕事です。
異なる言語を使うもの同士が意思疎通する際には欠かせない存在で、ビジネスや観光シーンなどニーズは多岐にわたります。

最低でも2か国語以上はマスターする必要があるほか、聞こえた言葉を即座に訳す必要があり、高い語学力はもちろんセンスや経験も問われるかっこいい仕事です。

自分が言葉選びを間違えれば他者の関係にヒビを入れてしまう可能性もある責任重大な仕事ですが、誰かのコミュニケーションをサポートするやりがいは通訳者でなければ味わえません。

税理士


節税のアドバイスをしたり、依頼者の代わりに税金の申告を行ったりと、税金に関する悩みを解決に導く仕事です。

税理士になるためには、受験資格を得てから税理士試験に合格し、そこからさらに税理士事務所などで2年以上の実務経験を積む必要があります。

非常に難易度が高く、就くまでに時間もお金もかかる仕事ですが、だからこそ一度身に着けた知識は一生の役に立ちますよ!

平均年収以上の賃金を貰える傾向にあるため「経済的に自立したかっこいい女性」を目指す人からも人気があります。

一級建築士


住宅はもちろん、商業施設や学校などあらゆる建造物を設計する仕事です。

現時点では男性の方が多い仕事ではありますが、近年は女性でも目指す人が増えており一級建築士試験の女性合格率は年々高まっています。
建造物の設計は人々の暮らしを豊かにすることにも繋がるため、とてもやりがいのある仕事でしょう。

また、建築業界は時に残業も辞さないハードな仕事。
そんなハードな仕事にも耐えられる体力、精神力がある女性は、強くてかっこいいですよね。

華やかでかっこいい女性の仕事


華やかさとかっこよさの両方を兼ね備えた仕事は、全女性の憧れといっても過言ではありません。
そんな多くの女性が憧れる仕事を5つ厳選しました。

キャビンアテンダント


客室乗務員と呼ばれることもあるキャビンアテンダントは、お客様の空の旅をサポートする仕事です。
「容姿端麗」「才色兼備」などのイメージが強く、美しくてかっこいい女性の仕事という印象がありますよね。

可愛らしくも上品なキャビンアテンダントの制服に、一度は憧れた女性も多いのではないでしょうか?

各国を飛び回る体力、お客様への気遣いが求められるキャビンアテンダントは、数あるサービス業の中でも最高ランクの接客を求められる尊い仕事です。

美容関係


美容師やネイリスト、アイリスト、美容部員など、美容に関する知識と技術を身に着けた仕事も、かっこいい仕事の代表的存在。

自分の技術で誰かを大きくイメージチェンジさせる経験は、美容に携わる仕事でしか味わうことができません。
自分のお客様=自分の技術を認めてくれたファンであり、成果が目に見えるところもポイントです。

雇われのうちは年収が低いケースも多いですが、ゆくゆくは独立開業することもでき、夢がある仕事といえます。

秘書


上司や依頼者の仕事がスムーズに進むようスケジュール管理をしたり、来客対応をしたりする仕事です。

業務内容は多岐に渡るため、コミュニケーション能力やホスピタリティはもちろん、最低限のパソコンスキル、語学力など、オールマイティな才能が求められます。

万能な女性しか就くことができない仕事と言い換えると、とてもかっこいい響きですよね!
また、社員として企業に勤めるだけでなく、フリーランスとしても需要があり、将来的には独立できる仕事が良いと考えている女性にもおすすめです。

アナウンサー


エンタメ系の話題からシリアスなニュースまで、さまざまな情報をお茶の間に届ける仕事です。

次々に飛び込んでくる新しいニュースにも柔軟に対応する適応力や長時間の取材にも耐えられる体力、人を惹きつける笑顔などアナウンサーにはさまざまなスキルが要求されます。

複雑な政治問題にも受け答えできるだけの知能と、多くの人から愛されるキャラクター要素を持っていなければ就くことができないアナウンサーは、多くの人が憧れるかっこいい仕事といえるでしょう。

ウェディングプランナー


お客様の理想の結婚式をプランニングする仕事です。
具体的な式内容を考案することはもちろん、式当日までの準備や管理も担当する「結婚式の総合サポーター」的存在。

結婚式はお客様にとってかけがえのない思い出となるものなので、責任感やプレッシャーのある仕事ですが、だからこそ大きな達成感が得られるかっこいい仕事です。

人を喜ばせることが好きな人や、誰かと感動を分かち合える仕事がしたいと考えている人にはまさにぴったりの仕事でしょう。

尊敬されるかっこいい女性の仕事


この項目では、かっこいい仕事の中でも「すごい!」と尊敬されるような仕事を集めました!

警察官


かっこいい仕事といえば、市民の安全を守る警察官を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

男性が多いイメージの警察官ですが、近年は女性が持つ優しい心遣いや感性が警備や事件被害者サポートに生かされるとして、警察庁は女性の採用にも力を入れています。

ただし、男女ともに警察官になるには身体的要件を満たす必要があり、女性の場合は身長約154cm以上、体重約45キロ以上であることが条件です。

自衛官


国の防衛や災害派遣などを任務とする仕事です。

たとえ女性であっても自衛官になれば厳しい訓練をこなせる身体能力、過酷な現場にも対応できる精神力が求められ、心身共にキツい仕事であることは間違いありません。

しかし、それでもやりがいや信念をもって職務を全うする姿はかっこいいですし、だからこそ国民から尊敬や感謝の気持ちが集まります。

本人希望や能力次第では、過酷なパイロットや潜水艦乗りなどの仕事にも就くことができ、男女差がほとんどないところも魅力です。

デザイナー


ファッションデザイナーやWebデザイナー、DTPデザイナーなど、デザイナーと一口に言ってもさまざまな職種があります。
しかしどの職種でも、商品のデザインを考案し形にしていく点は同じであり、自分の知識やセンスが試されるかっこいい仕事です。

単に自分の好きなデザインばかりしていればいいというわけではなく、時代の流れを読み、デザインを見た人のニーズを満たせる作品を生み出さなくてはいけません。

また、デザイナーのようなクリエイティブな仕事は経験や性別に縛られない自由な働き方が積極的に取り入れられているので、未経験の女性でも活躍できるチャンスがあります。

メディア関係者


テレビ局の社員や雑誌編集者など、メディアと深く関わりのある仕事もかっこいいイメージがありますよね。

たとえ裏方業務を担当したとしても、自分が作った番組や雑誌が多くの人の目に触れるという経験は、何にも代えられない達成感があるでしょう。
また、裏方業務ばかりの下積み時代を経て大活躍できる可能性もあり、夢のある仕事です。

教職員


大学教授や小中高の先生など、生徒に勉強を教える仕事です。
学生において「先生」の存在はとても大きく、中には学生時代に素敵な先生に出会ったから自分も教師になった…なんて人も少なくありません。

ただし、生徒から「かっこいい」「すごい」と尊敬される先生になるためには、単に頭が良いだけではなく勉強を上手に教える能力、生徒から信頼される人間力が必要となります。

時には手を焼く生徒も現れるので、粘り強く生徒に向き合える「強い気力」を持つ人ほど、教職員に向いているといえるでしょう。

未経験でも就けるかっこいい女性の仕事


「かっこいい仕事は専門知識が必要」だと考え諦めてしまう女性もいますが、実はそんなことありません!

ここからは経験がない女性でも就ける、かっこいい仕事をお伝えします。

エンジニア


コンピューターのシステム開発や、ネットワークに関する設計や構築をする仕事です。

専門言語を使ってプログラミングを行うため「初心者には不可能」というイメージが強いですが、実は未経験可の求人も多くやる気さえあれば採用されるケースもあります。

もちろん仕事に就いた後はしばらく勉強漬けの日々が続きますが、身に着けた技術は一生ものとなるため女性にも人気の仕事です。

男性エンジニアに比べ女性エンジニアはそれほど多くないため、かっこいいと憧れられるでしょう。

営業職


自社の商品やサービスを売り込む仕事です。
自身のトーク力やコミュニケーションスキルを活かして活躍する女性営業は、活き活きしていてかっこいいですよね!

特に女性は相手に共感する能力が高く聞き上手な人が多いため、営業に向いているといわれています。

成果が数字となって現れるシビアな世界ではありますが、成果に応じてインセンティブが用意されていることが多く、頑張り次第で大幅な年収アップも夢ではありません。

ガテン系


土木業や建設業など、パワーと体力を駆使して働く仕事のことです。
もともと男性が多い仕事ではありますが、だからこそ男性の中に混ざって働く女性は周囲からかっこいいと思われます。

中でも大型トラックのドライバーは女性にも人気で、大きなトラックを女性1人で動かす姿は同性から見ても素敵ですよね!

また、近年ではガテン系の職業でも女性の採用に力を入れている会社が多く、女性専用の更衣室やシャワールームが備えられているケースも少なくありません。

マーケター


市場調査や商品の企画、広告宣伝など、商品が売れる仕組みを作る仕事です。

顧客のニーズを敏感に汲み取り、他社商品とどうすれば差別化できるのか、どうすれば商品を広く知ってもらうことができるのかを考えます。

マーケターに最も必要なスキルはアイデアを生み出す力や柔軟な思考力であり、それさえあれば未経験の女性でも十分に活躍できる可能性がありますよ!
データ分析などの業務も多いため、数字に強い女性は特におすすめです。

経営者


自分で会社を立ち上げ経営者として活躍している女性も「自立した大人の女性」感がありかっこいいですね。

周囲がイメージするキラキラ感とは裏腹に、実際は不安やプレッシャーも大きい仕事であるため、強いメンタルを持った女性でなくてはいけません。

しかし、起業という行動に制約はないため、アイデア次第では誰でも経営者になることが可能です。

仕事中に「かっこいい」と思われる女性の特徴


残念ながら、いくらかっこいいと言われる仕事に就いても、仕事のやり方次第では「かっこ悪い人」と思われてしまうケースがあります。

ここでは、かっこいいと思われる女性の仕事術についてお話しましょう。

プライドを持って仕事をしている


プライドと責任を持ち真摯に業務に取り組む女性は、どんな仕事をしていてもかっこいいです。
反対に、どれほどかっこいい仕事に就いていても、怠惰な姿勢で仕事をしている女性は魅力的ではありません。

周囲からかっこいいと憧れられるような仕事にも、地味な業務や苦痛に感じる業務はあります。
それらの業務にも手を抜かず、真面目に取り組める女性は周囲からも一目置かれるでしょう。

自分の仕事を極めている


何事においても、一つのことを極めている女性はかっこいいと尊敬されます。
その中でもかっこいい仕事を極めた女性は、ことさら素敵ですよね!

仕事を極めている人は、仕事術に努力や工夫が垣間見えるからこそ人を惹きつけます。
いきなりオールマイティに極めるのは難しくても、自分が得意な業務のスキルを磨くことで、どんどん動きや思考が洗練されていくはずです。

制服やスーツを着こなしている


制服やスーツが似合っている女性はかっこよく、周囲の目を引きますよね。
本当にデキる女性ほど、仕事だけでなく見た目にも手を抜きません。

制服やスーツが似合うようにダイエットをしたり、ビジネスシーンに適したメイクを研究したりと、自分磨きも怠らないようにしましょう。
また、身近に素敵な女性がいる場合は、その人のファッションやメイクをこっそり真似してみるのもおすすめ。

身なりをキチンと整えることで気持ちも切り替わり、仕事への取り組み方も変わるはずです。

決断力があり頼りになる


かっこいい仕事をする女性は、自分で考えて答えを導き出すことができます。
決断力がある人は人を引っ張る力を持つので、リーダーや管理職などに昇進するチャンスもありますよ!

決断力を養うためには、小さなことでもいいので「決断経験」を積むことが大切です。

自分で決断し成功する体験を重ねることで次第に自信がつき、大きな決断を下すことができるようになります。

大きな決断に迫られても物怖じしない女性は周囲から頼りにされ、かっこいいと思われるでしょう。

人を頼ることもできる


かっこいい女性というと、誰にも頼らずに仕事を完遂させられるイメージがあるかもしれません。

しかし本当にかっこいい女性ほど、上手に人を頼り円滑に仕事を進めます。
なぜなら、頭のいい女性は「周囲と協力しながら仕事を進めたほうが効率的である」という仕事の本質をしっかり理解しているから。

普段から周囲の人と持ちつ持たれつの関係を築くことで、本当のピンチが訪れた際も協力を仰ぎやすくなります。

自分に合ったかっこいい仕事に転職する方法


かっこいい仕事に興味を持つくらいなので、中には本格的に転職を検討している人もいるでしょう。

ここからは、自分に合ったかっこいい仕事に転職する方法を紹介します。

自分の強みや得意なことを洗い出す


人にはそれぞれ「強み」と「弱み」があります。

いくらかっこいい仕事でも、自分が苦手とするジャンルの仕事に就けば、毎日働くのがつらくなってしまうでしょう。
そのため、まずは自分の強みを把握し、才能が生かせる仕事を見つけることが大切です。

得意分野がすぐに思いつかないという人は、まずは自分の趣味や好きなものを思い浮かべ「やっていて苦にならないこと」「人から褒められた経験があること」を連想させると強みが見つけやすくなります。

仕事をする上で大切にしていることを考える


仕事において重要視するポイントは人それぞれ。
「お金はそこそこでいいから残業したくない」という人がいれば「とにかくお給料のいい会社が理想」という人もいて、正解はありません。

自分が重要視しているポイントからズレた仕事に就いてしまうと、入社後のギャップに苦しむこととなるため、あらかじめ自分の「譲れないポイント」を洗い出しておきましょう。

自分の中で理想の仕事や働きたい会社のイメージをしっかり固めておくことで、判断に迷うことがなくなり自分に合った仕事を見つけやすくなります。

たくさんの情報に触れる


この記事でもかっこいい女性の仕事をいくつか紹介しましたが、紹介しきれなかったかっこいい仕事はまだまだたくさん存在します。

そのためまずは求人媒体やネット、友人の口コミなどから、仕事にまつわるさまざまな情報を収集することが第一歩。

「自分には関係のない仕事」だと最初から見切りをつけるのではなく、多くの情報に興味深く耳を傾けることで、本当に適した「目指すべき仕事」が見つかるはずです。

必要な場合は資格を取得する


目指すべき仕事が見つかり、その仕事に就く際に資格があったほうが有利な場合は、資格の勉強を始めてみましょう。

いざ勉強してみて「違うな」と思えば、勉強をやめて方向転換すればいいだけなので難しく捉える必要はありません。

資格取得のための勉強はその仕事に向いているかどうかを確かめる適性試験です。
楽しく勉強が続けられる場合は、そのまま資格取得を目指してくださいね。

熱意を持って転職活動をする


実務経験がある場合は別ですが、中には未経験の状態で転職活動をするケースもあるでしょう。
そんな時こそ大切なのは「熱意」です。

企業は即戦力となる人材を欲しがっていますが、実務経験者と同じくらい意欲的に働ける人材を求めていることも事実です。

かっこいいという憧れを持った時点で熱意はあるはずなので、あとはその熱意を上手に伝えてください。

かっこいい仕事に転職したい時の注意点


かっこいいなと憧れる気持ちは転職の原動力になりますが、ただ気持ちに任せていきなり転職してしまうのはとても危険なことです。

最後は、かっこいい仕事に転職したい時の注意点を確認しましょう。

そもそも実現可能な仕事なのか


今から何年間も勉強したり、資格取得に高額な費用がかかったりする仕事への転職は、現実的に考えて難しいでしょう。

そのため、かっこいいと思える仕事が見つかったらまずは「本当に就業可能な仕事なのか」をよく考えることが大切です。

仕事に就くために発生する期間や費用、満たすべき身体的要件の有無など、職業情報を細かく確認することで転職の実現可能率を判断できます。

本当に働きたいと思っているのか


「憧れる気持ち」と「目指す決意」は全くの別物です。
かっこいい仕事に就くことをゴールにするのではなく、かっこいい仕事に就いた後どのように働きたいのかを意識しましょう。

転職後の自分の姿を具体的に想像できない場合は、もしかするとただ憧れているだけで心から働きたいと考えているわけではないのかもしれません。

自分はなぜかっこいい仕事に就きたいのかをじっくり考え、後悔のない選択をすることが大切です。

良いイメージだけを見ていないか


かっこいい仕事はメディアでも頻繁に取り上げられ、良い部分だけがフィーチャーされがちです。

しかし実際は、改善すべき部分や悪習が存在する場合もあるため、目指すべき仕事の業界リサーチは徹底的に行いましょう。

今の時代は、ネットで簡単に仕事内容や業界の文化などを調べることができるので、実際に働いている人の声にたくさん触れ、知識を吸収してくださいね。

転職後すぐに安定できる仕事なのか


いくらかっこいい仕事でも、不安定な仕事に転職するのは考えものです。
「見習い期間は給料なし」「長時間残業は当たり前」などの文化が根強く残った、生活が成り立たなくなる危険性がある仕事への転職はおすすめできません。

生きていくうえで、ある程度のお金やゆとりのある時間は必要不可欠です。
仕事のかっこよさだけを優先させるのではなく、その仕事に就いた後の生活のことも具体的にイメージしておいてくださいね。

かっこいい仕事をするためには、どんな仕事に就くかはもちろん、どのように仕事をするかもポイントになります。

この記事を参考に、ぜひ周囲から「仕事をする姿がかっこいい」と思われる女性になってくださいね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ごとうゆき(ライター)
ごとうゆき

漫画やアニメ、小説が大好きなアラサー。実は握手会に通うほどのアイドルオタク。恋愛ネタも大好きで、学生時代は彼の心を把握したい一心で心理学を専攻した経験あり。