マスクによる肌荒れの予防・対策のコツ!目指せすっぴん美人♡

マスクを使うと蒸れたり擦れたりして肌が荒れてしまう。そんな女性は多いと思います。着けたくなくても、花粉や風邪でマスクを着用する機会は沢山あるものです。今回はマスクによる肌荒れに悩む女性のために、予防・対策のコツをまとめました。マスクをとってもすっぴん美人でいたい女性、必見です!

マスクで肌が荒れる理由

まずマスクによる肌荒れの予防・対策についての前に、そもそも何故マスクで肌荒れが起こってしまうのか考えてみましょう。

マスクの蒸れ

マスクをつけると蒸れているのを感じることがあると思います。
マスクの中は高湿度なのでアクネ菌をはじめ雑菌が増えやすく、ニキビや肌荒れといった問題が起きやすいのです。

マスク着用時の摩擦

着けはずしの時に肌とマスクの繊維がこすれて摩擦がおこり、肌への刺激となります。
肌への刺激は肌荒れの原因の1つです。

マスク繊維からの刺激

ウレタンやシルクなど様々な素材がありますが、ものによっては肌に合わず刺激を与えてしまいます。
また洗える素材のマスクだと、洗剤が残ってしまい肌への刺激となる場合もあります。

乾燥

マスクを外すときにマスク内部の湿度が一気にさがり、一緒に肌の水分も奪われてしまいます。
またマスクと皮膚がすれて皮脂がとられてしまい、肌の皮脂量が下がることもわかっています。
マスクをつけると一見蒸れて湿度が高いと思いがちですが、一方で乾燥しやすい状態にもあるということですね。

マスクによる肌荒れの予防・対策のコツ

さてここからが本題です。
マスクによる肌荒れの原因がわかっていますから、それを防ぐ手筈をとっていきましょう。

とにかく保湿!

上記のマスクによる肌荒れの原因をみるとわかる様に、とにかく肌への刺激を与えないように工夫する必要があります。
肌を守るために、いつもより保湿を意識しましょう。
保湿効果の高いクリームを使う、肌とマスクがあたるところにはうすくワセリンを塗るなど、肌に刺激をあたえないことが重要です。

こまめに汗をふきとる

マスクの中は湿度が高く雑菌の温床です。
こまめに汗をふきとって雑菌の繁殖を防ぎましょう。
ふき取った後は、保湿対策をしてからマスクを着用するとなお良いです。

マスクの素材をかえる

保湿に気を使いこまめに汗を拭きとっているのにも関わらず肌荒れがおさまらない...
そんな時はマスクの素材が肌に合ってない事も考えられます。
マスクの素材を変えてみましょう。
ガーゼや100%コットンの柔らかく吸湿性のよい素材のマスクだと、肌荒れが改善することもあります。

また肌が弱い人は天然素材のガーゼやシルクもおすすめです。
どんな素材のものでも、洗剤がのこらないようにしっかり洗ってくださいね。

メイクは薄く

がっつりメイクに蒸れたマスク、まさに雑菌の温床です。
雑菌の繁殖を防ぐために、マスクをする時は薄めのメイクを心がけてください。

メイクをするなということではありません。
保湿という観点でもマスク焼けを防ぐ意味でも日焼け止めはしっかり塗り、薄くメイクをした方が良いでしょう。
メイクをした肌は雑菌が繁殖しやすいですから、こまめに汗をふきとることを忘れないでくださいね。

それでも改善しないなら...

上記を試してそれでも肌荒れが解決しないなら、薬局で肌荒れ・ただれ・ニキビ等の治療薬について相談してみましょう。
また症状が長引く、ひどいようであれば皮膚科で見てもらってください。
痕に残さないためにも、肌トラブルは素早く治す必要があります。

まとめ


いかがでしたか。
マスクを着用すると、思いもよらない肌トラブルがおこりがちです。
マスクによる肌荒れの予防・対策のコツを意識して、いつもきれいなすっぴん美人を目指したいですね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
レイトン愛加(ライター)
レイトン愛加

ブラジル在住ライター。趣味は読書と遺跡巡り。フリーランスライター活動をしながら、本業の経理職でのキャリアアップを目指し勉強の日々。