ベッドのカップルおすすめサイズは?ベッド選びで注意すべきポイント

「カップルにおすすめのベッドサイズが知りたい!」同棲前のカップルの大きな課題といえば、ベッドサイズ。この記事では、カップルにおすすめのベッドのサイズをご紹介します!また、ベッド選びで注意すべきポイントもお伝えしますよ!

  1. カップルにおすすめ!最適なベッドサイズとは?
  2. 間取りで考える!カップルにおすすめのベッドサイズ
  3. 大切なベッド選び!カップルでシングルやセミダブルはNG?
  4. カップルがベッド選びで注意すべきポイント3つ!
  5. 最適なベッド選びは仲良しカップルの秘訣

カップルにおすすめ!最適なベッドサイズとは?


結論から言うと、カップルにおすすめのベッドサイズは「ダブルサイズ以上」です。
なぜなら、ダブルサイズ以上が「2人用」のベッドサイズだからです。

ダブルサイズは、大人2人が眠るのに丁度いいサイズ。
クイーンやキングサイズは、ダブルサイズより余裕のあるサイズ感です。

「なんとなくわかっているけど、ベッドサイズってどんな差があるの?」と思う方も多いでしょう。
ベッドサイズには、横幅の広さに違いがあります。

ベッドサイズ表

  • シングル:横幅97cm/1人用
  • セミダブル:横幅120cm/1人用
  • ダブル:横幅140cm/2人用
  • クイーン:横幅160cm/2人用+a
  • キング:横幅180cm以上/2人用+a

「セミダブルでも十分!」と思う方も多いかもしれませんが、セミダブルは、1人用のベッドサイズ。
大人2人が眠るのに、十分なサイズ感とは言えません。

そのためカップルには、2人用のベッドサイズがおすすめ。
「快適な睡眠時間を確保したい」と考えているカップルこそ、余裕のあるベッドサイズを選びましょう。

間取りで考える!カップルにおすすめのベッドサイズ


部屋の広さによって、置けるベッドのサイズも限られますよね。
ここでは、部屋の間取りからおすすめのベッドサイズをご紹介します。

1K〜1LDK

1K〜1LDKの間取りのカップルは、最低でもダブルサイズをチョイスしましょう!

これから同棲を始めるカップルは、ベッドサイズも考慮した物件選びがおすすめです。

部屋のスペックや、住む土地ももちろん大切。
しかし睡眠は、人間とってかなり大切なリフレッシュ時間です。

お互いが満足できる同棲生活にするために、理想のベッドサイズが置ける物件を選びましょう。

ただし、部屋の広さによってはダブルサイズを置くスペースがない場合も。
その場合は、少しでもストレスが少ないベッドを選びましょう。

2LDK以上なら

2LDK以上なら、ダブルサイズだけでなく、クイーン・キングサイズも問題なし!
クイーンやキングサイズは、ダブルベッド以上に余裕のあるサイズ感なので、大人2人がゆったり睡眠を取れます。

また、間取りに余裕があるカップルは、シングルベッドを2つ並べてみるアイデアも。
シングルベッドなら、お互いの寝るスペースが確保されるため、相手の動きが気になりにくいです。

大切なベッド選び!カップルでシングルやセミダブルはNG?


「カップルなら、セミダブル位でも大丈夫じゃない?」
「シングルサイズでも、全然眠れる!」

そう思う方も多いでしょう。

しかし、狭すぎるベッドサイズがおすすめできないのには理由があります。
ここでは、その理由を徹底解説します。

ぜひ、ベッド購入前に確認してみて下さいね♪

寝心地が悪く、快適な睡眠につながらないから

ベッドが狭すぎてしまうと、快適な睡眠につながりません。

例えば、夏場は2人の距離が近すぎてしまい、暑苦しく感じてしまうことも。
狭すぎると、寝返りも満足に打てません。

短い期間なら我慢できますが、長期間狭いベッドでの睡眠が続くとストレスの原因にも。

さらに、寝心地が悪い状態が続いてしまうと、脳自体も休まりません。
「たくさん寝たはずなのに、なんだか眠った感じがしない」と感じたら、脳が眠れていない証拠!

現在、小さいベッドで眠っているカップルは要注意です。

喧嘩になる可能性があるから

狭すぎるベッドが原因で、満足のいく睡眠がとれず喧嘩に発展してしまうことも。
睡眠不足が続くと、ストレスが溜まり小さいことでもイライラします。

せっかく一緒に暮らすなら、喧嘩の原因は取り除いておきたいですよね!

一方で、「少し狭い方が相手と距離が近くて嬉しい!」というカップルもいます。
もちろん、お互いの満足度が高ければ問題ありません。

しかし、どちらかの我慢が続いてしまうと喧嘩の原因になりかねません。

ベッドは一度購入したら、なかなか手放しにくいもの。
後悔しないベッド選びが必要です。

そもそも体に悪影響だから

ベッドが狭い状態で睡眠をとると、体がしっかりリラックスできません。
手足が思うように伸ばせなかったり、寝返りが打てなかったり。

狭すぎるベッドでの睡眠は、実は体にかなり悪影響。
お互いの健康のためにも、余裕のあるベッドサイズを選ぶべきです!

カップルがベッド選びで注意すべきポイント3つ!


ベッド選びで重要なのは、二人が快適な睡眠時間を作れるようにすること。
そのためには、ベッド選びの前にお互いを知っておく必要があります。

お互いのことが理解できていれば、快適な睡眠時間を作り出せるはず。

ここからは、カップルがベッド選びで注意すべきポイントをご紹介します!

お互いの生活リズム

ベッド選びでまず注意しておきたいのが、お互いの生活リズム。

どちらかが朝早い、夜遅いなど。
寝る時間や起きる時間がバラバラなカップルは要注意。

お互いの生活リズムを把握せずベッドを購入してしまうと、

「相手が起きると起きてしまう」
「相手がベッドに入ってくると、目が覚めてしまう」

など睡眠不足の原因に。

ベッドサイズに余裕があれば、どちらかが起きてもそこまで気になりませんよね!

生活のリズムが異なるカップルであれば、

  • 大きめのベッドサイズをチョイスする
  • シングルを2つ並べる

など、ベッド選びに工夫が必要です。

寝る前のルーティン

寝る前のルーティーンをしっかり把握できていますか?
人によっては、この作業がないとしっかり睡眠が取れないという人も。

例えば、

  • 寝落ちするまで読書する
  • ギリギリまで、音楽をきく

など。

理想は、どちらかが寝ていても、相手の行動が気にならないベッドを選ぶこと。
かなりハードルが高く聞こえますが、それほどベッド選びは特別です!

一緒に暮らすことで、なるべくストレスを感じにくい環境づくりを意識しましょう。

睡眠中のくせ

睡眠中、自分のくせってなかなか把握できていないですよね。

例えば

  • 寝相
  • 寝返り
  • いびき
  • 歯ぎしり

など。

ベッド購入前に、お互いが自分の寝ている時のくせを把握しておきましょう。
また、暑がりか寒がりかという点も把握しておくといいですね!

ベッドの広さで解決できる問題であれば、余裕のあるサイズ選びが大切です。

また、

  • 毎日同じベッドで眠っても苦痛じゃないか
  • ストレスが溜まらないか
  • 自分の睡眠時間をしっかり確保できるか

などもお互いしっかり考えましょう。

何度も言いますが、快適な睡眠時間を確保できないとストレスがたまります。
だからこそ、カップルのベッド選びは慎重になるべきです。

一方的ではなく、お互いが自分の睡眠時間を確保できるように、ベッド選びは慎重に話合って決めるべきですよ!

最適なベッド選びは仲良しカップルの秘訣


睡眠時間は大切なリフレッシュタイム。
睡眠時間を快適に過ごせるかは、ベッド選びにかかっているといっても過言ではありません!

ベッドサイズを決めるためには、

  • 自分たちの最適なサイズを知る
  • 部屋のサイズに最適なサイズを知る
  • 生活習慣や睡眠の仕方などをお互い確認する

などを購入前に確認しましょう。

ベッドはサイズだけでなく、生活リズムなども大きく関わってきます。

ベッド選びは、カップルが仲良く暮らすためには重要なポイント!
決して一方的に決めるのではなく、2人でお気に入りのベッドを選びましょう。

ぜひこの機会に、自分たちにぴったりなベッドを見つけてくださいね♪

この記事をシェア

Twitter
Facebook
はみがき(ライター)
はみがき

働く女性を全力で応援するWEBライター。女性がもっと輝けるための「働き方」「ライフスタイル」の提案が得意。サウナとドラマが大好物です。