テレワーク用モニターおすすめ6選!選ぶときの5つの基準も解説

テレワーク用のモニターには画面サイズや解像度、パソコンへの接続の仕方など、さまざまな選択肢があります。この記事では「モニターを選ぶときの5つの基準」「おすすめのテレワーク用モニター6選」を紹介します。ぜひ参考にして、テレワークを快適にしてください。

テレワーク用モニターを選ぶ5つの基準


テレワーク用でモニターを購入するときは、5つの基準を元に商品を選ぶのがおすすめです。
それぞれの基準について詳しく解説するので、自分に合ったモニター選びの参考にしてください。

1.画面サイズは適しているか

モニターの画面サイズにはさまざまな種類があり、自分に合ったものを選ぶ必要があります。
なぜなら、机の大きさや使用目的によって、使いやすさが変わるためです。

一般的に、家電量販店などで売られているサイズは21インチ~24インチで、自宅で場所を取られず快適に使えます。
また、大きい文字で資料などを見たい場合や自宅の机が大きい場合は、27インチのものがおすすめです。

テレワークでの使いやすさを重視して、モニターの画面サイズを選んでください。

2.解像度は仕事内容に合っているか

解像度はモニターによって異なるため、仕事内容に合わせて選ぶ必要があります。
仕事内容と解像度がマッチしていないと、仕事がはかどらず支障をきたしてしまいます。

解像度とは「画像の密度」のことで、数字が大きくなるほど、画像の細部まで丁寧に表示されます。
テレビやパソコンなどで一般的に利用される解像度はフルHD(1920×1080)で、資料やプレゼンを作る方におすすめです。

一方、フルHDよりも解像度が高い4K(3840×2160)は、画像がより綺麗に見られるため、デザインの仕事をしている方におすすめします。

モニター選びは解像度に注目し、自分の仕事に合ったものを使用しましょう。

3.高さや向きは調整可能か

より便利にモニターを使いたい場合は、画面の高さや向きを調整できるものをおすすめします。
高さや向きを調整することで、肩こりを軽減できたり画面が見やすくなったりするためです。

高さ調整は上下に10cm前後動かせるものがあり、目線の高さをまっすぐにすると肩こりを緩和できる場合があります。

また、向き調整は画面を90度回転できるものがあり、縦長の資料やサイトを見たいときに利用すると、スクロール無しで一気にたくさんの情報を取り入れることが可能です。

テレワークで長時間モニターを見続ける場合は、高さや向きを調整できるものにすると、快適性が増すでしょう。

4.パソコンとの接続が簡単か

より簡単に、手持ちのパソコンと接続できるモニターを選びましょう。
パソコンとの接続が複雑だと、変換器を別途買う必要があったり、ケーブルをスッキリ収納できなかったりするためです。

端子には以下の5種類ありますが、簡単にパソコンと接続できるのはHDMI端子とUSB Type-C端子です。
・D-Sub
・DVI端子
・DisplayPort端子
・HDMI端子
・USB Type-C

特に、USB Type-Cだとケーブル1本で接続でき、画像や音声の表示だけでなくモニターに給電もできます。
パソコンによって端子の種類が異なるため、手持ちのパソコンの端子を調べて、それに合うモニターを購入しましょう。

5.目に優しいか

テレワーク用にモニターを購入する場合は、目に優しい設計になっているか考慮しましょう。
画面を長時間見続けると、目が疲れたり睡眠の質が低下したりするためです。

例えば、「ブルーライト軽減機能」ではブルーライト透過率を下げてくれます。
「フリッカーフリー仕様」では、眼精疲労の原因となるフリッカーを抑制することが可能です。

また、「輝度自動調整」は部屋に適した明るさに自動調整し、「ノングレア仕様(非光沢)」は部屋の明かりが映り込むのを防いで、目への負担を軽減してくれます。

自分の目を守るために、テレワーク用のモニターは目が疲れにくい機能が付いているものを選んでください。

おすすめのテレワーク用モニター6選


上記で紹介した「テレワーク用モニターを選ぶ5つの基準」を元に、おすすめのモニターを6つ紹介します。
ぜひ参考にして、自分に合うものを探してみてください。

MSI 23.8インチ MD241PW|3つの調整機能とUSB Type-C端子付き

高さ・向き・角度の調整が可能で、USB Type-C端子を備えているのが特徴です。
向きを90度回転できるため、資料などを1画面でまとめて見たい方は便利に使えます。

また、端子はHDMIとUSB Type-Cが1つずつあり、パソコンとの接続が簡単です。
画面サイズは23.8インチ、27インチ,32インチの3種類あり、解像度はフルHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)から選べます。

ベンキュージャパン GW2480T 23.8インチ|ケーブル収納可能でアイケア機能付き

モニターの首部分にケーブルを収納できる穴が空いており、目に優しい工夫が豊富にあるのが特徴です。
ケーブルの収納ホールがあると、複数のケーブルを使用していてもスッキリまとまります。

また、ブルーライトカット仕様とフリッカーフリー仕様になっており、輝度自動調整機能もあるので目が疲れにくいのがポイントです。

その他、高さや向きの調整機能も付いています。
画面サイズは21.5インチ、23.8インチ、27インチの3種類展開されています。

アイ・オー・データ 23.8インチ EX-LDH241DB|持ち手付きで安心

画面後ろに取っ手が付いており、安心して持ち運べるのが特徴です。
自宅の中を移動して気分転換しながら仕事する場合に、落として破損する可能性が低くなります。

ケーブルホールやスマホスタンドがあるため、デスク周りが片付くのもメリットです。
また同じ23.8インチのもので、高さ・向き・角度を調整できる型版も売られています。しかし、そちらには持ち手やケーブルホールは付いていないため、注意してください。

ARZOPA 15.6インチ‎A1GAMUTGRAY|薄型なモバイルモニター

15.6インチで厚さ8mmと薄型であるため、カバンに収納して持ち運べるのが特徴です。
在宅ワークだけでなく、カフェなどで仕事するときにも使用できます。

アルミ合金製で丈夫なため、持ち運ぶときも安心です。
向きを回転することができ、1ページあたりの情報量を増やして画面表示できます。

USB Type-C端子があり、パソコンだけでなくiPhoneにも対応しています。

日本エイサー AlphaLine 23.8インチ|目に配慮した機能が豊富

フリッカーフリー仕様と非光沢仕様で、ブルーライトカット機能があるのが特徴です。
ブルーライトカットは50~80%の4段階で調整でき、使い方の幅が広がります。

ブルーライトを抑えると画像の色の見え方に影響するため、元の色をはっきり見たいときは80%にするのがおすすめです。

反対に、文書作成など色の影響を受けない仕事をするときは、50%まで下げると良いでしょう。

アイリスオーヤマ 23.6インチ ILD-A23FHD-B|角度調整が可能

前後に角度を調整でき、マイナス5~15度まで変えられるのが特徴です。
そのため目線の高さに合わせることができ、首や肩への負担が和らぎます。

また、非光沢仕様でブルーライトの軽減もされており、目に優しい作りになっています。
奥行18cmのため、机が小さい方や場所を取られたくない方にもおすすめです。

画面サイズは19.5~31.5インチの5種類あり、モニター台をセットで買うこともできます。

テレワーク用モニターは自分に合ったものを選ぼう!


テレワークで使うためのモニターを購入するときは、5つの基準を元にして自分に適したものを選んでください。
長時間使うことになるので、目・肩が疲れにくいものや便利な機能があるものなど、値段以外のポイントも考慮しましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
あおぬ(ライター)
あおぬ

クリーニング店受付の経験を元に「あおぬのせんたく」にて、服のメンテナンス知識を分かりやすく発信しているブロガー。Webライターとして坂道グループ紹介なども執筆。