2021.08.29

「月が綺麗ですね」の意味は愛の告白?女性の返事でベストな答えは?

綺麗な月が出ている夜に男性と2人で歩いていて「月が綺麗ですね」と言われたら、そこには深い意味が込められているかもしれません。「月が綺麗ですね」に込められている意味は愛の告白?その時女性はどう返すべきか、ベストな答えを徹底解説していきます♡

「月が綺麗ですね」の意味とは?


月が綺麗な夜、男性と歩いている時に「月が綺麗ですね」と言われたことはありますか?
実はこの言葉、ただ単に月の綺麗さを話題にしているのではないかもしれません。

相手の男性によっては、深い意味を込めて言っている場合があるのです。
それはどんな意味かというと「愛しています」という意味なのです。

なんだかとても、ロマンティックですね。
でも、どうしてそのような意味になったのでしょう。

今回は、その理由を探ってみたいと思います。
また「月が綺麗ですね」と言われた時、女性はどのような返し方をしたらいいのかについても解説していきますよ。

「月が綺麗ですね」の意味が「愛しています」なのはなぜ?


「月が綺麗ですね」の意味が「愛しています」になったのは、かの有名な明治の文豪、夏目漱石が由来とされています。

夏目漱石が英語教師として働いていた時に、「I Love You」を「我君を愛す」と訳した生徒に「月が綺麗ですね」と訳しなさいと教えたせいだと言われています。

日本人らしく情緒を大切にしてロマンティックに訳しなさい、というふうに生徒達に教えたのですね。
そこから、「月が綺麗ですね」には「愛しています」という意味が込められるようになったのです。

夏目漱石が実際にそう言ったという文献は残っていませんが、この逸話が由来だとされています。
文豪の夏目漱石だけあって、実際に言っていてもおかしくはありませんよね。

とても洒落ていて、ロマンティックな愛の告白です。

「月が綺麗ですね」と言われた時【OK】な場合の返事


では実際に「月が綺麗ですね」と言われた時、女性はどのように返せばいいのでしょうか?
実はこの返し方にも、決まっている定番の言葉がいくつかあるのです。

OKの返事を返したい時と、NGな時、それぞれに有名な返し方のパターンがあります。
OKとNGそれぞれの答えの返し方をご紹介していきたいと思います。

まずは「月が綺麗ですね」という告白に「OK」の返事を返したい時の答え方をご紹介していきます!
定番の返し方の中には、かなり有名なセリフもあるのです。

憶えておけば、急に「月が綺麗ですね」と言われても慌てないでお返事できますね♡

「私もう死んでもいいわ」


まず、一番有名な言葉が「私もう死んでもいいわ」です。
なんと大げさな!と思うかもしれませんが、こちらが定型のお返事でもあるのです。

なぜこのような言葉になったかというと、こちらも明治の小説家・翻訳家として有名な二葉亭四迷の翻訳がもとになっているのです。

有名なロシア文学であるツルゲーネフの「片戀」を二葉亭四迷が翻訳した際に、「Yours(私はあなたのものよ)」というセリフを「死んでもいいわ」と訳したからだと言われています。

こちらは、実際に二葉亭四迷が翻訳しているので事実だとされています。
二葉亭四迷も明治の男性なので「私はあなたのものよ」とハッキリ訳すのが恥ずかしかったのでしょう。

そのため、やんわりと遠回りに「私もう死んでもいいわ」と訳したのだと考えられます。
そのほうが、ちょっぴり恥ずかしい気もしますがどうでしょうか?

しかし文学的好きな男性に「月が綺麗ですね」と言われた際に「私もう死んでもいいわ」と返せば、知的で教養のある女性だと思ってもらえるでしょう。

ただし相手が意味もなくただ「月が綺麗」だという事実を言っていた場合には、変な受け答えになるので要注意です。
「月が綺麗ですね」の意味が分かっていない相手に、うっかり「死んでもいいわ」なんて返事をすると物騒だと思われてしまいます。

相手がどんな意味で「月が綺麗ですね」と言ったのか、しっかりと見極めてお返事しましょうね。

「あなたと一緒に見るからです」


好きな男性に「月が綺麗ですね」と言われた時のお返事で、ストレートに答えたい場合にはこう答えましょう。
「あなたと一緒に見るからです」

いつも見ている月がこんなに綺麗で輝いて見えるのは、大好きなあなたと一緒に見ているからですよ、と伝えましょう。
「あなたが特別の存在だからです」という事が伝わるお返事になりますよ。

これなら確実に、OKという意味のお返事になりますね。
自分も好きだという気持ちを伝えたい時には、このように答えるのがベストです。

「今日は遠回りをして帰りましょうか」


「月が綺麗ですね」と言われた時、「今日は遠回りをして帰りましょうか」という返事をするのもOKの意味になります。
「もう少し長く、あなたと一緒に月を見て過ごしたい」という意味が伝わる返事になりますよ。

少し奥ゆかしい雰囲気で余韻を残したい時には、こう答えるのがベストです。
この答え方なら、きっと2人の雰囲気もいい感じになるのではないでしょうか?

「ずっと前から綺麗でしたよ」


もし、以前から思いを寄せていた男性に「月が綺麗ですね」と言われた場合にはこう返しましょう。
「ずっと前から綺麗でしたよ」と返す事で、「私はずっと前からあなたの事が好きでした」という意味になります。

ずっと好きだった相手にあなたの想いを伝えたい時には、このように返すのが良いですね♡

「月が綺麗ですね」と言われたが【NG】な場合の返事


「月が綺麗ですね」と告白された時に、OKな場合のお返事をご紹介しました。
しかし、思いもよらなかった男性から「月が綺麗ですね」と言われてしまう事もあるかもしれません。

そんな時には、どのようにお返事をするとよいのでしょうか?
こちらも、例をあげて詳しくご説明していきます。

「私はまだ死にたくありません」


こちらは「私もう死んでもいいわ」というOKの返事を逆にした、NGバージョンです。
ストレートにお断りしたい時に使える、比較的はっきりとしたお返事になります。

ストレートな定番の断り方になりますが、言い方が難しいので注意が必要です。
コミカルに伝えられる間柄の男性にはこのように答えても大丈夫でしょう。

冗談っぽく言っても、告白の返事がNGだという事はきちんと伝わるはずです。

「(曇っていて)私に月は見えません」


「月が綺麗ですね」と男性に言われたけれど、NGのお返事をしたいならこちら。
「今晩は曇っているので、私には月がよく見えません」とお答えするといいでしょう。

実際に曇っている晩なら、気まずい雰囲気にもならずにスマートなお返事になるでしょう。
本当に月の話題のようにふるまえば、気まずい雰囲気になるのを避けられますよ。

しかしこの返事は、明らかに月が出ている晩だと使いにくかったりもしますよね。
そんな時には「そうですね」とだけ答えてしまいましょう。

「月が綺麗ですね」に込められた意味に気づいていないふりをしてしまうのです。
ただ単に空に出ている月が綺麗だ、というふうに対応してしまいましょう。

返事に迷っていて保留の時にも「そうですね」のお返事がいいかもしれません。

「私は太陽の方が好きです」


「月が綺麗ですね」と告白されたけれどNGの時、「私は太陽の方が好きです」と言ってしまうのもありです。
「月が綺麗ですね」の意見に同調しない事で、お断りとしても有効になりますよ。

似たようなバージョンとして「星の方が好きです」や「星の方が綺麗ですよ」などの言い方もあります。
お断りとして通じるかちょっと心配な部分もありますが、本心を言わずに切り抜けるにはいい言い方かもしれません。

「では月に帰らせていただきます」


「月が綺麗ですね」と男性に告白された時に、やんわりと断りたい時にはこのセリフを。
男性の求婚に応えることなく、月に帰ってしまったかぐや姫の物語をオマージュした答えです。

ユーモアがあり、はっきりとした答えになっていないので相手のプライドを傷つけないお返事と言えるでしょう。
冗談っぽく軽くお断りしたい時には、かぐや姫になりきって言うのがコツかもしれませんよ。

「月が綺麗ですね」と言われたが【禁断の恋】なら


「月が綺麗ですね」と男性に告白された時、それが禁断の恋だった場合の返し方もあります。
自分も少なからず好意は持っているけれど、けして叶ってはいけない恋の場合はこう返しましょう。

「手が届かないから綺麗なんです」
「月は綺麗だけど遠いよ」

このように返す事で「あなたの事を愛しているけれど、手が届かないです」と伝える事ができます。
切ないですが、きれいな思い出のままにしておきたい恋の場合は、こう返すのが一番良いのではないでしょうか。

相手の男性も、これ以上は踏み込むことなく綺麗な思い出のままにしてくれるでしょう。

「月が綺麗ですね」と女性から言うのもOK?


「月が綺麗ですね」という告白は、女性から言うのもありなのでしょうか?
答えは、YESです!

女性の方から言うと「風流な女性だな」という印象を持ってもらえるでしょう。
教養のある知的な女性を演出するにはぴったりな告白の言葉かもしれませんね。

文学好きな男性や教養のある男性に告白する時には「月が綺麗ですね」という言葉を、ぜひ使ってみて下さい。

「月が綺麗ですね」は相手や状況を選ぶ告白


「月が綺麗ですね」と女性から告白するのも大いにありだということをお伝えしました。
ただし「月が綺麗ですね」という言葉は、使う相手を選ぶ言葉でもあるのです。

「月が綺麗ですね」と告白しても相手がこの意味を知らなければ、告白が伝わらなくなってしまうからです。
相手の男性が「月が綺麗ですね」の意味をわかっているかどうかを見極めなくてはなりません。

教養のある男性かどうか、しっかりと見極めてから使ってみて下さいね。
もしくは、伝わらなくてもいいようなシチュエーションで使うのもよいかもしれませんね。

絶対に気持ちを伝えたいという訳ではない時に使うのもおすすめです。
好意を見せながらも、確信を与えない遠回しな告白になりますよ。

友達以上恋人未満のような男性に、さらりと余裕のある雰囲気で伝えるといいかもしれませんね。

ちなみに相手が「月が綺麗ですね」の意味がわかっていなかった場合、月が出ていない夜だと「何を言っているの?」と疑問に思われてしまうでしょう。

相手が「月が綺麗ですね」の意味がわかるかどうか微妙な時には、せめて月が出ている夜にだけ言うようにして下さいね。

「月が綺麗ですね」と同じような意味がある告白の言葉


「月が綺麗ですね」と似たような言葉は、他にもいくつかあります。
「月が綺麗ですね」と同じように「愛しています」の意味を込めた告白の言葉をいくつかご紹介してみます。

「月が綺麗ですね」と告白してくれた相手と交際することになったら、次はあなたの方から言ってみるのも素敵かもしれません。

「夕日が綺麗ですね」


「月が綺麗ですね」と同じような意味で「夕日が綺麗ですね」という言葉もあります。
これは「あなたの心を知りたい、あなたの気持ちを教えて欲しい」という意味を持つ言い方です。

夕日を見ている時にふさわしい言い方は、この他にももう一つありますよ。
それは「明日は晴れますか?」という言い方です。

こちらは「私の思いはあなたに届きますか?」という意味が込められています。
月と同じくらいロマンティックな夕日を見ている時も、愛の告白がふさわしいですよね。

夕日を見ている時に、告白したくなったらこの言い方がおすすめですよ。

「星が綺麗ですね」


「星が綺麗ですね」という言い方にも「月が綺麗ですね」と同じような意味が込められています。
「星が綺麗ですね」というのは、「あなたに憧れています」と同じ意味を持ちます。

また、「あなたは私の気持ちに気づかないでしょうね」という意味にもなりますよ。
なかなか手が届かない遠い存在の相手に対して使う事が多いようです。

「海は綺麗ですね」


「月が綺麗ですね」と似たような言葉で、海で使える言い方もあります。
それは「海が綺麗ですね」という言い方です。

海だけに「私はあなたに溺れそうです」という意味になりますよ。
かなり情熱的な言い方ですね。

相手の魅力に完全に参ってしまっている時に使うのがよいでしょう。

「雨が止みませんね」


空にまつわる言葉で求愛するのは、大昔から日本人の得意技。
普段は憂鬱になるような雨でさえも、告白の言葉にしてしまいます。

「雨が止みませんね」と好きな相手に言う時には「もう少しあなたと一緒にいたい」という意味で使われます。
「一緒にいるのが幸せだから、時がこのまま止まってしまえばいい」という意味も込められていますよ。

また「雨音が響いていますね」と言う時には「私はあなたを愛していました」という意味になります。
この場合は過去形であり、すでに諦めた相手に対して使う言い方です。

「月が綺麗ですね」と似ているが危険な言葉!


ところで「月が綺麗ですね」と似ているのですが、まったく違う意味を持つ言い回しもあります。
それは「明日の月は綺麗でしょうね」という言い方です。

「明日の月は綺麗でしょうね」というのは、なんと犯行声明としての意味を持つのです。
元々は、ネット上のスラングが始まりとされているのですが「あなたを殺す」という意味の犯行声明なのです。

つまり「明日にはあなたがいなくなるから、今日より明日の方が月が綺麗だ」と言っているのです。
なんだか、怖いですね…。

くれぐれも間違って使わないようにして下さいね!
相手が、このスラングの意味を知っていたら、告白どころか逆効果になってしまいますよ!

「月が綺麗ですね」には意味がある!女性から言うのもOK!


「月が綺麗ですね」という言葉には「愛しています」という意味があることを説明してきました。
空や自然にまつわる言葉を使って愛を告白するなんて、何だかロマンティックですよね。

これこそが夏目漱石や二葉亭四迷が推奨する愛の表現だったのでしょう。
まさに日本人らしい、愛の告白の仕方です。

もし男性にこのように告白されたら、相応しい返し方でお返事してみて下さいね。
「月が綺麗ですね」と女性の方から伝えるのも素敵です。

文学好きで教養のある素敵な男性に愛を伝えたい時には、ぜひ使ってみて下さいね♡

この記事をシェア

Twitter
Facebook
早乙女フミカ(ライター)
早乙女フミカ

ファッション美容恋愛メインのオールジャンルライター

大手アパレル勤務時にレディースブランド2店舗を担当。その後ファストファッションブランドに転職、レディースとメンズを担当。異性ウケするファッションが得意。美容好きのコスメマニアでもあります。趣味が高じてコスメ薬事法管理者資格と化粧品検定3級を取得。読書が趣味で図書館にも長年勤務していたので本についての知識も豊富。

このライターの記事を見る