雨の日のおうち時間におすすめ!憂鬱な気分を吹き飛ばすミュージカル映画

2021.02.25

雨が降っていると外に出ることが億劫になりますよね。この記事では、憂鬱な雨の日をキラキラした一日に変えることのできるミュージカル映画を3作品紹介します。映画が終わったら、あなたの気持ちが晴れ晴れするだけではなく、窓の外にも晴れ空が広がっているかもしれません。

  1. 1. ANNIE アニー
  2. 2. キャッツ
  3. 3 ラ・ラ・ランド

1. ANNIE アニー

『アニー』は日本でも人気のあるブロードウェイミュージカルの一つで、一年に一度はどこかの劇場で上演されていますよね。

『アニー』の物語の舞台は1933年のニューヨークです。

主人公は11歳の赤毛の女の子アニー。
両親がいつか迎えに来てくれることを信じながら、この少女は孤児院で暮らしています。

ある日、アニーはニューヨーク市長の有力候補スタックスに出会います。
彼は社会的地位も膨大な富も手にしている一方、心は寒々としており思い遣りに欠けた男です。

スタックスはアニーを選挙戦に利用するために一時的に引き取るのですが、彼女の健気さやパワーに惹かれて、いつからかアニーのことを心から愛するようになり、彼の心にしだいにぬくもりが灯されます。

この映画の見どころは、作品に織り込まれている数多くの歌やダンスです。
アニーとスタックスがパワフルに踊りながら歌う“I don’t need anything but you”には、二人の間にある愛情を感じられ、心があたたかくなります。

また、映画終盤における“Tomorrow”の大合唱は、ここに登場しているアニーをはじめとする大勢の人たちからパワーをもらえ、明日の活力を得られる大注目の場面です。
 

2. キャッツ

キャッツは劇団四季のミュージカルのなかでも非常に人気な演目の一つです。

舞台の演目として大人気の『キャッツ』が、2020年1月に映画化されました。
映画版『キャッツ』はCGの完成度が高く、映像の美しさが魅力的なだけではなく、自分自身の夢や生き方について考えるきっかけを与えてくれる内容になっています。

キャッツに登場する猫たちは「ジェリクル」と呼ばれる種族です。
毎年、かれらのなかから1匹だけ新しいジェリクルの命を与えられます。

これに選ばれることを希望する猫たちはデュトロノミーの前で歌やダンスにのせて、自らの思いや生き方についてアピールします。

過去の栄光を引きずる老猫ガス、働き者スキンブルシャンクス、他のジェリクル候補を消すことで自らがその座を手にしようとするマキャヴェティ、そして周囲から嫌われている娼婦猫グリザベラ。

ジェリクルを希望する猫たちがうたう歌には、それぞれの人生、苦悩、願いなどが言葉として乗せられています。この猫たちの歌を聴くと、私たちも現状が辛くとも、生きていかなければならないと思わせられます。
『キャッツ』は逆境に立っていても、現状が苦しくとも、夜明けを待ちながら生きることで、いつか報われる日がくることを教えてくれる、明日への希望を与えてくれる映画です。
 

3 ラ・ラ・ランド

映画がはじまってすぐ流れる“Another day of Sun”は圧巻の場面です。
このシーンでは高速道路で自由に踊る大勢の人たちが映し出されています。

車の上に登る人も、互いにハグし合っている人もいます。踊ることによって、人々の心の解放されているのです。
失敗しても明日があるから大丈夫だというメッセージを“Another day of Sun”から汲み取ることができます。

『ラ・ラ・ランド』は女優の卵ミアとジャズピアニストのセバスチャンのロマンティツクな恋愛物語です。

この映画の大きな見どころとして、ミアとセバスチャンの恋の行方を挙げることができますが、人生の選択、思い通りにならない現実、夢と現実の乖離といった問題もまたテーマとして扱われているため、人生に行き詰っている人たちにとっても共感を込めながら観ることができます。

人生において他の人は物事が上手くいっているのに、自分はいつも失敗ばかりだとコンプレックスを感じる場面も少なくありません。
『ラ・ラ・ランド』は自分を信じて努力を継続することによって、思いが実現することを教えてくれる作品となっています。

『ラ・ラ・ランド』の結末は驚かされるものであり、賛否両論もありますので、みなさん自身で映画を観て確認してみてくださいね。

雨の日のおうち時間におすすめのミュージカル映画を3作品を紹介させて頂きました。
気になる作品はありましたでしょうか?

この記事で紹介した3作品はどれも観終わった後に、「明日もがんばろう!」という気分になりますよ。
雨の日もお家のなかで楽しく過ごしましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
リサ(ライター)
リサ

英米文学研究をしながら、ライター活動を行っています。 趣味は香水の研究と美術館巡りです。好きなファッションの系統はコンサバ系です。