起業したいけどアイデアがない人はどうする?アイデア例や準備の方法も

起業ブームの今、起業にはなんとなく憧れているという方もいるのではないでしょうか。しかし「起業したいけどアイデアがない」「スキルがない」といった悩みも。今回は対処法や起業アイデアについてご紹介します!

  1. 起業にアイデアは必要?
  2. 起業したいけどアイデアがない人でもできる準備
  3. 起業したい時の注意点
  4. とにかく起業したい人向けのアイデア
  5. インターネットビジネス
  6. 自宅で起業したい人向けのアイデア
  7. サロン
  8. 0円でできる起業アイデア
  9. 起業に成功する人とは?
  10. 起業したいけどスキルがない人向けの本
  11. まとめ

起業にアイデアは必要?


起業するためには斬新なアイデアが必要だと考える人も多いのではないでしょうか。
「まだ誰も思いついていないアイデアを考えなくちゃ!」「独創的なアイデアを!」と、斬新さを重視する人もいます。

しかし起業に必ずしもアイデアが必要とは限りません。
はじめに思いついた起業アイデアで、起業のすべての結果が左右されるとは限らないのです。

実際に起業をしてみればさまざまな課題に直面していきます。
それらにどう取り組んでいくかで、起業に成功するかどうかが決まります。

アイデアはなくても「何をすればお金になるかな?」と考えて行動した結果、起業に成功した人も!
起業にはアイデアは必要ないということを理解しておきましょう。

アイデアがない人のほうが有利!


起業にアイデアが必要ないどころか、アイデアがない人のほうが有利というケースもあります。

実は「自分のアイデアを形にしたい!」と思う人のアイデアは、自分目線であることが多いのです。
ただ単に自分が好きな商品であったり、自分がやりたいことだったり…。

それは自分満足したいという視点で生まれたアイデアだということ。

「社会に求められていることはなんだろう?」という視点が欠けている可能性が高いと言えます。
どんなに素敵に思えるアイデアでも、それがお客さんに受け入れられなければビジネスにはなりません。

起業のアイデアがないからこそ「お客さんはどのような商品がほしいかな?」「社会に受け入れられるサービスは何かな?」と考えられると言えます。
現時点で起業のアイデアがなくても、社会で求められるものを見つけていきましょう!

起業したいけどアイデアがない人でもできる準備


起業では自分のアイデアよりも、社会に求められるものを見つけることがポイントです。

そのためにも、流行っていることや必要とされていることを察知するスキルが大切!
起業家としての視点を身につけておきましょう。

ここでは、今からでもできる起業の準備の方法をご紹介します。
「すぐに起業したいわけではないけれど、将来的に検討したい」という人も、ぜひチェックしてみてください!

起業家や経営者の話を聞く


家族や友人・知人に起業家がいれば、話を聞いてみましょう。
起業した経緯や、必要だったことに加えて「普段どんなことを考えているか」を聞くのもポイントです。

起業家は目の付け所も一味違います。
普通に生活したり、物事をみたりしているだけで、下記のようなことを考える人が多くいるのです。

・目の前のものを商品にするならどう売るか考える
・そのコストはどのくらいかかるのか考える
・「今はこんなものが流行っているのか」という視点で考える

身近に起業家がいなければ、SNSを使って探したり、勉強会に参加して知り合ったりするのもいいでしょう。
また、地域の公的機関や相談会を利用するのもおすすめです。

起業の経験がある人と話すと「そんな視点で物事を見ているんだ!」と気づきになるはず。
起業のアイデアの参考にするのはもちろん、ビジネス的な視点を学ぶためにも、ぜひ会って話をしてみましょう。

社会の課題に敏感になる


日常のちょっとした不満を解消することが起業に繋がることがあります。

「○○したいのに忙しくてできない」「○○を教えてくれる人がいない」など、人によってさまざまな不満を抱えているものです。
そんなちょっとした不満を見つけ出し、解決する手助けができないか考えてみましょう。

この方法のいいところは、お客様の不満から考えていくため、すでに需要が存在しているところ。
自分が何をしたいかという自分主体のアイデアではないことがポイントです。

起業したいけれど何をすればいいかわからないという人は、身の回りに課題がないか観察するクセをつけてみましょう!

過去の自分のためにサービスを考える


社会のちょっとした不満を見つけるには「過去の自分がお客様だったら?」と考えるのもひとつの手です。

過去の自分が感じた不満や困りごとは、ちょっと考えればたくさん出てくるはず!
子供のころからさかのぼって考えれば、起業アイデアがいくつか見つかるのではないでしょうか。

過去の自分と同じような人をお客様にすれば、気持ちも汲み取ることもできます。
より不満を解決しやすくなり、お客様の心を掴みやすくなる可能性も!

過去の自分はどんなことで困っていたのか、メモを片手に考えてみてはいかがでしょうか。

すでに成功しているアイデアを参考にする


前述の通り、起業アイデアは「まったく新しいオリジナルのアイデア」である必要はありません。

既存のアイデアを参考にするのも十分効果的です。
すでにある商品やサービスを試しに利用してみましょう。

「もっとこうすれば使いやすいな」など改善点が見つかれば、それもアイデアに盛り込みます。

特に、小さな会社の社長や個人事業主として起業する場合はこの方法が有効です。
すでに成功しているビジネスを参考にすることで、より軌道に乗せやすくなる可能性があるのです。

自分が消費者として買い物をするときも「どんなビジネスモデルなのかな?」と考え、参考にするクセをつけましょう!

情報収集を欠かさない


起業に対してアンテナを張るのも大切なポイントです。

起業をテーマにしている書籍や勉強会は定期的にチェック。
特に、忙しくても本屋に行く習慣をつけることがおすすめです。

またブログやYoutubeなど、ネットにも質のいい情報がたくさんあります。
自分がイメージしているビジネスの方向性と近い人やサイトを見つけ、チェックするようにしましょう。

ネットでリサーチするうちにさまざまな情報に触れ、起業のヒントが見つかることも!
その際は、その情報がどの程度信頼できるのか確認することも大切です。

起業したい時の注意点


起業・副業ブームの現在、起業したいと考える人はたくさんいるもの。
ネットで簡単に情報が手に入るなど、起業できる環境は誰にでもあります。

しかし、全ての人が実際に起業しているわけではありません。
中には起業したいと思ってから何年も経過しているという人も…。

「起業したいけどアイデアがない」「なかなか行動できない」と考える人に知っていてほしい注意点をまとめました!

自分の頭の中だけで考えない


起業するのであれば、自分ひとりで考えないようにしましょう。
すでに起業している人などに積極的に相談することがおすすめです。

アイデアは人に相談しながら練っていくものです。
人と話すうちにより具体的になったり、客観的な視点で見られるようになったりすることも。

新しいアイデアが生まれることもあるでしょう。
またすでにビジネスの方向性が見えてきているなら、思い切ってスタートさせてしまってもいいでしょう。

お客様の意見や反応を確認しながら改善していけばいいのです。
自分の頭の中だけで完璧なアイデアを作り上げるのは困難です。

大切なのは、人との関わりの中で少しずつブラッシュアップしていくこと!
悩んだ時でもひとりにならず、意識的に人のアイデアに触れるようにしましょう。

少しずつでも行動する


起業のアイデアで悩む人の特徴として、悩むだけでなかなか行動できないことが挙げられます。
例えば、このような考えに陥ることはないでしょうか。

・今の仕事が落ち着いたら考えよう
・もっと準備ができてから始めよう
・今は新型コロナウイルスが流行しているからやめておこう

忙しい毎日の中でも、何かできることはあるはず!
自宅で情報収集したり、ネットを通じて人脈を作ったりと、今できることを少しずつ始めていきましょう。

とにかく起業したい人向けのアイデア


はじめから起業する自信がある人はいません。
起業の準備や、実際の仕事を通して身につけていくものなのではないでしょうか。

起業のアイデアを見ていくうちに、自分にできそうなことが見つかるかもしれません。
「自分だったらどうやってやるかな?」と、自分ごととして考えてみましょう!

テイクアウト専門の飲食店


近年、Uber Eatsなどのフードデリバリーの文化が大きく発展しました。
テイクアウトを専門にして、飲食スペースを持たない飲食店が話題になっていますよね。

看板を出さない「ゴーストレストラン」の存在も話題になりました。
テイクアウト専門をした場合、人件費や場所代もかかりにくく、費用が大きく抑えられるケースがあります。

すでに設備の揃ったキッチンを間借りすることで、什器の費用がほぼ不要になることも!
営業している飲食店を借り、使っていない時間帯に調理させてもらうこともできるでしょう。

またキッチンカーであれば、店舗を持つより安く出店できることもあります。
飲食店を経営している知人や、学生時代のアルバイト先など…。

探してみれば、協力してくれる人が案外すぐ見つかるかも?

インターネットビジネス


通信環境があればできるネットビジネスは、需要がある分野として人気を集めています。
以下のような分野で起業の可能性があります。

・プログラミングを学び、フリーランスとして業務を受託する
・サイト制作やデザインを請け負う
・メディア制作をして広告代やアフィリエイトを狙う

ネットビジネスでは、ある程度の性能のパソコンを用意する必要があるでしょう。
しかし、必ずしもスタッフを雇ったり店舗を借りたりする必要がないのは大きな魅力!

また、プログラミングスクールやデザインスクールなど、学ぶ方法も多いのがポイント。
もちろんある程度の努力や経験は必要になる場合がありますが、比較的リスクが少ない起業として人気です。

人材紹介事業


働きたい人と、雇いたい企業のマッチングをする人材紹介会社。

「あっせん」と呼ばれる仕事を行い、仲介料をもらいます。
「有料職業紹介事業」とも言い、ハローワークの有料版・民間版といった形態です。

求職者をたくさん集める必要があるなど、ビジネスの規模は比較的大きくなってしまいます。
反面、商品を準備したり、在庫を管理したりする必要がないところが魅力です。

また、利益率の良いビシネスとも言われています。
紹介した人の年収の30~35%程度を手数料としてもらうのが一般的です。

人材紹介事業を行うにはさまざまな条件があります。
公的な手続きが必要になるため、申請に手間や時間がかかる点にも十分に注意しましょう。

自宅で起業したい人向けのアイデア


新型コロナウイルスで働き方への意識が変わりつつある現在。

「オフィスに出勤して働く」ということも、当たり前ではなくなってきました。
自宅で働くのも普通になりつつありますよね。

特にRolmy読者の皆さんは、これからさまざまなライフイベントを控えている世代の方も多いのではないでしょうか。
自宅で働くという選択肢を選べるようになると、万が一のときも安心です。

将来の幅もグッと広がりますよね。
ここでは、自宅で起業するアイデアをご紹介します。

オンライン講師


得意なことを活かして、講師やアドバイザー、コンサルタントとして起業します。
ビデオ通話などを使い自宅から直接指導する方法です。

参加費には上限がなく、自分で金額設定できるのが魅力!

スキルや豊富な経験、人柄などで人気の講師になれれば、さらに収益が上がる可能性も。
場所にかかる費用や交通費を節約する効果もあるのです。

下記のようなジャンルをはじめ、さまざまな方がオンラインで活躍しています。

・英会話
・ヨガ、筋トレやストレッチ
・マーケティング学習
・キャリア相談

自分のスキルやアイデアによって、たくさんの可能性があるオンライン講師。
「知りたい!」と思ってくれる人がいれば、ニッチな講座にも生徒がつくかもしれませんよね。

また、近年では講義の様子をあらかじめ録画し、動画として販売するサービスも主流となりました。
自分がやりやすいプラットフォームがないか、調べてみるといいでしょう。

サロン


サロン経営も自宅で起業できることもひとつ。
具体的には、下記のようなサロンが存在しています。

・マッサージ
・エステ
・ネイル
・まつエク

どれも女性に人気が高く魅力的なジャンルですよね!
場所と施術に必要な道具さえあれば、自宅で始められることも。

自宅近くのアパートの一室などを借りて開業する人もいるでしょう。

自宅で開業する分、宣伝には工夫が必要なケースがあります。
「どうすればお客さんが来るか?」など、集客のコツを学んでおくことをおすすめします。

内容によっては資格が必要なものもある点には注意が必要です。
また賃貸マンションでの開業が不可能な場合もあるので、よく調べてから取り組みましょう。

0円でできる起業アイデア


起業はリスクが少ない状態で行うのが基本です。
特に初めての起業では「店舗や事務所を構える」「大掛かりな設備を準備する」など、高額の費用がかかることは不安というケースが多いでしょう。

低リスク、低コストで起業すれば、もしものことがあっても大丈夫ですよね。
万が一うまくいかなかったとしても、経験やスキルなど、プラスになることがたくさん。

コストをかけずに起業・独立するアイデアをご紹介します。

営業代行


企業にとって売り上げアップのために欠かせない営業。

最近では、コストや労力を抑えるため「営業を外注する」という考え方も広まってきました。
営業代行で起業をするのであれば、下記のいずれかのパターンが一般的です。

・フリーランスとして自ら営業代行を行う
・営業代行の企業を作り、営業スタッフの手配を行う

近年では起業や副業ブームの後押しもあり、フリーランスで営業代行をする人も珍しくなくなりました。

フリーランスの営業職を対象にしたエージェントもあります。
そのようなサイトを利用しつつ、副業として営業代行をするのもひとつの手です。

中には営業ノルマに悩まされることなく、自分のペースで営業ができるケースも!
もちろん、営業代行は女性も可能!

むしろ印象や対応力などの観点から「女性にお願いしたい」という企業も多いのです。
いつもの通勤で使っているスーツやカバンがあれば、特別なコストもかかりません。

営業職の経験がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フランチャイズ


フランチャイズでは、本社に加盟金などを支払う代わりに経営のノウハウなどの提供を受けます。
ビジネスモデルがすでに出来上がっており、他店などにより豊富なノウハウが蓄積されているケースが多くあります。

「起業をしたことがないしノウハウもない」という人が起業したい場合にぴったりの仕組みです。
また、アイデアを考える必要がない点も安心です。

知名度のある店名を使えることがあるため、自分で起業するよりもスムーズにビジネスを始められる可能性もあります。

会社によって条件が異なりますが、立ち上げ時の資金は不要というフランチャイズも!
フランチャイズを募集するサイトがあるので、どのような可能性があるのか、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

起業に成功する人とは?


起業は限られた人のものではなく、チャンスは誰にでもあるものです。
しかし成功しやすい人にはある程度の傾向があります。

どんな人が成功しやすいのかチェックしておきましょう!

最後までやり遂げる


起業する前はもちろん、起業した後もさまざまな課題が発生します。

ビジネスをする上では、思うようにいかないことがたくさん。
「もう嫌だ」と投げ出してしまいたくなることもあるでしょう。

起業に憧れを持つ人も多いですが、ビジネスの基本は単に「物を仕入れて、売る」ということ。
泥臭い作業に直面することもあります。

キラキラした部分だけではなく、現実に向き合い続ける意識が必要でしょう。

人と助け合う


スタッフを雇ったり、仲間と会社を設立したりする場合は、まずチーム作りが大切です。

人と協力し、苦手なところを補うことが苦でないタイプのほうがいいでしょう。
特に立ち上げ時は、意見の相違や予想外のトラブルなど、さまざまな事態に直面することも。

自分自身はもちろん、他のスタッフも含め、尊重しあいながら進めていける人柄であることが重要です。

また、起業家仲間との交流も大切。
情報を交換したり、気持ちを支えあったりと、何かと安心できる存在になってくれるでしょう。

ビジネスへのモチベーションを保つためにも、仲間作りは大切!
周囲に恵まれ、人と助け合える人が成功するのは当然のことかもしれませんね。

計画的に物事を考える


計画を立てて進めていくことが得意な人は、起業に有利です。

「とにかく起業してみたいから」「なんとなく憧れているから」と、勢いだけで進めていくのはやめましょう。

事業計画は、検討を重ねて作り込むことが大切です。
それを人に見てもらったり、話したりして意見をもらいます。

修正点はないかどうか、そもそも実現することは可能なのかどうかなど、他者からの視点で複数の人にチェックしてもらいましょう。

特に慎重に進めたいのが、資金計画。
「小規模のビジネスから始めよう」と計画していても、名刺やパソコン、ホームページ作成、サーバー代など思ったより初期費用がかかってしまうことも…。

自分の生活費に加え、事務所を借りたり人件費が発生したりと、定期的な支出が発生するケースもあります。
数ヶ月分の資金が調達できるのかどうか、慎重に検討しましょう。

行動力がありつつ、常に計画的に考えられる人が起業に向いていると言えるでしょう。

起業したいけどスキルがない人向けの本


今は本格的に動けないという人でもすぐできるのが勉強。
現在は起業ブームということもあり、関連する本がたくさん発売されているのです。

アイデアやノウハウがないという人でも分かりやすいよう、噛み砕いて説明されている本も!
より詳しく学びたい方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

働きながら小さく始めて大きく稼ぐ【 0円起業 】(ゼロ円起業)

初心者の起業で大切なのは、リスクを抑えて始めること。
いきなり商品を仕入れたり作ったりするのではなく、初期費用をかけずに始めると安心です。

本書は今の仕事をやめずに0円でビジネスを始めることを推奨しています。
また、アイデアが思いつかない人向けに、起業に成功した事例集も!

「起業や副業に興味はあるけれど、何もできていない…」という方におすすめです。
小さいことからお金をかけずに始めるため、ビジネスのイメージが持ちやすいのもうれしいポイントです。

起業を考えたら必ず読む本

実際に起業を経験した著者による本です。
「起業に憧れているけれど、何をしたらいいのだろう?」と考えている人におすすめ!

起業を考える人向けに、何を実践すればいいのか具体的に解説しています。
また、会社を立ち上げることだけではなく、廃業しないようにするための解説も!

成功や失敗など、さまざまなことを繰り返してきた著者だからこそのアドバイスが盛りだくさん。
体験談も盛り込まれているため、起業に対してのイメージを膨らませるのにも役立ちます。

トラブルの対応など、リアルで泥臭い部分も。
シビアなことも書かれているので、起業に対する覚悟を持ちたい方にもおすすめの一冊です。

まとめ


「起業したいけどアイデアは必要ない」という方向けに、起業アイデアや準備の方法などについてご紹介してきました。

オリジナルの起業アイデアはなくても大丈夫!
他のビジネスモデルや、社会にある需要を参考に起業することはできます。

「まだ本格的に起業を考えていない」という人でも、準備や勉強を重ねていくことで見えてくることがあるかもしれません。

まずはできることからコツコツと始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
a_fuji(ライター)
a_fuji

Webライター、経営者サポート、社会福祉士のパラレルワーカー。穏やかに楽しく生きていく方法を模索中です。