2021.05.27

中イキできないのはなぜ?5つの原因と中でイクための方法4つ

中イキできない原因は、体質やパートナーとの相性など、いくつか理由が考えられます。パートナーに対してイったフリを続けないためにも、まずは中イキについて理解を深めましょう。この記事では、SEXで中イキできない原因やイキやすいカラダになる方法を紹介します。

中イキについて理解を深めよう


あなたは、中イキについてどれくらい知っていますか?
「実は中イキのこと、よくわからない」と、思っている人もいるのではないでしょうか。

まずは中イキについて理解を深めることで、自然と中イキできない原因や解決方法も見えてきます。

中イキできない自分を卒業する近道になるかもしれないので、さっそくチェックしていきましょう。

そもそも中イキとは?

「中イキ」とは、ナカ(膣)でオーガズムに達すること。
膣イキと呼ぶこともあります。

クリトリスを刺激してオーガズムに達する「外イキ」に比べて、快感が長く続くと言われています。
また、神経が集中しているクリトリスと違って、ナカは神経が少なく感度が低い場所。

そのため、ナカが開発されていないと気持ちよさを感じづらく、中イキできる人は思っているよりもずっと少ないんです。

そして、中イキするための性感帯は「Gスポット」と「ポルチオ」の二つ。
同じ中イキでも、性感帯によってイキ方や気持ちよさが変わってきます。

Gスポットとは?

Gスポットは、膣の入口から3~5cmのおなか側にあり、触るとザラザラしている場所。
Gスポットの位置や感触には個人差があるので、すべての人が当てはまるとは限りません。

自分のGスポットがどこにあるか知りたいなら、実際に指をいれてクリトリスの裏あたりを触ってみましょう。
そして、Gスポットで中イキする感覚は、外イキと似ていると表現されることが多いです。

なぜかと言うと、クリトリスは外に出ている部分だけではなく大きな組織であり、Gスポットはその一部と言われているから。

「ポルチオイキ」よりも難易度が低いのが、Gスポットでの中イキです。
中イキできない人は、まずはGスポットでイクことを目指してみるといいですよ。

ポルチオとは?

中イキは「何度もイケる」と聞いたことはありませんか?
おそらくそれは、ポルチオでの中イキです。

ポルチオとは、子宮頚部の先端にある子宮口のこと。
指やペニスを入れた時、奥でコリコリしたものに触れたらそれがポルチオです。

開発するのに時間がかかるため、「ポルチオイキ」できる人はごく少数。
しかし、ポルチオでの中イキは、「女として生まれてよかった!」と思うほどの快感が得られると言われています。

コップの水があふれ続けるように、快感の波が次から次へと押し寄せて連続してイケちゃうんだとか。
できることなら、一度は経験してみたいですよね。

関連記事

中イキができない5つの原因


中イキできないのには、なにかしらの原因があることがほとんど。
原因を知ることで、中イキするには何をしたらいいのか見えてくるはずです。

ここでは、中イキできない原因を5つ紹介します。
あてはまることがないかチェックしながら見ていきましょう。

1.ナカの開発ができていない

オナニーやセックスの時「クリトリスは感じるけど、ナカは気持ちよくない」そんな風に思っていませんか?

それがあてはまる人は、ナカの開発ができていないことが、中イキできない原因かも。
なぜなら膣の中は神経が少なく、気持ちよさを感じにくいところだからです。

触ったり刺激したりしていないなら、いきなり気持ちよくなることはありません。
中イキできないと思うなら、ナカの開発をして感度をあげていきましょう!

2.イクことに対して恐怖心がある

セックスやオナニーをしていると、いつもと違う感覚がして怖くなった経験はありませんか?
中イキできない人に意外と多いのが、イク前に自分で流れをとめてしまうケース。

いつも外イキをしている人にとって、中イキは未知の体験であると同時に「どうなっちゃうんだろう」と、不安にもなりますよね。

たとえ、それが中イキの前兆だとしても、怖いと思ってしまうと体に力が入って中イキできない状態になってしまいます。

もちろん痛みや違和感があるならストップをかけるべきですが、「気持ちいい」「心地がいい」と思うなら、その感覚に身をゆだねてみるといいでしょう。

3.カラダの準備ができていない

セックスの時、前戯にあまり時間をかけず挿入していませんか?
実は、それが中イキできない原因になっている可能性もあります。

男性が「もう挿れていいかな?」と思う状態では、中イキするための前戯が足りていないのが事実です。

そもそも、あまり濡れていないと挿入した時に摩擦で痛みを感じてしまうこともあるでしょう。
そして、あまり興奮していない状態ではナカの感度もしっかり上がりません。

挿入前の前戯に時間をかけないことは、中イキから遠くなってしまう原因の1つなのです。

4.中イキできない体質の場合もある

「いろいろ試しているのに、中イキできない……」
そんな人は中イキできない体質なのかもしれません。

膣の感度や性感帯は個人差が大きく、イキやすい人がいればイキづらい人もいます。
感度が鈍かったり、Gスポットが気持ちよくなかったり……。

もちろん経験不足や刺激する場所がずれている場合もありますが、中イキできない体質の人もいることを覚えておくといいでしょう。

5.パートナーのテクニック不足

パートナーのテクニックが不足しているため、中イキできていない場合も考えられます。

例えばパートナーの愛撫が雑で気持ちよくなかったり、前戯に時間をかけてくれなかったり、自分勝手なセックスだったりすると中イキに必要な性反応が得られなくなります。

結果的に、回数をこなしても中イキできないという原因につながる場合もあるでしょう。

関連記事

中イキしやすくなる4つの方法を試そう!


中イキできない原因がわかったところで、今度は中イキしやすい膣にしていきましょう。

今回は、1人でできるナカの開発方法を紹介します。
やってみると意外と簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

1.「ナカのどこが気持ちいいのか」を知る

人によって体型や肌質が違うように、ナカの気持ちいい場所も人それぞれです。
そのためまずはナカに指をいれて、自分はどこを触ると気持ちいいのか探っていきましょう。

どうやって触ると気持ちいいのか、いろいろな触り方を試すのも大切なプロセスです。
押してみたり、こすってみたり、グリグリしたり……。

試していく中で、「あ、これ気持ちいいかも!」と思えるやり方が見つかりますよ。
気持ちいい場所を知ることは、中イキできるための最重要ポイントです。

自分のカラダを知るという意味でも、時間をかけて触ってみてくださいね。
新しい発見があるはずですよ。

2.外イキを繰り返す

クリトリスへの刺激による「外イキ」を繰り返せばオーガズムに達しやすくなり、中イキしやすいカラダになるかもしれません。

とくに「オーガズムを感じたことがない」という人は、クリトリスを刺激してオーガズムを感じる練習をしてみましょう。

次に紹介するブリッジ法を試してみるのもおすすめです。

3.「ブリッジ法」でオナニーをする

ブリッジ法とは膣を開発する方法の1つです。
まずクリトリスでオナニーをして、外イキしそうになったらナカに指を挿れ、気持ちいいところを刺激しましょう。

この過程を通して「ナカは気持ちいい場所」と脳に思わせることができたら、中イキできる可能性はグッと上がります。

ポイントは、外イキする瞬間にナカも刺激していることです。
これを繰り返すことによって、脳が「ナカは気持ちいい場所」と認識します。

感度が上がってきたら、クリトリスへの刺激を少なくしてナカへの刺激を増やしていってくださいね。
徐々に中イキに近づいていくはずですよ。

4.おもちゃを使って自己開発をする

指で自己開発するのもいいけど、奥に届かない…もっと効率よくしたい…。
そんな人におすすめなのが、大人のおもちゃを使った膣の開発方法です。

おもちゃを使うメリットは、指よりも楽にポルチオやGスポットを刺激できること。
効率よくナカの開発ができちゃいますよ!

しかし、おもちゃを使って自己開発するなら注意点が1つあります。
それは、強すぎる刺激をしないということ。

強い刺激になれてしまうと、おもちゃを使ってイケるようになっても、セックスではイケなくなる可能性があります。
おもちゃを選ぶときは、刺激の強すぎないものを選ぶようにしましょう。

セックスで中イキするためのコツ


「セックスで中イキできたら……」と、誰もが一度は考えたことはありますよね。

ここでは、セックスで中イキするためのコツを紹介していきます。
膣の開発と合わせて実践すれば、中イキできる可能性もグッとあがりますよ。

自分の中にあるエロスイッチをオンにする

エッチな気分の時のセックスって盛り上がりますよね。
セックスで中イキしたいなら、思いっきりエッチな気分になることが重要なんです!

なぜなら、精神状態はセックスの感度に大きく影響するから。
特に、女性は感情ありきでセックスしますよね。

気持ちが盛り上がっている状態なら、中イキに近づけると言っても過言ではありません。
興奮状態でセックスできるように工夫してみましょう。

エッチな動画を見てからセックスするのもよし、ロマンチックなホテルでするのもよし。
目隠しプレイもおすすめです。

あなたのエロスイッチをオンにして、中イキをめざしましょう。

どこが気持ちいいのか伝える

セックスをしている時「そこ、気持ちいい場所とちょっとずれてる……」と思うことってありますよね。
一般的に性感帯と言われている場所でも、それが全員に当てはまるとは限りません。

しかし、中イキするには、気持ちいい場所をピンポイントで刺激することが必要不可欠。
そのためには、自己開発で知ったあなたの気持ちいい場所を、彼に伝えることが大切です。

「もう少し上をさわってほしいな」のように可愛くお願いすれば、喜んで聞いてくれるはず。
その結果、自然とセックスの満足度もあがり、中イキしやすい状況になります。

セックスは二人の共同作業なので、要望はどんどん伝えていきましょう。
中イキは、相手の協力なくして実現できませんよ。

前戯には時間をかける

中イキするためには、前戯に時間をかけることをおすすめします。
なぜなら中イキは、性的快感がたくさん得られることで起こるためです。

この性的快感は挿入だけでなく、それまでの前戯でも蓄積されます。
そのためパートナーからのスキンシップや愛撫が足りないと、中イキに必要な性的快感が不足してしまうのです。

セックスで中イキを経験したいなら、前戯に時間をかけてもらい、性的快感を十分に蓄積した状態で挿入してもらいましょう。

Gスポットやポルチオを刺激しやすい体位で

セックスで中イキしたいなら、どの体位がするのかが重要になります。
ポルチオを刺激したいなら深く挿入できる体位、Gスポットを刺激したいなら角度を調節しやすい体位がいいでしょう。

とは言っても、中イキしやすい体位は人それぞれ。
いろいろな体位を試して、あなたが気持ちいいと思えるものを探してみてくださいね。

続けて、中イキしやすいと言われている体位を紹介しますので、参考にしてみてください。

騎乗位

女性が主導権をにぎれる体位と言えば、騎乗位。
自分で角度や挿入の深さをコントロールできるので、気持ちいいところにピンポイントであてることができちゃいます。

中イキを目指すなら、ヒザをつく体勢での騎乗位がおすすめ。
そのまま前後に動かせば、ポルチオだけではなくGスポット、クリトリスも刺激できます。

さらに、男性に腰を動かすことを手伝ってもらえば、より気持ちよくなれること間違いなし!
クリトリスも同時に刺激できるので、中イキできない人も挑戦しやすいですよ。

正常位

基本の体位でもある正常位ですが、少しアレンジを加えることで中イキしやすくなるんです!
その方法は、女性の腰を浮かせた状態で挿入すること。

男性に太ももを持ち上げてもらいましょう。
難しいのなら、腰の下にクッションをいれてもいいですよ。

こうすることで、ペニスが上に突き上げる状態で挿入できます。
それは、Gスポット経由でポルチオを刺激できるということ。

一度で二度気持ちくなれちゃいます!
また、Gスポットを経由することで、ポルチオへの刺激もやわらかくなります。

ポルチオをガンガン攻めると痛い人は、この体位を試してみてくださいね。

松葉崩し

深く挿入できる体位として有名な松葉崩しは、男性が女性の片方の足にまたがり、片足を持ち上げる体位。
ペニスと膣の密着度が高く、ポルチオを刺激しやすいのが特徴です。

ピストンしたり、押しつけながらグリグリしたり……。
いつもより奥まで刺激できますよ。

とは言え、刺激の強い体位なので痛みが出た場合はすぐにやめましょうね。

中イキできない人におすすめ!膣の開発にぴったりなおもちゃ3選

自己開発するのに役立つ大人のおもちゃ。
中イキできるなら、使ってみたいと思いますよね。

でも、おもちゃを使うのがはじめてなら、何を選んだらいいのかわからないのも事実。
かたくて刺激の強すぎるものを選んでしまうと、ただ痛みを感じるだけになることも……。

こちらでは、はじめてでも使いやすい、ナカの開発にぴったりなおもちゃを紹介します。
良いおもちゃとの出会いが、中イキできるカラダに近づけてくれるはずですよ。

1.今までにない挿入感|TENGA iroha RIN

上品な見た目でアダルトグッズということを忘れてしまうようなiroha RIN。

扱いやすいスティック型で、先端の丸い部分がマシュマロのように柔らかいのが特徴です。
未開発だと痛みを感じやすいポルチオも、RINなら優しく刺激できるので、開発に最適と言えるでしょう。

全体的に控えめな振動が、はじめてでも使いやすいですよ。
モーター音も静か、かつ防水なので、お風呂でこっそり開発……なんてこともできちゃいますよ。

2.くねくね曲がり、ニュルッと入る|やわらかまんぼうフラット

引用:大人のデパートエムズ(外部リンク)

ソフトタイプのディルドで肌なじみがいいやわらかまんぼうフラット。
軽く振るだけでプルプル震えるほど柔らかいのが特徴です。

柔らかい分、挿入している違和感も少ないため、はじめての人も使いやすいのがうれしいですよね!
「やわらかいディルドなんて刺激が足りないんじゃ……?」と思いがちですが、ポルチオ開発をしたのなら、むしろ最適。

ポルチオを優しくトントンと刺激したり、押しつけてみたり……。
シンプルな構造だからこそ、使い勝手は無限ですよ!

そして、なんと言っても、やわらかまんぼうはとってもリーズナブル。2000円でおつりがきちゃいますよ。
気軽に試せるのも魅力的ですよね。

3.ピンポイントでナカを刺激!|SVAKOM Coco

Gスポットで中イキしたいなら、SVAKOM Cocoがおすすめ。
このバイブ、指でGスポットを刺激する時と同じ形をしています。

細めのバイブなので、挿入に抵抗がある人でも使いやすいでしょう。
一般的なバイブが太いと感じる人にも最適ですよ。

使い方は自由自在で、クリトリスに当ててからナカを刺激する、なんてこともできちゃいます。
スリムな形状なので、ナカの気持ちいい場所を探すのにもピッタリ!

Gスポットで中イキしたいなら、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

「中イキできない」から卒業しよう!


中イキできない原因から中イキできる方法まで紹介してきました。
中イキできるイメージは湧きましたか?

この記事でお伝えしたように、中イキできないのには原因があります。
まずは、自分がなぜ中イキできないのか知ることから始めていきましょう。

また、中イキするためにGスポットやポルチオを開発するのなら、優しく刺激することを忘れずに。
あなたが気持ちいいと思えることを続けていけば、中イキできる日も遠くありませんよ。

そして、彼とのセックスで中イキしちゃいましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
tomo(ライター)
tomo

アダルト・恋愛ジャンルが得意なママライター

蠍座A型のアラサー。気になる事はとことん調べる性格で、恋愛心理からエッチなテクニックまで知識に自信あり。読者の悩みを解決するお手伝いができたらと思っています。

このライターの記事を見る