クラウドソーシングを活用して副業で稼ごう!働く女性におすすめの活用方法を徹底解説

コロナウイルスの影響で、会社員でも副業を始める人が増えてきました。会社員の給与を上げるのは至難の業ですが、副業なら比較的容易に月1万円以上の収入を得られます。会社員が副業を始めるならクラウドソーシングがおすすめです。働く女性向けのクラウドソーシング活用術を徹底解説します!

  1. クラウドソーシングとは?
  2.  会社員でも始めやすい副業とは?
  3. おすすめのクラウドソーシングサイト
  4. クラウドソーシングを活用して収入アップを目指そう

クラウドソーシングとは?


サイト上で仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人とをつなげるサービスを指します。
データ入力やブログ記事の作成など、特別なスキルが無くても始めやすいのが特徴です。 

より専門的なWEBデザインやプログラミングの経験があれば、比較的高い金額でお仕事を受注できます。
クラウドソーシングはちょっとしたスキマ時間に気軽に稼げるのが魅力の一つです。

 またクラウドソーシングを通して仕事を受注する場合、システム手数料が5~20%かかります。
万が一報酬の未払いがあった際はクラウドソーシングサイトが仲介に入るので安心です。

 会社員でも始めやすい副業とは?


働く女性はPC操作に慣れているため、初心者でも簡単なデータ入力やモニターのお仕事がおすすめです。
また文章の作成に自信があれば、ライターに挑戦してもよいでしょう。

 ・データ入力
・アンケートモニター
・ブログ記事作成(WEBライター)

 すでに専門職で資格のある女性は、「プログラミング」や「WEBデザイン」などの案件に応募してみるのもよいですね。

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス

クラウドワークスの会員数は300万人以上!
国内最大級のクラウドソーシングサイトです。案件数が豊富なため、初心者でも始めやすいのが嬉しいポイント。

データ入力やブログ記事の執筆、ホームページの作成やシステム開発など、幅広いジャンルの中からお仕事を選べます。
クラウドワークスはライティング案件が多いため、副業ライターとして活動したい人におすすめです。

クラウドワークスでは「Pro Crowd Worker」という認定ワーカーシステムを採用しており、一定基準をクリアした人が認定ワーカーになれます。
発注者側からの信頼も得やすくなるため、長く活動するなら「Pro Crowd Worker」を目指しましょう。

ココナラ

ココナラは自分のスキルを販売できるサービスです。メインは似顔絵・バナー作成、占いや就活相談など、自分の得意なスキルを自由に売ることができます。

スキルは1件当たり500円から販売が可能で、最高5万円まで設定できます。顧客の満足度によっては「おひねり」をもらえるため、単価がアップする可能性あり。
イラストを書いたり、悩み相談に乗るのが得意だったり、自分のスキルがある人におすすめのサービスです。

ランサーズ

出典:ランサーズ(外部リンク)
 ランサーズは日本で最初にクラウドソーシングサービスを始めた会社です。
登録者数は110万人以上で、発注者のニーズに合わせた200以上の業務に応募することができます。

 大企業が発注者として利用するケースも多く、サービスの信頼度が高いです。現在はデザイン案件やWeb製作、ライティング案件の募集が多数あります。
 一定以上のスキルを持ったワーカーは「認定ランサー」として認定されるので、仕事が受注しやすくなります。
 

ザグーワークス

出典:ザグーワークス(外部リンク)

ザグーワークスは在宅ワークに特化したクラウドソーシングサービスです。
主に記事の執筆がメインの「ザグーライティング」と、アンケートのお仕事がメインの「ザグーリサーチ」に分かれます。

副業を始めたばかりの頃はなかなか提案が通らないこともあるので、まずは「ザグーリサーチ」に挑戦するのもいいですね。
また「ザグーライティング」はライターのランクシステムがあり、プラチナライターになれば単価の高いお仕事を受注できます。スモールステップで副業を始めたい人におすすめのサービスです。

クラウドソーシングを活用して収入アップを目指そう


コロナの影響で業績が悪化した企業も多く、給料アップが見込めないケースもみられます。
クラウドソーシングを活用して副業すれば、頑張った分だけ収入が入るのでおすすめです。

先の見えない不透明な時代だからこそ、副業を始めて収入アップしませんか?
ぜひこの記事を参考に、あなたにあった副業を見つけてくださいね。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
ミウ(ライター)
ミウ

沖縄が大好きなWebライター。元外資系OLで一児のママ。ワンピース好きが高じて記事を書くことに。美味しいものには目がない旅行好きで、カメラが趣味。