2021.11.15

スキニー似合わない女子必見!5つの攻略法とお助けアイテム8選

スキニーはスリムな人が履くものと思っていませんか?SNSのおしゃれ女子は履いているけど私には似合わないと思っているアナタ!スキニーは何と言っても女子力アップするモテアイテムです。5つの攻略法を取り入れて履きこなしてみましょう!

スキニーが似合わない原因とは


おしゃれアイテムのスキニーパンツは人気が高い反面、苦手意識が強い女性も多いものです。
スキニーが似合わない……と思っている人の原因として下半身にコンプレックスがある場合が多いです。

関連記事

原因その①おしりが大きい


おしりが大きい人がスキニーを履くと、さらにヒップが強調されて大きく見えますよね。
見方によってはセクシーだけど実際に履いてみると、おしりの大きさが気になって履けないという人も。

女子は大きく見える部分や太い部分は極力隠したいもの。
またおしりが下がっているとキレイなラインが出ないのでスキニーを履かない人も多いのです。

原因その②足が太い


足が太い下半身コンプレックスの方はスキニーが苦手傾向にあります。
むしろ細くないと履いてはいけないと思っている人も!

スキニーは肉感を拾いやすいので、足が太いとパツパツになってしまいますよね……。
特に日本人の体型は上半身は細身だけど、下半身にボリュームがある人が多いのでスタイルに自信がないと手を出しにくいアイテムかもしれません。

原因その③足が短い


ぴったりと足にフィットするスキニーは、足が短いと思っている人も苦手アイテムになりがちです。

足の短さが強調されることで、コーディネートのバランスも取りにくく合わせたいトップスが合わないなんてことも。

スキニーが似合うための5つの対処法


苦手意識が強いスキニーも選び方や、コーディネートの仕方を工夫することで格段と着やすくなります。
今回はスキニーが似合うための5つの対処法をお伝えしていきますね。

長めトップスでカバー


大きめヒップやパツパツの太もも対策には、長めのトップスでカバーするのがおすすめ。
太い部分を自然に隠すことで華奢見えも可能!

太ももは太いけど、足首は細めなんて方にはチャレンジしてほしい方法です。
そこでお腹から太ももをカバーするアイテムを2品ご紹介します。

SHIPS サイドスリット タートルプルオーバー

サイドにスリットが入ったざっくりとしたタートルニットもスキニーに合わせにはおすすめです。
スリットが入ることで動きを出しながら、気になる腰回りをカバー。

肩回りも前に切り替えが入っていることで華奢に見えるのがうれしいところです。
落ち着いた6色カラーで大人っぽくスキニーを着こなせる一着ですよ。

関連記事

ハイウエストを選ぶ


足が短くて上半身とのバランスが悪い……とお悩みの方におすすめなのがハイウエストのスキニーです。
ウエストの位置が高くなることで足を長く見せることができます。

今はハイウエストがトレンドなので、トレンドに乗ってスタイルアップしてみましょう。

Heather ISKOスキニー

スキニーってちょっと窮屈なイメージを持っている方が多いと思いますが、こちらは履き心地にこだわった伸縮性に優れたスキニーなのでとっても動きやすいです。

ハイウエストなので足長効果も抜群でラインもキレイですよね♡
XS~Lの4サイズ展開で4カラーあります。

.WORKS ハイウエスト スキニーパンツ 

ハイウエストで楽に履けると人気のスキニーパンツは、140%の伸び率というノンストレス仕様になっています。

ウエスト部分のデザインがカジュアルな「横切り替え」と、コルセットタイプの「立て切り替え」の2種類あり。
3,000円以内で買えるプチプラ価格なので、色違いで揃えたくなりますね。

引き締めカラーを選ぶ


スキニーは選ぶカラーによっても見た目のすっきりさが変わってきます。
淡い色ほど膨張して見えてしまうので、引き締めカラーのブラックや濃いめの色がおすすめ。

Pierrot ストレッチスキニーデニム

大人女子のトレンドファッションとして人気ブランドのPierrotのデニムは履きやすくて口コミ数も14,000件超と桁外れ。

カラーは7色ありますが、ブラックやインディゴなどの濃いカラーを履くと細見えします。
ノーマルタイプとウォッシュタイプがあり、ノーマルタイプだときれいめ、ウォッシュタイプだとカジュアルっぽくなります。

サイズ展開もXS~4Lの7サイズあるので、自分の体に合うのが見つかりやすいと思います。
1,790円のプチプラ価格もうれしいですね。

人気カラーは売り切れも多いですが、再入荷のボタンを押しておけば入荷するとメールがきますよ!

Re:EDIT リサイクルブラックスキニーパンツ

モードな雰囲気のブラックスキニーパンツで人気なのがRe:EDITの商品です。

足のラインにキレイにフィットしながら履けるブラックスキニーはまさに引き締め色!
ぽっちゃりさんでもスリムに見えるスキニーといえばやっぱりブラックがイチオシなんです。

リサイクル素材を利用した環境にやさしい原料でできているのも好感度高いでしょう。
サイズはXXS~4Lまでの8サイズもあるので、スキニーを諦めていた人もぜひチャレンジしたくなるパンツです。

スキニー初心者さんには、ブラックから履いてみるといいと思います。

ガードルや補正アイテムでヒップアップ


下がったヒップや肉感が出やすい太ももを整えるのにおすすめなのが補正アイテムです。

特にスキニーを履くときにはガードルや着圧タイプのレギンスなどでヒップから脚のラインを整えておくと、スキニーをキレイに着られます。

SANTE LABO STYLE UP レギュラーガードル

人気雑誌のLDKのベストバイガードルにも選ばれたガードルがこちら。
多くのファッションブロガーが紹介されているので気になっている方も多いかもしれません。

女子の気になる「腰のハミ肉」「骨盤まわり」「下腹」「ヒップ」「太もも」をキュッと引き締めます。
透け感のある素材が美しいガードルです。

6色あり、6サイズ展開でウエスト58cm~76cmまで対応。
ガードルも高いものだと万単位になりますが、こちらは2,500円以内で送料も込みなのも人気の理由でしょう。

ヒップに丸みが無い方にも、ガードルでヒップアップすることで足長に見せることができます。
※履いているときの一時的な効果になります

バンビウォーター 着圧レギンス

補正効果のあるレギンスだとお腹周りから足首まで心地よい引き締めができます。

お腹をすっぽりと包み込むタイプの着圧レギンスなので、スキニーを履いたときのポッコリお腹にも◎。
美脚メイクだけでなく、むくみ予防もできるので仕事中にも着用したいレギンスです。

お腹、太もも、ふくらはぎ、足首でかかる圧力が変わる設計になっており、下半身のラインを整えます。
日中だけでなく、夜寝るときにも履ける長時間着用できるタイプなんですよ。

下半身のラインが整うと足が細く見えるだけでなく、長く見えるのもうれしいところです。
※履いている時の一時的な効果になります

関連記事

ブーツインする


スキニーを履くときに足が細く見える最後の裏技として、ブーツインすることで細見えが叶います。
膝下にボリュームを持たすことで、太ももが細く見えるというマジック!

今年はゆったり系のロングブーツがトレンドなので、スキニーと合わせると格段とハードルが低くなるのでおすすめです。

SESTO ローヒールロングブーツ

スキニーに合わせるブーツは、敢えて装飾のないシンプルなタイプだと大人っぽいです。
柔らかい素材で履きやすくお手頃価格なので、わりとすぐに完売しますが何度か入荷されるので、入荷ボタンを押しておくとメールで通知がきます。

ヒールは約3cmのチャンキーヒールで履きやすく、フェイクレザーなので雨の日にも気兼ねなく履けるブーツでしょう。
冬は防寒にもなるし、スキニー+ブーツで冷えやすい足元をカバーすることでむくみ予防にもなりますよ。

welleg ニーハイブーツ

ニーハイブーツは太ももまである長いブーツですが、こちらは2WAY使用で折り曲げると膝下になるのです。
スキニー合わせは好みでどちらの長さでも合いそうですね。

一見ローヒールっぽく見えますが、4cmヒールなので足長効果もばっちりです。
後ろにファスナーがありますが、膝裏にはかからないように切り込みが入っているのがとてもいいなと思いました。

ニーハイブーツは足を曲げるときに長さがあると、ややストレスを感じますが膝裏に当たらないデザインなので足が曲げやすいからストレスフリー!

スキニーと合わせると脚が出る部分が少なくなるので、わりと抵抗なくチャレンジできる人も多いものです。

スキニーはキュートなモテアイテム


スキニーはデートにもおすすめなモテアイテムで女っぽくカジュアルに着こなせるので、スキニーが嫌いな男子はいないのでは?と思います。
脚にフィットしてヒップラインが出るので、とっても色っぽいんですよね。

先日見かけた素敵なスキニー女子は、濃いめのスキニーデニムに足首を出してヒールが高めのパンプスを履いていました。
トップスはオフホワイトのざっくりしたニットを着ていて、ゆったりとしたお腹が隠れる丈で後ろはヒップをカバーする長め丈でとても素敵だったのです♡

わりと小柄な方でしたが、隠すと見せるの調整が絶妙でとても上手くバランスをとっていました。
背が高くなくても、下半身にコンプレックスがあっても着方や選び方でスキニーはキレイに着られます!

ハードルが低いほうから試すなら、オーバーサイズニットでおしりとお腹を隠して、ロングブーツを履く。
これだと出ている部分が太ももの一部分なので、出来そうな気がしませんか?

ショートブーツやスニーカー合わせなら、ガードルや着圧レギンスやタイツで補正して着てもキレイだと思いますよ。
スキニー似合わない女から脱却してこの冬は、スキニー似合う女に変身してみてください♡

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クリム(ライター)
クリム

女性のキレイを応援する美容家

大手エステティックサロンにて トータル美容に8年携わる。 コスメコンシェルジュ取得。 @コスメビューティスペシャリスト認定

このライターの記事を見る