色落ちしないシャンプー市販のおすすめは?カラーシャンプーもご紹介

ヘアカラー後には色落ちしないようにカラーを長持ちさせたいですよね。せっかく入れたカラーを長く楽しむためにはシャンプー選びが大切です。今回は比較的色落ちしないシャンプーを市販品からご紹介します。市販のカラーシャンプーなども一緒に紹介しますよ♡

  1. ヘアカラーしたあと時間が経つとなぜ色落ちするの?
  2. ヘアカラーした後、色落ちしないためにはどうする?
  3. 色落ちしないシャンプーとは?
  4. 色落ちしないシャンプー市販のおすすめ5選!
  5. 色落ちしない市販のカラーシャンプーおすすめ9選
  6. カラートリートメントも効果がある!
  7. 色落ちしないヘアカラーって何色?
  8. ブリーチした髪の方が色落ちしやすい?
  9. 市販の色落ちしないシャンプーで髪色キープ!

ヘアカラーしたあと時間が経つとなぜ色落ちするの?


ヘアサロンでヘアカラーをした後、しばらくの間はきれいな髪色を保てますよね。
しかし染めてからしばらく経つと、きれいに染めたヘアカラーが退色してしまうという人が多いです。

せっかく染めたヘアカラーが、なぜ色落ちしてしまうのか知っていますか?
それは、髪の毛を染める時に開いてしまったキューティクルがヘアカラーの色を保てずに、色素が流れていってしまうからなのです。

実はヘアカラーというのは、元々の髪の毛のメラニン色素を壊すことによって出来た隙間に新しくカラーを流し込んで色を付けているのですね。

つまり、元々の髪の色素を脱色させたところに、新たにカラー色素を入れて定着させるというのがカラーリングの仕組みなのです。

新しく入れたカラーが定着したかと思いきや、様々な原因によって流れて行ってしまう現象の事を『退色』や『色落ち』と言います。

ヘアカラーした後、色落ちしないためにはどうする?


それではヘアカラーをした後にできるだけ、色落ちしないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?
調べてみたところ、今からお伝えする6つの方法が特に効果があるということがわかりました。

少し気をつければ出来そうな事ばかりでしたので、詳しくお伝えしていきます!
毎回ヘアカラー後にすぐに色落ちしてしまうという人は、ぜひ試してみて下さいね!

ヘアカラーした日は帰宅後にシャンプーをしない!


まずは、ヘアカラーをした日に気をつけて欲しい事があります!
それは『ヘアカラーした日には、シャンプーをしてはいけない』という事です。

サロンでヘアカラーをした時に、美容師さんに「今日はシャンプーしなくていいですよ」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか?

実は新しく染めたヘアカラーが髪に完全に定着するには、48時間もかかると言われているのです。
48時間というと丸2日間ですので、それはちょっと厳しいという人が大多数ではないでしょうか?

その場合、せめて24時間はシャンプーをしないようにするだけでもだいぶ効果があるようです。
そうは言っても暑い時期には汗もかきますし、ヘアサロンでスタイリング剤を付けてもらう事もありますよね。

どうしても汗やスタイリング剤をシャワーで流したいという場合は、ぬるめのお湯だけで洗うようにしましょう。
シャンプーを使わずにお湯だけで洗っても、だいぶ髪の汚れは落ちますよ。

ちなみに、お湯の温度は38℃前後がベストです。
もし連休期間中に髪を染めた場合などで、可能であれば2日間はシャンプーを控えるかお湯だけで洗うようにしてみて下さい。

そうすると、カラーリング初期の色落ちはだいぶ防げるようになりますよ。
髪を洗った後にタオルドライをする時にはゴシゴシと強くこすらずに、タオルで髪の毛をふんわりと包んで、挟みこむように水分を吸収して下さいね。

タオルで強く摩擦を与えると、キューティクルが剥がれてせっかく入れたカラーが色落ちしてしまう事があります。

ヘアアイロンやコテの温度を低くする


毎日のヘアアセットの時に、ヘアアイロンやコテを使う人は多いのではないでしょうか?
実はヘアアイロンやコテの高温も、髪の色落ちの原因になるのです。

高い温度でアイロンなどを使用する事によって、キューティクルが破壊されて色落ちしてしまうので使用温度に気を付けましょう!
120~160℃の設定で使うと、髪が傷みにくくなり色の持ちも良くなります。

ヘアカラーやブリーチをした髪の場合は、180℃以上の高温だと髪が傷みヘアカラーも色落ちしやすくなります。
私も今まで、いつも180℃でヘアアイロンを使用していました。

180℃だと高温なだけあってセット効果はかなり強いです。
でもカラーの色落ちはやはり気になっていました。

今後は、もう少し低い温度で使用するように心がけていこうと思います。
また、ドライヤーの熱もヘアカラーの色落ちに関係してきます。

ドライヤーで髪を乾かす前には、オイルトリートメントなどでケアをしっかりしてから使いましょう。

紫外線を当てないように気をつける


紫外線を多く浴びると、髪の毛のキューティクルが破壊されて色落ちしてしまいやすくなります。
長時間、外にいる時には髪にも紫外線を当てないように気をつけましょう!

帽子を被る、日陰にいるようにする、などの対策で髪の日焼けを防ぐ事が大切です。
また、最近は髪の毛専用の日焼け止めUVスプレーもあります。

顔や身体と同様に、髪の毛にも日焼け止めのケアをしてから外出するとベストです。
紫外線を多く浴びてしまったな、と思った場合はその日のうちにお風呂でのトリートメントをいつもより念入りにしてあげると効果的です。

ヘアサロンのトリートメント


ヘアサロンでヘアカラーをしてもらった時に、同時にトリートメントもしてもらうと色落ちしにくくなり、髪色を長く楽しめますよ。
ヘアカラー直後の髪のキューティクルに蓋をしてあげる事で、色落ちを防ぐことができるのです。

集中的に行う本格的なトリートメントの他に、シャンプー台で行える簡易的なトリートメントもあります。
またプラス1000円位で、カラーリング剤にオイルトリートメントを加えてくれるメニューもサロンによってはありますよ。

本格的なトリートメントでなくても、サロンで行うトリートメントなら効果が高いので試してみて下さいね。
髪の手触りもツルツルになりますし、何よりも色落ちしにくくなるのでおすすめです!

理想としているカラーよりも2トーン暗めに染める


もともと自分がなりたいと思っている理想のヘアカラーよりも2トーン程、暗めに染めてもらった方が、理想の髪色を楽しめます。

いくら念入りにケアをしていても次に染めるまでの間に、ある程度の色落ちはしてしまいます。
特に、ブリーチをしていたりハイトーンのカラーで染めている場合は色落ちが早いかもしれません。

そのため、明るめのヘアカラーを希望する時には美容師さんとよく相談して、理想のカラーより2トーン程暗めに染めてもらうのもおすすめです。

そうすると、長い期間色落ちを気にせずに理想のカラーを楽しめますよ♪

シャンプーを変える


色落ちしないシャンプーについて美容師さんに聞くと、必ず言われる事なのですが、どうしても市販のシャンプーで色落ちしてしまうのはしょうがないとの事です。

市販のシャンプーは洗浄力が強いので、ほぼ全部色落ちしやすくなってしまうのだとか。
サロン専売品のシャンプーだと市販品とは配合できる成分が違い、洗浄力が優しいので色落ちしにくいのだそうです。

洗浄力が優しいと言っても、汚れはきちんと落とせるのでご安心くださいね。
さらに、髪へのダメージや与える効果も全然違うので、余裕があるなら少し高くなってしまいますが、サロンのシャンプーを買うのが一番です。

その方が、結果的に色落ちも防げて髪色も長持ちさせられますよ。
もし、サロンのシャンプーが高いという理由で市販品を選ぶなら『カラーシャンプー』がベストです。

そうは言っても、『カラーシャンプー』も普通のシャンプーよりはちょっぴり割高ですよね。
カラーシャンプーを毎日使うのは負担が大きいと感じるなら、『カラーリングした髪用』と表示されている市販シャンプーと交互に使うのがおすすめですよ。

市販の『比較的色落ちしないシャンプー』と『カラーシャンプー』のおすすめについては、この後詳しくご紹介していますので参考にしてみて下さいね!

色落ちしないシャンプーとは?


市販のシャンプーはサロン専売品のシャンプーに比べると洗浄力が強い分、ヘアカラーが色落ちしやすいという事をご説明しました。
しかしシャンプーは毎日使用する物ですから、高価なサロン用シャンプーを使い続けるのは厳しいという現実も。

市販のシャンプーで、比較的色落ちしないシャンプーを選ぶとしたらどのように選ぶと良いのでしょうか?
カラーシャンプーを使うのも1つの方法であることを先程、ご紹介しました。

しかし、カラーシャンプーも毎日使うと割高になるのが事実です。
なのでカラーシャンプーと、市販の色落ちしにくいシャンプーを交互に使用するとよいでしょう。

市販のシャンプーで比較的色落ちしない物を選ぶ時のポイントは、以下のようになります。

洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーを選ぶ


まずご紹介したいのが、アミノ酸系のシャンプーです。
アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が優しいので、髪や頭皮へのダメージが少ないのが特徴です。

髪が乾燥するのも防いでくれ、キューティクルが壊れないように守ってくれますよ。
キューティクルを守ることによって、ヘアカラーの色が流れて色落ちするのを防いでくれる効果があるのです。

補修成分が入っているシャンプーを選ぶ


毛髪補修成分が入っているシャンプーを選ぶのも重要です。
髪を補修してくれる作用がある「ケラチン」が配合されているシャンプーは特におすすめですよ。

ケラチンはタンパク質でもあるので、毛髪の補修効果に優れています。
カラーだけでなく、パーマで傷んだ髪にも補修効果を発揮してくれます。

パーマの持ちも良くなるので、パーマも同時にかけている人にとって「ケラチン」は必須な成分ですね。

ヘマチンが配合されているシャンプーを選ぶ


「ヘマチン」もカラー後の髪のケアには重要な成分です。
ヘマチンはクエン酸などと同様に、ヘアカラー後の髪のPH値を弱酸性に変えてくれる働きを持っています。

ヘアカラーの色を長持ちさせる効果があるので、ヘアカラー後に選ぶシャンプーの成分としてはマストですね!
ヘアサロンでもヘアカラー後に使用される事が多いのが、ヘマチン配合のシャンプーです。

ヘマチンには色を長持ちさせる働きだけでなく、傷んだ髪を補修してくれる効果もありますよ。
ゴワゴワとした手触りの髪を修復してくれるなど、髪の内部や表面にも効いていきますよ。

色落ちしないシャンプー市販のおすすめ5選!


市販のシャンプーで比較的色落ちしないシャンプーの特徴や選び方をご紹介してきました。
ここからは、実際に市販のシャンプーの中からカラーシャンプー以外のおすすめシャンプーをご紹介します。

カラーシャンプーについては、次の項目でまとめてご紹介していきますよ。
ここではサロン専売品以外の、ドラッグストアなどの店舗やネット通販で買える物をご紹介します。

お手頃価格の物もありますので、参考にしてみて下さいね!

パンテーン ミラクルズ シャンプー カラーシャイン

『パンテーン ミラクルズ シャンプー カラーシャイン』は、ドラッグストアなどで手軽に買えるので使っている人も多いシャンプーです。

色落ちしない市販シャンプーの中ではポピュラーで価格も安いので、カラー後専用シャンプーを初めて買う人にも良いのではないでしょうか?

特に、アッシュやグレージュなどのカラーの色落ちを防いでくれる働きをしてくれます。
また、色落ち防止効果があるので黄ばみやすいブラウンカラーの人にもおすすめです。

白髪染のダメージが気になっている大人の女性にも支持されていて、幅広い年代の人に人気のシャンプーです。
ドラッグストアなどで、スターターキットも販売されているのでお試ししやすいのも嬉しいですね。

私も使っていますが、香りが良いので使っている時にリフレッシュ効果を感じています。
メンズの香水のような、少しスパイシーで爽やかな香りを楽しめますよ。

この爽やかな香りは、フローラル×ジャスミンなのだそうです。
トリートメントもセットで使うのがおすすめですよ!

コーセー スティーブンノル カラーコントロール シャンプー

『コーセー スティーブンノル カラーコントロール シャンプー』もドラッグストアなどで手に入りやすいシャンプーです。
こちらも、カラーケアに特化したシャンプーで「カラーキープ処方」が売りの商品です。

アミノ酸を含むトリュフエキスが配合されているだけあって、カラーした髪を守りながらなめらかに洗い上げてくれますよ。
こちらは、私が以前使っていてかなり気に入っていたシャンプーです。

若干ムスク系のような独特の香りで、とても癒される香りです。
このシャンプーを使うと、次の日の髪のまとまりや手触りが全然違うので気に入っていました。

次回はまたこのシャンプーにしようと思っています。

Dianeパーフェクトビューティ ミラクルユー

『Dianeパーフェクトビューティ ミラクルユー』は市販シャンプーの中でも人気の高い、Dianeシリーズから発売されている商品です。

Dianeといえばおしゃれなパッケージや香りが特徴的で、使うだけで女子力がアップするようなシリーズですよね。

そんなDianeからカラーケアもできるシャンプーとして売り出されているのが『パーフェクトビューティ ミラクルユー』です。
カラーキープ効果の他に、枝毛防止効果もありますよ。

Dianeシリーズは全体的にもっちりとした使用感が特徴で、髪の毛がトゥルン!としたなめらかな手触りになりますよ。

プリオール カラーケアシャンプー

『プリオール カラーケアシャンプー』は、大人の女性向けのブランド、プリオールから生まれたシャンプーです。
大人女性向けという事で、白髪染めカラーの色持ちを良くするのがコンセプトのシャンプーです。

白髪染めだけでなく、普通のヘアカラーの色持ちも良くなるので、若い世代にもおすすめのカラーケアシャンプーなのです。
ヘアカラーだけでなく、元々の髪の色素が流出するのを防ぐ効果があるのも嬉しいですね!

ヴィアロップ カラーケアシャンプー

『ヴィアロップ カラーケアシャンプー』も、市販のシャンプーの中では色落ちしないシャンプーとしておすすめです。
こちらも、元々は大人世代の白髪ケア対策のシャンプーです。

しかし、白髪染めではない普通のヘアカラーの色落ちも防いでくれます。
また、指通りなめらかな仕上がりを目指して作っているのでヘアケア効果も抜群ですよ。

市販のカラーケアシャンプーの中では、比較的プチプラなのも嬉しいですね。
お試し用の使いきりパックもドラッグストアで売っていることがあるので、見かけたら1回試してみるのも◎

色落ちしない市販のカラーシャンプーおすすめ9選


ここまでは市販のシャンプーの中では、比較的色落ちしないシャンプーをご紹介しました。

カラーした髪に使用するコンセプトのシリーズから出ているシャンプーなら、カラーケア効果があるので比較的色落ちしにくいです。

さらにここからは、カラーケアをするだけでなく髪にカラーを入れる効果もあるカラーシャンプーのおすすめをご紹介していきます。

カラーシャンプーを選ぶ時には、色素が濃い物にこだわって選びましょう。
色素が濃いシャンプーならしっかりとカラーが髪に入り込むので、色持ちも良くなりますよ。

ここからは、各カラーごとにおすすめのカラーシャンプーをご紹介していきます!

ムラサキシャンプー


ムラサキシャンプーはヘアカラーの色持ち効果がある事で有名なので、使用している人も多いですよね!

ずっと前から人気があるカラーシャンプーなので、カラーシャンプーといえばムラサキシャンプーというイメージもあるかもしれません。

ムラサキシャンプーには、特にアッシュカラーの黄ばみを抑える効果があります。
アッシュカラーを色落ちさせずに長く楽しむためには不可欠とされています。

ロイド カラーシャンプー ムラサキ

ムラサキシャンプーの代表といえば、『ロイド カラーシャンプー 』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
ムラサキシャンプーの中でも爆発的な人気で、ベストセラーにもなっています!

特にブリーチをしてハイカラーのブロンドにしている人からの支持が高く、黄ばみを抑えられると評判です。
また、マットの色味も強く出てくるのでアッシュカラーを長持ちさせたいという人からも人気です。

「カラーシャンプーのおすすめは?」という話題になったら必ず名前が出てくるのがロイドのムラサキシャンプーなので、口コミでの評価は高いと思います。

ロイドのカラーシャンプーは大容量なので、コスパもかなり高いと思いますよ!

シュワルツコフ グッバイイエロー カラーシャンプー

『シュワルツコフ グッバイイエロー カラーシャンプー』はムラサキシャンプーの中では比較的プチプラなので、初めてのムラサキシャンプーとして試すのも◎

プチプラなので、ケチケチせずに毎日心おきなく使用できるのもありがたいですね。
プチプラだけれど、効果はすごいと評判です。

特に黄ばみを消す効果が強く感じられるので、ブリーチしている人に支持されています。
ブリーチ後にカラーをするダブルカラーをした場合に、色が長持ちするという意見が多いシャンプーです。

カラタスシャンプー ヒートケア パープル

ムラサキシャンプーのおすすめをもうひとつ、ご紹介します。
こちらの『カラタスシャンプー ヒートケア パープル』です。

カラタスのカラーシャンプーは、美容師さんからの評判もいいです。

退色や黄味をカバーするのはもちろんなのですが、ドライヤーの熱から守ってくれる効果もあるシャンプーでケア効果が高い事からおすすめする美容師さんが多いです。

さらに、複数のアミノ酸が配合されているので優しい洗浄力も特徴ですよ。

アミノ酸配合のシャンプーはカラーの色持ちを保つシャンプーとしての効果が高いので、その点からもおすすめできるムラサキシャンプーですね!

ピンクシャンプー


若い世代を中心にピンクヘアカラーの人気が続いているので、ピンクのカラーシャンプーも最近は売れています。

特に淡いピンクカラーにしている女子達からの支持が高く、きれいなピンクカラーを保つためにはピンクシャンプーが欠かせないとされています。

ピンクカラーのシャンプーは、各ブランドでムラサキシャンプーと同じように力を入れていて、選ぶのに迷ってしまうくらいたくさんの種類が販売されています。

その中でもおすすめな、人気のピンクシャンプーはこちらです。

ホーユー ソマルカカラーシャンプー ピンク

ピンクのカラーシャンプーで人気なのが、ホーユーの『ソマルカカラーシャンプー』です。
とにかくピンクの色素が、グングン髪に入っていくという事で人気を集めています。

カラーシャンプー特有の、キシキシした感じが少ないというのも人気の秘密です。
同シリーズのカラートリートメントと一緒に使用すると、効果抜群です。

きれいなピンクカラーを長く楽しめますよ!

エンシェールズカラーシャンプー ホットピンク

カラーバターで有名なエンシェールズの『カラーシャンプー』の ホットピンクも人気です。
こちらはカラーバターで培った技術を、カラーシャンプーにも活かしているのが特徴です。

染まりが良いので、リピーターが続出しているピンクシャンプーでもありますよ。
独特の香りですが、中毒性があってハマってしまう人が多いです。

この香りを嗅ぎたくて、リピート買いする人も多いんですよ。
エンシェールズ愛好家に聞くと「同じエンシェールズのカラーバターよりもムラになりにくいので使いやすい」との意見もあります。

潤い効果があるヒアルロン酸配合なのも、美容に気を使う女子にとっては嬉しいですね!

ベージュシャンプー


ミルクティーやベージュなど淡い色のヘアカラーの人気がますます高まっている今、カラーシャンプーでもミルクティーやベージュ、ブラウン系の色味が売れています。

ここからは、ミルクティーやブラウンのカラーシャンプーのおすすめをご紹介したいと思います。

エンシェールズ カラーシャンプー ミルクティー

ミルクティーのヘアカラーをしている女子から熱い支持を受けているのが『エンシェールズ カラーシャンプー』です。
ミルクティーのカラーシャンプーといえば、エンシェールズというイメージもある程です。

ミルクティーカラーを追求して作られた色なので、理想の髪色になれますよ。
カラーシャンプーの中では泡立ちが良く、使いやすいのも特徴です。

ブリーチした髪には特にカラーが入りやすく、効果が実感できます。
美容師さんからの支持も高いベージュシャンプーです。

色の入りが良すぎて、毎日使用していたら「思ったより濃いブラウンに近くなってしまった」という結果報告もあるので、使用回数や頻度はお好みで調節して下さい。

ホーユー ソマルカ カラーシャンプー ブラウン

外人風ベージュヘアカラーの人気が高まっている今、需要が増えているのがベージュやブラウン系のシャンプーです。
『ホーユー ソマルカ カラーシャンプー』の ブラウンも、きれいに色が入るカラーシャンプーという事で人気を集めています。

明るめになってしまったブリーチヘアーに使うと、ピンクブラウンのような髪色になります。

また明るくなり過ぎた髪に複数回使うと、きちんとブラウン系の色が入るので、ヘアサロンに行く回数を抑えたい人にもおすすめです。

職場や学校が厳しいのにヘアカラーが色落ちしてしまい困っている、というような人にもおすすめなカラーシャンプーです。

シルバーシャンプー


最近はクールなグレーやシルバーなど寒色系の髪色が注目を集めてるので、シルバーのカラーシャンプーも需要が高いです。
ここからは、シルバーのカラーシャンプーのおすすめをご紹介したいと思います。

グレーやシルバー系のカラーを入れている人はぜひ試してみて下さい!

ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー Si シルバー

シルバー系のカラーシャンプーとして人気なのは、『ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー 』のSi シルバーです。
シルバーという名前ですが、アッシュ系などの寒色の色落ちを抑えてくれる働きがあります。

アッシュ系のシルバーカラーを長持ちさせてくれますよ。
このシリーズは、私も美容師さんからおすすめされたことがあり、プロも認める安心な品質が特徴です。

シュワルツコフ BC カラーフリーズ pH 4.5 シルバーシャンプー

シュワルツコフの『BC カラーフリーズ pH 4.5 シルバーシャンプー』は、とにかくコスパが良いと言われているカラーシャンプーです。

1000mlもの大容量なので、ケチらずにたっぷり使えますよ。
 
「他のカラーシャンプーでは色落ちしてしまう」という人が、このカラーシャンプーを使ったら、いつもよりカラーが長持ちしたという実例もありますよ。
 
海外メーカーで、派手なヘアカラーを得意としているシュワルツコフが作っているシャンプーとなので、派手な寒色系カラーも長持ちするようです。
 
ブリーチを繰り返した髪に使うと、きれいなシルバーカラーになりますよ。

カラートリートメントも効果がある!


市販品の中では色落ちしないシャンプーや、カラーシャンプーについてご紹介してきました。
カラーシャンプーなら、色持ちを良くしながら色を入れてくれる効果もあるという事もご説明しました。

最近は、カラーシャンプーと似たような働きをするカラートリートメントもたくさんの種類が出ていて人気を集めています。
ここでは、カラートリートメントのおすすめも参考までにご紹介したいと思います。

エンシェールズ カラートリートメントバター ネイビーブルー

カラートリートメントの中で、髪が染まる効果が高い事で知られているのは『エンシェールズ カラートリートメントバター』です。

その中でも、ネイビーブルーはアッシュ系のカラーに染まるという事で人気が高い色です。

塗ってから長時間放置したり、ハイブリーチしている髪の毛に使うと染まり過ぎて青くなるので、最初は短時間から試してみるのがおすすめです。

暗い髪色の人が使うと、アッシュ系のニュアンスが入るレベルの仕上がりになります。
エンシェールズは、とにかくカラーがたくさんあって選び放題なのが嬉しいところ。

じっくりと吟味してからカラーを選ぶのがおすすめです。

マカロンパレット カラーワックス SGサクラグレージュ

カラートリートメントでもうひとつおすすめしたいのが『マカロンパレット カラーワックス』の SGサクラグレージュです。
こちらは私が最近実際に使用して、かなり効果があったのでおすすめしたいと思いました。

先日ドラッグストアで小袋入りで売っていたので、試しに買って使用してみました。
使用したのはサクラグレージュというカラーで、手に出してみると、まさにグレー色のカラートリートメントでした。

使用前の私のヘアカラーはブリーチのせいで、オレンジがかった明るめのカラーでした。
バスト位の長さのセミロングで、1袋ではちょっと足りませんでした。

セミロング~ロングの人は2袋以上準備した方がいいと思います。
全体に塗り込んでから7分程放置したあと、流してみると落ち着いたアッシュベージュのようなカラーになりました!

元々の髪の色によって、完成カラーは変化すると思うのですがサクラグレージュは割としっかり色が入ったのでおすすめできると思います。

色落ちしないヘアカラーって何色?


ここまで、色落ちしないシャンプーやカラーシャンプーについて説明してきました。
色落ちさせたくないと思ってカラーケアをするわけですが、そもそも色落ちしにくいヘアカラーってどんな色なのでしょうか?

せっかくお金を出して染めるヘアカラーですから、どうせなら長持ちする色の方がいいですよね。
という訳で、色落ちしにくいカラーを調べてみました。

色落ちしにくいカラーは、ミルクティーやベージュ、ラベンダーカラーなどです。
反対に色落ちしやすいと言われているのが、赤系やピンクなどのカラーになります。

アッシュは、人によってだいぶ違いがあるようですね。
ブリーチして傷んだ髪にアッシュだけで染めると、色が抜けやすいです。

アッシュ系で染めたい場合は、アッシュベージュやアッシュグレーなど、他の色と混ぜると少し持ちがよくなりますよ。
ちなみに、色落ちする過程もきれいな色を楽しめるのがネイビーやアッシュグレーのカラーになります。

色落ちしていく時も外人風の髪色に変化していくので、その過程も楽しめるカラーとしておすすめです!

ブリーチした髪の方が色落ちしやすい?


ブリーチした髪は、その上に重ねるカラーが思い通りに発色するのが魅力ですよね!
思い描いていた理想通りの色に発色させたくてブリーチをする人は多いです。

しかし、上に重ねたカラーの色持ちは決して良くないのが事実です。
髪質や重ねるカラーとの相性にもよりますが、下手したら2週間くらいで色落ちする事も…。

やはり、ブリーチをしていない髪に比べたら色落ちしやすいのは否定できませんね。
それでもカラーシャンプーなどでケアをしていけば、長持ちさせることは可能です。

最初は濃いめに色を入れてもらい、徐々に色落ちしていって最終的に理想の色に近づけるのも、長く色を楽しむためには有効です。

ミルクティーやベージュなどのカラーは、最初は濃いめに入れてもらって、最終的に目的のカラーになるまでの過程を楽しめるのでおすすめです。

ブリーチしている人の場合、サロンでカラーする時には、最終的になりたい色の見本を見せて相談するのがおすすめです。

カラー当日に色を完成させるのではなく、色落ちしながら完成させるイメージでカラーすると、長い期間楽しめますよ。

市販の色落ちしないシャンプーで髪色キープ!


今回は、市販のシャンプーで色落ちしない物や、カラーシャンプーなどをご紹介しました。
ヘアカラーは、メイクやファッションと同じくらいメンタルに作用する重要なポイントです。

気に入った髪色になれば、毎日元気で前向きに過ごせますよね!
また髪の色が素敵だと、それだけでファッションもおしゃれに見えてきますよ!

せっかく入れたお気に入りのヘアカラーを長く楽しむためには、シャンプーなどで色落ちを防いでしっかりとケアをしていきましょう♪

この記事をシェア

Twitter
Facebook
早乙女フミカ(ライター)
早乙女フミカ

アパレル3店舗経験のライター。ファッションの事を詳しくご紹介します。 女性らしいモテファッションやオフィスカジュアルならおまかせ。クドカンのドラマと読書が好き。