2021.11.25

唇にニキビが!急に口周りにできるのはなぜ?4つの予防法とは

唇にニキビができたことはあるでしょうか。また、ニキビが口周りにできやすいという方もいるでしょう。正しく対処しないと、ニキビ跡になったり、くり返しできてしまったりするかもしれません。唇のニキビの原因や対処法について、わかりやすく解説します!

新陳代謝の低下


大きなストレスや睡眠不足などにより、新陳代謝が低下することがあります。
古い角質が剥がれ、新しい細胞が表面へと出てくる「ターンオーバー」を肌はくり返しています。

新陳代謝が低下すると、このターンオーバーのサイクルが乱れます。
肌は本来の力を発揮できず、乾燥してしまうことに。

乾燥すると肌は「潤さなくちゃ!」と皮脂を分泌し、毛穴が詰まってしまいます。
その皮脂が、白く目立つニキビになることも。

胃腸の不調


口の周辺にできるニキビは、胃腸が弱っているとできやすいとされています。
消化不良が起き、老廃物が排出されにくくなると、肌に影響が……。

また頭痛薬を頻繁に飲むなど、胃に負荷をかけることが原因になるケースもあります。

外部からの刺激


口周りの産毛の過剰なお手入れが、ニキビの原因となることがあります。
カミソリで頻繁にお手入れしすぎると、肌に刺激を与えてしまうことに。

剃りにくいカミソリを使うと、思うように剃れず肌への刺激がアップする可能性も。

また、洗顔料のすすぎ残しがニキビの原因になることがあります。
そのほか、化粧品や薬などに反応し、口周りにニキビができてしまうこともあります。

ニキビができてしまった時の対処法


唇や口周りにニキビができてしまっても、触らないようにしましょう!

グロスなどを塗ることで、治りにくくなることもあります。
できるだけ刺激を与えないように注意しましょう。

また唇のニキビかと思っているものが、ヘルペスだったという可能性も。
判断できない場合は、皮膚科のお医者さんに見てもらいましょう。

薬局でニキビの薬が市販されていますが、自己判断だけで選ばずに専門家に相談すると安心です。

関連記事

ニキビの予防法4つ


きれいな肌を保つために大切なのは、日頃の予防。
すぐに試せる方法をご紹介します!

肌に刺激を与えない


顔の皮脂を洗い流すことは大切ですが、洗いすぎもNG。

こすらないように注意しながら、優しく汚れを洗い流しましょう。
洗顔料が顔に残らないようにすすぐことも大切です。

「肌の汚れを落としたい!」と思いついつい使いたくなりますが、強いピーリング効果のある洗顔料も要注意。
肌に優しい洗顔料を選ぶようにしましょう。

産毛のお手入れをする時には、肌を傷つけないよう注意を払いましょう。
肌に刃が触れないタイプのシェーバーを選ぶなど、刺激を減らすことが大切です。

切れ味が悪くなったカミソリやシェーバーは忘れずに取り替えることをおすすめします。

生活を整える


きれいな肌のために大切なのは、やっぱり睡眠。
睡眠時間だけではなく、質のよさも意識しましょう。

  • 寝る前に飲んだり食べたりしない
  • テレビやスマホといった画面は見ない
  • ベッドに入る2時間ほど前に入浴する

上記のような工夫を取り入れ、深く眠れるようになることが理想的です。
毎晩同じような時間に自然と眠りに入れるようなリズムも大切です。

また、バランスのいい食事を心がけ、タバコやお酒は適量にしましょう。

乾燥対策は万全に


ニキビができると「顔に皮脂が多いのでは?」と感じることがあるかもしれません。
しかし、ニキビの原因が実は乾燥という可能性もあります。

ニキビができているからといって、洗顔料で洗いすぎたり、保湿を簡単に済ませたりすることは避けましょう。

化粧水や保湿クリームなどで、十分に潤いを与えます。
シートマスクを使うのも効果的です。

日頃から、部屋の湿度を気にかけることも大切です。

乾燥しがちな秋冬はもちろん、クーラーの稼働している夏も気を抜かずに!
できれば湿度計を置き、一年を通して湿度を気にかけましょう。

職場の環境や外出の頻度によっては、なかなか加湿器が使える環境にいられないという方もいるでしょう。
スキンケア用品やメイク用品など保湿効果の高いアイテムを意識して使い、乾燥対策をしていきましょう!

ストレス発散


過剰なストレスは、肌のターンオーバーがうまくいかない原因に。
ストレスを発散する機会を意識して持つといいでしょう。

  • シャワーで済ませず、湯船でゆっくりとバスタイムを楽しむ
  • キャンドルやアロマグッズなどでリラックス
  • 信頼できる人とのおしゃべりを楽しむ

リラックスするための方法は人それぞれ。
自分にとって落ち着く方法をいくつか用意しておきましょう!

関連記事

まとめ


唇にニキビができる原因や、対処法などについてご紹介してきました!

唇のできものはヘルペスの可能性もあるので、自己判断は禁物です。
しかし普通のニキビであれば、日々の心がけで予防できることも。

刺激や乾燥に気をつけ、肌にとってストレスのない生活を送りたいですね。
睡眠や食事など、日々の生活を大切にすることもポイント。

リラックスタイムを作り自分を労るなど、気持ちの面からもアプローチしましょう。
ニキビをしっかりと予防して、輝く肌をキープしていきましょう!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
a_fuji(ライター)
a_fuji

Webライター、経営者サポート、社会福祉士のパラレルワーカー。穏やかに楽しく生きていく方法を模索中です。

このライターの記事を見る