結婚祝いプレゼントは何を贈るべき?選び方のコツと人気アイテム紹介

親しい友人やお世話になった方への結婚祝い。祝福の気持ちを込めて、喜んでもらえるプレゼントを贈りたいですよね。でもどんなものを選べばいいんだろう…?何か決まり事はあるのかな?と悩めるアナタに参考になる選び方や人気のアイテムを紹介します。

  1. 相場と選ぶコツ
  2. 結婚祝いの王道「ペア」もの
  3. 新居をオシャレに彩るインテリア系
  4. 新生活にお役立ち!実用的アイテム
  5. ふたり時間を楽しんでもらえる食べ物・飲み物系
  6. 「モノよりコト」記憶に残る体験ギフト
  7. まとめ

相場と選ぶコツ

結婚祝いプレゼントの金額相場

さてまずは結婚祝いプレゼントの金額相場を知っておきましょう。
予算感が無いと選ぶ基準も分かりませんよね。

金額は贈る相手によって変わります。
【友人や職場の同僚】…5,000~10,000円
【兄弟や親族】…5,000~30,000円

金額の幅は、関係性の強さによるものです。
あくまでも気持ちなので、必ずこの金額ということではありませんが、上記を目安にして、数人で出し合って高めのプレゼントにすれば、選択肢も広がりますね。

結婚式にお呼ばれしている場合は、ご祝儀も別で用意するわけですから、もう少し低めの金額2,000~5,000円くらいでも良いでしょう。
 

選び方のポイントを抑えよう

どんな観点でプレゼントを選べばよいか、下記のポイントを参考にしてください。

ズバリ欲しいモノを聞く

これは聞ける間柄に限定されてしまいますが、聞くことが可能ならズバリ聞くのが一番です。

渡す時のワクワク感は減ってしまうかもしれませんが、「これあまり好みじゃないな」とガッカリされずに済みますし、既に持っているものと被らないのも安心です。

やんわりと「〇〇を結婚祝いに贈ろうと思うんだけど、どう?他にリクエストあれば遠慮なく言ってね」と話を振ってみるのも良いでしょう。

好みが分からないなら「残らないもの」がベター

あまり好みじゃないけどプレゼントでもらった物だから捨てられない…。なんてコトありませんか?

欲しいものを直接聞きにくい&趣味や好きなテイストもあまり分からない場合は、後に残らないものを選ぶと良いでしょう。

食品や飲料、食事券や旅行券などの体験ギフトなど、形として残らないけれど思い出として記憶に残るもの、になります。

既に同居しているカップルや、年齢高めの方だと、必要なモノは既に揃っている事が多いので、特におすすめです。

相手のライフスタイルをイメージしよう

結婚するふたりの日々の生活パターンをイメージしてみると、「あったら嬉しい!」モノを思い付きそうです。

共働きで平日はふたりとも帰宅が遅く、夕食作りに時間を掛けられない、という生活スタイルなら、朝材料を放り込んでおけば帰宅時に料理が出来上がっている電気調理鍋があったら便利でしょう。

他にも、家事を楽にしてくれて時短になるグッズも喜ばれるはず。

自分じゃ買わないけど…貰うと嬉しいプチ贅沢品

普段よりちょっと高いお肉、予約しないと買えないこだわりのお取り寄せグルメ、質の良い今治のタオル、など、ちょっとだけ普段よりも贅沢なモノって、日常をとてもハッピーにしてくれますよね。

食材や生活必需品のちょっとこだわり版、という観点で探すと喜ばれるものが見つかるでしょう。
 

結婚祝いプレゼントを渡すタイミングはいつが良い?

結婚祝いプレゼントを渡すベストなタイミングは、贈る相手の結婚式に列席するorしないによって少し異なります。

結婚式に列席する場合は、『結婚式の1ヵ月前~1週間前』くらい

招待状の返事締め切りが式の1ヵ月前くらいに設定されているので、そのくらいの時期を目安に、結婚式も楽しみにしている事を伝えながら渡すと良いでしょう。

もし結婚式前に渡せなかった場合でも、当日持参するのは控えた方が良いです。
持ち帰る荷物が多くなってしまい、迷惑になってしまいます。

結婚式に列席しない場合は、『結婚式の後、1ヵ月以内』くらい

結婚式に列席しない(招待されていない)場合は、挙式前にプレゼントを渡すと、結婚式に招待しなかったことを本人が気にしてしまう事もあるので、気を遣わせないために、結婚式が終わって落ち着いた頃が良いでしょう。

結婚式をしない方の場合は、『報告を聞いてから1か月以内』を目安に

「おめでとう」という祝福の気持ちが伝わるように、なるべく早めに渡す方が良いですね。

吉日も念のため気にしておこう

日常で六輝を気にする人はあまりいませんが、冠婚葬祭ゴトとなると、気にする場合もあるでしょう。
結婚祝いを渡すなら、「大安」「先勝」の午前中が良いとされています。

とは言え、そうタイミングよく渡せるとも限りませんので、念のため「仏滅」は避ける程度の気遣いを。
 

結婚祝いの王道「ペア」もの


「結婚祝い」らしいプレゼントの定番と言えば、やはりペアグッズ!

新婚夫婦に使って欲しい、素敵なペアギフト商品は種類も豊富なので、たくさんの候補から選べます。

毎日の食卓をハッピーに彩るペア食器

マグカップ、グラス、タンブラー、プレート、夫婦茶碗、夫婦箸など、毎日使うモノがペアだと
新婚気分も高まりそうですね♪

ブランド物も良いですが、もったいなくて使えない~と棚の奥にしまわれてしまうのも寂しいので
日常使いできるカジュアルなテイストのものがおすすめです。

「名入れ」できる商品もたくさん出ています。追加料金も掛からず、文字やデザインのバリエーションが選べるなど、サービスも充実しているのも嬉しいですね。

納期が少し掛かる場合もあるので、少し早めにオーダーするようにしましょう。

ふたりのくつろぎタイムをイイ感じにしてくれるペアギフト

パジャマ、枕カバー、エプロンなどの布製品も結婚祝いにおすすめのペアギフトアイテムです。

「パジャマ」は外では恥ずかしくてペアルックを着られないふたりでも、ルームウエアなら照れながらも楽しんでもらえそうです。

自分じゃ買わない上質な「枕カバー」も睡眠の質を上げてくれるアイテムとして喜ばれます。

「エプロン」は、共働きでふたりともキッチンに立つことが多い夫婦に最適です。「旦那さんも料理手伝ってよね~」という新婦を応援するメッセージにもなりそうです♪
 

新居をオシャレに彩るインテリア系


結婚を機に新居で新生活をスタートさせるカップルも多いですよね。

ソファーやベッド、ダイニングテーブルなどの家具、冷蔵庫に洗濯機にテレビ、エアコンに…と
必需品を揃えるだけでもかなり出費がかさみます。

生活必需品以外のものにまでお金を掛けていられない、というのが正直なところではないでしょうか。

だからこそ、お部屋にさり気なく飾っておけるようなインテリアグッズを結婚祝いプレゼントに贈るのも素敵です。

フォトフレーム

スマホやタブレットで写真を見ることが多い現代では、写真をプリントアウトする機会も減っていますよね。

いつでも見られるから…と、大量に保存してはあるものの…。

そんな今だからこそ、写真を飾りたくなるような素敵なフォトフレームを結婚祝いにプレゼントするのもおすすめです。

結婚式の写真はもちろん、将来の家族の思い出のシーンを飾ってもらえたら嬉しいですね。

デザインはシンプルなモノが良いです。透明なガラス製やナチュラルウッドのフレームなどが、どんなお部屋にも違和感なくマッチするでしょう。

プリザーブドフラワーグッズ

お花が部屋にあると、パッっと華やかになり気分も癒されるものです。

生花をプレゼントするのもアリだと思いますが、長く飾っておけるプリザーブドフラワーを使ったインテリアグッズもたくさん出ているので、おすすめです。

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい時期に特殊な加工をし、長く保存できる状態にしたものです。

生花のような香りはありませんが、特殊な染料を使って様々な色の花が作られています。

ガラスや陶器の器にアレンジされたものや、壁掛けタイプのもの、フォトフレームと一緒になっているものなど、かなりバリエーションも豊富です。

最近お洒落な雑貨店などでよく見かける「ハーバリウム」も、プリザーブドフラワーを使った人気アイテムです。

透明感があって、窓辺に置くとキラキラ光が反射して綺麗です。ちょっとしたスペースに飾れるので、置き場所に困らないのもポイント。

お名前ポエム(ネームインポエム)

誰とも被らないオリジナリティーのある結婚祝いプレゼントを贈りたいなら、ふたりの名前の文字をつかったポエムをイラストや似顔絵と合わせたアート作品を選んでみてはいかがでしょうか。

世界に一つだけ、ふたりだけのために作られた心のこもったギフトになるので、お祝いの気持ちがより伝わりやすく、喜んでもらえるでしょう。

省スペースに飾れるフォトフレームサイズのものや、壁掛けタイプなど、バリエーションも豊富です。

結婚式のウエルカムボード用にプレゼントするのも素敵ですね。その場合は、既に用意している可能性もあるので、必ず確認してから贈るようにしましょう。
 

新生活にお役立ち!実用的アイテム


なんだかんだ言ってもやはり実用的なモノは喜ばれますよね。
中でもキッチン家電は、買い揃えたいアイテムも多いですし、お洒落なデザインのものも多いのでプレゼントに最適♪友達や同僚2~3人でお金を出し合って買うのに丁度良い価格帯も魅力です。

コーヒーメーカー

おすすめは、豆から挽くミル機能が付いたタイプのコーヒーメーカーです。ちょっとお値段高めにはなりますが、香りも味も全然違います。

何かと忙しい毎日、美味しいコーヒーでスタートできる幸せを贈りましょう。

炭酸水メーカー

自宅でいつでも炭酸水が楽しめる炭酸水メーカー。
シロップやお酒を割って飲んだり、美容のために洗顔に使ったり、用途は様々。近頃よく見かけるようになりましたが、まだ持っていない方も多いでしょう。

手動式と電動式があり、水だけでなくジュースにも使えるタイプもあります。

専用のボトルを繰り返し使うので、ペットボトルのゴミを減らすことにも繋がるエコなアイテム。

サステナブルへの意識が高まっている今だからこそ、新婚のふたりにも使って欲しいですね。

ハンディクリーナー

ちょっとしたホコリやゴミくずを見つけた時に、パッと使えるハンディクリーナーがあるととても便利♪

平日はなかなか掃除機をかける時間もない共働き夫婦には、特におすすめです。

リビングの隅に置いてもインテリアの邪魔をしないお洒落な見た目のモノを選ぶと喜ばれますね。

機能重視で選ぶなら、値段は高くなりますが、布団クリーナーと兼用で使えるものもあります。

ソファーやクッション、布団のハウスダストを吸い込むことができるので、赤ちゃんが生まれた後にも重宝しそうです。
 

ふたり時間を楽しんでもらえる食べ物・飲み物系


実用品は何でも持っていそうだし、インテリアにもこだわりが強そう…という場合は、後に残らない食べ物・飲み物系を選ぶと良いでしょう。

ひと昔前は「後に残らないもの=消えもの」とされて、お祝いに贈るのはNGでした。

今どきはもうそういった古い習慣やしきたりを気にする方も少なく、喜んで貰えるコトを優先するようになってきていますので、全く問題はありません。

結婚祝いに食品をプレゼントする場合に気を付けたいコト

貰った相手にできるだけ喜んでもらえるように、以下のポイントを参考にしてください。

日持ちするものを選ぶ

プレゼントを贈る時期は、結婚式の準備などで忙しく、ゆっくり食事をする時間も無いかもしれません。
ふたりの都合の良い時に食べられるように、すぐに食べなくてもある程度日持ちするものを選ぶようにしましょう。

食べ方がカンタンなものを選ぶ

せっかくだから…と珍しいものを選びたくなるのも分かりますが、「コレどうやって使うの?」と思うような海外の調味料セットを貰っても困りますよね。
調理方法も、焼くだけ・煮るだけのように手間が掛からないグルメセットなどが喜ばれます。

プチ贅沢気分

老舗有名店監修のお出汁、ミシュランガイド掲載店プロデュースのスープセットなど、珍しくもあり、リッチな気分も味わえるものもギフトに最適です。
 

「モノよりコト」記憶に残る体験ギフト


後に残らない消えものギフトとして、体験ギフトも近年人気になっています。
結婚式や新婚旅行をしない選択をするカップルも増えているので、非日常的な体験をすることは
とても良い記念になりますね。
レストランでの食事やクルージングをはじめ、パラグライダーやシュノーケリングなどのアウトドア体験、陶芸やキャンドル作りなど、かなり豊富なバリエーションがあります。
予算別にカタログギフトのようになっているので、何をするかはふたりに選んでもらえます。

カタログギフト

まとめ


結婚祝いのプレゼントに一番大切なのは「ふたりを祝福する気持ち」ですよね。

新郎新婦のことを想いながら、お伝えしたポイントを参考に、最高のプレゼントを選んで下さい。

一筆メッセージカードを添えると、さらに気持ちが伝わりますよ♪

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。