食事がめんどくさい・・・そんなあなたにオススメの完全栄養食3選!

その時の生活状況や心理状況で、食事の時間がめんどくさいと感じることがあります。しかし、毎日生活する上で必要な栄養をとらなければ、健康的な生活ができません。食事がめんどくさい時に、短時間の食事で栄養補給ができる「完全栄養食」を紹介します。

  1. 食事がめんどくさい
  2. 1日分の食事で必要な栄養の量は?
  3. めんどくさい時の完全栄養食
  4. オススメの完全栄養食3選!
  5. めんどくさいけれど食事は大切

食事がめんどくさい


「忙しくて食事なんてとっている時間ない」「暑くて料理するのも食べるのもめんどくさい」「お腹が満たされたらなんでもいい」
食事がめんどくさいと思う、そんな時があります。

健康的には必要だとわかっていても、食事そのものに興味がなくて、毎日3回の食事が苦痛に感じる人も。
人の体は、毎日の食事や運動でできています。

必要な栄養をとって、ある程度運動をしなければ、健康的な体や生活はできません。
わかっていても、その時の体調や状況、またはその人の思考により、食事がめんどくさいと思うことがあるでしょう。

「太りたくない!」と偏った考えでダイエットしてしまっている人にとっても、食事が苦痛になることがありますよね。
そのような気持ちを少しでもラクにしならが、生きていくために必要な栄養を摂取できる「完全栄養食」があります。

この記事では、完全栄養食についての説明と、オススメの完全栄養食についてお伝えします。

1日分の食事で必要な栄養の量は?


1日に必要な栄養について見ておきましょう。

厚生労働省の 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」(※1)では、食事バランスガイド(基本編)として、「何を」「どれだけ」食べたらよいかがわかるイラストがあります。

健康で豊かな食生活の実現を目的にして作られており、「食生活指針」を具体的に行動に結びつけやすくするため、2005年に厚生労働省と農林水産省が合同で作成しました。

これによると1日分の食事で必要な栄養の量は、次の通りです。

e-ヘルスネット「食事バランスガイド(基本編)

主食(ごはん・パン・麺)・・・5~7つ分


ごはん中盛りで4杯分が目安です。

1つ分はおおよそ、ごはん(小盛)・おにぎり1個・食パン1枚・ロールパン2個です。
ごはん中盛1杯で1.5つ分。
うどん1杯・もりそば1杯・スパゲッティー1皿は2つ分と考えます。

副菜(野菜・きのこ・いも・海藻類)・・・5~6つ分


野菜料理5皿程度を目安とします。

1つ分はおおよそ、野菜サラダ・酢の物・具沢山のお味噌汁・ほうれん草のおひたし・ひじきの煮物・煮豆・きのこソテーなど。
野菜の煮物や野菜炒め、芋の煮っころがしなどは、2つ分でカウントします。

主菜(肉・魚・卵・大豆料理)・・・3~5つ分


肉・魚・卵・大豆料理から3皿程度を目安とします。

1つ分の量は、冷ややっこ・納豆・目玉焼きぐらい。
焼き魚・魚のてんぷら・お刺身などの1人前くらいの量を2つ分と考えます。
ハンバーグステーキや豚のしょうが焼き、鶏肉の唐揚げは3つ分でカウントしましょう。

牛乳乳製品・・・2つ分


牛乳なら1本程度が目安です。

チーズ1かけ・スライスチーズ1枚・ヨーグルト1パックは1つ分とカウントします。

果物・・・2つ分


みかん2個程度を目安に摂取しましょう。
みかん1個・りんご半分・かき1個・梨半分・ぶどう半房・もも1個を1とカウントします。

これに必要な水分と運動をプラスした「健康的な食生活」を厚生労働省は推進しています。
バランスの良い食事が大切なことは、多くの人がわかっているでしょう。

しかし、どうしても仕事で疲れている時や何かに熱中したい時、食事に興味がもてない時などは、「作るのも食べるのもめんどくさい」という気持ちになりますよね。

そこでオススメするのが、最近話題になっている「完全栄養食」です。

めんどくさい時の完全栄養食


どうしても食事がめんどくさい時には「完全栄養食」に頼ってみるのはいかがでしょうか。
最近話題になっているパンの他、何年も前から販売されているブロックタイプ、ゼリータイプ、粉を水や牛乳などで割って作るドリンクタイプなどがあります。

短時間にバランス良く栄養を摂取できるので、食事と置き換えする人も。
朝寝坊してあわてている朝や、ダイエット中で摂取カロリーを抑えたい人に選ばれています。

できるだけ自炊して食事をとったほうが良いのはわかっているものの、その時の生活状況や心理状況でどうしてもめんどくさいと感じることがあるでしょう。

しかし、健康的に生きていく上では、バランス良く栄養をとる必要があり、そこを怠ると、身体の健康状態が保てなくなります。
時には市販の「完全栄養食」に頼ってみても良いのではないでしょうか。

オススメの完全栄養食3選!


食事がめんどくさい時にでも、バランス良く栄養を摂取できるオススメの「完全栄養食」を紹介します。
評判の良いものばかり厳選しましたので、自分に合うものがあるかどうか探してみてくださいね♡

1. BASE BREAD 5種セット 4袋x5種

出典:Amazon(外部リンク)

ネットで話題の「BASE BREAD」で、5種類がそれぞれ4袋ずつ入ったセットです。
ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているため、1食で2個食べると、1日に必要な栄養素の1/3が摂取できます。

パンを2個食べると満足感があり、普通の食事と変わらないという人もいるでしょう。
忙しくて自炊ができない、料理をするのがめんどくさい、という人向けのパーフェクトフードです。

「口の中の水分がなくなる」といった口コミもありますが、全体的には「美味しい」と評判で、リピート率の高い商品となっています。
温めるとより美味しくなるという声も♡

味の好みがひとそれぞれなので、自分好みのものを見つけて、いざという時用に自宅保管しておくと良いでしょう。
ちなみに一番人気はチョコレート味!
低カロリーで栄養のバランス抜群の完全栄養食、ぜひお試しください。

2. inゼリー エネルギー マスカット味 180g×36個

出典:Amazon(外部リンク)

1袋で「おにぎり1個分のエネルギー」が補給できると人気の「森永 inゼリー エネルギー (マスカット味)」です。
2袋で1日に必要な栄養の1/3を摂取することができます。

このシリーズは生活習慣に合わせて味も栄養もバラエティ豊かにそろっていますが、180kcalあってしっかりとエネルギー補給ができるものは「in ゼリー ローヤルゼリー」「in ゼリー ゲームブースター」など一部の商品です。

スポーツ選手がトレーニング中にすばやくエネルギー補給ができるように考えられて作られています。
暑くて食欲がない時でも、ゼリーなのでのど越しも良く、水分補給としても大人気の商品。
常温でもおいしく感じられるように作られていますので、ぜひお試しください。

3. GALLEIDO SMART FOOD(ガレイド スマート フード)チョコレート味 180g

出典:Amazon(外部リンク)

GALLEIDO SMART FOOD(ガレイド スマート フード)のチョコレート味です。
他に抹茶味もありますよ。

1日の目安量は、付属のスプーン4杯分の粉末を、200mlの水や牛乳に溶かします。
1杯(200ml)が約60kcalで、1日に必要な栄養26種類が摂取できる優れた完全栄養食です。
低カロリーなのに、必要な栄養がバランスよくきちんと補えるのは嬉しいですね!

牛乳だけでなく、水で割っても美味しい味を追及して、何度も研究を重ねてきました。
「忙しくてゆっくり食事をとっている時間がない」「どうしても食事に興味が持てない」「食事置き換えダイエットがしたい」という人にオススメです。

「粉が溶けにくい」という口コミがありましたが、先に粉末をシェーカーに入れ、その後牛乳や水を注ぎ入れてシェイクするとうまく解けるようなのでやってみてくださいね。

多数のメディアにもとりあげられ話題になっているパーフェクトフード。
自分の好みに合うものかどうかを知るためにも、まずは1袋から試してみませんか?

めんどくさいけれど食事は大切


食事がめんどくさいという人にオススメの「完全栄養食」を紹介しました。

どんなに必要だとわかっていても、食事をきちんとバランスよく食べられない時があります。
しかし、そういう時こそ、栄養が必要なのではないでしょうか?

忙しくて食事を作れない時、どうしても食欲がわかない時、食事に興味がない時など、誰にでもありますよね。
そういう時は、食事に時間を使うのではなく、ゆっくりと体を休めてくださいね。

食事がめんどくさい時は、ぜひ「完全栄養食」でバランス良く栄養を摂取し、健康的な体を維持しましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
田部 愛(ライター)
田部 愛

好奇心旺盛で多趣味なフリーライター。プライベートでは娘と息子を育てる二児の母です。休日は関西の美味しいパン屋巡りをしています。毎朝の習慣は読書と10分ストレッチ