2022.08.25

エロい服が着たい!男性ウケするエッチな服装を徹底解説します♡

気になる彼にアピールするため、エロい服に挑戦したいと思いませんか?実は、女性と男性ではエロい服の基準が違うんです。この記事では、男性ウケするエロい服を解説します。エロい服を着て、いつもと違う自分を魅せちゃいましょう!

男性と女性ではエロい服の基準がちがう


「エロい服」と聞いて、どのような服をイメージしますか?
露出度の高い服を想像した人が多いのではないでしょうか。

「エロい服=露出」と思いがちですが、男性の考えは少し違います。

男性は、露出度の高すぎない服を「エロい服」と思うようです。
露出度の高すぎる服は、エロい服ではなく「下品な服」と認識するんだとか。

つまり、さりげなくエロスを感じる服こそが、男ウケする「エロい服」となります。
では、男性が思うエロい服の条件はどのようなものでしょうか?

関連記事

エロい服の条件3選


男性は、視覚から刺激を受けると言われています。
エロい服は男性の本能を刺激するため、エッチな服装が嫌いな男性はいないと言っても過言ではありません。

実は、男性がエロいと思う服には条件があります。
男性が興奮する「ツボ」を理解すれば、男目線でエロい服がイメージできるはず。

ボディラインがわかる


ボディラインがわかる服を好む男性は多いです。

なぜなら、男性は本能的に女性の曲線に惹かれるから。
服の上からでもわかる、女性らしいボディラインに興奮するんです。

また、脱いだ時の身体をイメージしやすいため、男性の想像力を掻き立てます。

とはいっても、全身ピチピチの服はただ下品なだけ。
さりげなくボディラインがわかるような、ジャストサイズの服が理想的です。

エロい服が着たいなら、ボディラインがわかる服を選ぶと間違いないでしょう。

見えそうで見えない


「見えそうで見えない」状況になったとき、「見たい欲」が掻き立てられませんか?

女性のファッションでも、見えそうで見えない服装に男性はドキドキします。
俗にいう「チラリズム」です。

ふとした時チラッと見える状況に、男性は興奮してしまいます。
例えば、

  • ノースリーブから脇がチラッと見える
  • ふとしたときに前あきニットから胸元が見える

上記のようなチラリズムは、男性から絶大な支持をされています。
見えそうで見えない服は、露出の高い服よりも「エロい服」と思われやすいのです。

ほどよい肌みせ


露出度が高すぎる服は下品になりますが、「ほどよい肌みせ」はエロい服にかかせません。
女性ならではの凹凸がわかる部位、華奢さが際立つ部位の露出に、男性はエロスを感じるからです。

デコルテが見えるトップスを着たり、背中があいているニットを着たり。
クルーネックをVネックに変えるだけでも、エロい印象に変わります。

とくに冬は肌の露出が少ない時期。
少しの肌見せでもエロいと感じられます。

いつもより「ほんの少し」露出の多い服装は、男性からするとエロい服になるでしょう。

男ウケするエロい服【トップス編】


男性が思うエロい服の条件から、どのようなものがエロい服かイメージできましたか?

こちらでは、エロい服を具体的に紹介します。
まずはトップスからみていきましょう!

エロい服1.リブニット


ニットが好きな男性は多いと言われています。
その中でも、リブニットの支持率は高いです。

なぜなら、リブニットを着ると上半身のボディラインが強調されるから。
胸の大きさからウエストのくびれまで丸わかりになって、たまらないんだとか。

「エロい服」としてリブニットを選ぶなら、体のラインがほどよくわかるジャストサイズを選ぶといいですよ。
隠されたエロスと女性らしい曲線で、男性を悩殺できちゃうかも。

titivate ランダムリブハイネックニット

男ウケするリブニットを探しているなら、titivateのリブニットがおすすめです。
ランダムな編み柄がおしゃれで、さりげなく個性も出せちゃいます。

ピッタリすぎずゆるすぎないサイズ感は、エロい服としても絶妙。
シンプルで着回ししやすいのも、うれしいポイントです。

エロい服2.シースルー


上品な印象のシースルーも、エロい服の1つ。

その理由は、布越しに見える肌がエロいと感じるからです。
肌が見えそうで見えないところが、男心をくすぐります。

肌が透けているのにいやらしさがなく「上品なエロ」を感じられるところも、男性ウケがいい理由でしょう。
また、胸元や袖、デコルテなど、部分的に透けているタイプが男性目線でエロい服と思われやすいようです。

シースルーは、エロい雰囲気も出しつつ抜け感も出せる、大人女子にも取り入れやすいアイテムと言えます。

SNIDEL シースルーショルダーニットプルオーバー

女っぽさがでるシースルートップスをお探しなら、SNIDELのシースルーショルダーニットプルオーバーがおすすめです。

肩のさりげないシースルーが、華奢さを強調してくれます。
腕まわりにリボンもついており、細部まで「女性らしさ」にこだわった1着です。

カラーはアイボリー、グレージュ、ピンクベージュの3色展開。
ニュアンスカラーが、大人女子にも取り入れやすいです。

ひざ下丈のスカートを合わせて、フェミニンにまとめたいですね。

エロい服3.バックシャン


男性目線でエロい服と言えば、バックシャンは外せません。
背中があいたデザインなので、普段見えないところをチラ見せできるのが特徴です。

首すじから背中のほどよい肌みせに、男性はエロスを感じるでしょう。
また、前と後ろで印象が違うのも、男性を惹きつける要素。

前は清楚で後ろはセクシー。
そのギャップに男性はドキッとさせられるでしょう。

ギャップに弱い男性にとって、バックシャンはたまらないエロい服と言えます。

nano universe パーツ付きバックシャンニットプルオーバー

nano universeのパーツ付きバックシャンニットプルオーバーは、上品に背中の肌見せができるアイテムです。
背中についているネックレスパーツは取り外し可能。

キレイめにまとめたい時はネックレスパーツあり、カジュアルにしたい時はネックレスパーツなし、のように印象が変えられるのがうれしいところです。

背中のあき具合が控えめなので、バックシャンに抵抗のある人でも取り入れやすいですよ。

男ウケするエロい服【ボトムス編】


「エロい服=ミニスカート」だと思っていませんか?
実は、ミニスカートは男性目線でエロい服と思われにくいんです。

では、どのようなボトムスがエロい服と思われるのでしょうか?

エロい服4.タイトスカート


大人っぽいタイトスカートは、王道のエロい服です。
ウエストからお尻、太ももまで下半身のボディラインを強調してくれます。

また、タイトスカートからAV女優をイメージする男性も多く、「タイトスカート=エッチなお姉さん」の印象が強いのも、エロい服と思われる理由の1つ。

強調された下半身の曲線とタイトスカートのエッチなイメージで、男性からエロい服として見られるのです。

green label relaxing レースロングタイトスカート

レディライクなタイトスカートなら、green label relaxingのレースロングタイトスカートがおすすめです。
タイトスカート×レースの組み合わせが、大人女子にぴったりのエロい服です。

繊細かつ大胆なレースが、きれいめな印象を与えてくれます。
コーデの主役になれるアイテムなので、シンプルなトップスと合わせても華やかな印象にしてくれますよ。

エロい服5.スキニーパンツ


一見「エロ」と無縁なスキニーパンツですが、男性目線でエロい服の1つです。
その理由は、タイトなシルエットで下半身のボディラインがあらわになるから。

プリっとしたお尻やムチムチした太もも、細い足首など、男性がエロいと思うポイントが強調されるアイテムです。
とくに、お尻フェチ、脚フェチから絶大な支持をされています。

また、スキニーパンツはボーイッシュな印象から、「健全なエロ」と認識する男性が多いんだとか。
狙っている感が少ないスキニーパンツは、エロい服のなかでも取り入れやすいアイテムです。

YANUK PATRICIA

カジュアルからオフィスコーデまで、使いやすい黒スキニー。
その中でもおすすめなのが、YANUKのPATRICIAです。

長すぎず短すぎない丈感で、すっきりと履きこなすことが可能です。
また、ほどよくストレッチがきいており、フィット感、履き心地ともに抜群。

しゃがんだ時下着が見えにくかったり、白く毛羽立ちにくかったりと、スキニーを快適に履けるよう工夫が施されています。
ストレスフリーで着用できるスキニーですよ。

エロい服6.スリット入りスカート


スリット入りスカートは、ミニスカートよりもエロいと言われています。
なぜなら、男性の大好きなチラリズムの要素があるから。

丈が長く、肌の露出が少なくても、スリットスカートならほどよいエロさを出すことが可能です。
動くたびにチラ見えする脚から、エッチな想像がふくらむのでしょう。

とは言っても、深すぎるスリットは下品になりがちなので、ご注意を。
ほどよいスリットなら、男性をくぎ付けにさせるエロい服になりますよ。

SNIDEL ポンチタイトスカート

おすすめのスリット入りスカートは、SNIDELのポンチタイトスカート。
ポンチ素材ならではの伸縮性で、ほどよくカラダのラインを強調できるのが特徴です。

後ろに深めのスリットが入っており、チラリズムが期待できます。

きちんと感がありながら女っぽさもある一着です。
ヒールを合わせて、レディライクにまとめてみてはいかがでしょうか。

関連記事

王道のエロい服はニットワンピ


ニットワンピースは男ウケが最高に良いエロい服と言えます。
なぜなら、ニットワンピースは身体のラインをひろいやすいから。

胸からウエスト、ヒップラインまで身体の曲線が強調されます。
男性は、女性らしい曲線に惹かれますので、ニットワンピを着ている女性を本能的にエロい目で見てしまうのです。

また、ニットのやわらかい雰囲気に女性らしさを感じる男性は多いです。
強調されたボディラインと、ニットのやわらかい雰囲気が男性をトリコにするのでしょう。

男性を悩殺したいなら、身体の曲線がわかるジャストサイズのニットワンピースを選ぶといいですよ。

DHOLIC ハーフネックリブニットワンピース

シンプルなニットワンピなら、DHOLICのハーフネックリブニットワンピースがおすすめです。

ほどよくカラダにフィットする、絶妙なシルエットが特徴。
女性らしい曲線が強調されるので、男性目線でエロい服認定されるでしょう。

縦のリブラインで、細見えするのもうれしいポイントです。
小物や靴で、カジュアルにもきれいめにも印象を変えられる、万能ニットワンピですよ。

FRAY I.D ウールカシミアカシュクールニットワンピース

エロい服の条件を満たすFRAY I.Dのウールカシミアカシュクールニットワンピース。
タイトなシルエットで、女性らしい曲線を強調してくれます。

カシュクールデザインでデコルテが見えるだけではなく、スリットから脚がチラ見えしたり、背中がさりげなく見えたりと、男性の好きなチラリズム要素もたっぷり。

デートやディナーなど、特別な日にピッタリなニットワンピです。

かん違いと思われやすいエロい服3選


女性と男性のエロい服の基準は違います。
「このエロい服なら悩殺できる!」と思う服装でも、男性にドン引きされる可能性もあるんです。

こちらでは、男性に勘違いで下品と思われやすいエロい服を3パターン紹介します。
エロい服を選ぶ時、露出はほどほどにしましょうね。

超ミニスカート


ミニスカートは意外に男ウケがよくありません。

とくに、下着が見えそうなミニスカートは、エロい服を通り越して下品になってしまいます。
下着が見えそうで、目のやり場に困ってしまう男性も多いようです。

また、超ミニスカートは、ギャルのイメージが強く「幼稚で遊んでいそう」と感じやすいのも事実。
チラリズムにエロスを感じる男性にとって、丸見え状態な超ミニスカートはエロい服ではなくただの下品な服なのでしょう。

胸元が露出しすぎな服


女性の胸が好きな男性は多いですよね。
だからといって、胸元を露出しすぎる服が好まれるわけではありません。

胸元を露出して谷間を強調するような服に、男性は「軽い女」と感じる傾向にあります。
性的なアピールをしているようにしか見えないのでしょう。

たとえ「エロい」と思われたとしても、それは性的対象として。
「見るぶんにはいいけど、隣を歩きたくない……」が、男性の本音です。

男性が求めているのは「上品さを感じるエロい服」です。
下品なエロい服は、恋愛対象から外れる可能性もあるので気をつけましょう。

ぴったりとしたミニワンピ


男ウケが良いワンピースでも、ピッタリとしたミニワンピは勘違い認定されるかも。
なぜなら、ミニワンピは露出度が高く、下品な印象を与えるからです。

タイトなミニワンピから、夜の仕事を連想する男性も多いと言われています。
エロい要素がありすぎて、性的なアピールをしているようにしか思えないのが事実です。

カラダ目的の人にはうけるかもしれませんが、本命にはしたくないと思われるのがオチでしょう。

男ウケするエロい服が多いブランド


リブニットにスキニー、ニットワンピース。
男性目線のエロい服がわかってきましたよね。

でも、エロい服がほしいと思ったとき、どこで買えばいいのか悩みませんか?
今回、男ウケするエロい服が多いブランドを紹介します。

はじめてエロい服を買う人は参考にしてみてください。

ZARA


ファストファッションの代表的ブランド「ZARA」は、トレンドを意識したエロい服がそろっています。
ただのエロい服ではなく、ファッション性が高いのが特徴です。

個性的なデザインも多いため、まわりと差をつけることができちゃいます。
ベーシックからトレンドアイテムまで幅広いテイストの商品がそろっているので、あなたに似合うエロい服が見つかること間違いなし。

SNIDEL


王道のモテブランドであるSNIDELは、エロかわいい服が豊富です。
清楚で大人かわいい服は、男性ウケも抜群。

細部までこだわったデザイン、女性らしさを感じるシルエットは、着るとテンションが上がるはずです。
ニットやスカート、ワンピースの種類が多いので、女性らしいエロい服が見つかりますよ。

DHOLIC


DHOLICは韓国ブランドを扱う通販サイト。
カラダのラインが出るような大人っぽい服が多いのが特徴です。

ピッタリしたニットや首元があいたトップス、タイトスカートなど、セクシーなエロい服が豊富にそろっています。

DHOLICはプチプラなので、思いきってエロい服を買いやすいのもうれしいポイント。
日本では見ないような大人っぽいエロい服を探しているなら、DHOLICがおすすめですよ。

関連記事

エロい服を選ぶポイント


男ウケするエロい服は、誰が着てもエロかわいくなるとは限りません。

実は、エロい服を選ぶポイントがあるんです。
どんな服を選べばいいのか知ることで、あなたに似合うエロい服が見つけやすくなりますよ。

自分にあうエロい服を選ぶ


まず、自分に合うエロい服を選ぶことが大切です。
自分に合わないエロい服を着ても、魅力が半減してしまいます。

肉付きのいい人がスキニー、肩幅がある人がオフショルダーなど、合わない服を着るとエロいどころではなくなることも。

ですので、顔立ちや体型、雰囲気にあったエロい服を見極めることが重要です。
自分に似合うエロい服を選ぶために、試着することをおすすめします。

自信のある部位を強調できる服をチョイス


胸や脚、背中……。
自分のカラダで自信のある部位はどこですか?

自分のカラダで自信のある部位があるなら、そこを強調できるエロい服を選んでください。
自信のある部位別「おすすめのエロい服」は下記のとおりです。

  • 脚……スキニー
  • お尻……スキニー、タイトスカート、ニットワンピ
  • 胸……ニット、ニットワンピ
  • 背中……バックシャン
  • デコルテ……Vネック、オフショルダー

あなたが自分のカラダで「ここ好きだな」と思う部位は、男性から見ても魅力的なはずです。
自信をもってエロい服を着たら、さらに魅力が増すことまちがいないでしょう。

ふだんの服とのギャップをつくる


ふだん着ている服装と、エロい服とのギャップをつくることで、男性を惹きつけられます。
なぜなら、男性は外見の変化に弱いと言われているから。

  • いつもカジュアルな服装な人がエロい服を着る
  • スーツでしか会ったことのない人がエロい服を着る

上記のように、いつもと違う一面を見せることで、男性はよりエロスを感じるのです。
エロい服を選ぶ時は、いつもと違う系統のものを選ぶといいですね。

エロい服を着る時の注意点


エロい服を着るとき、注意すべき点が3つあります。

気をつけないと、エロいと思われるどころか引かれてしまう可能性も……。
エロい服を着る前に、身だしなみチェックは忘れずにしましょう。

ムダ毛の処理は忘れずに


エロい服を着る前に、ムダ毛の処理はしっかりしましょう。

その理由は、男性は露出している部分のムダ毛を見ているからです。
肌を露出した時ムダ毛があると、男性にドン引きされかねません。

とくにムダ毛の処理を忘れがちなのが、背中。
背中は自分でも手が届かない部位なので、そのままになっている人も多いです。

自己処理がしにくいところは、誰かに剃ってもらったり、脱毛したり、ムダ毛がない状態でエロい服を着られるように工夫しましょう。

ボディケアは念入りにする


ムダ毛処理と同じくらい大切なのが、ボディケア。
カラダが乾燥していたり、吹き出物ができていたりすると、エロい服が映えません。

お風呂あがりに保湿クリームを塗る、吹き出物がある場所は専用のケアをするなど、肌のコンディションを整えましょう。

つるつるモチモチの肌をエロいと感じる男性は多いです。
エロい肌でエロい服を着たら、男性をトリコにさせることができるかも。

下着にも気をつかう


下着に気をつかうことは、エロい服を着る時の鉄則。
エロい服だからと言って、本当に下着が見えてよろこぶ男性は多くないようです。

それどころか、下着が見えると萎えてしまう男性もいるんだとか。
ですので、エロい服を着るときは、下着が見えないように、下着のラインも出ないようにするのが正解です。

  • お尻のラインが出るボトムスやワンピースならTバックを履く
  • オフショルダーなど肩が出るデザインならブラトップにする
  • ニットを着る時は、形がひびかないブラをつける

上記のように、エロい服を邪魔しない下着を着用してくださいね。

おしゃれなエロい服で男性をトリコにしちゃおう♡


男性ウケするエロい服は、女っぽさが強調される上品なファッション。
そのため、大人女子のおしゃれにマッチする服も多いです。

まずは1着、エロい服をコーディネートにとりいれてみてはいかがでしょうか?
もし、エロい服に抵抗があるなら、スキニーやゆったりしたリブニットなどから挑戦してみるのもおすすめです。

エロい服を着て、おしゃれをしながら男性をトリコにしちゃいましょう!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
tomo(ライター)
tomo

アダルト・恋愛ジャンルが得意なママライター

育児をしながらママライターとして活躍。日本化粧品検定1級を取得。過去には、脱毛サロンで4年間勤務していたこともあり、美容業界の知識も豊富。現在は、美容関係の知識をアップデートするために化粧品関係の資格取得に奮闘中。

このライターの記事を見る