本当に優しい人はなぜ強い?本当に優しい人になるためのポイント4つ

2021.09.09

「本当に優しい人は強い」と感じた経験はありませんか?なぜ、こんなにも強くなれるか疑問に思うひとも多いでしょう。この記事では、本当に優しい人が強いと言われる理由を解説!また、本当に優しい人になるためのポイントもご紹介します!

  1. 本当に優しい人は強いと言われる理由
  2. 本当に優しい人が強いのは過去と関係がある
  3. 本当に優しい人がもつ9つの特徴
  4. 本当に優しい人になるためには?4つのポイント
  5. あなたも本当に優しい人目指そう!

本当に優しい人は強いと言われる理由


本当に優しい人の強さの理由は、思いやりです。
つまり、本当に優しい人とは、相手を思いやる気持ちが強い人です。

思いやる気持ちが強い人ほど、相手に優しくも厳しくも接することができます。
本当に優しい人は、自分がどう思われようと構いません。

あなたが「この人は本当に優しい人だな」と思う瞬間を思い浮かべてみてください。
それは、その人が誰かのために手を差し伸べた瞬間ではないですか?

「誰かに見られているから」
「誰かにこう思われたいから」

と思って行動する人は、本当に優しい人とは言えません。
つまり、計算や打算の優しさは、本当の優しさとは言えないのです。

本当に優しい人は、誰かに何を言われようとも、相手を思いやり行動できる人。

あなたの近くにもそんな「本当に優しい人」はいませんか?
もし近くにいれば、ぜひその人を思い浮かべてこの先読み進めてみて下さいね!

本当に優しい人が強いのは過去と関係がある


本当に優しい人は、計算でなく相手を思いやる気持ちが強い人です。
なぜ、本当に優しい人は相手を思いやる気持ちが強いのでしょうか?

それは、その人の過去と関係があります。
考えられる理由を3つまとめました。

過去に辛い経験をしている

本当に優しい人ほど、過去に辛い経験をしている場合があります。

例えば、

  • 過去に嫌がらせを受けた経験
  • 嫌がらせを受ける人を間近でみた経験

過去に傷ついた経験から、決して自ら誰かを傷つけようとしません。
これまでの経験から人の痛みを知り、相手を思いやる気持ちが強く育ったからでしょう。

過去に人間関係で失敗している

本当に優しい人は、常に明るく友人も多いイメージですよね。
しかし、実は人間関係で失敗した過去を持ち合わせていることも。

例えば、

  • 自分の発言や言動で誰かを傷つけてしまった
  • 上手くいっていた関係が突然崩れてしまった

人間関係で失敗した経験があるからこそ、相手の気持ちを想像して行動しようとします。

自分の言動は誰かを傷つける場合があると知っているからこそ、相手を思いやる気持ちが強いのです。

人の悲しみを知っている

本当に優しい人は、これまでの経験から「人と自分は価値観が異なる」ことを理解しています。
人と自分の価値観の違いを体感した経験があるからでしょう。

そのため、相手が自分にはない価値観を持っていても、すんなり受け入れます。
自分にはない価値観も受け入れられるため、相手に寄り添った気遣いが自然とできるのです。

本当に優しい人がもつ9つの特徴


本当に優しい人は、強く思いやりがある人ですが、様々な特徴を持っています。
ここからは、本当に優しい人の特徴を9つご紹介します。

ぜひ、身近にいる本当に優しい人を思い浮かべ、共通点を探して下さいね!

人との距離感が上手

「この人優しくて素敵だな」と思う人ほど、他人との距離感が上手ではないですか?
距離感を詰めすぎず、離れすぎず、絶妙な距離感を保てる人は、本当に優しい人です。

なぜなら、相手を不快にさせる距離感を知っているから。

相手の気持ちを考えず、距離感をつめる人は本当に優しい人とは言えません。

  • 相手の嫌がることはしない
  • 相手が不快に思うことはしない

と行動できる人こそ、本当に優しい人だと言えるでしょう。

見返りを求めない

本当に優しい人は、見返りを求めません。

打算的に人が人に優しくする心理として

  • 嫌われたくない
  • 罪悪感を埋めたい
  • 自分の思うままにしたい

3つがあげられます。

これらは全て「自分が得すること」を望んでいますよね。

しかし、本当に優しい人は打算的な優しさはありません。
相手に見返りを求めず、自然と優しさを出せる人こそ本当に優しい人だと言えるでしょう。

気配りや気遣いが自然

本当に優しい人は、自然と気配りや気遣いができます。
重要なのは、気遣いや気配りが計算ではないこと。

つまり、誰かによく思われようとする気遣いは、本当の優しさとは言えません。
目立った気遣いでなく、自然な気遣いができる人ほど本当に優しい人だと言えるでしょう。

相手の気持ちを察する

本当に優しい人は、相手も気持ちに敏感です。
過去に自分自身が辛い経験や悲しみを知った経験があるからでしょう。

思いやりが強いため、相手の気持ちを察して行動できます。
人の弱みに漬け込まず、そっと相手に寄り添った行動ができる特徴があります。

自慢しない

計算や打算的で人に優しくする人とは違い、本当の優しさは自然と溢れ出るもの。
本当に優しい人からは「私はこんなことをしてあげたのに」という発言は出てこないでしょう。

つまり、本当に優しい人は、自分の優しさを誰かに自慢しない人です。
損得で人との関わりを持たないのが、本当に優しい人だと言えるでしょう。

誰でも平等に接する

本当に優しい人は、どんな相手にも平等に接する強さを持ちます。
人は皆平等だという考えをもち、差別的な発言や行動も嫌うでしょう。

意図的に仲間外れにされた人をみると無視できません。
それは、人の痛みを知っているからこそでしょう。

厳しいことを言える

本当に優しい人は、相手のことを思い厳しい意見も言える人です。
自分が相手からどう思われるかではなく、相手のことを思った行動だからです。

自分に酔って説教する、傷つく言葉を投げつけるのは、本当に優しい人ではありません。
本当に優しい人は、相手のことを思い厳しい言葉を投げられる人です。

想像力がある

本当に優しい人は、豊かな想像力を持ちます。

  • 相手がどう思うか
  • 傷つかないか

と想像し、行動できるからです。

想像力豊かな人ほど、相手の気持ちに寄り添った行動ができるでしょう。

自分をよく知っている

自分の長所も短所を分かっている人ほど、人に優しくできます。
なぜなら、完璧な人はいないと理解できているからです。

自分をよく知っている人は、相手の欠点も受け入れる余裕がある人です。

本当に優しい人になるためには?4つのポイント


本当に優しい人は、どんな相手にも優しくそして強く、見ていて気持ちがいいですよね!
あなたも「あんな風になりたい」と思ったことはありませんか?

ここでは、本当に優しい人になるために意識すべきポイントを4つまとめました。
ぜひ参考にしてくださいね!

想像力を持とう

思いやりの優しさは、相手の気持ちに寄り添うからこそ生まれるもの。
まずは、相手の気持ちを想像するクセをつけましょう。

「この言い方はどう思うか」
「この行動は誰かを傷つけないか」

自分の心に自問自答しましょう。
想像力がつくと、相手の気持ちに寄り添えるようになりますよ。

価値観の違いを理解しよう

本当に優しい人は、「自分は自分、他人は他人」と思える強さがあります。
つまり、価値観の違いを理解しているのです。

価値観の違いを理解すると、「自分は良くても相手は嫌だと思うかも」と思う気持ちが生まれます。
これこそ、「思いやり」ですよね。

価値観の違いを理解することは、相手を思いやることへ繋がるのです。

シンプルに相手を思いやろう

一番大切なのは、シンプルに相手を思いやる気持ち。

もちろん、全てを受け入れる必要はありません。
正しいことは正しい、悪いことは悪いと言える強さを持ちましょう!

自分に優しくなろう

本当に優しい人になりたいと思うなら、まずは自分に優しくなりましょう。
「自分のダメな部分は誰かに頼ろう」と思えると、相手の欠点にも優しくなれるはず。

完璧な人はこの世にいません!

だからこそ、まずは自分に優しく、自分の心に余裕を持ちましょう。
余裕が生まれると自分に優しくできたように、相手にも優しくできるはず。

あなたも本当に優しい人目指そう!


本当に強い人はどんな人か、どんな特徴があるのかご紹介しました。

あなた自身も本当に優しい人になるには

  • 想像力をもつ
  • 価値観の違いを理解する
  • 相手を思いやる
  • 自分に優しくなる

この4つを意識してみてください!

本当に優しい人になれるかどうかは、自分で決められることではありません。
本当に優しい人は、計算でなく相手を思いやる気持ちが強い人。

ぜひ、あなたなりの道のりで本当に優しい人を目指してくださいね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
はみがき(ライター)
はみがき

働く女性を全力で応援するWEBライター。女性がもっと輝けるための「働き方」「ライフスタイル」の提案が得意。サウナとドラマが大好物です。