おうち時間にアクセサリー作り♡ハンドメイドアクセサリーの人気パーツは?

おうち時間で退屈しているそこのあなた!ハンドメイドのアクセサリーを作ってみませんか?パーツは100円ショップで購入できるため、安い価格で豊富な種類を揃えられますよ。最初に準備するものから、初心者の方でも使いやすい人気のアクセサリーパーツをまとめました。

  1. アクセサリーを作るために必要なもの
  2. おすすめパーツ「パール」
  3. おすすめパーツ「ビーズ」
  4. おすすめパーツ「スワロフスキー」
  5. おすすめパーツ「チャーム」
  6. おすすめパーツ「季節もの」

アクセサリーを作るために必要なもの


おうち時間にハンドメイドアクセサリー作りをする時に必要な道具は?
おうち時間を豊かにするために趣味を増やしてみてはいかがでしょうか?

今回は、手作りアクセサリーに必要なパーツについてご紹介していきたいと思います。

9ピン・Tピン


ピンはピアスの土台となる部分で、太さや長さ、色はさまざまです。

9ピンとは数字の9のような形をしていて、ピン同士を繋げてピアス本体の長さを調整したり、先端に飾りをつけたりします。
存在感のあるピアスにしたい方は9ピンがおすすめです。

TピンはアルファベットのTの字に似ていて、基本的に9ピンと同じ使い方をします。
シンプルなデザインや小ぶりなピアスがお好みの方はTピンがおすすめですよ。

ニッパー


ニッパーはワイヤーやチェーンを切る道具です。
普通のはさみよりも、切る部分をしっかり固定できるため、細かい作業が多いアクセサリー作りにはかかせません。

ニッパーで切断する時は破片が飛ぶので注意しましょう。

丸ヤットコ


丸ヤットコは、挟む部分が丸みを帯びた小さなペンチのことです。
ピアス作りではピンを丸めたりパーツを繋げたりするときなど、使用する場面が多くあります。

100円ショップでも購入できるので、最初に準備しておきたい道具のひとつです。

平ヤットコ


平ヤットコは、先端が平になっているペンチです。
小さいパーツを挟んで固定したり、ボールチップの開閉に使ったりします。

最初は1つあれば十分ですが、慣れてきたら両手に持って2本使いに挑戦しましょう。
より繊細な作業ができるので、クオリティの高いアクセサリーが作れますよ。 

おすすめパーツ「パール」


パールは柔らかさと上品さがあり、ちょっとしたお出かけからパーティーシーンまで幅広く使えます。

リボンや星型、ハートとあわせると可愛い系、落ち着いた色であわせるとクール系になり、組み合わせるものによって印象が変えられるおすすめのパーツです。

100ショップでは大きさや色の種類が豊富に取り扱われていますよ。

低価格でいろいろ揃えられるのも嬉しいポイントですね。

おすすめパーツ「ビーズ」


ビーズにはいくつか種類があり、どんなデザインにしたいかによって使い分けることで理想のアクセサリーが出来上がります。

なかでも人気の「アクリルビーズ」は、アクリル素材で作られていて、値段が安いうえに耐久性があり、カラーバリエーションや形の種類が豊富にあることが特徴です。

アクリルビーズと同じく人気の高い「ガラスビーズ」は、ガラスで作られた小さなビーズで、アクセサリーに使うと透明感が出ます。

おすすめパーツ「スワロフスキー」


スワロフスキーは、スワロと呼ばれるパーツで、アクリルビーズやガラスビーズよりも輝きが強いことが特徴です。
淡い色から濃い色まで種類が豊富にあり、それぞれが意味を持ちます。

たとえば、黄色は「憧れ」や「情熱」という意味があり、常にプラス思考を大事にする方におすすめです。

グレーとベージュが混ざったグレージュは「研ぎ澄まされた強さ」という意味から、邪気を払うお守りのような役割があります。

その時の気分や今後の目標と照らし合わせて色を選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめパーツ「チャーム」


チャームは、ピアスやストラップの先端につける小さな飾りのことです。

豊富な種類のなかでも人気が高い王冠のチャームは、成功や名声という言葉をモチーフに作られました。

なかには幸せのシンボルとされるてんとう虫のチャームや動物のチャームもあります。
親子でペアにして身につけられるため人気がありますよ。

ワンポイントとして使ったりアクセントになったりするおすすめのパーツです。  

おすすめパーツ「季節もの」


季節もののパーツは、時期になると100円ショップや専門店で多く出回ります。
夏は貝殻の形をしたシェルパーツが人気です。

シェルを使いたいけどほかの人とちょっと差をつけたいなと思ったら、本物の貝を使いましょう!
貝に穴をあければ特製パーツが出来上がりますよ。

冬にはファーやフェザーなど暖かみを感じるパーツがおすすめです。

100円ショップから専門店まで幅広く取り扱われているため、商品によって低価格のものから高価格のものがあります。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mimichi(ライター)
mimichi

初めまして、mimichiです。皆様に楽しんで読んでいただけるような記事を目指して頑張ります。