Web会議におすすめの機能は?ユーザー評価が高いヘッドセット6選

Web会議におすすめのヘッドセットを紹介します。ヘッドセットを選ぶ時は、有線・無線だけでなく、それぞれの機能や価格もチェックが必要ですね。Web会議に向いているヘッドセットを6つ紹介します。ぜひ参考にしてください♡

一度使うとやめられない!Web会議を快適にするヘッドセット


在宅勤務やテレワークが増えて、Web会議をする機会が増えてきたのではないでしょうか?

そんな時にあったら便利なのが「ヘッドセット」
使っている人が増えてきて「私も使ってみたいな♡」と思う人もいるのでは?

  • 使ってみたいけど、どんなヘッドセットを買えばいいのかわからない。
  • いろいろ見てみたけど値段の幅が広すぎて迷ってしまう。
  • どうせ持つならWeb会議以外でも使用できるものはないかな?

とお悩みのあなたにおすすめのヘッドセットを紹介します。

ヘッドセットを使用しなくても、Web会議に出席できます。
しかし、周りの雑音が聞こえて相手の声が聞き取りづらかったり、自分の声が相手に伝わりにくかったりして、ストレスを感じてしまうことも。

パソコンに内蔵されているマイクやスピーカーを使用すると、大事な会話中に、ハウジング(「キーン」「ボボー」という音を発生する現象)してしまうこともあるでしょう。

一度ヘッドセットを使うと、その快適な使用感にはまって、手放せなくなる人もいます。
いろいろなヘッドセットを見比べて、自分にあった商品を見つけてくださいね♡

どちらのヘッドセットが便利?【有線】と【ワイヤレス(無線)】


ヘッドセットを購入する時、最初に迷う点は「有線」か「ワイヤレス(無線)」ではないでしょうか?
どちらにもメリット・デメリットがあり、一概に「Web会議にはこれ!」という商品はありません。

使用する人の好みや使い方で、どちらが良いか決まります。
「有線ヘッドセット」と「ワイヤレスヘッドセット」、それぞれの特徴を見てみましょう。

有線ヘッドセットは音切れがなく聞き直す必要がない


有線ヘッドセットの場合は「USB」か「ミニプラグ」の端子でパソコンとヘッドセットを直接つなぎます。
そのため、音がずれたり途切れたりすることがなく、相手の言葉を聞き直すといったストレスがないでしょう。

大事な商談相手や上司の言葉が途切れてしまい、もう一度同じ説明をしてもらうというのも気を使ってしまいますよね。

ただ、個々の商品で違いはあるものの、線の長さに限りがあるため、自由に席の移動がしにくいといったデメリットが考えられます。
どうしても離席の必要がある場合は、手元のコントローラーでマイクをオフにしてヘッドセットをはずします。

比較的、値段の安いものがありますので、初めてヘッドセットを購入する人にもおすすめです。

ワイヤレスヘッドセットは自由に移動できて便利


ワイヤレスヘッドセットは「USBレシーバー」か「Bluetooth」でパソコンと接続します。
そのため、質の悪い製品を選んでしまうと、音がずれてしまうことや途切れてしまうというトラブルがあります。

しかし、ヘッドセットとPCが離れているため、その距離に制限がなく、受信距離は製品によって大きく違いがあるものの、Web会議中に席を離れることも可能です。

最近は、ワイヤレスヘッドセットのユーザーが増えてきたこともあり、通話の品質は徐々に良くなってきています。
Web会議中に移動が多い人におすすめです。

有線のヘッドセットを使っていたユーザーが、ワイヤレスヘッドセットに買い替えても「その違いをあまり感じない」というくらい、音声の品質が良くなってきました。

Web会議用ヘッドセットに嬉しい機能3つ


Web会議にあったら嬉しい機能を3つ紹介します。
ぜひ、購入する時のチェック項目に加えて、探してみてください。

単一指向性マイクでクリアな音声を届けよう


マイクには「無指向性タイプ」と「単一指向性マイク」があります。
無指向性タイプは全方位から音をひろってしまいますが、単一指向性マイクは正面の音のみを拾う仕組みになっています。

そのため、こちらの周囲の音が入りにくく、相手にクリアな音質を届けます。
パソコンに内蔵されているマイクは、一般的に無指向性マイクなので、想像以上に周囲の雑音が入っているかもしれません。

Web会議では、単一指向性マイク搭載のヘッドセットを使用して、相手にもクリアな音質を届けましょう。

ノイズキャンセリング機能で雑音を抑えよう


ユーザーから高評価がついているヘッドセットには、必ずといっていいほど搭載されている「ノイズキャンセリング機能」。

周囲の音や機械音を軽減できる機能です。
エアコンやパソコンのキータッチの音、周囲の話声などが以外と入ってしまうことがありますので、イヤホンだけでなくマイクにも搭載されているものをおすすめします。

USB接続のデジタル形式でクリアな音質にしよう


USB接続はアナログ形式ではなくデジタル方式です。
ノイズが入りにくく、質の高い音声で快適な使い心地を体験できるでしょう。

プラグタイプ・USBタイプ、両方ついているヘッドセットもあります。
パソコンで使用する時は、できるだけUSB接続ができるよう、有線ヘッドセットを購入する時は注目してみてください。

Web会議用ヘッドセットで気をつけること


Web会議用にヘッドセットを購入する場合に気を付けることは、本体の重量です。
長いWeb会議になると、数時間かかることも考えられるため、重たいヘッドセットを使用していると、首や肩、背中に負担がかかります。

疲れてくるとWeb会議に集中できなくなりますよね。
できるだけ軽量で、ヘッド部分に柔軟性があるものを選びましょう。

硬くて頭の形に合わないものを選んでしまうと、頭痛の原因になることもあります。
耳に触れる部分も、肌に優しい素材が良いですね。

耳の中に入れてしまうイヤホンだと、耳トラブルの原因になりますので、気をつけましょう。
また「連続使用時間」についても確認が必要です。

ひとつのWeb会議の時間が短くても、1日にいくつものWeb会議が重なってしまうこともあり、会議の合間に充電する時間がとれない場合もあります。

有線の場合は全く気にすることはありませんが、ワイヤレスの場合は、1日にどのくらいの時間使用するのか、充電する時間はあるのかを考えてみましょう。

いざという時のために、有線のヘッドセットを準備しておくと安心です。

おすすめのヘッドセット【有線】


長時間のWeb会議や、立て続けにいくつも予定が入っても安心な、有線のヘッドセットを紹介します。
カメラとの位置が制限されるため、Web会議中、気軽に離席できないデメリットを感じるという人もいます。

しかしWeb会議中に音声が途切れることがない、音がずれる心配がないといった点で有線のヘッドセットはおすすめです。

比較的、ワイヤレスヘッドセットに比べてお手頃価格が揃っています。
Web会議中はあまり離席したいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

【ゼンハイザー】 SC 60(型番504547)

両耳式ヘッドセットで、接続方法はUSBタイプです。
Microsoft認定のモデルで、通話目的で開発されたヘッドセットです。

確かな音質で、電話業務をメインとするようなお仕事でも、多く使用されています。
長時間使用しても疲れにくい軽量設計になっています(99g=おにぎり1個分以下)。

ヘッドバンドの調節も可能ですので、どなたでも安定したフィット感が味わえるのではないでしょうか。
ケーブルの長さは2.1mで、手元に通話コントロールがついています。

PCのキーボードで操作しなくても、ボリューム調整やミュート機能も手元で可能。
かかってきた電話に出たり終わらせたりする場合は、専用のソフトウェアをインストールが必要です。

まわりの雑音を遮断し、使用者の声を聞き取りやすくする「ノイズキャンセリング機能」が搭載。
マイク部分は340度回転し、左右どちらでもお好きな方に装着できます。

離席する必要があっても、ミュートして離席することで解決できそうですね。
両耳式はオンライン英会話レッスンにも向いているとされるため、仕事のWeb会議だけでなく、趣味のスキルアップにも使えます。

【VENKIM】ヘッドセット(型番---)

ネックバンドタイプで、髪型の乱れも防ぐ、有線のヘッドセットです。

メガネを使用されている人でも、メガネと重ねて使用できるデザインになっています。
柔らかい材質のネックバンドで、どんな頭の形でもフィットしやすく、長時間使用してもつかれにくくなっています。

こちらのヘッドセットは、USBと3.5mm4極、それぞれのケーブルが選べますので、多種多様なデバイスで使用可能。
柔軟性が高い高密度スポンジイヤーパッドの両耳用ヘッドセットで、重さは50gです。

コールセンターや電話業務中心の仕事でも使用されています。
ケーブルの長さは3,5mm4極を使用時1,4m、USBケーブル使用時1,6mです。

最初に紹介した「ゼンハイザー」のヘッドセットに比べれば短めですが、短くて使いにくいといったレビューはありませんでした。

Web会議用として使用する時には、それほど気にならない長さといえるかもしれませんが、PCから距離を置いて話をする場合は少し距離を確認したほうが良いでしょう。

USBで接続している時は、手元でボリュームの調整やスピーカー・マイクのオンオフが操作できます。

【Wantek】ヘッドセット(型番WUC600)

外部の音声が聞こえるものをお探しの人もいるので、片耳タイプを紹介します。

こちらは、USBタイプで接続する片耳のヘッドセットです。
デジタル信号処理やノイズキャンセリングマイクで明瞭な通話ができます。

調節可能なヘッドバンドと高品質なイヤーパッド、超軽量(56g)。
首や肩に負担がかからない軽さで、1日中装着していても疲れません。

ケーブルについてコントローラーでボリュームの音量やマイクのON/OFF、スピーカーのON・OFFができて便利です。
装着したままのPCから離れることは難しいですが、すぐに手元でマイク・スピーカーをOFFにして対応できますね。

単一指向性マイクで、雑音の多い環境でも使用者の声を拾いやすい特徴はありますが、やはり片耳なので、外部の音が気になってしまう人もいるでしょう。
外出先での緊急時や、外の音が遮断されてしまうのがこわい人にはおすすめのヘッドセットです。

おすすめのヘッドセット【ワイヤレス】


有線のわずらわしさから解放され、使用するデバイスとの距離も気にならず、装着したままで移動しやすいヘッドセットです。

USBレシーバーやBluetoothで接続となり、あまり品質の良くないものを購入すると、音がずれたり音声が途切れたりすることもあります。

また、大切なWeb会議の最中に充電がなくならないよう、連続使用時間の長いものを選んだほうが良いでしょう。

【ロジクール】‎ワイヤレスヘッドセット(型番H800R) 

こちらのヘッドセットは超小型のUSBレシーバーとBluetoothから接続方法を選べます。
雑音を最小限に抑えてクリアな会話で快適なヘッドセットです。

ノイズキャンセリング機能のマイクは、使用しない時は格納してヘッドホンとして使用できます。
ヘッドセットは折り畳むことができて、左側のイヤーカップには、USBレシーバーが収納可能。

右側のイヤーカップで音量調節やミュート、通話の処理ができるようになっています。
音楽や動画で使用する時に便利な、早送りや再生機能もあり便利です。

Web会議での使用だけでなく、プライベートでも幅広く使用できますね。
12m離れた場所でも通信可能なので、Web会議中にパソコンから離れる頻度が高い人でも使い勝手が良いのではないでしょうか。

3時間のフル充電で、最大6時間使用可能です。

【Jabra】Evolve2 65 UC(型番26599-989-989)

専用充電スタンドがついたJabraのヘッドセットです。
USBドングルでパソコンと接続します。

ワイヤレスヘッドホンでは通話の品質に不安を感じる人がいますが、こちらの商品は「有線から乗り換えても音質が気にならない」というユーザーの声が多く、Web会議でも快適に使用できます。

在宅のWeb会議でそこまで必要ないと思うのですが、接続距離はなんと30m!
オフィス内を動きまわって使用する人に便利なヘッドセットです。

どの角度からでも見える「ビジーライト」がついているので、通話中・使用中が周りの人にもわかります。

高速充電15分で8時間、90分の完全充電で37時間の使用か可能です。
専用充電スタンドがついているので、充電し忘れ防止にもなりそうですね。

使い終わったら定位置へ。
1日に何度もWeb会議をすることがある人におすすめです。

【サンワダイレクト】ヘッドセット(‎型番400-BTMH013BK)

ワイヤレスヘッドセットの方でも、片耳使用が良いという人向けに1つ紹介したいと思います。

こちらのヘッドセットは、ワイヤレスヘッドセットの中でもお手頃価格です。
価格が安いものだと通話の音質が気になるところですが、この商品はコールセンターでも使用されるくらい通話の品質が安定しています。

パソコンとの接続はBluetooth対応で、通信距離は10mです。
重量は51gと軽量で、長時間使用でも疲れません。

周りのノイズを抑えて聞き取りやすく、単一指向性マイクでこちらの声もはっきりと届けることができます。
マイク部分は260度回転するため、左右お好きなほうで使用可能。

先ほど紹介した「Jabra」のヘッドセット同様、充電スタンドがついていて、充電し忘れ防止になります。
2時間の充電で連続通話時間が約11時間。

ワイヤレスヘッドセットの中では比較的安く、使い心地についても良い評価が多いです。

ヘッドセットでWeb会議のストレスを減らそう♡


Web会議での使用に適した「有線ヘッドセット」「ワイヤレス(無線)ヘッドセット」を紹介しました。
使ってみたいヘッドセットは見つかりましたか?

Web会議中に、音声が途切れてしまったり、充電が途中で切れてしまったりすると、会議に集中できません。
大事な会話を聞き漏らさないためにも、クリアな音声で通話できるヘッドセットを使って、ストレスを減らしましょう。

ぜひ一度、Web会議でヘッドセットを使用してみてください。
「どうして早く使わなかったんだろう…」と、驚くこと間違いなしです!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
田部 愛(ライター)
田部 愛

好奇心旺盛で多趣味なフリーライター。プライベートでは娘と息子を育てる二児の母です。休日は関西の美味しいパン屋巡りをしています。毎朝の習慣は読書と10分ストレッチ