遅くまで働く女性におすすめ。夜に食べても太りにくいレシピ5選

たっぷり働いた1日の終わり、楽しみなのが食事です。しかし遅い時間だとカロリーが気になるという方も多いでしょう。仕事や毎日の生活でくたくたになっていると準備も面倒です。今回は太りにくく、平日の夜でも簡単に作れるレシピを5つご紹介します!

  1. 夜に食べたい時は?
  2. まとめ

夜に食べたい時は?


カロリーの低い野菜、豆腐、きのこ、魚などの食材を選ぶことが大切です。
また、油を多く使う調理方法は避けましょう。

疲れている時はお菓子や甘いスイーツなどに手が伸びますが、少しずつでも栄養のある食材を取り入れ、バランスよく摂取することが基本です。どうしても物足りない時は、噛みごたえのある食材を取り入れるのも手です!

具だくさんみそ汁

材料

・みそ 15g
・だし 160ml
・野菜、豆腐など好きな具材

簡単で栄養があり、ホッとするのが味噌汁。
好きな具材を使って簡単に出来上がります。豆腐や卵など、簡単に用意できる食材を使うのもいいでしょう。

忙しい方は乾燥わかめ、切り干し大根など乾物をストックしておくと便利です。
だし入りのみそを使えば時間短縮にもつながります。

みそ汁にはタンパク質が多く含まれ、栄養たっぷり。日常的に取り入れたい料理です。

しらたきとサラダチキンの中華めん風

材料

・しらたき 一袋
・サラダチキン 適量
・塩、こしょう 少々
・酒 大さじ2杯
・水 800cc
・鶏ガラスープの素 大さじ2杯
・ごま油 少々
・その他好きな具材(ネギ、水菜、レモンの輪切りなど)

低カロリーながら、ごま油の香りが心を満たしてくれる一杯です。
ヘルシーなしらたきとサラダチキンを3分ほど茹でるだけ。

ラー油やニンニクチューブを足しても美味しく食べられますよ。

定番ミネストローネ

材料

・カットトマト缶
・水 400ml
・コンソメ 1〜2個
・塩、こしょう 少々
・お好きな野菜(にんじん、玉ねぎ、キャベツなど)
・お好きなきのこ(しいたけ、マッシュルーム、しめじなど)

好きな食材を入れて、さっと煮るだけでおいしくなるのがミネストローネです。
トマト自体に栄養が多く含まれているのも嬉しいポイントですね。

たっぷりキャベツの梅肉和え

材料

・キャベツ 3枚
・梅肉 1個
・鰹節 適量
・ごま油 少々
・すりごま 少々

キャベツは食べやすい大きさに切り、サッと茹でて材料を混ぜるだけで、立派なおかずの完成です。
レンジで2分ほど温めてもOKです。

キャベツをあえてかためにして歯ごたえを残すことで、満腹感を得るのもおすすめです。

梅肉は生の梅干しでも、チューブタイプの梅干しでもどちらでも可能です。梅はおにぎりやお茶漬けなどにも使えるので、ストックしておくと便利ですね。

アボカドサーモンユッケ丼

材料

・生食用サーモン 1パック
・アボカド 1/2個
・ごはん お茶碗1杯分
・酒、みりん、ごま油、コチュジャン、砂糖 小さじ1
・醤油 大さじ1
・にんにくチューブ 少々

食べやすい大きさに切ったサーモンとアボカドに、調味料を混ぜてなじませます。ご飯の上に乗せて出来上がりです。
卵黄、ネギ、海苔、キュウリ、ごまなど、お好みの食材をトッピングするのもおすすめです!

「遅い時間に白米を食べたくない…」という方は、調味料を減らして普通のサーモンユッケとして食べるのもおすすめです。
コチュジャンとにんにくの香りが良く、少量でも満足感がありますよ。

調理が面倒なイメージのある魚ですが、生のサーモンを使って手軽に取り入れられるのもポイントです。

まとめ


忙しいとついついおろそかにしてしまいがちな食事ですが、ヘルシーで栄養価の高い食材を取り入れることを意識してみてはいかがでしょうか。

カロリーを気にしていると心から食事を楽しめないものです。
あまり無理しすぎず、1日の終わりがハッピーになる食事をとりたいですね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事もプライベートも充実させたい20~30代のフルキャリ女性向けに、ニューノーマル時代をより私らしく生き抜くためのヒントをお届けします。