2021.08.22

かまってちゃんな男性への対応は?その心理やタイプ別対処法をご紹介

かまってちゃんな男性は意外と多いものです。そんな“かまってちゃん男子”の相手に困っている女性も多いのではないでしょうか。今回は、かまってちゃんな男性のその心理や対応方法について解説していきます。

そもそも「かまってちゃん」とはどんな人?


「かまってちゃん」というのは、老若男女問わず存在する「自分を見てほしい」という欲の塊のような性格の人のことをいいます。

その名のとおり、人にかまってほしくて仕方がないため、しつこく話しかけてきたり聞いてもない自分の話をしてきたりします。

こちらも興味があればいいですが興味がない男性の場合、まともに相手をするとかなり疲れてしまいます。
かまってちゃんな男性に気に入られてしまった場合は、その心理や特徴をよく理解しうまく対処していくようにしましょう。
 

一般的なかまってちゃんな男性の特徴


まず、かまってちゃんな男性の特徴について紹介していきます。
かまってちゃんな男性に付きまとわれている女性の中には、相手がかまってちゃんだと気が付いていないケースもあります。

これから紹介する5つの特徴に当てはまらないか、一度チェックしてみてください。
 

頻繁に連絡が来る


かまってちゃんな男性の特徴として、やたらと連絡を送ってくるということが挙げられます。
例え2人が恋人関係でなくとも、どうでもいい内容のことばかり送ってくるのです。

また、既読スルー・未読スルーをしていても一定の時間がたてばまた連続して連絡を送ってくるというのもありがちです。
かまってちゃんな男性は、とにかくか待ってほしいので頻繁に連絡をよこしてきます。

そこにレスをすると「かまってくれた!」と喜び、即レスが来ることも非常に多いです。
スマホをもってかまえていたのか?と思うくらいの即レスに引いてしまう人もいるでしょう。

相手がただの男友達であればいいですが、彼氏だったり毎日顔を合わせる会社の人だったりすると厄介です。
完全に無視をするわけにはいきませんから、しょっちゅう鳴るスマホにストレスを感じる人も多くなっています。
 

寂しがり屋ですぐに会いたがる


かまってちゃんな男性は、孤独を嫌います。
だから常に誰かに連絡を取りそのレスを待っているのです。

それと同じ理由で、すぐに会いたがるという特徴もあります。
かまってちゃんな男性にまともに返信をしていると、やたらと「今夜飲みに行かない?」「今から遊びに行こう!」など誘われることが多いです。

それも、「いつ空いている?」という内容ではなく、「今」というケースが非常に多いです。
これは、1日たりとも1人ではいたくないため先の日付ではなく当日を含めた直近の日で予定を確約させたがるのです。

このように、かまってちゃんな男性はとても寂しがり屋で、寂しさを紛らわせるために常に誰かと会って時間を共有しようとする特徴があります。
 

傷つきやすい


実は、かまってちゃんな男性はとても傷つきやすい心を持っています。
寂しがり屋で人とのつながりを求めるかまってちゃんな男性は、人から厳しい言葉をかけられるとすぐに傷ついてしまいます。

それは恋愛や友人関係に限らず、仕事でなにか注意をされたときなどにも同様です。
かまってちゃんな男性はガラスのハートを持っており、少し人からきつく言われただけでも心に傷を負ってしまいます。

心に傷を負ったかまってちゃんな男性は、その傷を埋めるべくさらにかまってちゃんな行動に出ます。
これはよくある悪循環のパターンで、かまってちゃんな男性への対応を一歩間違えると、かまってちゃん具合がエスカレートしてしまうので注意しましょう。
 

自分が大好きで承認欲求が強い


かまってちゃんな男性は、自分のことが大好きです。
しかも、それを人にも認めてほしいという承認欲求が非常に高いという特徴があります。

そのため、かまってちゃんな男性と会話をしていると自分の話ばかりしていると思いませんか。
自分の長けているところを人に話し「すごいね」といわれることで快感を得ているのです。

また、本当は自分に自信がないという一面も持ち合わせているため、自分のことを人に話して人に褒められることで自分を保っているともいえます。
 

独占欲が強い


かまってちゃんな男性は、独占欲が強いという特徴も持っています。
特に、自分が一番仲がいいと思っている友人や彼女、妻相手への執着心はかなり強いといえます。

自分が心を許した人が他の人と仲良くしていたり、自分といるときよりも楽しそうにしていたりすると、自分から離れていくのではないかと不安でたまらないのです。

そうなるとまたかまってちゃんな男性は、相手に気に入られようと自分のすばらしさを語ったり、頻繁に連絡を送ってきたりします。
つまり、このような嫉妬心というのも悪循環へとつながるパターンなのです。 
 

恋愛におけるかまってちゃんな男性の特徴


ここまでは、一般的なかまってちゃんな男性の特徴について紹介してきました。
ここからは、かまってちゃんな男性の恋愛においての特徴を詳しく紹介していきます。

かまってちゃんな男性は、一見母性本能をくすぐり「私がいないと何もできない可愛い彼氏」と思わせます。
そのため、かまってちゃんな男性だと気が付かず甘えん坊な可愛い彼氏として付き合ってしまうケースも少なくありません。

では、そんなかまってちゃんな男性の恋愛における特徴を5つ紹介します。
 

連絡の頻度が高く返信が遅いと怒る


かまってちゃんな男性は、彼女や妻への連絡頻度が非常に高い傾向にあります。
また、連絡への返信が少し遅くなってしまうと怒るという特徴もあります。

友達と遊んでいたり仕事中だったりとすぐに返信ができないケースもあるでしょう。
でも、かまってちゃんな男性にとってそれは言い訳にしか聞こえていません。

どうして自分にすぐに返信をしてくれないのか、どうして自分を第一に考えてくれないのかと怒ってしまうのです。
かまってちゃんな男性と付き合っている女性は「普段は優しくて面白い話をしてくれるのに、こうなると面倒くさい…」と感じてしまう場面は少なくありません。
 

被害妄想が強く嫉妬深い


かまってちゃんな男性は、とにかく嫉妬深いという特徴があります。
また、想像力が豊かで被害妄想が強いという特徴も持ち合わせているため時に非常に面倒なケンカが起こることもあります。

「返信が遅いのは、誰か他の男といたからだろう」「俺のこと好きじゃなくなったのか」といった被害妄想で一方的に責められることも少なくありません。

こうなってしまうと彼女がいくら「違う」といっても聞く耳を持たず、かなり面倒な状態になってしまいます。
 

デートの回数が多い


かまってちゃんな男性は、普段から頻繁に連絡を取っているにも関わらずデートの回数も非常に多く求めてきます。
連絡を取り合うだけでなく、週に2回3回とたくさんデートしたいのです。

かまってちゃんな男性は1人でいることを嫌うため、人と一緒に時間を過ごしたいという願望があります。
彼女がいる場合、その欲求を満たしてもらう対象は当然彼女に向きます。

彼女からすれば「毎日電話やLINEで話をしているのに…」と思いながらもデートの誘いに渋々承諾する人も多いのではないでしょうか。

かまってちゃんな男性からすれば、毎日電話やLINEで連絡を取り合うのは当たり前のことで、それとは別にデートがしたいのです。
 

異常に傷つきやすい


かまってちゃんな男性は、異常なほど傷つきやすいという特徴があります。
相手が何気なくいった言葉でも悪い方向に捉えてしまい、1人で悲しんでいるというケースもよくあります。

言った方の彼女は、何が彼を傷つけたのか全く分からず対応に困ってしまいます。
こんなことが続くと、彼女の方も理解しあうのが面倒になり「よくわからないけど、怒っているからとりあえず謝ろう」とその場しのぎの対応をするようになってしまいます。

これではカップルとしてうまく関係が築けているとはとても言えません。
こういった理由から、かまってちゃんな男性はあまり恋愛が上手くいかない特徴も持ち合わせています。

それがまた彼自身の悲しい体験として心に刻まれ、次に付き合う女性にも異常に執着してしまうという悪循環を起こします。

こういったことから、かまってちゃんな男性は恋愛で傷を負っているケースが多く、どんどん傷つきやすくなっていってしまうのです。
 

職場におけるかまってちゃんな男性の特徴


かまってちゃんな男性は、何も恋愛対象の人だけではありません。
実は、職場の上司や同僚のかまってちゃんな男性の対応に困っているパターンも多く聞きます。

仕事においてかまってちゃんを発揮されると、仕事にも影響が出て困りますよね。
では、そんな職場によくいるかまってちゃんな男性の特徴についても詳しく紹介していきます。
 

無駄話が多い


かまってちゃんな男性は、とにかく人と接点を持ちたがります。
そのため、特に用事がなくても仕事中であってもお構いなしに雑談をしに来ます。

また、ちょっと書類を預けて席に戻ろうと思ったときでも、急に無駄話をはじめてしまい思ったより長い時間拘束されることもあります。

既にお伝えしたとおり、かまってちゃんな男性は自分の話をすることが大好きなので、相手の都合はあまり考えません。
自分が今誰かに聞いてほしい話をひたすらしてくるという傾向があります。
 

何かにつけて指摘をしてくる


かまってちゃんな男性は、何かにつけて指摘や注意をしてくるという特徴もあります。
例えば、出来上がったプレゼン書類や勤務態度について正直「どうでもいい」と思えるようなことを逐一言ってきます。

これは、仕事において細かいこだわりがあったり指導が熱心だったりするわけではありません。
ただ、人と関わりたくて自分の話を聞いてくれる人を探しているのです。

相手が部下であれば自分のことをあからさまに邪険にする態度はとらないでしょう。
また、仕事においての指摘であれば一見指導しているようにも見えるため完全に無視されることもありません。

かまってちゃんな男性は、こういったずる賢い方法を使って相手の時間を拘束してくるのです。
また、これらの行動をする相手は誰でもいいというわけでなく、ある程度ターゲットが決まっています。

仕事に熱心で従順な女性ほど、こういった上司を軽くあしらうことができずいつまでも話を聞いてしまう傾向にあります。
かまってちゃんな男性もその傾向を見抜いており、かまってちゃんを発揮する相手を選んでいます。

つまり、そのターゲットにされてしまった場合は、自分が行動を起こしてそれを阻止させないといつまでも続いてしまうわけです。
 

進捗確認が異常に多い


かまってちゃんな男性は、進捗確認が異常に多いというのも特徴です。
「この前頼んだアレ、進んでいるか?」「じゃああっちの案件は?」など事細かに聞いてきては、アドバイスをしてきます。

これも、ただ人と話がしたいというかまってちゃんな男性の身勝手な思いからくる行動です。
きちんと進捗状況を確認しているにも関わらず、話しかけるネタとして「上司としての進捗確認」という体裁をとるのです。

言われた側としても、進捗報告は仕事の基本ですからそれを無視するわけにはいきません。
仕方なくそれの相手をしているとどんどんエスカレートしていき、かまってちゃんな男性のターゲットになってしまうでしょう。
 

プライベートに介入してくる


かまってちゃんな男性は、自分のプライベートの話だけでなく相手のプライベートの話にも平気で介入してきます。
自分のことが大好きなため「自分はこうしている」「君もこうしたほうがいい」というのが典型的な話の構図です。

誰も聞いていないのに自分のプライベートを得意げに話しては、「君はどうなの?」と回答を求めます。
そのあとどう回答しても、かまってちゃんな男性は「自分の方が優れている」「こうしたほうがいい」という方向に話を盛っていきます。

正直、放っておいてほしいおせっかいな話です。
このように、職場の上司や同僚にかまってちゃんな男性がいてそのターゲットになってしまった場合、かなりのストレスを受けることになってしまいます。

かまってちゃんな男性の4つの心理


では、かまってちゃんな男性の特徴が分かったところで、どうしてかまってちゃんな男性はこんな行動をとるのでしょうか。
普通に考えると女性から嫌われてしまう行動で、人との関係の中ではしないことばかりでしょう。

それでもかまってちゃんな男性がこういった行動をするには、これから紹介する4つの心理があるのです。
 

自分に自信がない


一番に言えることは、かまってちゃんな男性は自分に自信がないということです。
かまってちゃんな男性は常に自分の優れたところを得意げに話すため、一見自分に自信があるように見えます。

でも、それは逆です。
自分に自信がないからこそ周りの人から舐められてしまわないように先手を打つような形で自分の優れているエピソードを話すのです。

かまってちゃんな男性は、実は自分に自信がなくそれを隠すために必死で自分の武勇伝を語ります。
そして相手に「すごいね」などと褒めてもらうことで、自分に自信がないことに対して安心しているのです。
 

承認欲求が強い


かまってちゃんな男性は、承認欲求が強いという心理もあります。
先に解説した通り自分に自信がないため、自分を認めてほしくてたまらないのです。

でも、普段黙っていて周りから「すごいね」なんて言われることはほとんどないでしょう。
早く自分を褒めてほしい、だからこそ自分から人に話をするのです。

それによって相手が自分を褒めてくれ、承認欲求を満たすことができます。
承認欲求が強い人間にとって、人から「すごいね」とほめてもらうという経験は割と病みつきになります。

ちょっと嫌なことがあったり、気分がネガティブになったりしたときにすぐに「またあの時みたいに認められたい」と思うのです。
そのため、かまってちゃんな男性は周りからうっとうしいと思われながらも、それでも続けてしまうのです。
 

コンプレックスを持っている


かまってちゃんな男性は、なにかしらコンプレックスを持っていることが多いです。
それが自分の自信のなさにつながっているともいえます。

自分自身の容姿や学歴、なにかしらにコンプレックスを抱え、それを人に見破られることが怖いのです。
「この人ってこうなんだ」とコンプレックスを知られることが怖く、いつもそれを恐れています。

そのため、自分のことをよく見せるために自慢話や自分の得意なことばかりを話すのです。
 

寂しい気持ちを人と話すことで紛らわせている


かまってちゃんな男性は、とても寂しがり屋な性格です。
自分が1人ぼっちになることをとても嫌い、人から人気者と思われたいという願望があります。

そのため、自分の上手くいった話など武勇伝を人に話し、人の気を誘うのです。
そうやってお世辞であったとしても「すごいね」と言ってもらうことで自分の不安を払拭し過ごしているという心理があります。

実際にそれが人にとって「うっとおしい」と思われる行為であると気づきながらも、曽於野場しのぎで寂しさを埋めるためにしている人もいます。

かまってちゃんな男性は、とにかく人とのつながりを求め、自分を認めてくれる存在を探している寂しがり屋なのです。

かまってちゃんがターゲットにする人物像


既にお伝えした通り、かまってちゃんな男性は誰かれ構わずかまってちゃんな行動をとるわけではありません。
そこには、きちんとターゲット層が存在します。

かまってちゃんな行動をして冷たい言葉をかけられたり、無視されたりすると自分が傷つくことがわかっているからです。
では、かまってちゃんな男性のターゲットになってしまうのは一体どんな人でしょうか。

できれば、かまってちゃんな男性のターゲットにはなりたくないですよね。
かまってちゃんな男性のターゲットになってしまう人の特徴についても3つ紹介していきます。
 

優しくて話を聞いてくれる人


性格が優しくて穏やか、人の話を聞くことがとても上手な人は、かまってちゃんな男性のターゲットになりやすい傾向があります。
理由はそのまま、自分の話をよく聞いてくれるからです。

かまってちゃんな男性にとって、優しく自分の話をうなずきながら聞いてくれる人というのは理想の相手です。
話の腰を折らず、適当にあしらうこともせずに自分をかまってくれる人は、かまってちゃんのターゲットになってしまいがちです。
 

自分を否定したり傷つけたりしない人


次に、かまってちゃんな男性にとって「自分を否定したり傷つけたりしない人」ということも挙げられます。
お伝えしてきた通り、かまってちゃんな男性はとても傷つきやすい心の持ち主です。

そして、本当は自分に自信がなく、自分が話している内容がほかの人にとって特にすごくもなんともないことも心の底では理解しています。

だからこそ、自分が話をしているときに「だから何?」「全然すごくないよ」などといわれることを恐れています。
かまってちゃんな男性はそういった言葉を書けられることを恐れ、かまってちゃんな行動をする相手は、そういったきつい言葉を言わない相手に決めています。
 

自分の彼女や妻


最後に、自分が一番気を許している彼女や妻をターゲットにしている人が非常に多いです。
自分の彼女や妻というのは、自分が一番信頼していて自分を一番理解してくれている人です。

そのため、自分の彼女や妻にだけかまってちゃんな行動を見せる男性も少なくありません。
ある意味で、相手に甘えているともいえる行動です。
  

かまってちゃんな男性の対処法


ここまで、かまってちゃんのさまざまな特徴について解説してきました。
では、実際にかまってちゃんな男性のターゲットになってしまったらどうしたらいいでしょうか。

その対処法についても詳しく解説していきます。
 

スルースキルを身につけ深く相手にしない


まずはスルースキルを身につけ、いちいち大きく反応しないことです。
「えっそうなんですか?!」と話に食いつくような反応をするとかまってちゃんな男性はとても喜びます。

そうではなく、スルースキルを身につけクールに「それはすごいですね」と淡々と受け答えするようにしてみましょう。
あまり感情を出さないようにするのがポイントです。

そうすることでかまってちゃんな男性も、「この子に話しても楽しくない」と感じ、ほかにターゲットを移すでしょう。
 

たまに無視・冷たくする


少し冷たいかもしれませんが、たまに無視したり冷たい態度を取ったりすることも効果的です。

無視をするといってもあからさまな無視ではなく「すみません、集中して聞いていませんでした」といったようにさりげない無視をするのです。

こうすることで、かまってちゃんな男性は「いつか自分が傷つけられるような言葉をかけられるのではないか」と不安になります。
その懸念を男性が抱けば、あなたはかまってちゃんな行動のターゲットから外されるはずです。
 

はっきり指摘する


勇気がいることですが、はっきりと指摘するということも大切です。
特に相手が彼氏や夫など大切な人の場合は、そこを指摘してあげることでいい方向に浮かうこともあります。

その場合、「そんなに心配しなくてもあなたは十分素敵だよ」「私は離れていかないよ」というように安心させてあげることが大切です。

指摘をするだけで放っておいてしまっては、冷たく突き放したことになってしまいかねません。
優しく包み込むように「あなたのためを思って言っている」ということを態度で表すようにしましょう。
 

逆にほめて承認欲求を満たしてあげる


あまりにもかまってちゃんな行動がひどいと思ったら、逆にほめちぎって承認欲求を満たしてあげるというのも1つの手です。
かまってちゃんな男性の行動の主な理由は、お伝えしてきた通り「認められたい」という承認欲求からです。

中途半端に相手をしてしまうと、承認欲求が満たされず逆にムキになってこれでもかと話を続けられ逆に長引いてしまいます。

「すごいですね」「さすがです」「そんなことできる人初めて聞きました」とわざとらしいくらい褒めちぎってみましょう。

相手も承認欲求が満たされれば、かまってちゃんな行動は一時的ではありますが止まります。
 

かまってちゃんな男性が彼氏など大切な人の場合の対処法


かまってちゃんな男性が、彼氏や夫など大切な人の場合、その場しのぎの対応ではなく根本的に寄り添ってあげたいですよね。
では、そんな場合はどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

相手が大切な人の場合の対処法についても3つ紹介します。
 

かまってちゃんになった理由を探る


何度もお伝えしている通り、かまってちゃんな男性の心理には「寂しい」「自信がない」など心理的な理由があります。
それはどうしてそうなってしまったのでしょうか。

子供の頃にからかわれた、親から褒められたことがないなど必ず理由があるはずです。
そこの根本を探ってみましょう。

承認欲求が強い男性というのは、幼少期に褒められた経験が少ないという特徴があります。
かまってちゃんになってしまった具体的な理由を知ることで、根本的な解決につなげることができるのです。
 

精神的に安心させてあげる


かまってちゃんな男性は、かまってもらっている時間だけは安心できますが、それ以外の時間は不安でたまりません。
できるだけ彼が安心するような行動をとってあげるように心がけましょう。

少し面倒かもしれませんが、例えば連絡は相手からではなく自分からするようにしてみる、友達との飲み会には写真を付けて送るといったことが挙げられます。

こういったことの積み重ねで、かまってちゃんな男性も精神的に安心しかまってちゃんな行動が少しずつ減ってくるはずです。
 

承認欲求を満たしてあげる


カップルや夫婦の場合、言わなくてもわかると思ってしまいがちですが、かまってちゃんな男性の場合はそうではありません。
いつも言葉でいってもらわないと不安でたまらないのです。

「私は、あなたのこういうところすごいっていつも思っているよ」「あなたって本当にこういうところがすごいよね」と具体的に褒めてあげましょう。

できるだけ具体的かつリアルタイムに褒めてあげることで、かまってちゃんな男性の承認欲求を満たしてあげることができます。
 

かまってちゃんな男性とは上手な付き合い方を


紹介してきた通り、かまってちゃんな男性にはさまざまな特徴があります。
どれも自分がかまってちゃんな行動のターゲットになってしまうとなかなかストレスがたまりますよね。

かまってちゃんな男性には、そのタイプやその男性との関係によって対処法が異なってきます。
紹介してきたような対処法をぜひ参考にし、上手に付き合っていけるようにしてみてください。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

仕事もおしゃれも恋愛も、私らしく叶える。

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。

このライターの記事を見る