ポイ活ってどうやって始めるの?やり方や人気のポイントサイトを紹介

年々人気が高まっているポイ活。どんな活動なのか気になっている人も多いと思います。そこで、普段からポイントをためている筆者が、ポイ活のやり方や人気のポイントサイトをご紹介します。ぜひポイントをためてお得に生活しましょう!

  1. 「ポイ活」ってなに?
  2. ポイ活の基本的なやり方や使い道について
  3. 貯まったポイントの使い道
  4. ポイ活におすすめのポイントサイト6選
  5. 初めてポイントサイトを使う人におすすめの獲得方法
  6. ポイントサイトを使うときに気をつけるべきこと
  7. ポイ活でお得に生活しよう!

「ポイ活」ってなに?


ポイ活とは、「ポイント活動」の略で、ポイントをためてから使い生活に役立てる活動です。

ポイ活はそこまで特別なものではありません。
たとえば普段よく行くスーパーのポイントカードにポイントをためるのも、ポイ活のひとつです。

今回はそんなポイ活のやり方や人気のポイントサイトについてご紹介します。
ポイントサイトの特徴やおすすめの人についても解説するので、ぜひ今回の記事を参考に登録してみてくださいね。

ポイ活の基本的なやり方や使い道について


ポイ活の具体的なやり方と、たまったポイントの使い道についてご説明します。
やり方は主に4通りあって、最初の登録だけ済ませればどれも簡単にできるものばかりです。

ポイ活のやり方を把握して、実際にポイントをためてみましょう!

よく利用するお店のポイントをためる

スーパーや薬局、美容院やアパレルショップなどには独自のポイントカードがありますよね。
普段よく利用するお店のポイントをためるのも、立派なポイ活です。

ポイントの使い道はお店によって異なりますが、たとえばためたポイントを1ポイント=1円で使えたり、商品と交換できたりする場所などがあります。
筆者も薬局でポイントをためて、ドライヤーなどの美容家電と交換しました。

ためるときに気をつけたいのが、「スーパーならここ、薬局ならここ」といったように、1~2店舗のお店に絞ること。
利用するお店を絞れば、よりポイントがたまりやすくなりますよ。

還元率のいいクレジットカードを使う

ポイ活をするときに必要なのがクレジットカードです。
ポイントの還元率が高いカードを使えば、買い物をすればするだけポイントが付きやすくなります。

たとえば楽天カードは普段のお買い物だけではなく、スマホや公共料金の支払いでもポイントがたまります。

年会費は永年無料でポイントの還元率は1%。
100円につき1ポイントが付くのが特徴です。

楽天カードはクレジットカードのなかでも還元率が高いのでおすすめですよ。

ほかにもdカードやPontaカードなどポイントのたまりやすいクレジットカードがいくつかあるので、自分に合ったカードを探してみましょう。

ネットショッピングを利用する

ネットショッピングを利用するときにもポイントがたまります。
たとえばAmazonや楽天市場の支払いにクレジットカードを設定すると、お買い物ごとにポイントが付与される仕組みです。

そのほかにも宿泊施設やホテルの予約でもポイントがたまります。
お買い物や予約をするときは、なるべくサイトを利用するとお得ですよ。

その際はポイントがたまりやすくなるので、クレジットカードを1枚に絞るのがおすすめです。

ポイントサイトを経由する

ポイントサイトを経由してポイントをためる方法があります。
ポイントサイトからマッサージや美容院の予約、ネットショッピングをすることで、サイト独自のポイントがたまる仕組みです。

たまったポイントは現金に換金したり、楽天やTポイントなどの別のポイントに変えたりできます。
サイトによってはマイルに変えられるところもあります。

支払いの方法でクレジットカードを選択していれば、ポイントサイトとカードのポイントの二重取りができるのでお得です。
のちほど、おすすめのポイントサイトをご紹介しますね。

貯まったポイントの使い道


たまったポイントの使い道は、大きく分けて5つあります。

まずいちばんシンプルな方法が、ポイントのまま使うこと。
買い物やサービスでためたポイントを、同じサイトでお買い物するときに使います。

使いたいポイントを入力するだけなので、いちばん簡単な方法です。

ほかには現金に交換したり、マイルや電子マネーに交換したりもできます。
ポイントをほかの楽天やTポイントなどの別のポイントにも交換が可能です。

またクレジットカードや薬局に多いのが、ポイントと商品を交換する方法。

商品の一覧のなかにほしいものがあれば、交換するのがおすすめです。
ほしい商品がなければ、ポイントのまま使ったり現金に換えたりするのがいいですね。

ポイ活におすすめのポイントサイト6選


ポイ活の基本的なやり方やためたポイントの使い道について解説しました。

ここからは、やり方のひとつにあったポイントサイトについてご紹介します。
今回の記事には、人気のポイントサイトを6つ載せました。

初心者でも使いやすいサイトばかりなので、気になった人はぜひ登録してみてくださいね。

ハピタス

出典:ハピタス(外部リンク)

ハピタスは2007年に株式会社オズビジョンがサービスを開始しました。
会員数は320万人以上で、老舗のポイントサイトです。

ハピタスには2000以上のサービスが登録されていて、お買い物やサービスの申し込みをすることでポイントがたまります。
ほかのポイントサイトのようにアンケートやゲームでためるシステムはないので、シンプルなサイトを使いたい人におすすめです。

還元率は1ポイント=1円。
どのくらいたまったのかいちいち計算する必要がなく、分かりやすいのもうれしいですね。

ポイントの交換先は、現金やほかのポイント、電子マネーやギフト券など15以上の交換先があります。
最低300ポイントから交換ができるので、すぐに現金に換えたいときに便利ですよ。

ショッピングや予約などでシンプルに使いたい人におすすめのサイトです。

モッピー

出典:モッピー(外部リンク)

モッピーは、2005年に株式会社セレスがサービスを開始しました。
会員数は、ポイントサイトのなかでもトップクラスを誇る800万人以上です。

アンケートやゲームなどの無料案件からクレジットカード発行などの高額案件までと、サービスの幅広いところが特徴。
個人的には、ほかのサイトより条件のいい案件が多いと感じています。

毎日届くアンケートやゲームだけでも月間300~1000ポイントがたまります。
メールの受信設定をオンにして、モッピーからのお知らせを定期的にチェックするのがおすすめです。

またモッピーでは友達紹介に力を入れているのが特徴。
ブログやTwitterなどのSNSでモッピーを紹介して、誰かが登録すると300ポイントがもらえます。

さらに、登録した人がポイントを獲得するごとに10%が還元されますよ。

ポイントサイトに登録するのが初めての人に、ぜひおすすめしたいサイトです。

ポイントタウン

出典:ポイントタウン(外部リンク)

ポイントタウンは1999年からGMOメディア株式会社が運営を始め、登録者数は200万人以上を誇ります。

ポイントタウンの特徴としては、5段階の会員ランクがあるところ。

ランクに応じて、通常ポイントとは別でボーナスポイントがもらえます。
1番上のプラチナ会員になるとプレミアムガチャが引けるので、まずはプラチナ会員を目指しましょう。

またレシートでもポイントがためられます。
やり方は指定の商品を買ったレシートを、写真で撮って送るだけ。

場合によっては、商品代金分を全額ポイントでもらえる案件もあるので、実質無料で買えたことになりますね。

ポイントの交換は最低100ポイントからできて、ほかのサイトよりも最低交換ポイントが低いのが特徴。
楽天ポイントやTポイントだけではなく、ANAやJALなどのマイルにも交換ができます。

ポイントがたまりやすい会員ランク制度があるサイトをお探しの人にもおすすめです。

ワラウ

出典:ワラウ(外部リンク)

ワラウは1999年に株式会社オープンスマイルがサービスを開始し、会員数は250万人以上です。

ワラウの特徴は、無料で遊べるゲームの種類が豊富なところ。
ルーレットやクイズなどでポイントをためることができるので、飽きずに楽しみながらポイ活を続けられますよ。

またコラムを読んでもポイントがたまります。
『サンキュ!』や『レタスクラブ』などの雑誌を普段から読む人にもおすすめです。

TポイントやPontaポイントへの交換がすぐにできるのもワラウの特徴です。
ウェルシアの買い物がお得にできる「ウェル活」、ポイントでローソンの商品を交換できる「ポン活」をしている人にぴったり。

ポイントが足りなくなっても、すぐに交換できるので便利です。

ポイントインカム

出典:ポイントインカム(外部リンク)

ポイントインカムは、2006年にファイブゲート株式会社がサービスを開始しました。

2020年の調査では、「人気のポイ活サイト」「信頼できるポイントサイト」「ユーザー満足度」の3冠を達成。
400万人以上が登録していて、ポイントサイトのなかでも人気のあるサイトです。

ポイントインカムの特徴は、イベントが頻繁に開催されるところ。
なかでも毎月1日に更新される「ポイントハンター」では10個のクエストがあり、すべて達成するとコンプリートのボーナスがもらえます。

達成感があるので、ゲームが好きな人なら楽しんでできますよ。

会員ランク制度にもポイントインカム独自の特徴があります。

それは、一度ランクが上がれば下がらないこと。
月によってポイントの獲得数に差があったとしても、ランクがキープされるので安心して使えますね。

さらに1番上のプラチナになると、通常の還元率にプラスして7%のポイントがつきます。
会員ランク制度が充実しているサイトをお探しの人におすすめのサイトです。

ライフメディア

出典:ライフメディア(外部リンク)

ライフメディアは1996年にノジマのグループ会社がサービスを開始し、登録者数は300万人以上です。

最大の特徴は、ノジマスーパーポイントへの交換が1.5倍になること。
ポイントを利用してノジマでお買い物をすることを、ポイ活をする人々の間では「ノジ活」と呼んでいます。

ライフメディアでは、毎日1名に1000円分のポイントが当たるキャンペーンを行っています。
当選するとリンクが出るので、ライフメディアに登録したら忘れずに毎日チェックしましょう。

またSNSを使った友達紹介制度では、最大で500円分のポイントがもらえます。
ブログなどを持っている人は積極的に紹介するとポイントがたまりやすくなりますよ。

個人的にはサイトがすっきりしていて見やすいと感じました。
普段からノジマでお買い物をする機会が多い人におすすめのサイトです。

初めてポイントサイトを使う人におすすめの獲得方法


「ポイントサイトに登録したけど、どうやってポイントを獲得すればいいの?」このような疑問を持っている人もいると思います。
筆者も初めて使ったときはアンケートから始めましたが、まったくポイントがたまらなくて続きませんでした。

そこでおすすめは、「ショッピングや美容院の予約をするときに利用すること」です。

ゲームやアンケートはすきま時間にできますが、なかなかポイントがたまりません。
またクレジットカードや銀行の開設などは高額案件が多いですが、何回も利用できませんよね。

ネットで何かを買うときはポイントサイトを経由する、美容院やマッサージなどの予約をするときにサイトを経由する、このような癖を付ければ自然とたまっていきます。

あるいは、友達紹介制度を使うのもおすすめです。
ブログやTwitterなどでポイントサイトを紹介して誰かに登録されると、紹介料として自分にポイントが入ります。

筆者もブログで記事を書くたびにリンクを貼ったところ、月に5~10名ほど登録してもらえました。
普段からSNSを利用している人はぜひ活用したい制度です。

ポイントサイトを使うときに気をつけるべきこと


5つ以上のポイントサイトを使ってみた経験から、気をつけたほうがいいと思ったことを2つお話しします。

まず1つは、メインで使うポイントサイトは絞ること。
なぜならサイトを絞ったほうが、ポイントがたまりやすいからです。

始めた頃はどのサイトが使いやすいのかわからないと思うので、複数のポイントサイトを使うのがおすすめ。

慣れてきて自分に合うサイトが分かってきたら、2つか3つに絞りましょう。
ポイントもたまりやすく、サイトごとの特徴も把握しやすくなりますよ。

気をつけるべきポイントの2つ目は、クレジットカードや銀行の開設を何度もしないこと。

ポイントサイトで稼ぐ方法が書いてあるサイトに、「複数のクレジットカードに登録して、ポイントをもらったら解約する方法がおすすめ」と書いてあるのをよく見かけます。

しかし複数のカードに登録する方法は、個人的にはおすすめしません。

確かに、カードの発行や銀行の開設などは、高額な案件が多くなっています。
ただ登録と解約をくり返すのは、いざ同じカードを発行しようとしたときにチェックされる可能性があります。

また登録するときに必要事項を入力する手間もかかりますね。
カードや銀行の開設は、本当に登録したい案件があるときだけにするのがおすすめです。

ポイ活でお得に生活しよう!


ポイ活のやり方や人気のポイントサイトについてご紹介しました。
どのサイトもそれぞれの特徴があるので、実際に使ってみて自分に合ったサイトを見つけるのがおすすめです。

紹介制度も上手に使って、ポイントをお得にためましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
日橋 絵美(ライター)
日橋 絵美

エンタメ系のWebライター。働く女性が「ほっと一息つける生活のヒント」をお届け。休日はアニメを見たりゲームをしたり。フロム・ソフトウェアのゲームが好き。