いくつになっても甘えたい♡甘え上手な女性がやっている「甘えん坊テクニック」

甘えん坊の彼女は、何となく愛されているイメージがありますよね。しかし、いざ甘えてみようと思っても簡単にできることではありません。また年齢が重なるにつれて、甘えるのが恥ずかしいと思う人も多いと思います。そこで今回は、甘え上手な女子が無意識にしているテクニックをご紹介します!

  1. 5つの甘えん坊テクニック
  2. 甘えん坊になって愛され女子になろう!

5つの甘えん坊テクニック


甘えん坊と聞くと、世間的に「ぶりっ子」と言われるような女性を想像する人が多いのではないでしょうか?

しかし真の甘えん坊は、日常生活の中でナチュラルに彼に甘えられるのです。
どんな行動が甘え上手につながるのか、詳しくみていきましょう。

1.ちょっとしたことでも男性を頼る

甘え上手な女性は些細なことでも男性に助けを求めています。
自立しているキャリ女子さんには難しいかもしれません。

ですが、男性は頼られて感謝されると気分がよくなります。
甘えん坊な女性は男性に頼ることで、男性の心を掴んでいます。

まずは簡単な仕事を少し手伝ってもらったり、力仕事をお願いしたりして男性を頼ってみてくださいね♡

2.素直に感情を伝えられる

甘えん坊な女性は、感情をストレートに訴えられる女性が多いです。
何か伝えるときも忖度せずに、まずは自分の気持ちを伝えようとします。

例えばデートの予定を立てるとき「◯◯が食べたい!」「◯◯に行こうよ!」と、自分の思っていることを素直に言います。

甘えたいときにも「もう少し甘えたいな」「もう少し近づいてもいい?」など、自分の気持ちを隠さずに伝えているのです。
甘えたい気持ちを包み隠さず出してくれたら、男性は嬉しいでしょう。

躊躇せずに、甘えたいときは素直に気持ちを伝えてみてくださいね!

3.「ありがとう」を伝えられる

甘え上手な女性は何かをお願いしたり、助けてもらったりしたとき満面の笑みで「ありがとう」と伝えられます。
大人になると照れくさくて、素直に感謝の気持ちを伝えられない人も多いと思います。

しかし甘え上手な女性は、照れる様子など一切なく心から嬉しそうな笑顔で「ありがとう」と言えるのです。
そして男性は「そんな嬉しそうな笑顔を見られるなら、また何かしてあげたい!」と思います。

何かしてもらったら笑顔で感謝の気持ちを伝えることを心がけましょう。

4.自然にボディタッチができる

ボディタッチが激しいと「軽くみられそう」「うざったく思われてしまいそう」と思いますよね。
確かに過度なボディタッチは好ましくありません。

しかしほんの一瞬の自然なボディタッチなら、嫌がる男性は少ないです。
「ねえねえ」と肩を叩いてみたり、「ちょっとこっち来て!」と腕を引っ張ってみたり軽く触れる感じがいいでしょう。

軽いボディタッチは、驚きと共に男性をドキッとさせます。
腕や肩なら嫌がる男性も少ないので、チャンスがあれば実践してみましょう!

5.一緒に何かをしたがる

甘えん坊な女子には少し精神的に幼い部分があります。

しかし、男性にはそれが可愛く思えるときもあるのです。
「一緒にご飯を食べたい」「コンビニに行くから一緒に来て欲しい」など、些細なことでも一緒にしたいと伝えてみましょう。

男性も一緒に過ごしたいと思ってくれることに、嫌悪感を抱く人は少ないです。
一緒にしたいことがあれば、気軽に誘ってみましょう。

甘えん坊になって愛され女子になろう!


甘え上手な女性の行動をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

意外にも自然な行動が多く、自分でも実践できることがありそうだと感じた人は多いのではないでしょうか?

「プライドや恥ずかしさが邪魔して、甘え方が分からない!」と思っていた人も、本記事を参考にして甘え上手な女性を目指してみてくださいね♡

この記事をシェア

Twitter
Facebook
白崎ななみ(ライター)
白崎ななみ

自由を愛するフリーライター。恋愛をメインに複数メディアで執筆中。 幸せになりたい女性のために、特別な情報をぎゅっと詰め込んでお届けします。