web面接の基本的なマナーとは?服装のマナーやトラブル対処法も紹介

就職活動をするなかで、企業側から面接はwebで行うという案内をされるケースが増えています。しかし、どのように対応すればよいのか、通常の面接とはマナーが異なるのか気になる方も多いでしょう。そこで、web面接ならではのマナーや注意点について紹介します。

  1. web面接の基本的なマナー15個
  2. web面接の服装や身だしなみのマナー
  3. web面接で起こるトラブルと対応方法
  4. まとめ

web面接の基本的なマナー15個


webで行う面接でも、基本的には通常の面接と大きな違いはありません。
しかし、web面接ならではのマナーやルールはいくつかあるため、面接を受ける前に確認しておきましょう。
 

1.最低でも5分~10分前にはスタンバイ状態にする


面接開始時間よりも早めにスタンバイをしておけば、wi-fiの状態を確認したり、web面接で使うマイクやカメラの状態も確認できます。

加えて、服装や髪型に問題がないか、目立つような私物が写っていないかを確認できるでしょう。
最終チェックをするためにも、5分~10分前にはweb面接で使うサイトにログインして準備しておくのがマナーです。

なお、ログインは早すぎても遅れても心象が悪くなるため、ログインするのは最大でも10分前程にして、面接が始まるまでは静かに待ちましょう。
 

2.音が鳴るものは電源を切る


スマートフォンの通知や着信音などは、必ず切っておくのがマナーです。

また、パソコンを使ってweb面接をする場合は、パソコンのシステム、アプリの通知がなる場合があるため、パソコン・スマートフォン・タブレットすべての電子機器の音が鳴らないように設定しておく必要があります。

音が鳴らなければマナーモードでもよいと考えてしまいますが、机の上に置いていると振動した音も響くため、電源を切っておくのが良いでしょう。

なお、エアコンや車の音などは問題ありません。
 

3.ヘッドホンは使わない


ゲームをしたり音楽を聞いたりする際の大きなヘッドホンやヘッドセットは、ラフな印象を与えてしまうためweb面接では使用しないことがマナーです。

基本的にはイヤホンを使用し、ヘッドホンしか持っていない場合にはデザインが派手ではないものを使用しましょう。
 

4.話すテンポを意識する


web面接は、相手に声が届く際にタイムラグが起こることが多いです。
web面接でのマナーとして、大きい声で話すことや、自分が話したことが相手に聞こえているかどうかを確認しつつ話すことが重要です。

通信速度によって異なりますが、「相手が話し終わってから2テンポ置いて自分が話す」という感覚にしましょう。
採用担当者の話をしっかり聞き、相手が話し終わり自分が話す番なのか、相手が話し続けているのか、判断しながら円滑にやりとりできるようにタイミングをはかることが大切です。

また、声の高さや話すスピードを変化させて、感情が相手に伝わるようにしましょう。友人や知人に協力してもらい、声の聞こえ方、話し方のシミュレーションをしておく方法も有効です。
 

5.リアクションを大きくする


web面接では、直接ではなく画面を通してお互いの顔を見ることになるため、雰囲気や表情が伝わりにくいことが特徴です。

そのため、web面接では頷く際や表情を変える際のリアクションを大きくしましょう。
自分がどのような感情を抱いたのか、相手に対してどのような態度をとっているのかがしっかり伝わるように意識します。

リアクションが薄いと、採用担当者が「話を聞いていないのでは」と感じてしまいます。相手が何か話している場合には、ただ聞くだけではなく、大きく頷いて話を聞いていることを伝えるのがマナーです。
 

6.目線を合わせる


web面接をする際には、相手と目線が合わないことがあります。
自分が話す際にはカメラを見ること、相手が話している時には画面を見ることがポイントです。

目線が合わないと会話をしている感覚にならず、自分のアピールしたいことがしっかり伝わりません。
加えて、画面だけを見ていると目線が下に向いた状態になるため、印象が悪くなる可能性があります。

そのため、カメラと画面を見るタイミングを間違えないように注意が必要です。
しかし、採用担当者もwebでの会話に慣れていないケースが多いため、採用担当者がずっと画面だけを見ており、下を向いているように感じることがあります。

「自分にあまり良い印象を抱いていないのでは」と不安を覚えてしまうケースがありますが、「相手もweb面接に慣れていないだけだ」と考え、採用担当者の目線に関しては意識せず面接に集中しましょう。
 

7.プロフィール写真を変更する


web面接の際には、面接で使用するツールのプロフィール写真やユーザー名を再確認しましょう。
ユーザー名には漢字のフルネーム、プロフィール写真はスーツ姿の証明写真に設定します。

写真を設定していないと、採用担当者からの印象が悪くなる可能性が高いため注意しましょう。
特に、リモート飲み会をした後はニックネームやプライベートな写真に設定したままの状態になっていることがあるため、確認することが大切です。
 

8.挨拶は座ったままで問題ない


一般的には、挨拶をする際には1度立つことがマナーですが、web面接の場合は座ったまま挨拶をします。

立ち上がった際に顔が見えなくなるため、座った状態で挨拶をしてもマナー違反にはなりません。
ただし、しっかりと頭を下げて、敬意を払っていることは伝わるような対応をしましょう。
 

9.背景を整える


web面接の際、カメラに写る背景は「何もない壁」が理想であり、ラックやテレビなど、部屋の物は可能な限りが映らないようにするのがマナーです。

物が写りこまないようにするのが難しいのであれば片付ける、もしくは布を使用して物を隠しましょう。
なお、web面接の際に背景をバーチャル設定にするのは厳禁です。

隠したい物が置いてあるのではと判断されるうえにマナー違反になるため、非常に印象が悪くなるでしょう。
 

10.カンペは使わないのが理想


対面式の面接ではないため、カンペを使ってもバレないと考える方も多いでしょう。
しかし、カンペを用意すると、話し方や目線でカンペを読んでいることがすぐに分かってしまいます。

どうしてもカンペがなければ不安だという場合には、小さなメモや付箋に重要なキーワードだけを書いて、カメラの横やカメラ越しに見える壁などに貼っておきましょう。
 

11.電子機器の充電を100%にしておく


web面接で使用するパソコンやタブレットなどの電子機器は、あらかじめ充電を100%にしておくことが大切です。

web面接の途中で充電がなくなり面接が中断すると、非常に印象が悪くなるため注意しましょう。
充電を100%にしておく、もしくはコンセントに繋いだ状態で充電しつつweb面接をするのがマナーだといえます。
 

12.面接中はパソコンでメモを取らない


web面接の最中には、採用担当者との会話だけに集中することがマナーです。
メモを取りたい内容があっても、パソコンを打ってメモするのはマナー違反になるため注意しましょう。

クリックやタイピングの音は相手に聞こえるため、メモをしたい時には採用担当者に一言伝えてからペンと紙で書きます。
 

13.マスクを着けても良い


これはでは、よほどの事情がなければ面接でマスクを着けるのはマナー違反でしたが、現在は面接時にマスクを着けていてもマナー違反にはなりません。

自宅でweb面接を受ける場合にはマスクを着用する必要はないものの、レンタルスペースを利用する場合はマスクを着用しておきたいという方もいます。

ただし、web面接でマスクを着ける場合は、着用理由を一言で説明することがマナーです。また、マスクは可愛らしいデザインや派手な色のものではなく、薄い色で無地のものを使用しましょう。
 

14聞き返してもマナー違反にはならない


web面接では、通信環境が原因で声が聞き取りにくい、途切れるといったケースが珍しくありません。
また、話すテンポが合わないと、自分が話す声と相手の声が重なり、内容が聞き取れないことも多いです。

聞き返すのはマナー違反だと感じて「聞こえたふり」をすると、質問に対して明確に回答できず面接に失敗する可能性があります。
採用担当者の声が聞き取れなかった場合は、すぐに聞き返しましょう。
 

15.web面接を終了する時のマナー


面接が終了した後は、お礼の言葉を伝えたうえで丁寧にお辞儀をして、採用担当者が退出するまで待つのがマナーです。
自分が先に通信をオフにしたりツールからログアウトしたりするのではなく、採用担当者が退席するのを待ちます。

しかし、採用担当者が退室しなかったり、採用担当者が席を立ったにも関わらず接続された状態になっていたりする際には「失礼します」と一言伝えたうえで自分から通信を切っても良いでしょう。
 

web面接の服装や身だしなみのマナー


web面接を受ける際のマナーと通常の面接では、服装や身だしなみのマナーに違いがあるのか疑問を抱く方も多いでしょう。

そこで、web面接を受ける際の服装や髪型、メイクなどのマナーを紹介します。
 

スーツを着用する


通常の面接ではスーツが一般的ですが、web面接でもスーツを着ることがマナーです。
スーツを着用することによって、労働意欲や面接を受ける企業に就職したいという気持ちがしっかりと伝わります。

自分の体に合ったサイズの、綺麗にシワがなく整ったスーツを着用しましょう。
また、通常は黒や紺、灰色など暗めの色のスーツであればどれでもよいですが、web面接の場合には黒を着用する方法がおすすめです。

カメラ越しに見た際に、紺やグレーはぼやけて見えることがあり、黒といったはっきりとした濃い色のほうが映えます。
 

下半身もスーツ着用が必須


「ボトムスは何を着用してもカメラ越しには見えない」と考える方もいるでしょう。
web面接では基本的に上半身のみがカメラに映りますが、下半身もスーツを着用することが大切です。

立ち上がったりパソコンが傾いたりした際に下半身が映ってしまい、採用担当者からの印象が非常に悪くなる可能性があります。
そのため、上下共にスーツを着用しましょう。
 

髪型を整える


髪型は顔の印象を左右するため、特に前髪は上げるか横に流すようにしましょう。
前髪を下ろしていると顔に影ができるため、暗い印象を与えてしまいます。

眉毛が出るように前髪をセットすると、顔が明るく見えるでしょう。
また、部屋が暗いと表情も暗く見えてしまうため、ライトを使うといった工夫も必要です。
 

いつもより濃いメイクをする


女性がメイクをすることは、社会人としてのマナーです。
メイクをせずに面接を受けると、常識がないと判断される可能性があるため注意しましょう。

一般的な面接の場合にはナチュラルメイクをすることがマナーですが、web面接は画面越しに顔を見ることになるため、濃いメイクをすることがポイントです。

使うカメラや相手のパソコンの状態によっては画質が荒くなり、ナチュラルメイクではメイクをしていないように見える可能性があります。いつもよりも濃いメイクをすると、画面越しでもメイクをしていることがしっかりと伝わるでしょう。
 

web面接で起こるトラブルと対応方法


web面接は、通信環境とパソコンやスマートフォン、タブレットなどがあれば、面接会場に足を運ばずに面接を受けられるため非常に便利です。

しかし、web面接だからこそ起こるトラブルもあるため、トラブルの内容と対応方法を確認しておきましょう。

web面接では、ツールに接続できない、相手の音が聞こえないもしくは自分の声が伝わらないといったトラブルが起こることがあります。

まずは、焦らずに原因を確認しましょう。
web面接で使っているツールに再度ログインしたり、パソコンを再起動したりといったことを試してみます。

原因が分からない場合には、採用担当者に電話で連絡を入れることが重要です。
web面接では接続に関するトラブルが起こるケースが多いため、万が一に備えてあらかじめ連絡先を聞いておくと安心でしょう。

また、トラブルが起こると相手の印象が悪くなり「内定はもらえない」と諦めてしまう方もいますが、スムーズかつ慌てずに対処すれば対応力をアピールできる可能性があります。
 

まとめ


対面の面接であれば何回も経験したことがあるという方でも、web面接は初めてでどのように対応すれば良いのか分からず緊張するということもあるでしょう。

面接当日に画面が映らない、声が聞こえないなどのトラブルが起こると焦ってしまい、面接で失敗することにつながります。

また、カメラの映り方に関してもチェックしておかなければ、表情が暗かったり部屋の中の生活感があるものが映り込んでいたりと、印象が悪くなる可能性もあります。

照明や部屋の中、自分がカメラに映った際にどう見えるかをしっかりと確認し、採用担当者に好印象を持ってもらえるように準備しましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。