2021.10.12

キャリア採用とは?重視される点や転職活動の6つのポイントを解説!

キャリア採用とは、専門分野のスキルや経験が豊富な人を採用するという意味です。この記事では、「中途採用との違い」「キャリア採用枠に応募する前の3つの確認事項」「書類・面接の3つのポイント」などを解説します。ぜひ参考にして、転職活動を成功につなげてください。

キャリア採用と中途採用の違いとは?


中途採用は「就業経験がある人を幅広く採用する」という意味ですが、キャリア採用は「業界経験者を採用する」という意味です。

ここでは両者の違いについて、具体例をあげて詳しく解説します。

中途採用とは?


中途採用とは、「すでに就業経験がある人を採用する」という意味です。
つまり業界経験者や未経験者、第二新卒など、転職している人すべてが応募可能です。

業界の専門知識やスキルの有無を問われない場合があり、代わりに人柄や熱意を重視することもあります。
例えば販売やブライダル、食品などの業種は、業界未経験でも採用してもらいやすい傾向があります。

反対に、一度も就業経験のない新卒の人は、中途採用に応募できません。
このように中途採用の募集には、就業経験さえあれば未経験の人もキャリアがある人も応募ができる点をおさえておきましょう。

キャリア採用とは?


キャリア採用とは、「業界知識や経験がある人を採用する」という意味です。
つまり、人材育成のコストや時間をかけず、即戦力として働ける人が応募できます。

反対に業界未経験の人や、スキル・経験が不足している人は、キャリア採用では雇ってもらえません。
例えば人事や財務、SE、デザイナーなどの専門職はキャリア採用される場合が多くなっています。

また、専門知識や経験が十分あると判断されれば、経験年数が問われないケースもあります。
このようにキャリア採用の募集には、業界知識や実務経験が豊富な人のみ応募することが可能です。

キャリア採用で重視される3つのポイント


キャリア採用に応募するとき、面接官が重視するポイントは3つあります。
それぞれ詳しく解説するので、転職活動している方は参考にしてください。

1.専門知識や経験が豊富か


キャリア採用では、業界の専門知識や経験が豊富かどうか重要視されます。
業界知識や実務経験がすでに備わっていると、企業は一から教えるコストを省けるためです。

例えばWebデザイナーの場合、PhotoshopやIllustratorの使用経験がある人や、Webサイトのデザイン経験が3年以上ある人などの条件が付く場合があります。

前職または現職と同じ業界を志望する場合は、自社とは異なる考え方や、より効率的なやり方を新しく取り込んでくれる可能性もあるため、業界に精通しているほど重宝されやすいです。

そのためキャリア採用では、専門知識や経験があって即戦力になる人が合格しやすいと言えます。

2.ビジネスマナーが身に付いているか


業界知識や実務経験だけではなく、基本的なビジネスマナーが身に付いているかもチェックされます。
企業は即戦力になる人を雇いたいと考えているため、就業経験がある人に対して改めてマナー研修するつもりはありません。

ビジネスマナーには電話対応や名刺交換、メール、接客など、業務上のあらゆる決まりやマナーが含まれています。
面接での言動の他に、メールや電話対応の良し悪しでビジネスマナーの有無を判断されます。

キャリア採用で雇ってもらうには、ビジネスマナーがきちんと備わっていることも条件です。

3.長く働いてもらえるか


キャリア採用で募集する際、面接担当者は応募者が長く働いてくれる人かを判断します。
採用後すぐに退職されると、人件費や育成コストが無駄になるためです。

例えば、直近の職場を辞めた理由を尋ね、キャリアアップなどによってすぐに辞める可能性がないか確認します。
応募者の性格や考え方が自社に合っていないと早期退職の可能性が高くなるため、社風とのマッチ度も重要です。

キャリア採用では、中途採用や新卒採用と同じように、安定して働き続けてくれる人が採用されやすくなります。

キャリア採用枠に応募する前の確認事項3つ


キャリア採用枠で応募する前に、3つのポイントを確認する必要があります。
ここではそれぞれのポイントを紹介するので、転職活動している方はその企業を受けるかどうか参考にしてください。

1.募集要項を満たしているか


キャリア採用枠で応募する際には、求人に記載されている「募集対象者」の条件を満たしているかをしっかり確認しましょう。

なぜなら同じ業界であっても、企業によって応募条件が異なるためです。
例えば「実務経験3年以上」や「〇〇資格所持」などのように、具体的な条件が示されている場合はわかりやすいでしょう。

しかし求人の中には、「経理の経験がある方」のように、経験年数を問わない企業もあります。
この場合、履歴書や面接を通して自分がどのくらいのレベルなのか、を伝える必要があるでしょう。

応募の際は、企業の募集要項を満たしているかどうか、1社ごとに確認してください。

2.企業の求める人物像と合致しているか


企業の求める人物像と自分が合致しているか、よく調べて比較してください。
就職後に価値観や考え方のミスマッチが生じると、自分にも企業にもマイナスになる可能性があるためです。

例えば公式サイトの採用情報や求人サイトの募集要項には、「向上心のある方」や「柔軟に対応できる方」などのように、企業が求める人物象が記載されているケースがあります。

全てに該当する必要はありませんが、1つでも自分に当てはまるものがあると、面接担当者に興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

企業の求める人物像に合わせようと偽ることはせず、ありのままの自分と比較しましょう。

3.企業の社風と合致しているか


企業ごとの雰囲気を調べて、自分に合っているかどうか検討しましょう。
価値観や考え方が合致していても、企業の雰囲気と合っていないと、就職後に自分が苦しむ場合があるためです。

例えば同じ業界だとしても、チームワーク重視でイベントや飲み会が多い企業もあれば、個人の成績重視でプライベートが区別されている企業もあります。

自分がどのような雰囲気の中で働きたいのか明確にし、それに合った企業を受けることをおすすめします。

キャリア採用枠を受けるときの3つのポイント


転職活動でキャリア採用枠に応募する際、書類審査と面接で気を付けるポイントが3つあります。
それぞれ詳しく解説するので、参考にしながら転職活動の準備をしてください。

1.スキルや実績をアピールする


これまでのキャリアで培ったスキルや実績は、書類と面接の両方でアピールしましょう。
キャリア採用枠では即戦力になる人を探しているため、スキルや実績の有無で選考されます。

例えば、「〇〇資格2級」や「〇〇コンテスト入賞経験あり」などのように、アピールポイントを具体的に示しましょう。

また、自分の知識や経験を転職先でどのように生かすのか、企業にとってのメリットを伝えてください。
キャリア採用枠だと他の応募者も実務経験があるため、その中で選ばれるには自分のスキルや実績をしっかりアピールする必要があります。

2.転職の理由を明確にする


キャリア採用で応募する際は、転職に至った経緯を整理しておきましょう。
面接官は採用した後に長く働いてもらえるかを気にするため、会社を辞める理由について尋ねられる場合が多くなります。

前職または現職の不満点を挙げるのではなく、その企業で働きたい理由を重点的に話しましょう。
そのためには、企業の求める人物像や経営理念を隅々まで調べて、自分の価値観や人間性と照らし合わせる必要があります。

転職する理由はほぼ必ず聞かれるため、事前準備をしっかり行いましょう。

3.ビジネスマナーがあることをアピールする


求人に応募する際は、ビジネスマナーを備えている点をアピールするのがおすすめです。
キャリア採用では即戦力になる人材を探しており、ビジネスマナーがあることを前提にしているためです。

履歴書の自己PRでは電話対応や名刺交換、接客など、実際に経験してきたビジネスマナーについて記載すると、好印象になる可能性が高まります。

その他、面接やメールなどの対応が丁寧であれば、意識し過ぎなくても誠実さは伝わります。
キャリア採用枠に応募する際は、書類と面接の両方でビジネスマナーについてアピールしましょう。

キャリア採用とは即戦力を求めること


中途採用は未経験者でも採用してもらえる可能性がありますが、キャリア採用では即戦力が求められます。
専門知識や経験の有無の他にも、企業の求める人物像や社風と合うかどうかもポイントです。

キャリア採用枠で応募する際はスキルや経験、ビジネスマナーがあることをアピールし、その企業でどのように活躍したいと考えているのか伝えましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
あおぬ(ライター)
あおぬ

クリーニング店受付の経験を元に「あおぬのせんたく」にて、服のメンテナンス知識を分かりやすく発信しているブロガー。Webライターとして坂道グループ紹介なども執筆。

このライターの記事を見る