笑えるB級ホラー映画なら大人の女子会にもピッタリ!B級ホラータイトル10作品

女子会は楽しくお喋りしてストレス発散しながら「みんな頑張ってるからまた頑張ろう」となる精神安定剤の役割も持っています。本記事では大人の女子会にピッタリな、笑えるB級ホラー映画10本をご紹介します。みんなでワーキャー盛り上がりツッコミを入れながら楽しめる映画ばかりです。

  1. ゾンビコメディ映画
  2. ゾンビ以外のホラーコメディ映画

ゾンビコメディ映画

ショーン・オブ・ザ・デッド

冴えない青年ショーンが突然大量発生したゾンビから元カノを助けようと奮闘します。
冒頭からゾンビが踊る、二日酔いでゾンビ発生に気付かない、逃げるためにゾンビの振りをするなど笑える要素がたくさんあります。

残酷なシーンがほとんどない緩いゾンビ映画で、ダメ男だった主人公がどんどんカッコよくなっていく様子に盛り上がること間違いなしです。

ゾンビーワールドへようこそ

冴えないボーイスカウト3人組とウェイトレスがゾンビの大群と戦います。
この作品のゾンビは人間だった頃の記憶を有しているという設定なので、動きもノロノロではなく俊敏です。

しかもゾンビになっても自分の家に帰ったり、話しかけると襲い掛からずに耳を傾けてきたり、自撮りの最中に後ろで決め顔を作っていたりと他のゾンビ映画と比べると「あり得ない!」と大笑いするシーンばかり。

ゾンビとの死闘なのに最高に笑える映画です。

カメラを止めるな!

ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビの襲撃を受けてしまう……というストーリーの邦画です。

前半37分はホラーで、後半60分はメイキング映像をコメディタッチで描く珍しい構成です。
緻密に作り込まれたストーリーに鑑賞後は興奮してしまいます!

ゾンビランド

大半が人食いゾンビ化した世界で、引きこもりの青年がゾンビハンターや詐欺師姉妹と一緒にゾンビのいない場所を目指します。
緊迫感はあまりなく、小ネタやシュールな笑いが散りばめられているのでホラー映画が苦手でもみんなと楽しめます。

バタリアン

医療倉庫に保管していたタンクからガスが漏れ、死体がゾンビとして蘇ってしまった……というストーリー。

この映画はゾンビが主役です。
走って人を襲いますが、ちゃんと喋るし、テンションが高いです。

バックミュージックも明るいので、1985年の古い映画ですが笑ってみてしまう良作です。

感染家族

パク一家は、ゾンビに噛まれると若返ることを利用して「ゾンビビジネス」を始めるが、思わぬ副作用が表れ……という新しい切り口の韓国映画です。
残酷なシーンはなく、ドタバタファミリーコメディです。ゾンビとのロマンス要素もある斬新なゾンビ映画です。

ゾンビ以外のホラーコメディ映画

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

現代に生きているヴァンパイアたちの日常生活を描いたドキュメンタリーコメディ作品です。
これまでのヴァンパイアのイメージを覆す内容で、頑張ってパソコンを覚えたり、女の子に声をかけたり、パブで飲んだりと妙にヴァンパイアたちが人間くさいです。

これまでのクールなヴァンパイアとのギャップに、ツッコミを入れながら楽しめます。

トレマーズ

突然現れた未知の地底生物と住民たちの攻防を描いた作品。
コメディ色が強く、緊迫シーンやアクションシーンも多くあり、全く飽きることなくみれます。

未知の生物と頭脳戦なので「銃がいい」「爆薬が必要」と次はどうするか相談しながら楽しめます。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

森で休暇を満喫していたタッカーとデイルが、若者たちに殺人鬼と勘違いされ、ツイてない騒動が巻き起こるスプラッターコメディです。
「こんなに事故死って起きるの!」「この2人はほんとにツイてない!」と爆笑必至の作品です。

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

ホラー映画の中に入り込んでしまった若者たちの奮闘を描いた作品。
『13日の金曜日』のパロディーが多く展開が読みやすいので、みんなで「次はこの人が危ない!」とハラハラしながら見れます。

皮肉の効いたユーモアと、後半では意外にも家族愛の要素が盛り込まれており、ホラーコメディなのに感動する場面もあります。

以上、笑えるB級ホラー映画10本をご紹介しました。
ホラーやゾンビものが苦手な人でも楽しめるコメディ色が強い作品が多いので、ぜひ大いに笑って盛り上がりましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
夏椿(ライター)
夏椿

1日に5本鑑賞するほど映画・ドラマが大好き。字幕なしで鑑賞できるよう頑張っています。フリマアプリをやったり、ポケモンGOをしながら歩き回ったりするのも好きです。