2021.10.25

【バランスボール収納5選!】部屋を広くするコツと気をつけること

バランスボールの収納方法を5選紹介します。SNSで流行りの天井に押し付ける方法や、道具を設置する方法、床置きのポイントまで。天井近くに置く時、気をつけるべきポイントも解説します。バランスボール収納に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

バランスボールで部屋が狭くなっている


一般的に、大人が使用するバランスボールの大きさは、45cm~65cm。
トレーニング中はいいけれど、使用していない時はけっこうジャマになりますよね。

一人暮らしの部屋では、バランスボールの存在感がありすぎて、通路をふさいでしまうことも。
トレーニングのたびに空気を抜くのも面倒だし、隅っこに置いても勝手に転がってくる。

ここ!という収納場所を見つけるのが大変です。
バランスボールの収納方法を5選紹介します。

関連記事

バランスボールの収納方法5選!


バランスボールの収納方法を5選紹介します。

部屋の隅においたはずが、勝手にごろごろ転がってくるバランスボール。
どのように収納すればジャマにならず、部屋を広くできるでしょうか?

1.天井の角バランスボールを押し付ける


SNSでよく見かける方法です。
部屋の天井角に、バランスボールをぎゅっと押し付けます。

バランスボールは滑りにくい素材でできているものが多いので、接している壁にも摩擦力を発揮。
滑らずグリップして、とどまります。

道具を使用せず、部屋の空いている空間を利用するので、SNSでは便利な収納方法だと話題になっています。

背の低い女性は、踏み台を利用して、しっかりと角に押し付けるようにしてください。

2.突っ張り棒を2本部屋の上部に設置する


壁の間が狭いところを探して、突っ張り棒を設置し、そこにバランスボールを乗せる方法もあります。

クローゼット内や玄関の頭上付近などであれば、100均で販売されているような短いタイプでも、十分突っ張ることができます。
バランスボールの幅ぐらいであれば、強度もしっかりと確保できるでしょう。

ホームセンターに行けば、物干し竿としても使用できるような長いタイプのものが販売されています。

長くなれば強度が心配ですが、太くて耐荷重のあるものを選んだり、補強したりすれば、バランスボールを支えるための十分な耐荷重を確保できるでしょう。

ただ、バランスボールの大きさを考えると、カーテンレールよりも低い位置に設置しなければいけないため、突っ張り棒がジャマに感じることも。

関連記事

3.ハンモックを天井付近に設置する


リビングやベランダでハンモックを置く家が増えたので、ハンモック用の布が販売されています。
カラフルで可愛い柄物が見つかることから、天井付近にハンモック用の布を設置し、その中にバランスボールを収納する人もいるようです。

ハンモック用の布で都合の良いものが見つからない場合は、お気に入りのカーテンを代用品として使用する人もいます。

カーテンの価格はピンきりなので、ハンモックよりも低価格で良いものが見つかるかもしれないですね♡

部屋のインテリアとも合わせやすく、設置も簡単なので、ぜひ検討してみてください。

4.ボールネットに入れて吊り下げる


ボールネットにバランスボールを入れて、どこかに吊り下げる収納方法です。
ネットでも購入可能ですし、ネットでは自作する方法が紹介されているサイトもあります。

55cmのバランスボールがピッタリ収納できるボールネット

55cmのバランスボールがピッタリ収納できるボールネットです。
上手に自作する自信のない人や、自作するのが面倒な人は、検討してみてはいかがでしょうか?

お手頃価格で簡単収納。
身長が低くて天井収納が難しい人にもオススメの方法です。

5.部屋の隅で動かないように工夫する


部屋の上部への収納に不安がある人や、すぐに使用できる収納をしたい人は、やはり床に置いておくのが一番ですね!

その場合は、バランスボールが勝手にコロコロ転がってこないように、バランスボール下に台を設置しましょう。
100均で販売されているプランタースタンドや、丸い形のケースなどを利用される人が多いです。

元から台付きで販売されているバランスボールもありますので、設置場所に困る人は、台付きのバランスボールを購入されてはいかがでしょうか。

バランスボール収納で気をつけることは


バランスボール収納で気をつけることは、収納場所のまわりです。
特に天井付近に収納を考えている場合、万が一落ちてくることも想定し、近くにライトや観葉植物、壊れやすいものを置くのは控えましょう。

バランスボールは軽い素材のものでも0.6kg~1.2kg、強度や耐荷重のために厚い素材でできているものだと、1kg~1.6kgの重量があります。

押し付けが甘かったり、地震で部屋が揺れたりした来た時は、バランスボールが落ちてくる可能性も。
バランスボールが落ちてきそうな場所には、何も置かないようにすることがベストです。

関連記事

バランスボールは収納しない!?


バランスボールは、筋トレやバランス能力を鍛えるために有効な道具です。
どこかに収納するのではなく、日常生活の中で常に使用し、体幹を鍛える人もいます。

最近では、オフィスのパソコン作業中も、バランスボールをイスがわりに使う人もいるくらいです。

座る時間を増やすことでトレーニング時間が増え、骨盤のゆがみを解消。
姿勢もよくなり、肩こりや腰痛の症状が軽減される人も。

なかなかトレーニングの時間が確保できない人は、バランスボールを収納せず、常に座ることを意識し、ソファ代わりに部屋の真ん中に置いておきましょう。

インテリアともマッチするさまざまなカラーのバランスボールが販売されています。
インテリアのひとつとして考えてみても良いのでは?

バランスボール収納で部屋を広くしよう!


バランスボールの収納方法を5選紹介しました。
大きく2つに分けると、天井か床です。

お住まいの部屋の大きさや形によっても、できる方法が違うと思いますので、自分の部屋にあった方法を探してみてくださいね。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
田部 愛(ライター)
田部 愛

好奇心旺盛で多趣味なフリーライター。プライベートでは娘と息子を育てる二児の母です。休日は関西の美味しいパン屋巡りをしています。朝の習慣は読書と10分ストレッチ。

このライターの記事を見る