2021.04.11

仕事と家事育児の両立大作戦♡真のイクメンカジメン候補生を見抜くコツとは?

将来結婚するなら、家事も育児も手伝ってくれる男性がいいと思う女性は多いのではないでしょうか?しかし結婚前にイクメン・カジメン要素を見つけるのは難しいですよね。そこで本記事では、イクメン・カジメンを見抜くコツを5つご紹介します!

イクメン・カジメンを見抜く5つのコツ


家事や育児を手伝ってくれるかどうかは、結婚前にはあまり気にしない人が多いです。
それよりも経済力や相性などに目がいってしまいます。

しかし、最低限の家事育児ができるかに関してはチェックもしておきたいものです。
どんなことをチェックすればいいのか、早速見ていきましょう。

1.子供への苦手意識がない

男性の中には子供に対してどう接すればいいのか分からず、避けてしまう人もいます。
これをチェックするために、週末のショッピングセンターなどファミリーが多い場所に行ってみましょう。

そのような子供がたくさんいる場所で居心地が悪そうだったり、子供に駆け寄られても困った様子だったりしたら、子供があまり好きではないでしょう。
子供ができてもどうしたらいいか分からないことが多く、あなたに丸投げされてしまう可能性があります。

2.一人暮らしの経験がある

一人暮らしをしたことがある男性は、家事が一通りできることが担保されています。
仕事や育児に追われたときに、掃除や洗濯をしてくれたら助かりますよね。

あれこれ教える必要がなく、お願いしたら自分でなんでもこなせる男性は頼りになります。
また家事の大変さを知っているので、率先して手伝ってくれる可能性も高いです。

反対にずっと実家で育ってきた男性は「家事は女性がするもの」という考えが強く、家事をしないと不満を言われたり、手抜きをしていると思われたりてしまうでしょう。

3.人の気持ちに寄り添える

常に相手の気持ちを考えられる男性は、あなたが家事育児で忙しそうにしてるときに手伝ってくれます。

思いやりがあり誰に対しても優しく接する男性なら、あなたが大変なときも放っておくことができないはずです。
きっとできない家事や育児もでも、なんとか自分で考えてやろうと努力してくれますよ。

また周囲に目を配れるタイプの人が多いので、子供が危険な目に合わないように配慮することもできます。
そのような点でも、人の気持ちが分かる男性はイクメン・カジメンに向いていますよ。

4.どんな家庭で育ったのか聞いてみる

彼がどんな環境で育ったのか分かると、結婚後にどんな家庭になるのかある程度判断できます。

例えば女性は家事育児をこなすのが当然な家庭で育った人は、奥さんにも同じことを求める可能性があります。
アラサー世代はお母さんがいつも家にいて、料理や洗濯をしてくれる環境にいた人が多いですよね。

なので、お母さんがいつも家にいてくれる安心感を求める気持ちも分かると思います。
悪いことではないですが、仕事も頑張りたいと思うキャリ女子さんなどには合っていないでしょう。

父として男らしくいてくれることは頼もしいですが、家事育児には少し消極的な傾向があります。

5.週末の過ごし方を聞いてみる

「休日に何をして過ごしているか」でもイクメンカジメンを見抜けます。

例えば、週末はいつもゴルフや飲み会で家を空けている人は、あまり家事を手伝える時間がないですよね。
アクティブなのはいいことですが、あなたとの時間を作ってくれることも重要です。

週に1日くらいはふたりで過ごせれば、結婚後に忙しくても家事育児のために時間を作ってくれるはずですよ。

交際前に、どれだけあなたのために時間割いてくれるかチェックしてみましょう!

協力して家事育児ができる夫婦は円満でいられる


今のアラサー世代は共働きの夫婦もたくさんいます。
そのため、男性の家事育児能力は欠かせないチェックポイントになりました。

これからの時代はイクメンカジメンを選べば女性の負担が軽くなり、夫婦円満で幸せな生活を送れますよ。
ぜひ本記事を参考にして、気になる彼をチェックしてみてくださいね。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
白崎ななみ(ライター)
白崎ななみ

自由を愛するフリーライター。恋愛をメインに複数メディアで執筆中。 幸せになりたい女性のために、特別な情報をぎゅっと詰め込んでお届けします。

このライターの記事を見る